事業資金・ビジネスローンでおすすめしたい即日融資 無担保の業者の口コミ

スポンサードリンク

 

運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">

ビジネスローンの特徴を理解しよう 今ならデメリットよりメリットが大きい事業資金の確保

無担保のビジネスローンを比較

 

してみた結果、おすすめできる
ビジネスローン1社をご紹介します。
(※まずはこの1社から申し込めば良いスタートを切れます!)

 

ビジネスローンとは「事業資金融資」のことです。

 

このページでは、いくつかのビジネス
ローンの比較から、実際の融資可能の
確率が高く至急の資金融資にもしっかり
と対応できる、国の認可を得ている信用
できる融資会社をご紹介しています。

 

 

ビジネスローンを比較!即日融資可能で無担保・ハードルが低い審査に注目

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。今では個人事業主・法人問わず、ビジネスローン・事業資金を金融業者は積極的に貸し出すことを考えています。その理由として、日銀が「マイナス金利」政策を実行するなど、銀行や貸金業者に眠っているお金を経済的に活用することを重視しています。当サイトでご紹介しているビジネスローンを積極的に活用してください。


 

 

 

事業資金は近くの店舗の銀行でしか
借りられない・・

 

と思っている方、それは間違いです。

 

ここで紹介するビジネスローンなら、

 

今すぐにでも「ネット申し込み」が行えて、
事業資金、運転資金の融資を受けら
れる可能性があります。

 

今から、あらゆる角度から見て、
絶対おすすめできる会社をご紹介
しますので、

 

必ず最後までご覧ください。

 

特に今至急に事業での融資が必要
な方には、このページで「手助けになりたい」
ので最初から順番に読み進めて、
しっかりと理解しておいてください。

 

ビジネクスト 一番積極的な資金調達を期待

無担保のビジネスローンを比較してみたところ、

 

当サイトが事業資金なら一番オススメしたい
会社がビジネクストです。

 

 

今がおすすめビジネスローン「ビジネクスト」

 

その最大の理由として、

 

決算内容だけの審査ではありません。
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げて
お断りすることはありません。

 

という、審査基準ポリシーがあるからです。

 

ビジネスローンの比較すればビジネクストがおすすめ度が大きい

 

ビジネスローンの比較においてより確実に
融資を受けれるという面では圧倒的に
メリットが大きかったのが「ビジネクスト」
です。

 

はっきり申し上げて、申し込むなら
まずビジネクストで申し込むのが

 

絶対におすすめです。

 

早い審査、通過結果後、即日融資も可能ですし、
法人・個人事業主問わず借りることが可能です。

 

当サイトがおすすめするビジネスローンなら
審査を恐れる必要はありません。


事業資金を必要とされている方には、
おそらくかなり時間の余裕が無い方も
多くおられるでしょう。

 

今日明日にでも給料の支払いや取引先への
振り込み、手形を落とす為の銀行口座への
入金など、

 

そう言った方はあまり迷っている暇が
ないというのが実情と考えます。

 

事業資金でお困りの方は、さらにここからの
解説を読んでいただき、

 

早めの資金調達の申し込みを
実行してください。

 

ビジネクストをオススメする3つの理由

 

ビジネクストを推薦する最大の理由は、
3つあります。

 

1、

 

安心できる「貸金業者登録票」
のローン会社であること。

 

  • 商号/ビジネクスト株式会社
  • 関東財務局長(6)第01262号
  • 日本貸金業協会会員 第001208号

 

参考 ・金融庁 免許・許可・登録等を受けている業者一覧

 

しっかりした会社なので、真面目な対応
を心がけています。

 

2、

 

「無担保・無保証」で融資が可能。本人以外の
保証人を立てる必要はありません。

 

 

3、

 

そして、なんといっても融資の受ける大きな
ハードル、審査についても、
融資実行にかなり期待が持てるということです。

 

今後のビジネスローンの状況について

 

これからのビジネスローンやキャッシングに
ついては「審査の厳格化」が進みます。

 

クリックで拡大↓

 

ビジネスローンの審査が厳格化され厳しくなる

 

参考 金融庁 貸金業界の現状について

 

審査が厳しくなり、銀行や金融機関の
貸し渋りが始まる可能性もあります。

 

(H27年から貸し渋りが始まっています。)

 

 

事業性融資についても、申込みの
タイミングを間違えると、

 

以前なら借りられたのに、今は借してくれない

 

ということになれば「後悔先に立たず」です。

 

このような事態を避けるためには、まだ貸し渋り
が厳しく行われていない時に、まず「申込み」
をしておき、

 

カードを作っておくことです。

 

最初1万円でも2万円でもいいので、
最小限で借りておき、すぐに返済し、


いつ何時起こるかわからないピンチに
備えておくことが賢い方法です。

 

 

 

ここからもう少しメリットや特徴を詳しく
お話しますので、ぜひ読んでください。

 

 

 

ビジネクスト株式会社のビジネスローン・
事業資金は個人事業・法人問わず、
事業資金の申し込みが任せられます。

 

ビジネクストなら、全国に対応した
「オンライン申し込みが可能」なビジネス向け
事業資金融資サービスを受けられます。

 

融資のご相談もお申し込みもすべて無料です。

 

最短で

 

審査は書類提出後、最短で1日、翌日に融資

 

が完了できます。

 

ビジネクストのメリットや特徴

 

  1. 来店不要!
  2. 保証人、担保、手数料不要(無担保)
  3. 審査が早い
  4. 日本中で台数の多い「セブン銀行ATM・東京スター銀行・アイフル」で繰り返しカード借入が可能(返済は「セブン銀行ATM・アイフル」で可能)

 

事業資金を「セブン銀行ATM」でカード借入・返済が可能なビジネスパートナーのカード

 

※カード発行手数料は無料。

 

他社と比較してかなりメリットのあるサービスです。

 

法人様でも個人事業主様でも事業融資を
お考えならまずは、

 

他社よりメリットが多いビジネクストの
ビジネスローンにお気軽に審査の申し
込みをされることをおすすめします。

 

 

はっきり申し上げて、きゃっするもいくつかの
事業資金の借り入れの審査を受けていますが、

 

ここほど早く、しかも無担保で即日の借入が
できたところは初めてです。

 

対応の速さに関しても他社とは比較に
なりません。

 

特に「店舗の銀行」と比べれば問題に
ならないくらい結果・融資実行が早いです。

 

金利や貸し付け条件などは引き続き
この後をご覧ください。

ビジネクストお申し込み詳細はこちら

 

重要 必ず電話ではなく「オンライン申し込み」から申し込みをしてください。

 

審査において「融資する」ことを最優先

 

さらにここがポイントです。

 

「きゃっする」が知っている事業資金融資
(ビジネスローン)には、ビジネクストの他にも
ありますが、

 

しかし、一番大事なことは、「審査を受けて
通過する」ということです。

 

銀行系や政府系事業融資の審査は
避けたいと言う場合、

 

決算内容だけの審査ではありません。
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げて
お断りすることはありません。

 

という、審査基準ポリシーを持つ
「ビジネクスト」が、
現在、一番の近道であると「きゃっする」は
理解しています。

 

総量規制の対象となる貸付け?

 

総量規制とは、

 

「個人のキャッシングで借りている総金額に対しての貸し出し規制」

 

のことです。

 

「事業性融資」は、「個人枠」とは別物であり、
この規制には引っかからないので、
年収の「3分の1以上」の制限はありません。

 

ですから、個人の借金は気にすることはありません。

 

参考 金融庁 貸金業法のキホン(3)「総量規制の対象となる貸付け」

 

 


●ビジネクストの主な貸し付け条件

融資の対象 法人又は個人事業主の方
申込時年齢 満20歳~満69歳まで
融資額 1万円~1,000万円 ※新規取引時は上限500万円
ご利用方法 限度額の範囲内で繰り返しにご利用が可能
利息(実質年率) 8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)
遅延損害金(実質年率) 20.00%
担保 不要
繰り上げ返済 可能(繰上返済手数料は不要)
保証人 原則不要 ※ただし、法人の場合は代表者様に原則連帯保証をお願いします。
返済方式及び返済期間・回数 元金定率リボルビング方式、最長5年(60回以内)5年以上は再審査で継続
必要書類

・法人のお客様・・代表者ご本人様を確認する書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分 等
・個人事業主のお客様・・ご本人様を確認する書類、確定申告書原則2年分 等

契約締結費用 印紙代(実費)

 

注目点

 

上記の表では、「ご利用方法」のところに

 

限度額の範囲内で繰り返しにご利用が可能

 

と書かれています。

 

この方法のビジネスローンは経営者にとって
非常にありがたいものです。

 

他社のビジネスローンの中には、

 

「1回の融資後、その返済が終わるまで追加融資不可」

 

というところもあります。

 

(「銀行」や「日本政策金融公庫」なども
カードでの追加融資は行っていない。)

 

ビジネスや事業融資においては、短期的な
「運転資金の借り入れ」が頻繁に発生
する事業も多いはずです。

 

「少額の借り入れだけど月に1回程度は
借りる必要がある」という事例が多いなら、

 

「繰り返し借りれる、そして短期で返済する」

 

ことができるビジネスローンがおすすめです。

 

しかも、
「ビジネクスト」ローン会社では、

 

いつでも追加融資ができ、いつでも返済
ができるタイプですし、

 

「セブンイレブン銀行・東京スター銀行・
アイフル」で使えるATMカードが付いて
いるので、現金の出し入れも、

 

遠くのATMを探しに行くことなく、近所の
コンビニでもできるので気分的にも楽ですし
実際簡単です。

 

カードを使ってATMで「借入・返済」
ができるので、いちいち窓口に行って、
繰り上げ返済などの申し込みを
行う必要もないのです。

 

(返済の場合はセブンイレブン銀行・アイフルの2つ)

 

金利での注意点

 

上記の表でもわかるように、

 

銀行系・政府系の事業融資と
ビジネクストのような「ノンバンク」
の事業融資の金利設定を比べると、

 

ノンバンクの金利は高くなります。

 

ですので理想とすれば、

 

「設備投資などの長期借り入れ」は、

 

  • 審査に時間がかかる銀行系・政府系
  • 繰り返し借り入れができない銀行系・政府系

 

というデメリットがあっても、金利の
低い銀行系・政府系の金融機関
から資金を調達するのがベストです。

 

  • できるだけ即日に借りたい
  • 短期・少額だけどどうしても借り入れしたい
  • 余裕ができたときにすぐに返済して利息を抑えたい

 

という条件を最優先する場合には、ノンバンクの
「ビジネクスト」が絶対おすすめです。

 

金利条件としては銀行系の方が低金利
を期待できますが、

 

結局のところ、「審査に通らない,
融資してくれない、貸してくれない、
利便性が悪い」なら、

 

一般企業のビジネスローンの方が
「実際に使える頼りになる事業融資」
であることは間違い有りません。

 

ひっ迫しているときは、「ビジネクストの
申し込み」がやはり頼りになるでしょう。

 


●ご返済スケジュールの例、

  • 借入時残高スライド元金定額リボルビング返済 
  • 元金:200万円
  • 実質年率:15.00%
  • 約定支払日:30日毎設定

なら↓

ビジネクストご返済に関しての事例詳細はこちら

 

※公式ページ下部の方に掲載中。

 

重要 必ず電話ではなく「オンライン申し込み」から申し込みをしてください。

 

●ビジネクストは国が認める
貸金登録業者です。

 

ビジネクスト株式会社

 

  • ■登録番号 関東財務局長(6)第01262号
  • ■日本貸金業協会会員第001208号
  • ■電話 03-4503-6300

 

弊社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関

 

  • ■名称 日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
  • ■所在地 〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15
  • ■電話 0570-051-051

 

不動産担保融資もビジネクスト

 

ビジネクストには「不動産担保」での
事業融資サービスもあります。

 

  • 融資上限額が高い(最高5000万円~1億円)
  • 金利が低くなる

 

というメリットもあります。

 

詳しくはこちらの解説を御覧ください。↓

 

 

topに戻る

知っておくと便利。ビジネスローンのメリットや事例

ビジネスローン・事業資金の借り入れ
と個人のキャッシングとは全くの別物と
考えるべきです。

 

ビジネスローン・事業融資
として認められる条件は以下のようになります。

 

総量規制についてはこちらでも解説

 

・個人事業主。但し個人事業主の場合は一定の要件を満たす必要がある。

・法人の代表者。

①資金使途が事業資金であること。(事業を営んでいること)

②お客様(個人・法人)の確定申告および所定の事業計画・収支計画・資金計画のご提出があること

③お客様(個人・法人)の事業計画・収支計画および資金計画に照らし、お客様(個人)の返済能力を超えない範囲でのお借り入れであると認められること。

 

※「法人の代表者」についてもビジネスローンでは総量規制の対象にはなりません。

 

これらの条件に基づいていただき、
まずはネットでの審査お申し込みを
完了してくださいませ。

 

素早く事業融資「ビジネクスト」の詳細はこちら

 

重要 必ず電話ではなく「オンライン申し込み」から申し込みをしてください。

 

 

融資が必要だった、こんな状況で助かった融資事例もございます。

 

・税金の未納があり、銀行からの融資を断られた建設会社
が、今後の事業の計画書を提出して評価を受け
300万借り入れができ税金未納を解消。

 

・年商 5500万 従業員5人の飲食店経営個人事業主の
方が、保証人なしで審査の翌日に100万円の融資を受け、
従業員の給料日に間に合った。

 

・年商 8000万 従業員7名の印刷会社経営の社長が
すぐに取引先への支払いが200万円必要であったところ、
申し込み後即審査、支払いに間に合った。

 

topに戻る

融資条件等4社でのビジネスローンの比較

ビジネスローンの比較でわかる!最優先で申し込む会社

 

ビジネスローンは事業性融資のことです。
会社経営や個人事業での資金調達の
手助けをしてくれます。

 

代表的なビジネスローンの会社4社

 

ビジネスローンとは会社・個人事業などで
事業における際に必要になる資金を
貸し付けている会社のシステムを言います。

 

現在私の知っている事業性融資である、
ビジネスローンの会社4社をご紹介します。

 

(4社のうちの1社はおすすめさせていただいて
いる「ビジネクスト」ですが、

 

それ以外の他社との比較の概要に
ついてご覧ください。)

 

オリコ事業融資・ビジネスローン「オリコカード」は「ビジネスクレジットカード」がおすすめです)

 

説明
融資額は個人事業主10万円~300万円、法人100万~1000万。利息は6.0%~18.0%(2018年8月現在)資金使途は事業資金の範囲内で自由です。返済方式は「リボルビング払い」や「一括返済方式」「回数指定分割払い」。担保・保証人原則不要。返済中でも何回でも借りられる方式アリ。

 

 

オリックスVIPローンカードBUSINESS(旧オリックスクラブカード)

 

説明
融資額は50万円~500万円。利息は6.0%~17.8%(2018年8月現在)資金使途は事業資金の範囲内で自由です。返済方式は「新残高スライドリボルビング返済」か「元利込定額リボルビング返済」。担保・保証人原則不要。返済中でも何回でも借りられます。

 

 

セゾンファンデックス

 

説明
融資額は1万円~500万円。利息は6.5%~17.8%(2018年8月現在)資金使途は事業資金の範囲内で自由です。返済方式は「元利均等返済」か「元金一括返済」。担保・保証人原則不要。返済中でも何回でも借りられます。

 

ビジネクストの貸し付け条件等はこちら

 

こちらが、名が通っているビジネス
ローンの3社です。

 

これら3社もビジネクスト同様、

 

会社の信頼度としても高い評価を
受けている会社です。

 

色々な角度から比較

 

では私きゃっするが重要視する項目
、各会社の比較をしてみたいと思います。

 

貸付け限度額と金利面での比較

 

まずは4社のそれぞれの金利を見てみましょう。

 

4社の金利の比較と融資額との関係

 

4社の貸付け金利はどのように
なっているでしょうか?

 

表にして比較して見ました。

 

ビジネクスト 8.0%~18.0%
オリックスVIPローンカードBUSINESS 6.0%~17.8%
オリコ事業融資・ビジネスローン 6.0%~18.0%
セゾンファンデックス 6.5%~17.8%

 

上限金利に関しては4社とも、

 

17.8%から18%とほぼ同じ利息となっています。

 

「下限金利」に関しても、多少ばらつきが
ありますが、ほぼ同じです。

 

これらを見ると、ビジネクスト以外の
ビジネスローンもいいのでは?

 

となるかもしれませんが、きゃっするがなぜ
「ビジネクスト」をおすすめするかというと、

 

決算内容だけの審査ではありません。
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げて
お断りすることはありません。

 

という、審査基準ポリシーがあるからです。

 

この理由がどのビジネスローンでも確認できない
唯一・最大の「メリット」だからです。

 

「実質融資の可能性が一番広がる」のが
ビジネクストです。

 

さらに、「各社の金利の実態」を解明すると
実は「各社それほど変わりはない」のです。

 

詳しくは続きを御覧くださいませ。

 

4社の融資額の範囲比較

 

では4社の融資額可能な範囲の比較に
ついて見てみましょう。

 

比較出来るよう表にして見ました。

 

事業者名 貸付限度額 金利
ビジネクスト 1万円~1000万円 8.0%~18.0%
オリックスVIPローンカードBUSINESS 50万円~500万円 6.0%~17.8%
オリコ 10万円~1000万円 6.0%~18.0%
セゾンファンデックス 1万円~500万円 6.5%~17.8%

 

この数字の場合、上限可能融資額が、

 

500万円・1000万円

 

とばらつきがあります。

 

ここから考えられることは、

 

500万円以上の資金を調達したい

 

という方は、

 

「ビジネクスト」「オリコ」という
選択肢になるわけですが、

 

実際のところ、ノンバンクでの金利設定で
500万円以上を一度に借りるというのは、

 

返済面でのリスクが考えられます。

 

例として800万円を1ヶ月借りた場合の
利息は、

 

  • 金利「10%」で約6万5000円
  • 金利「8%」で約5万2000円

 

となり、かなりの返済利息金額になります。

 

ですのできゃっするとしては、利息計算をして
十分返済できるという計画が立てられる
場合を除いて、

 

ノンバンクのビジネスローンで、「500万円以上
の限度額設定」があっても、

 

それを理由にしておすすめすることはありません。

 

 

 

高額融資なら不動産担保ローンを利用する

 

事業融資において、「1000万円以上の高額融資」
を考える場合は、「不動産担保ローン」の
申し込みを考えてみてください。

 

「不動産を担保」に入れることで、大きな
金額の借り入れが可能になります。

 

「事業用融資の不動産担保ローン」の
特徴やメリット・デメリットなど詳しくは
こちらのページを参考にしてみてください。↓

 

 

 

 

 

では、「200万での融資可能額」の場合、
4社に金利の数字の差がどのくらい
あるのでしょうか?

 

参考事例として、
200万円の融資限度額を受けた場合、

 

4社の金利設定は10%から14%程度の
金利となっています。

 

(過去の融資事例から)

 

従って、融資可能額・上限限度額に関係なく、
同じ融資金額に対して適用される金利は、

 

4社ともほぼ同じ金利が適用されることとなります。

 

(実際の金利は申し込み者の経営状況など
で変わる場合があります)

 

topに戻る

ビジネスローンを比較して選ぶときの最大の決め手は?

前述したように、ビジネスローンの金利については
「同じ融資額」で比較してみたところ、

 

実際のところ各社そう大差はありません。

 

ですので金利より最も大事にしなければならない
事業融資会社を選ぶポイントは、

 

「審査」

 

です。

 

先ほどの4社の中に「審査が通りやすい」という
会社があるのか?

 

と考えると、審査においては各会社の融資許容
基準が違っているため、比較的審査のハードル
が低い会社はあると考えられます。

 

融資額を積極的に増やしたいビジネスローン会社に期待

 

では審査が比較的厳しくない会社の条件とは
なんでしょうか?

 

その答えは「融資・貸出を積極的に行いたい」会社です。

 

各ビジネスローン会社には、それぞれの事情
があります。融資を積極的に行うことで、

 

もっと有益な利益を得るため、まずは貸し出す
融資額を早く増やしたいと考える会社もあります。

 

そういった会社は融資許容基準が若干でも
「拡大」していると考えられます。

 

先程のビジネスローン会社4社の中で、
断トツで審査基準の許容範囲が広い
と考え得られる会社は、

 

ビジネクスト

 

です。ビジネクストでは、

 

決算内容だけの審査ではありません。
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げて
お断りすることはありません。

 

という、審査基準ポリシーがあります。

 

実際に私の知っているビジネスローンの融資を
受けている会社の中で、

 

銀行で審査が通らなかったが、ビジネクストで
申し込んで融資を受けられた。

 

という会社が何社もあります。

 

 

審査はあくまでも厳正なもの

 

ならば、ビジネクストで事業融資の
申し込みをして審査を受ければどの事業主も
審査を通過するのか?というとそれは違います。

 

例えば過去の「借金の履歴」で融資を受けるに
不適応な、

 

(常に返済期日が遅れる、過去に会社の
代表者として倒産して5年以内等)

 

申込者でも審査が簡単に通る
かというと、

 

今ではそういった過去の借入金の履歴
は、貸金業社が専用につかっている
公式ネットワークですぐに照会できるため

 

どのビジネスローンの会社においてもまず
審査が通る事は難しいでしょう。

 

topに戻る

 

ビジネスローンで不動産担保有・無担保2つの融資の比較・違い

 

ビジネスローン、いわゆる
事業融資において、比較する場合

 

不動産担保が必要

 

担保は原則不要(無担保)

 

という2つの選択肢があります。

 

不動産担保の必要な融資と
不要の融資の違いを見極めて
おけば、経営者の方が

 

どちらのメリット・デメリットを選択するか?

 

が自ずと見えてきます。

 

では、この2つの選択肢において、
比較し、その違いを見て見ましょう。

 

例として、ビジネスローンにおいてきゃっする
がおすすめしている、

 

「ビジネクスト」

 

で説明させていただきます。

 

ビジネクストには2つのビジネスローンがある

 

ここまで、ビジネクストの事業融資に
関する解説を行ってきたものは、

 

無担保・無保証

 

のサービスです。

 

しかし、ビジネクストのビジネスローンには、

 

不動産担保ローン

 

も存在しています。

 

不動産担保ローンビジネスローンビジネクスト

 

貸付け上限額の違い

 

不動産担保がある場合とない場合の
圧倒的な違いは、

 

貸付け上限限度額

 

です。

 

ビジネスローンの種類 貸付け上限限度額
ビジネクスト不動産担保なし 1000万円まで
ビジネクスト不動産担保あり 5000万円まで(カードローンの場合)と1億円まで(返済のみの場合)。

 

不動産担保ありなら最高1億円までの
事業融資が見えてきます。

 

高額融資の場合は、返済計画をしっかりと
立てて、無理な返済にならないか?を
ご検討ください。

 

他の詳細については公式サイトを
参考にしてみてください。↓

 

ビジネクストの不動産担保ビジネスローンの公式ページ詳細はこちら

 

※公式ページすぐの「不動産担保ローンはこちら」をクリック。

 

重要 必ず電話ではなく「オンライン申し込み」から申し込みをしてください。

 

 

 

その他の不動産担保「あり」と「なし」の大きく違う点

 

ではビジネクストの商品の概要の比較を
してみてさらに違う点を理解しておきましょう。

 

実質年率・金利利息

 

不動産を担保に入れると、融資の実質年率
が低くなります。

 

 

支払い方法

 

「返済のみ」のタイプがほとんどです。

 

金額が大きくなるので、「いつでも繰り返し
借り入れ」になると、

 

貸す側にとっても借りる側にとっても
リスクが非常に増大するためです。

 

毎月決められた返済金額を払うのみとなります。

 

返済が終わるまで追加融資を受ける
ことは難しくなりますので気をつけましょう。

 

 

必要書類

 

不動産の担保をするための書類が増え、
やや煩雑になります。

 

このコラムのtopに戻る
topに戻る

 

セゾンファンデックスの不動産担保ローン

 

セゾンファンデックスビジネスローン不動産担保

 

株式会社クレディセゾンの子会社。

 

事業融資のビジネスローンでは不動産担保を
扱っています。

 

ご利用目的

設備投資・運転資金(仕入れ・買掛金の支払等)・事業者ローン組換えなど

 

融資対象

法人・個人事業主 満20歳以上70歳以下、完済時85歳未満の方。

 

延滞損害金

20.0%

 

担保(抵当権設定) 

法人または代表者及び代表者の親族が所有する不動産※ 抵当権の順位は問いません。

 

連帯保証人

原則不要 ※ただし、法人の場合は、代表者の個人保証が必要になります。※ただし、ご親族(三親等以内)の方が担保提供される場合は、連帯保証人となっていただく場合があります。

 

ご融資額

100万円~1億円未満

 

お利息(実質年率)

変動金利 3.6%
(年1回利率見直しあり。みずほ銀行の長期プライムレート+2.65%・4月1日を基準日として同年6月5日より新利率を適用)
固定金利 5.8%~9.9%
※金利タイプ(変動金利または固定金利)は、当社の審査により決定する。

 

返済方式および返済期間・回数

毎月元利均等払い
5年~25年/60回~300回
※変動金利の場合、利率の見直しに伴い、原則として毎月の返済金額は増額されませんが、返済期間は最長35年・420回となる場合がある。

 

ご融資方法

お客様の口座へお振込みされる。

 

必要書類

審査時
●法人融資の場合

  • 法人代表者の本人確認書類~運転免許証(運転経歴証明書)、パスポート、健康保険証などのいずれか
  • 法人代表者の住民票(世帯全員分の記載があるもの)
  • 法人代表者の収入証明書~源泉徴収票(必須)、確定申告書
  • 法人の本人確認等書類~商業登記簿謄本
  • 決算報告書(直近2期分)、事業計画書など(新規事業の場合は、創業計画書など)
  • 法人および担保提供予定者の納税証明書(固定資産税・所得税・法人税など)
  • 担保予定不動産のローン残高が確認できる残高証明書、返済予定表などのいずれか

●個人事業主融資の場合

  • 本人確認書類~運転免許証(運転経歴証明書)、パスポート、健康保険証などのいずれか
  • 住民票(世帯全員分の記載があるもの)
  • 収入証明書~確定申告書、課税証明書
  • 事業計画書など(新規事業の場合は、創業計画書など)
  • 担保提供予定者の納税証明書(固定資産税・所得税・住民税など)
  • 担保予定不動産のローン残高が確認できる残高証明書、返済予定表・返済口座通帳など

※その他必要に応じて、上記以外の書類を提出していただく場合がございます。。

 

契約時締結費用

事務手数料(ご融資金額の1.5%以内<税抜>)
※来社にてご契約いただけない場合は、別途20,000円~40,000円<税抜>の負担が必要。
調査料(ご融資金額の0.5%以内<税抜>)
収入印紙代相当額
登記費用(実費)
振込手数料(実費)

 

中途解約手数料

返済元金の3.0%以内

 

  • 商号/株式会社セゾンファンデックス
  • 登録番号/関東財務局長(9)第00897号
  • 日本貸金業協会会員第001350号

 

ホームページ セゾンファンデックス

 

このコラムのtopに戻る
topに戻る

 

不動産担保ありで推奨できるおすすめビジネスローンは?

 

無担保でのビジネスローンでいつでも
繰り返し借入と返済の両方ができる、

 

さらに、

 

不動産担保にて高額な融資の申し込み
ができる、

 

おすすめのビジネスローンについては
このページでお伝えしている、

 

ビジネクスト

 

です。

 

ぜひ確認しておいてください。

 

 

このコラムのtopに戻る
topに戻る

ビジネスローンの比較のまとめ「継続か?債務整理か?」の方向性からの視点

真面目に事業を営んでいるならまずは申し込む

 

ビジネスローンも銀行系の事業融資も、
「会社の手助けをしたい」という気持ちは
大いに持っています。

 

そういった手助けをして、その恩恵として
「金利」を払ってもらい、会社や金融機関
の報酬を上げているわけです。

 

ビジネスローンの申し込みをする方が
真面目に事業に取り組み、その際に
どうしてもつなぎ融資や、運転資金が
必要となったならば、

 

ビジネスローン会社や事業資金融資会社は
その手助けをしたいと考えています。

 

ですので、事業資金が必要となった際には
いずれにせよ、まずは融資の申し込みをして、

 

審査を受けていただくことが賢明な行動です。

 

 

審査に通り融資を受けられれば、
ビジネスローン会社から見込みを
持たれているという風に考えることも
できます。

 

 

貸付条件をご確認のうえ、ゆとりを持ったご返済計画を。

ご返済等でお悩みの方は日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター0570-051-051(受付時間9:00~17:30 休 : 土、日、祝日、年末年始)

 

事業継続の方向性を考える

 

逆に、審査に通らなかった場合は、
融資を受けられない何らかの問題が
あると考えられるので、

 

数社の審査に通らない場合は、
融資とは違った方向性を考えるべき
とも捉えることが出来ますし、

 

方向性さえ見えれば後はそれに向けて
対応をしていくことが大事になるかと思います。

 

債務整理の相談

 

借金が膨れ上がり、その返済に大きく困っている
方が融資の申し込み行って、

 

どうしても審査が通らない場合は、債務整理と言う
方向性を考えることも1つでしょう。

 

 

ビジネスローンの比較のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

有効性の高いビジネスローンの
比較を細かくしてみると、

 

実際に融資を受けやすい会社の
あり方や、メリットがある事がわかって
いただけましたでしょうか?

 

実際、わたくしきゃっするも事業融資を
受けている身であり、

 

そのあたりの経験から比較してみた
お話しをご紹介しました。

 

皆様のビジネスにおいて有効にご活用
していただければ幸いです。

 

(フェイスブックでも公開しています。
フェイスブックでは「無利息キャンペーン
が2016年3月いっぱい」となっていますが、
お客様に好評なため、キャンペーン期間
が延長されました。)

事業資金を検討中の事業主様、ビジネスパートナーの事業資金がおすすめです。2016年3月いっぱいまで、新規の事業資金融資を利息45日間0円で調達ができますので、この機会に会社の運転資金を必要とされている方は、ぜひご利用ください。詳細はこちらをご覧ください。https://nextat19th.org/bijinesloon/bijinesulornhikaku.html#ビジネスローン #事業資金 #無利息

Posted by お金の大辞典 on 2016年2月13日

 

topに戻る

 

ビジネスローンは貸付条件をご確認のうえ、ゆとりを持ったご返済計画を。

 

ご返済等でお悩みの方は日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター0570-051-051(受付時間9:00~17:30 休 : 土、日、祝日、年末年始)

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
運転資金について深掘り
会社法人・個人事業主の運転資金の融資をビジネスローンで申し込むメリットとは?そもそも運転資金とはどういったものか?
ビジネクストのビジネスローンについて深掘り
即日融資可能、繰り返し借り入れができ、いつでも返済が可能なビジネクスト事業融資の評判や口コミ、審査など気になる情報のまとめ一覧です。
アイフルビジネスローン「事業サポートプラン」金利・担保など3社との比較
キャッシングでは人気のアイフルですが、個人向けの他に事業融資向けのビジネスローンサービスもあります。その内容についてご紹介します。
楽天銀行のビジネスローン・事業融資は審査が甘いってホント?
ネット銀行でも有名な楽天銀行には「ビジネスローン」の融資の相談も行っています。実際の審査の内容や申し込み方法などを調べてみました。
オリックスVIPローンカードBUSINESS個人事業主・法人経営者審査申込み他
ビジネスローンにおすすめの(orix)オリックス・クレジット株式会社のVIPローンカードビジネスは、信頼ある大手ノンバンク会社が展開する事業融資です。
年商5000万の飲食店運転資金で100万円のビジネスローン融資。緊急時の利便性。
給与の支払いや仕入れの代金支払いなど、飲食店での運転資金で保証人なしのビジネスローンを活用した例をご紹介します。
審査が甘いビジネスローンで50万円借りるときと10万円借りるとき違いはあるのか?
ビジネスローンの申し込みで最も気になることの一つ、「審査」について解説します。ノンバンクは銀行より審査の甘いは本当か?
無担保・無利息45日金利0円のビジネスローンがたった1社だけある
プロミスやアイフルのように初回30日間無利息でキャッシングができるのと同じように、事業資金融資においても初回無利息・無担保で借りられる期間がある会社が1社だけありました。
ビジネスローンを銀行で断られてもあきらめない!この3社の審査を受けてみる
事業融資や運転資金の調達は銀行以外でも可能です。銀行以外の「ビジネスローン」のメリットやデメリットをご紹介します。
ビジネスローンで即日の融資が可能なノンバンクはこの1社を選べ!
至急のビジネスローンなら銀行よりノンバンクの可能性を実感。その理由やビジネスローンの比較から最適な金融機関を選ぶ。
ビジネスローンとは?有効活用のための5つのメリット
個人経営者・会社法人代表者が融資を受けたいと考えるなら「ビジネスローン」があります。まずはビジネスローンとは?についての詳細をご覧ください。
ビジネスローンを個人事業主で申込み。2つの機関の選択肢をアドバイス
個人事業主でもビジネスローンや事業融資は受けられますが、申し込み者の優先順位によって適切な金融機関を選ぶことで確実な融資を受けることができます。
経営の資金繰りのためお金を借りる方法。金融業者のメリットとデメリット
日本の会社経営では、約7割の会社が何らかの借金をして資金繰りをしている統計がでています。会社経営と切っては切れない借金を考える。
ノンバンクで事業融資・運転資金融資を受ける。たった一つの金利0円期間がある会社
飲食店などの個人事業主や会社経営に携わる方全般にお届けする、法人融資や事業資金・運転資金の融資を出来る限り実現させる唯一の方法をご紹介します。
短期の融資。利便性・審査でおすすめのビジネスローンはこの1社
運転資金などの短期の事業融資に便利なビジネスローンをご紹介します。無担保でコンビニATMで借入・返済が出来ます。法人・個人事業主どちらでも可能。
今「ビジネスローン」は「ビジネスパートナー」が選ばれている5つの理由
「ビジネスパートナー」とは「新規利用者45日間利息0円」で融資を受けられる、メリットの大きいビジネスローンです。