即日融資・短い審査時間のビジネスローンならビジネクストがおすすめ。メリット・デメリットを含めて解説します。

スポンサードリンク

 

運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト・オリックス」が常識

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">

ビジネクストのビジネスローンの審査は本当に厳しくないのか?

ビジネクストの審査

 

について、あまり知られていない
お話をします。

 

これから事業や仕事での運転資金
つなぎ資金などが必要な方には、
希望が持てる内容になりますので、

 

ぜひ最後まで読んで見てください!

 

 

ビジネクストの審査基準。赤字決算でも審査できるたった1つの理由とは

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。このページではビジネスローンで頼りになる「ビジネクストの審査」についての特徴を解説しています。運転資金調達に最適なのがビジネクストです。


 

ビジネスローンや事業融資の審査はすべて同じではない

事業融資・ビジネスローンで融資を
受けたいときは、必ず審査があります。

 

キャッシングカードローンも例外ではありません。

 

そして、この審査というのは厳格なもの
であり、いい加減なプロセスで行われる
ものではありません。

 

しかし、「融資の審査」はすべての金融機関
が全く同じではありません。

 

貸付条件によって「審査の基準」は変わる

 

事業融資を行っている機関は、

 

  1. 銀行融資
  2. 日本政策金融公庫などの政府系融資
  3. 銀行以外の貸金業ノンバンクの融資

 

大きくはこの3つに分かれます。

 

ちなみに今回のお話しのメインにしている
ビジネクストは3つめの「銀行以外の貸金業
ノンバンク」です。

 

これら3つのタイプの金融機関は、ビジネスローン
などの「事業融資の審査内容」がすべて同じ
ではありません。

 

何故かと言いますと、

 

各金融機関によって貸付条件が違う

 

からです。

 

例えば、事業融資を受けたいと考える
経営者が一番気になるのが、

 

「金利の数字」です。

 

金利は低い方が利息が少なくて済むので
低い金利で借りられるところをまず探すでしょう。

 

金利の低い順で言うと、

 

日本政策金融公庫→銀行→貸金業のノンバンク

 

という並びになります。

 

しかし、この順番は金利の低い順と同時に
「審査のハードルが高い順」とも言えるわけです。

 

日本政策金融公庫や銀行は、

 

「金利が低い=利息収入が少ない」

 

ということになりますので、万が一貸し倒れ
や倒産で損失を被った場合の被害が
大きくなります。

 

ですから、事前の審査はハードルが高くなり、
貸金業のノンバンクより審査に通りにくいと
いうことになってしまいます。

 

会社経営者や個人事業主を救済するなら

 

もし、日本政策金融公庫や銀行で事業融資の
審査が通らず、経営に行き詰る可能性が高く
なった場合、

 

選択肢としては「倒産・破産・民事再生」などの
「債務整理」が浮上します。

 

これは最後の最後、どうしても手の打ちようがない
といった時の選択肢です。

 

経営者としては「できればこの方法は使いたくない」
と思う方は多いはずです。

 

そこで、債務整理の前に検討できるのが、
ノンバンクの貸金業であるビジネクストが
行うビジネスローンです。

 

「資金に関する事業者の救済」として、ビジネクスト
のビジネスローンは欠かせないもにとなっています。

 

ではここから、ビジネクストについての審査内容
やメリットなどを詳しくご紹介していきます。

 

topに戻る

なぜビジネクストがおすすめなのか?「審査の内容」に柔軟性がある

日本政策金融公庫や銀行で事業融資の
審査が通らないかもしれない、

 

そんな心配があるときは、ビジネクストの
ビジネスローンを申し込みしてみることを
おすすめします。

 

赤字決算でも審査が通らない確率は100%ではない

 

ビジネクストでは、審査の内容に関して
次のような解説があります。

 

決算内容だけの審査ではありません。
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げて
お断りすることはありません。

 

赤字決算、赤字と変わらないような
会社利益の場合、

 

日本政策金融公庫や銀行で新規事業融資
の審査では通らない可能性は100%に近い
といえます。

 

しかし、ビジネクストの場合はそれらよりも
審査が通る可能性は高いと言えます。

 

その分「金利・利息が銀行や日本政策
金融公庫より高い」ということが言えます。

 

融資の審査では「絶対」という言葉は
ありませんが、どうしても今の仕事や
事業を続けたい経営者の強い気持ち
があるなら、

 

「あらゆる可能性を試してみる」ことを行なわ
なければ、その道が開けてくることはありません。

 

短期の運転資金・つなぎ融資に最適

 

ビジネクストのビジネスローンは、ATMで
使えるカードがあります。

 

セブンイレブンのATMで借り入れ・返済ができるビジネクストのカード

 

いつでも借りることができ、またユーザの
都合でいつでも返済することが可能です。

 

ですから、短期での急な融資、一時的な
つなぎ融資に最適です。

 

但し、「長期的な融資」については、
「金利が比較的高い」ので、しっかり
した事業計画を立てて、

 

返済の見込みをしっかりと見極めてから
借り入れを行うことが賢明です。

 

当サイトが調べたビジネクストの詳細な
メリットや解説については、こちらのページで
詳しく解説していますので、

 

ぜひ参考にしてみてください↓

 

ビジネクストお申し込み詳細はこちら

 

重要 必ず電話ではなく「オンライン申し込み」から申し込みをしてください。

topに戻る

ビジネクストで不動産担保を条件にする場合の審査他3つのメリット

ビジネクストでは、

 

不動産を担保にした事業性融資

 

のサービスもあります。

 

不動産を担保にしたときのメリット

 

  • 「金利が低い」
  • 「審査が変る」
  • 「限度額が上がる」

 

この3つが期待できます。

 

デメリットは?

 

万が一、返済が滞ってしまうと、
担保の不動産は競売に掛けられます。

 

そして、融資残高の支払に充てられます
ので、不動産の所有権はなくなります。

 

ビジネクストの不動産担保向け
ビジネスローンの詳しい内容については、
こちらをご覧ください。↓

 

 

topに戻る

ビジネクスト以外でのビジネスローンは?

ノンバンクの貸金業・銀行を対象
としたビジネスローンについての
詳細はこちらを御覧ください。

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加