事業資金調達に最適なビジネスローンサービスオリックスのVIPカードローンビジネスのメリットや特徴を深堀り

スポンサードリンク

運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト・オリックス」が常識


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">


オリックスVIPローンカードBUSINESSが選ばれる理由とは?

オリックスVIPローンカードBUSINESS(ビジネス)

 

についてのご紹介です。

 

新しく登場したオリックス(orix) VIP(ビップ)カードローンBUSINESS(ビジネス)のカード
※新しくBUSINESS(ビジネス)の文字がカードに入りました!

 

 

現在ビジネスローンでは、きゃっするが
おすすめできる日本で3本の指に入る
事業資金融資のカードローンです。

 

本日は「オリックス・クレジット株式会社」
が運営する、

 

オリックスVIPローンカードBUSINESS

 

の特徴や魅力を余すことなくお話しますので、

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

オリックスのビジネスローンVIPローンカードBUSINESS個人事業主・法人向けとは?

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。このページではオリックスVIPローンカードBUSINESSについて特徴やメリットなどをご紹介しています。事業・運転資金調達ならビジネスローンを積極的に活用してください。


 

 

 

今まさに事業資金の融資、ビジネスでローン
を必要とされている方は、

 

このページをご覧になって、申し込みの
ハードルの低さや、審査を恐れることが
ないことが分かっていただけると思うので、

 

お役に立てるお話になること、
間違いありません。

 

また、同じビジネスローンとしての
比較対象として、

 

ビジネクスト

 

ビジネクストはビジネスローンの融資をより即日で審査・振込が行われます

 

のビジネスローンについても理解を
していたただけるよう、配慮しております。

 

最初から順に読み進めてみてください。

 

オリックス・クレジット株式会社について

オリックス・クレジット株式会社は、

 

プロ野球でもお馴染みの「オリックス株式会社」
が100%出資するカードローン会社です。

 

社名 オリックス・クレジット株式会社(英文社名:ORIX Credit Corporation)
本社 〒190-8528 東京都立川市曙町二丁目22番20号 立川センタービル
設立 1979年6月
貸金業者登録番号 関東財務局長(12)第00170号
代表者 代表取締役社長 山科 裕子
事業内容 個人向け金融サービス業
株主構成 オリックス株式会社 100%

 

商号:オリックス・クレジット株式会社登録番号:関東財務局長(12)第00170号 日本貸金業協会会員 第003540号

 

ネットワーク

 

本社 〒190-8528 東京都立川市曙町ニ丁目22番20号 立川センタービル
芝オフィス 〒105-0014 東京都港区芝二丁目28番8号 芝二丁目ビル

 

●オリックスグループイメージ動画

 

 

オリックス銀行とはグループは同じ

 

オリックス株式会社にはファイナンス系の
事業として、今回ご紹介する

 

オリックス・クレジット株式会社

 

 

オリックス銀行

 

の2つの代表的なファイナンス(金融・融資・
資金調達)事業があります。

 

この2つの事業においては「カードローン」
でのキャッシング・融資サービスを行って
います。

 

主にオリック銀行では「預金」などの通常の銀行業
と、「個人融資用」のカードローン業を、

 

オリックス・クレジット株式会社は「個人融資」
「会社法人・個人事業融資」としての業の
目的を持っています。

 

法律上の違い

 

貸金業の法律上の規制などから、

 

貸金業と銀行

 

という2つのカテゴリーに完全に分かれています。

 

このように分かれているのについては、
「お金を借りたいユーザー」にとって
メリットがある、

 

いくつかの理由が存在します。

 

このページでご紹介する、

 

ビジネスローン・事業資金に関する融資

 

をお考えの場合は、

 

まずはこのページを読んでいただければ、
すべてのメリット、デメリット、特徴などが
理解していただけると思います。

 

詳しく違いを知りたい方は、こちらのページを
参考にしてみてください。

 

 

topに戻る

貸付上限額が低くても低金利があるなどメリットに関する特徴

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」
についてのメリットや特徴をご紹介します。

 

貸付上限額が低くても低金利での借入コース設定

 

オリックス事業融資・ビジネスローンに関しては、
ここを理解しておくことで、

 

個人事業主・会社代表者がどこの
ビジネスローンよりも、低金利で融資を
受けられる可能性が大きく広がってきます。

 

まずは、次の表をご覧ください。

 

50万円コース 8.0%~17.8%
100万円コース 6.0%~14.9%
200万円コース 6.0%~14.9%
300万円コース 6.0%~14.9%
400万円コース 6.0%~14.9%
500万円コース 6.0%~14.9%

 

御覧のように、オリックスビジネスローンでは

 

貸付け上限限度額の100万円コースから最低金利6.0%

 

が設定されています。

 

他のビジネスローンの金利を見てみると、

 

日本保証「ビジネスローンエール500」 年率 9.8%~18.0%
エスワイシー 年率 7.5%~15.0%
ご融資どっとこむ 年率7.3%~20.0%

 

となり、比較するとオリックスビジネス
なら、

 

貸付け上限額が少なくても低金利で融資を受けられる

 

可能性が大きいと言えます。

 

無担保であるかどうか?は重要

 

金利の数字もさることながら、

 

審査の申し込みに手間取らない

 

ための条件として、

 

無担保か?保証人・抵当が必要か?

 

といった設定のチェック確認が必要です。

 

いくら金利が低くても、保証人が必要で
あれば、第3者の誰かに保証人になって
もらうよう、頭を下げてお願いする必要
があります。

 

仮に、保証人の方に何の被害を与えなく
ても、今後の付き合いで気が引ける、
義理を感じて、相手からの無理強いを
聞いてしまう、、、など、

 

人生やビジネスにおいて不本意なことも
リスクとしてでてくる可能性はあります。

 

更に、保証人関係の書類も増え、
手間がかかるのは間違いありません。

 

オリックスVIPローンカードBUSINESSなら、
第3者保証は必要ありません。「無担保」です。

 

だから、肩に重荷がないのです。

 

審査について

 

  1. 消費者金融系の貸金業(プロミスレイクALSAなど)
  2. 個人のキャッシング

 

などのキャッシングの審査と同じ
ように、

 

ビジネスローンの審査についても、すべての
金融会社で公平に実施されます。

 

topに戻る

オリックスビジネスローンの注意点を回避できるのがビジネクスト

ここまで解説した通り、事業性融資
としての「オリックスVIPローンカード
BUSINESS」には、

 

  • 申し込み・審査のフットワークの軽さ
  • 無担保・無保証と言う小リスク
  • カード型ビジネスローンならではの借入・返済の融通性

 

など多くのメリットがあるのですが、

 

1点だけ注意点があります。

 

総量規制の対象になる可能性

 

実はオリックスのビジネスローンについては、

 

「個人事業主や法人でも契約は
個人との契約」ということになっています。

 

ですので、資金使途については、
「ビジネス」というサービス名にも
かかわらず、

 

会社・事業の運転資金等でも、個人のフリー使途でもどちらでも構わない

 

事となっています。

 

この内容は一見、メリット的にも
感じるのですが、

 

1点注意する必要があるのは、

 

総量規制の対象になる

 

と言うことです。

 

総量規制とは、

 

貸金業者が個人の融資をおこなう場合、
年収の3分の1以上の融資を行っては
いけない

 

という法令です。

 

 

この法令は「個人の融資」に当てはまる
ものです。事業性融資は対象にはならない
のですが、

 

オリックスのビジネスローンは、
「個人との契約」となるため、

 

この総量規制の対象となります。

 

もし個人の融資を貸金業者から
受けているという方は、与信枠
(つまりこの場合だと年収の3分の1
までが融資できる上限)
が残っているのかどうか・・

 

計算をして申し込みを考える必要
があります。

 

もちろん、「個人融資は受けていない」
という方は気にすることはないかと思います。

 

 

 

ビジネクストは総量規制にかからない

 

もし、総量規制について、

 

確実に対象とならないビジネスローン

 

をお考えの方は、「ビジネクスト」への
申し込みの方が安心かと思われます。

 

ビジネクストについてのさらに詳しい
解説についてはこちらのページで
ご紹介していますので、

 

ぜひ参考にしてみてください。↓

 

 

topに戻る

オリックス VIPローンカードBUSINESSキャンペーン申し込み

オリックス VIPローンカードBUSINESS
では、リニューアルを記念して、

 

キャンペーンを開催中です。
(2017年3月31日まではギフトカードプレゼント。
それ以降は公式ページで確認くださいませ。)

 

 

topに戻る

 

 

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
運転資金について深掘り
会社法人・個人事業主の運転資金の融資をビジネスローンで申し込むメリットとは?そもそも運転資金とはどういったものか?
ビジネクストのビジネスローンについて深掘り
即日融資可能、繰り返し借り入れができ、いつでも返済が可能なビジネクスト事業融資の評判や口コミ、審査など気になる情報のまとめ一覧です。
大阪や東京でビジネスローンを探すより有利な条件がたった1社ある
事業における運転資金やつなぎ資金の融資を受けるならネットでの受付も可能です。今もっともおすすめできる全国からweb申し込みが可能なビジネスローンとは?
ビジネスローンカードの利点。いつでも借り入れ・返済が即日で可能
法人・個人の経営者どちらでもカードの発行が可能。セブン銀行のATMが使えて最高に使いやすいビジネスローンのカード型融資のおすすめをご紹介します。
アイフルビジネスローン「事業サポートプラン」金利・担保など3社との比較
キャッシングでは人気のアイフルですが、個人向けの他に事業融資向けのビジネスローンサービスもあります。その内容についてご紹介します。
楽天銀行のビジネスローン・事業融資は審査が甘いってホント?
ネット銀行でも有名な楽天銀行には「ビジネスローン」の融資の相談も行っています。実際の審査の内容や申し込み方法などを調べてみました。
年商5000万の飲食店運転資金で100万円のビジネスローン融資。緊急時の利便性。
給与の支払いや仕入れの代金支払いなど、飲食店での運転資金で保証人なしのビジネスローンを活用した例をご紹介します。
審査が甘いビジネスローンで50万円借りるときと10万円借りるとき違いはあるのか?
ビジネスローンの申し込みで最も気になることの一つ、「審査」について解説します。ノンバンクは銀行より審査の甘いは本当か?
ビジネスローンの金利を比較。銀行・ノンバンク・金融公庫のメリット・デメリット。
ビジネクストのようにノンバンクのビジネスローンと、銀行・日本政策金融公庫でのビジネスローンとの違いを比較してあなたに合う事業融資をすぐに確保。
銀行で融資を断られてもあきらめない!この2社のビジネスローンの審査を受けてみる
事業融資や運転資金の調達は銀行以外でも可能です。銀行以外の「ビジネスローン」のメリットやデメリットをご紹介します。
ビジネスローンで即日融資。緊急なら最短1日・限度額最高1000万のノンバンク1社推奨。
至急・緊急のビジネスローンなら銀行よりノンバンクの可能性を実感。その理由やビジネスローンの比較から最適な金融機関を選んで法人・個人事業主の事業融資を確実に確保。
ビジネスローンとは?有効活用のための5つのメリット
個人経営者・会社法人代表者が融資を受けたいと考えるなら「ビジネスローン」があります。まずはビジネスローンとは?についての詳細をご覧ください。
ビジネスローンを比較!即日融資可能で無担保・ハードルが低い審査に注目
事業資金を比較されている方に朗報。今なら日銀マイナス金利政策で積極的に無担保融資するビジネスローン会社に審査を申し込むことが可能です。
個人事業主がお金を借りる。ビジネスローンで3つの金融機関から選ぶときの理由
ビジネスローンを個人事業主が受ける為には、それぞれの事業者に適切な金融機関を選ぶことでより確実な融資を受けることができます。事業融資申し込みの優先順位を見極めて簡素化。
個人事業主・自営業が消費税を払えない!分割納付とビジネスローンの活用
消費税が払えないという自営業者・個人事業主は多く、共通の悩みです。未払いの解決策と滞納を事前に回避する方法などをご紹介します。
レイクALSAのキャッシングはビジネスローンに対応しているのか?
ビジネスローンとは事業性融資のことですが、2018年に新しくサービスが始まったレイクALSAでお金を借りた場合、事業性資金に使えるのか?についてお話しします。
アコムのキャッシングはビジネスローンも対応しているのか?
ビジネスでの資金調達は事業性融資になりますが、フリーローンとして人気のアコムではビジネスローンとして審査を受けることができるのか?についてお話しします。
経営の資金繰りのためお金を借りる方法。金融業者のメリットとデメリット
日本の会社経営では、約7割の会社が何らかの借金をして資金繰りをしている統計がでています。会社経営と切っては切れない借金を考える。
ノンバンクなら事業資金融資が借りやすい。赤字決算でも審査可能なたった1つの会社とは?
社員のいない個人事業主や小規模な会社経営に携わる方全般にお届けする、法人融資や事業資金・運転資金の融資を出来る限り実現させる唯一の方法をご紹介します。
短期の融資。下限金利8%で銀行より利便性・審査でおすすめのビジネスローンとは?
運転資金などの短期の事業融資に便利なビジネスローンをご紹介します。無担保でコンビニATMで借入・返済が出来ます。法人・個人事業主どちらでも可能。
車のローンが組めない自営業の最終手段。100万円以下ならビジネスローンを利用してみる。
銀行などではローンサービスの一つに金利の低い「車専用ローン」があります。しかし個人事業主で安定した収入がない場合、審査に通らないことも多いです。そんな時にできる車ローン対策をご紹介します。
自営業の借り入れ。赤字決算でも申し込み可能なたった1つのビジネスローンとは
何かと運転資金が不足がちになる自営業のビジネス。カード型ビジネスローンなら必要な時だけコンビニATMで借り入れができる実用性に優れたメリットがあります。
自営業のローン。赤字でも最高限度額1000万まで申し込み可能なビジネスローンをご存知ですか?
銀行ではなかなか貸してくれない事業融資でも、ノンバンクのビジネスローンなら審査に通りやすいメリットがあります。