もし消費税の支払いが遅れそうなとき、知っておきたい税務署への対応。個人事業主・自営業者必見です。

スポンサードリンク
アコムなら即日融資、最短1分で銀行振り込みが可能楽天・三菱UFJ・
ゆうちょ・三井住友銀行があります。初めてなら30日間無利息でお得感も◎

 

個人事業主・自営業が確定申告で支払う消費税を払えない時の分割納付と借りやすいビジネスローンの解説

個人事業主・自営業が消費税を払えない

 

という相談がきゃっするのところには
とても多くあります。

 

消費税は「一時的に預かるお金」
なので、事業者の負担なく支払い
ができるはずですが、

 

「先にあずかっている消費税」を
ついつい運転資金や設備投資に
使ってしまう事例は多くあります。

 

もし確定申告時、もしくは
分割納付時に現金がなくて

 

「消費税が払えない」

 

事態になった時はどうすればいいのか?

 

について解説します。

 

ぜひ最後まで読んで見てください。

 

スポンサードリンク

運転資金・税金納付の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト・オリックス」が常識


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">



消費税が払えない原因とは?

本来、税金とは利益の一定割合を納めるものです。

 

しかし、消費税は、売上と一緒に
取引先に支払ってもらっていた
ものを取引先に代わって支払う
ものです。

 

その意味で預かり金ですので、
支払う現金が無いと言うことは
何か原因がある筈です。

 

その理由は、「仕分けで預り金の
処理をせず事業資金に充ててしまう」
ということがほとんどです。

 

これは「事業で利益がでていても」
ありがちなことです。

 

また、「去年は事業が順調で
利益が出た」が、今年になって
経営が芳しくない、

 

という時にも、運転資金等で
消費税分も使ってしまい、

 

「分割納付」を選択して、負担を
引き延ばす処置をしていても、

 

「分割分が払えない」ということは、
きゃっするの友人の会社経営者
でも実際に相談を受けた事例です。

 

そしてこの事例が多いのは、

 

割と事業が順調な個人事業主や
自営業、小規模な会社経営者
です。

 

免税事業者は消費税を納めなくても良い

 

ちなみに年間の売上が1000万円以下

 

※基準期間の課税売上高及び特定期間の課税売上高等が1,000万円以下

 

の場合は、納税義務が免除され、
免税事業者となり消費税を
支払うことを免除されます。

 

 

 

 

年間売り上げ1000万円以下の
個人事業主・自営業者はそもそも
消費税の納税が免除されるので、

 

この事例には当てはまりません。

 

これからもっと事業を大きくしたい!
と考える事業者ほどこの現実に
直面してしまいます。

 

topに戻る

税務署への対応。誠意をもって対処・相談する

消費税は国税です。

 

国税庁管轄の税務署は税金を
徴収するだけではなく、

 

皆が公平に納税できるよう相談にのる
重要な役目もあります。

 

もし消費税の税金を払う意思が
あれば必ず相談にのってくれます。

 

消費税の確定申告は毎年4月です。

 

ここで「一括納付」できなければ、

 

分割にしたり延期したり、いくつか
の制度が用意されています。

 

 

分割納付もできない場合

 

まず、確定申告に不足があったり
しないようにしっかりとした決算書
を作ることが大事と言う認識を持って、

 

今後は滞納が起こらないよう
事業を進めていくことを念頭に
おいてください、

 

その上で、分割納付もできない状態
になってしまったらどうすればいいのか?

 

税金は絶対踏み倒しできません。

 

まず大事なのは誠意です。
「現金が無いので支払えない」
とこちらから正直に申し出ましょう。

 

無い袖が触れないことについて、
税務署も無理は言いません。

 

払えない理由を明確にする

 

消費税は預かり金ですので、
理論上は支払いができる筈です。

 

しかし手元に支払うための現金がない
のは何故なのか、理由を調べたうえで
税務署に相談して下さい。

 

例えば、

 

  • 「預かり金が〇〇円あったが、運転資金に使ってしまった」
  • 「他で○○円の貸倒れがあり、売上が計画通り入金になっていない」
  • 「売上計上のタイミングが○○円、計画と違った」

 

など、数字でおさえて下さい。

 

支払計画を考えておく

 

納税を猶予する相談をする以上、
「○○までに、○○円支払ます」
と期限と金額を明確にして、

 

しっかりとした計画を立てておいてください。

 

事業をする以上、消費税は毎年
支払わなければなりません。

 

その場限りの言い逃れは税務署も首を
縦に振らないばかりでなく、結局自分の
首を絞めることになります。

 

必ず猶予できるとは限らないと認識する

 

国税には「換価の猶予」「納税の猶予」
といった猶予の制度があります。

 

これらは制度としては用意されていますが、
必ず適用されるものではありません。

 

消費税を支払う現金が無いことに
ついて真にやむを得ないと税務署は
判断した時に検討されるものです。

 

もし、消費税が払えないにも
関わらず、延長などで難を逃れた
としても、

 

今後は決して安易に考えないように
注意しましょう。

 

そのためには、運転資金や
つなぎ資金などのお金と、

 

消費税のお金とをしっかりと
区別して、事業のお金の
不足分は、

 

割と資金調達がやりやすい、
ビジネスローンを活用することを
おすすめします。

 

次に詳しくご紹介します。

 

topに戻る

個人事業主・自営業でも借りやすいビジネスローンの活用

お金を借りる手段としては、
銀行が真っ先に思い当たる
ところですが、

 

  • そもそも業績が良い
  • 事業計画書で経営が改善する利益が増える見込みがある

 

といった見通しの良い経営が
はっきりと見えていないと、
融資を行ってくれません。

 

さらに銀行の事業性融資は、
小規模の個人事業主や
自営業者が融資を受けるのは、
中々のハードルが高いものです。

 

世間うわさ通り、銀行での
事業性融資の審査のハードル
は高いと考えて間違いないでしょう。

 

今回のような「消費税の支払いに充てる」
目的で銀行から融資を受けることは
尚更無理と考えておくべきです。

 

 

事業計画書と収支計画書で
将来の事業の見通しの明るさ
を示さなければ、

 

審査には通りにくいものです。

 

では、結果的に、ビジネスローンで
調達できたお金を、

 

  • 消費税滞納を回避するため
  • 事業での運転資金に充てるため

 

どちらでも融資可能で資金使途に
あまりこだわらない融資ができるのが、

 

民間のビジネスローンです。

 

民間の会社のビジネスローン
なら、銀行などよりはるかに借りやすい
体制が整っています。

 

ビジネクストのようなビジネスローンなら、、

 

例えば赤字決算であってもそれだけで
融資の判断をするものではにという

 

審査ポリシーもあり、審査のハードル
としては、銀行融資や日本政策金融
などより低いものとなっています。

 

さらに、無担保・無保証での借り入れも
可能ですので、他人に迷惑をかける
心配もありません。

 

ビジネクストの詳細については
他のページで詳しく解説しています
ので参考にして見てください。↓

 

 

ビジネスローンで調達した融資金は、

 

  • 運転資金や設備資金
  • 消費税支払いの資金

 

どっちに使ってモ「お金はお金」
ですので、どちらでも使えるのですが、

 

大事なのは、「帳面をしっかりと付けて
区別する」と言う点です。

 

そうでないと、おそらく事業資金と
消費税が再びごっちゃになって、

 

いつの間にか「消費税が払えない」
「現金がない」という事態に陥って
しまうことになりやすくなります。

 

まずはピンチを乗り越えて、
今後は決算書の仕分けに
注意して、事業を継続して
ください。

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
運転資金について深掘り
会社法人・個人事業主の運転資金の融資をビジネスローンで申し込むメリットとは?そもそも運転資金とはどういったものか?
ビジネクストのビジネスローンについて深掘り
即日融資可能、繰り返し借り入れができ、いつでも返済が可能なビジネクスト事業融資の評判や口コミ、審査など気になる情報のまとめ一覧です。
大阪や東京でビジネスローンを探すより有利な条件がたった1社ある
事業における運転資金やつなぎ資金の融資を受けるならネットでの受付も可能です。今もっともおすすめできる全国からweb申し込みが可能なビジネスローンとは?
ビジネスローンカードの利点。いつでも借り入れ・返済が即日で可能
法人・個人の経営者どちらでもカードの発行が可能。セブン銀行のATMが使えて最高に使いやすいビジネスローンのカード型融資のおすすめをご紹介します。
アイフルビジネスローン「事業サポートプラン」金利・担保など3社との比較
キャッシングでは人気のアイフルですが、個人向けの他に事業融資向けのビジネスローンサービスもあります。その内容についてご紹介します。
楽天銀行のビジネスローン・事業融資は審査が甘いってホント?
ネット銀行でも有名な楽天銀行には「ビジネスローン」の融資の相談も行っています。実際の審査の内容や申し込み方法などを調べてみました。
オリックスのビジネスローンVIPローンカードBUSINESS個人事業主・法人向けとは?
ビジネスローンにおすすめの(orix)オリックス・クレジット株式会社のVIPローンカードビジネスは、信頼ある大手ノンバンク会社が展開する事業融資です。
年商5000万の飲食店運転資金で100万円のビジネスローン融資。緊急時の利便性。
給与の支払いや仕入れの代金支払いなど、飲食店での運転資金で保証人なしのビジネスローンを活用した例をご紹介します。
審査が甘いビジネスローンで50万円借りるときと10万円借りるとき違いはあるのか?
ビジネスローンの申し込みで最も気になることの一つ、「審査」について解説します。ノンバンクは銀行より審査の甘いは本当か?
ビジネスローンの金利を比較。銀行・ノンバンク・金融公庫のメリット・デメリット。
ビジネクストのようにノンバンクのビジネスローンと、銀行・日本政策金融公庫でのビジネスローンとの違いを比較してあなたに合う事業融資をすぐに確保。
銀行で融資を断られてもあきらめない!この2社のビジネスローンの審査を受けてみる
事業融資や運転資金の調達は銀行以外でも可能です。銀行以外の「ビジネスローン」のメリットやデメリットをご紹介します。
ビジネスローンで即日融資。緊急なら最短1日・限度額最高1000万のノンバンク1社推奨。
至急・緊急のビジネスローンなら銀行よりノンバンクの可能性を実感。その理由やビジネスローンの比較から最適な金融機関を選んで法人・個人事業主の事業融資を確実に確保。
ビジネスローンとは?有効活用のための5つのメリット
個人経営者・会社法人代表者が融資を受けたいと考えるなら「ビジネスローン」があります。まずはビジネスローンとは?についての詳細をご覧ください。
ビジネスローンを比較!即日融資可能で無担保・ハードルが低い審査に注目
事業資金を比較されている方に朗報。今なら日銀マイナス金利政策で積極的に無担保融資するビジネスローン会社に審査を申し込むことが可能です。
個人事業主がお金を借りる。ビジネスローンで3つの金融機関から選ぶときの理由
ビジネスローンを個人事業主が受ける為には、それぞれの事業者に適切な金融機関を選ぶことでより確実な融資を受けることができます。事業融資申し込みの優先順位を見極めて簡素化。
レイクALSAのキャッシングはビジネスローンに対応しているのか?
ビジネスローンとは事業性融資のことですが、2018年に新しくサービスが始まったレイクALSAでお金を借りた場合、事業性資金に使えるのか?についてお話しします。
アコムのキャッシングはビジネスローンも対応しているのか?
ビジネスでの資金調達は事業性融資になりますが、フリーローンとして人気のアコムではビジネスローンとして審査を受けることができるのか?についてお話しします。
ノンバンクなら事業資金融資が借りやすい。赤字決算でも審査可能なたった1つの会社とは?
社員のいない個人事業主や小規模な会社経営に携わる方全般にお届けする、法人融資や事業資金・運転資金の融資を出来る限り実現させる唯一の方法をご紹介します。
短期の融資。下限金利8%で銀行より利便性・審査でおすすめのビジネスローンとは?
運転資金などの短期の事業融資に便利なビジネスローンをご紹介します。無担保でコンビニATMで借入・返済が出来ます。法人・個人事業主どちらでも可能。
車のローンが組めない自営業の最終手段。100万円以下ならビジネスローンを利用してみる。
銀行などではローンサービスの一つに金利の低い「車専用ローン」があります。しかし個人事業主で安定した収入がない場合、審査に通らないことも多いです。そんな時にできる車ローン対策をご紹介します。
自営業の借り入れ。赤字決算でも申し込み可能なたった1つのビジネスローンとは
何かと運転資金が不足がちになる自営業のビジネス。カード型ビジネスローンなら必要な時だけコンビニATMで借り入れができる実用性に優れたメリットがあります。
自営業のローン。赤字でも最高限度額1000万まで申し込み可能なビジネスローンをご存知ですか?
銀行ではなかなか貸してくれない事業融資でも、ノンバンクのビジネスローンなら審査に通りやすいメリットがあります。