個人事業主の運転資金やつなぎ融資ならビジネスローンを活用。もっともおすすめできる選択肢を2つご紹介しています。

スポンサードリンク

 

運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「オリックス」が常識

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">

ビジネスローンの申し込む前に2つの選択肢のをアドバイス。どちらを選ぶべきか?

ビジネスローン個人事業主が申し込む

 

ときに知っておきたい「2つの選択肢」
をご紹介します。

 

それぞれに特徴あり、「どちらを選ぶ
べきか?」が理解できるよう、

 

解かりやすく解説しています。

 

 

ビジネスローンを個人事業主で申込み。2つの機関の選択肢をアドバイス

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。このページでは個人事業主がビジネスローンなどでお金を借りるときのシーンについて、最もおすすめできる金融機関を2タイプご紹介しながら、最終的にどこを選べばいいのか?手ほどきを書いています。是非参考に読んでみてください。


 

 

ではここから、

 

「日本政策金融公庫」と、
割とよく活用されている、
「ノンバンクでのビジネスローン会社」

 

と2つの選択肢について詳しくアドバイスします。

 

しっかりと理解を深めていただくために、

 

ぜひ最後まで読んでください。

 

まず1つ目の選択肢は日本政策金融公庫

事業融資を個人事業主が申し込む
場合に多い考えとして、

 

  • 銀行しか融資の申し込みができない
  • 銀行以外の選択肢は少ない
  • 金利面では多少多く払う必要がある

 

といったようなネガティブな考えを
持つ方がいます。

 

しかし、結論から言いますと、

 

まず検討するべき金融機関は、
銀行以外で、しかも金利利息が
安い、

 

日本政策金融公庫

 

という国の機関の事業融資の申し込み
を考えるべきです。

 

ビジネスでのローンなら金利が低い日本政策金融公庫

 

日本政策金融公庫

 

という機関名はおそらく社会人の方なら
1度は耳にしたことがあるかと思います。

 

個人事業主(法人経営者も含めて)
事業融資や運転資金融資を必要
とするなら、

 

まず最初に検討するべきは、
日本政策金融公庫といっても
過言ではないでしょう。

 

「日本政策金融公庫なら知っているよ」

 

と言ってこのページを離れる前に、

 

「審査の申し込み」で必要なサポート
が受けられる方法などを解説して
いますので、

 

一度最後まで読んで見てください。

 

名前は知っているけど個人事業主でも申込みってできるの?

 

問題なくできます。

 

メリットはどんな点ですか?

 

金利が安い

 

一般のビジネスローン会社やノンバンク、
銀行よりもかなり低い利息金利で融資を
受けることができます。

 

2017年現在なら約2.06~2.65%です。
※担保を不要とする融資を希望される方

 

 

但し、この「金利面」でもこれ以上低い
金利・利息が叶う方法がありますので、
続けて読んで見てください。

 

(審査に通ることも大事です)

 

無担保、保証人無し

 

基本的に第3者の保証人の必要がない
融資サービスがあります。

 

審査が厳しいのでは?

 

申込者全体の2割程度しか審査が
通らないという統計もあります。

 

提出書類が煩雑ではないですか?

 

実は、審査よりもむしろこちらの条件が
気になるところなんです。

 

この提出書類の中に、

 

「事業計画書」

 

のような専門的な資料を作成する
必要があります。

 

これらは自分1人で調べて作る方もおられ
ますが、一番確実なのは、

 

専門家に依頼して作成してもらう

 

ことです。

 

これが、、最もスムーズに事が運びます。

 

この提出書類の良し悪しで、言い換えれば、
審査が通らない、通るの分かれ道になると
言えるでしょう。

 

この提出書類関係で落ちている申し込み者
の割合は多いはずです。

 

ではどこに依頼すればいいのか?

 

日本政策金融公庫の融資サポート

 

を専門とする会社があります。それが

 

「ユウシサポ」

 

です。

 

 

こちらの公式サイトをご覧いただき、
どういった内容のサポートが受けら
れるのか?

 

を確認してみてください。

 

単に1元で日本政策金融公庫
の門をたたく方法より、

 

かなりメリットのある、しかも上手に審査を
パスするための内容といえるでしょう。

 

topに戻る

不利な条件が1つでもあるときこそ民間機関のビジネスローン

ビジネスローンの2つ目の選択肢です。

 

  • 日本政策金融公庫の融資が受けられない
  • もっと簡単に事業融資を実行したい
  • 決算が赤字、もしくは赤字に近いので審査が不安
  • かなり急いでいるので審査結果・融資実行を即日に行いたい

 

とお考えの場合は、

 

民間のビジネスローン

 

を活用します。

 

メリット

 

日本政策金融公庫の申し込みより、

 

格段に手間いらずで簡単

 

です。

 

例えば、

 

私、「きゃっする」も利用している、
当サイトが一番に推奨している、
ビジネスローン、

 

ビジネクスト

 

ビジネスローンの比較すればビジネクストがおすすめ度が大きい

 

で申し込みをするなら、

 

個人事業主の場合の申込必要書類は、

 

  1. ご本人様を確認する書類
  2. 確定申告書原則2年分

 

この2つだけです。

 

また、決算が「赤字同然」で審査に不安が
ある方でも、それが必ずしも審査に落ちる
原因になるわけではありません。

 

ビジネクストでは、

 

決算内容だけの審査ではありません。
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げて
お断りすることはありません。

 

という審査ポリシーとなっています。

 

デメリット

 

金利・利息が「日本政策金融公庫」
より高くなります。

 

ビジネクストの詳細についてはこちらの
ページを参考にしてみてください。↓

 

詳細な内容はこちらをご覧ください。

 

 

topに戻る

まとめ 2つの選択肢のどちらを選ぶかの判断基準は?

2つのビジネスローンのどちらを選ぶか?
についてアドバイスをすると、

 

融資や借り入れの申し込みでは、
審査が必ずついてきます。

 

審査をクリアできる事業計画がある

 

方はサポートを受けて、

 

日本政策金融公庫の必要書類を揃えて提出

 

してみてください。

 

それとは対照に、

 

しっかりした事業計画があまりまく、
審査を心配される方、

 

また、運転資金、つなぎ融資など、
短期の借入がいつでもできる、
またいつでも返済もできる

 

といった事業主の方は、

 

民間会社のビジネスローン

 

の申し込みを実行されると良いかと思います。

 

国の施策とは別のものになるので、金利が
高くなるところは仕方のないところです。

 

その分、それに勝るメリットもありますので、

 

どちらのメリットが必要であるのか?

 

を検討いただき、申し込みを行ってください。

 

 

 

topに戻る

銀行での事業融資は役に立つのか?

このページでは、

 

  • 日本政策金融公庫
  • ノンバンクのビジネスローン

 

この2つの特徴についてご紹介しましたが、
もちろん銀行に事業融資の申し込みを
行う選択肢もあります。

 

「銀行でのビジネスローン」の特徴は、

 

日本政策金融公庫とノンバンクの会社との中間

 

的な存在となります。

 

まずは銀行に事業融資を申し込む
際に知っておきたい基本情報がいく
つかありますので、

 

参考にしてみてください。↓

 

 

topに戻る

 

飲食店の個人事業主が売り上げを上げるためには?

 

私きゃっするは、飲食店経営者の方に
経営コンサルティングを行っています。

 

その中から、最も重要と考える

 

  • 赤字からの回復
  • 不景気を乗り切る

 

といった対策や事例のお話をご紹介
します。↓

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
運転資金について深掘り
会社法人・個人事業主の運転資金の融資をビジネスローンで申し込むメリットとは?そもそも運転資金とはどういったものか?
ビジネクストのビジネスローンについて深掘り
即日融資可能、繰り返し借り入れができ、いつでも返済が可能なビジネクスト事業融資の評判や口コミ、審査など気になる情報のまとめ一覧です。
法人向けのビジネスローンで唯一おすすめの会社とその理由は?
事業性融資をお考えの法人経営者の方におすすめのビジネスローンをご紹介します。もちろん個人事業主でも即日融資可能です。
大阪や東京でビジネスローンを探すより有利な条件がたった1社ある
事業における運転資金やつなぎ資金の融資を受けるならネットでの受付も可能です。今もっともおすすめできる全国からweb申し込みが可能なビジネスローンとは?
カード型ビジネスローンの利点。いつでも借り入れ・返済が即日で可能
法人・個人の経営者どちらでもカードの発行が可能。セブン銀行のATMが使えて最高に使いやすいビジネスローンのカード型融資のおすすめをご紹介します。
アイフルビジネスローン「事業サポートプラン」金利・担保など3社との比較
キャッシングでは人気のアイフルですが、個人向けの他に事業融資向けのビジネスローンサービスもあります。その内容についてご紹介します。
楽天銀行のビジネスローン・事業融資は審査が甘いってホント?
ネット銀行でも有名な楽天銀行には「ビジネスローン」の融資の相談も行っています。実際の審査の内容や申し込み方法などを調べてみました。
オリックスVIPローンカードBUSINESS個人事業主・法人経営者審査申込み他
ビジネスローンにおすすめの(orix)オリックス・クレジット株式会社のVIPローンカードビジネスは、信頼ある大手ノンバンク会社が展開する事業融資です。
年商5000万の飲食店運転資金で100万円のビジネスローン融資。緊急時の利便性。
給与の支払いや仕入れの代金支払いなど、飲食店での運転資金で保証人なしのビジネスローンを活用した例をご紹介します。
審査が甘いビジネスローンで50万円借りるときと10万円借りるとき違いはあるのか?
ビジネスローンの申し込みで最も気になることの一つ、「審査」について解説します。ノンバンクは銀行より審査の甘いは本当か?
無担保・無利息45日金利0円のビジネスローンがたった1社だけある
プロミスやアイフルのように初回30日間無利息でキャッシングができるのと同じように、事業資金融資においても初回無利息・無担保で借りられる期間がある会社が1社だけありました。
ビジネスローンを銀行で断られてもあきらめない!この3社の審査を受けてみる
事業融資や運転資金の調達は銀行以外でも可能です。銀行以外の「ビジネスローン」のメリットやデメリットをご紹介します。
即日融資可能なビジネスローンのノンバンクを1社推奨。至急に対応できます。
至急のビジネスローンなら銀行よりノンバンクの可能性を実感。その理由やビジネスローンの比較から最適な金融機関を選んで法人・個人事業主の事業融資を確実に確保。
ビジネスローンとは?有効活用のための5つのメリット
個人経営者・会社法人代表者が融資を受けたいと考えるなら「ビジネスローン」があります。まずはビジネスローンとは?についての詳細をご覧ください。
ビジネスローンを比較!即日融資可能で無担保・ハードルが低い審査に注目
事業資金を比較されている方に朗報。今なら日銀マイナス金利政策で積極的に無担保融資するビジネスローン会社に審査を申し込むことが可能です。
レイクALSAのキャッシングはビジネスローンに対応しているのか?
ビジネスローンとは事業性融資のことですが、2018年に新しくサービスが始まったレイクALSAでお金を借りた場合、事業性資金に使えるのか?についてお話しします。
経営の資金繰りのためお金を借りる方法。金融業者のメリットとデメリット
日本の会社経営では、約7割の会社が何らかの借金をして資金繰りをしている統計がでています。会社経営と切っては切れない借金を考える。
ノンバンクで事業融資・運転資金融資を受ける。たった一つの金利0円期間がある会社
飲食店などの個人事業主や会社経営に携わる方全般にお届けする、法人融資や事業資金・運転資金の融資を出来る限り実現させる唯一の方法をご紹介します。
短期の融資。利便性・審査でおすすめのビジネスローンはこの1社
運転資金などの短期の事業融資に便利なビジネスローンをご紹介します。無担保でコンビニATMで借入・返済が出来ます。法人・個人事業主どちらでも可能。
今「ビジネスローン」は「ビジネスパートナー」が選ばれている5つの理由
「ビジネスパートナー」とは「新規利用者45日間利息0円」で融資を受けられる、メリットの大きいビジネスローンです。