なぜつなぎ融資を銀行以外で考えるのか?その理由とメリット

スポンサードリンク

 

※運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">

つなぎ融資でお悩みの方すべての手段を試しましたか?

このページでは、

 

つなぎ融資

 

について、融資の申し込みが
上手くいかなくてにっちもさっちも
行かない方に、

 

なんとか実行までこぎつけるための
アドバイスをしています。

 

最後まで読んでいただきますよう
お願いいたします。

 

 

つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。このページではつなぎ融資、いわゆる事業用の運転資金融資を銀行で調達できない悩みについての解決方法を中心にお話ししていきますので是非参考にしてみてください。


 

つなぎ融資とは

つなぎ融資という言葉は2つの
シチュエーションで使われています。

 

 

このページで紹介している
つなぎ融資とは、

 

事業やビジネスの経営で必要になる
短期的資金の調達の意味のことです。

 

 

「運転資金の調達」または、近い将来の
健全な経営を目指すための必要経費として、

 

一時的に融資を受けることは、会社や
個人事業の事業継続の為に、

 

多くの仕事のジャンルで必要不可欠と
言っても過言ではありません。

 

実際のところ、日本では約7割の会社が
何らかの融資を受けている
事実を見ても
うなずけることです。

 

topに戻る

コンサルティングしているとわかるつなぎ融資の実態

私は飲食店経営者や個人事業主の方々
を中心として、経営コンサルティング
をさせていただいております。

 

その中で事業資金やつなぎ融資の確保
は必ずと言ってよいほど、アドバイスを
差し上げる項目の一つとなっています。

 

 

ではなぜ「必要不可欠のアドバイスか?」
と言うところを詳しく説明します。

 

銀行や国の機関が貸さない

 

まず事業資金でパッと考える融資機関と言えば

 

  • 日本政策金融公庫
  • 銀行

 

この2つがでてきます。

 

これについては、私がアドバイスを差し上げ
なくとも、ほとんどの事業主や社長様が
知っておられるところです。

 

しかし、融資には必ず審査があります。

 

この審査に通らないと融資の実行は
ありません。

 

私のところには「審査が通らない」という
相談が多いのが現状であり、

 

そのためにアドバイスを差し上げるという
ことになるのです。

 

なぜ審査に通らないのか?

 

私が思うこれらの融資機関の最大のメリットは

 

貸付け金利が・利息が低い

 

というものです。

 

お金を借りれば個人のキャッシングであろうが
ビジネス・事業の融資であろうが、

 

必ず金利に対しての利息を取られます。

 

ですので、金利が低い所を優先して選ぶ
というのは、決して間違いではないのですが、

 

実際に先ほどの2つの金融機関で融資を
受けようと思うと、

 

審査のハードルが高くなる

 

場合が多いのです。

 

その理由として

 

  • 審査が厳格(厳しいともいえる)
  • 提出書類や申し込みの書類が煩雑

 

ということが言えます。

 

 

考えてみてください。

 

つなぎ融資や運転資金を必要とする
事業主や会社は、

 

資産がたくさんあって、経営も順風満帆

 

というケースであるのでしょうか?

 

そうです、実際はその逆なのですね。

 

私は100以上の経営者からコンサルティングを
任された経験からもはっきりと言えますが、

 

経営がうまくいっていると思っている
経営者の方が私のところに来て、

 

経営コンサルティングのアドバイスを
受けに来られる方は皆無です。

 

つなぎ融資を受けたい方に多いのは、
経営が思うように波に乗らない、

 

売り上げや利益が目標の数字に
上がらない方が必要とする融資なのです。

 

そうなると、

 

審査のハードルが高い日本政策金融公庫
や銀行に融資の依頼や、

 

申し込みを行っても審査が通らない、
融資が実行されないという現状に
ぶつかってしまうことが多いのです。

 

まず審査が通ることが最優先

 

運転資金やつなぎ融資の実行を確実にする
ことは、今の経営状況に置いて背に腹を
変えられない案件である、

 

なのに希望の融資機関で審査が通らない
のであれば、

 

審査を通ることを最優先する

 

ことを考えるべきです。

 

そこで、私がその手段としてご紹介して
いるのが、

 

ビジネスローン

 

と呼ばれる事業融資に特化した
融資制度なのです。

 

(実際のビジネスローンの機関の
紹介については、

 

このページの解説が終わった後に
詳細のご案内があります。)

 

メリットとデメリット

 

ここではっきりしておくことは、

 

銀行や日本政策金融公庫以外での
つなぎ融資のメリットとデメリット

 

です。

 

ビジネスローンのメリットは

 

審査のハードルが低い

 

ということです。

 

デメリットとしては

 

金利利息が低くない

 

ということです。

 

では銀行や日本政策金融公庫
以外のつなぎ融資では金利利息は
どのくらいなのか?

 

また金利手数料はどのくらい違うのか?

 

を最後にご紹介しておきます。

 

topに戻る

無担保・ATMで借り入れ返済できる即日つなぎ融資可能なビジネスローン

もし銀行や日本政策金融公庫で
事業性のつなぎ融資融資を受けられ
れば、金利はおよそ、

2%~10%

くらいになるでしょう。

特に日本政策金融公庫で融資を受けることが
できれば、金利は一番低い数字になります。

銀行や日本政策金融公庫以外のつなぎ融資
では「ビジネクスト」があります。

金利は高くなりますが、

  • 審査のハードルが低い
  • 審査期間も短い・借りたいときにATMでカードでいつでも・何回でも引き出しできる
  • 返済もカードやネットでいつでも返済が可能
  • 無担保・無保証で申し込みができる

などのメリットがあります。

とにかく「審査が通らなければ意味がない」


いくら金利が低いからといっても、
果たしで無事に審査が通過できるのか?

ということが大事です。審査に通らなければ
つなぎ融資を受けることはできません。

ビジネクストの審査では、

決算内容だけの審査ではありません。
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げて
お断りすることはありません。

という審査の内容になっています。

ですので、銀行や日本政策金融公庫の
審査とは全く違ったものだと考えておいて
ください。

銀行や日本政策金融公庫で審査が
通らない、緊急事態の場合は、

ビジネクストで融資の申し込みをしてみる

この方法を試すしかしかありません。

実際の金利や、ビジネクストの紹介に
ついては、これらのページで詳しい解説
がありますのでご覧くださいませ。



topに戻る

融資の審査ではここが見られる 会社への融資基準の5原則

一般的な融資の審査(銀行)での
審査の内容についてご紹介しています。

 

くわしくはこちらのページで解説しています。↓

 

 

topに戻る

会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法

つなぎ融資や事業性融資では、審査内容
によって「融資できる限度額」が決められます。

 

これらの決まり方にも銀行の手順があります。

 

知っておいて損はないのでぜひ参考に
してみてください。↓

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
事業拡大のための資金 運転資金は老後の資金に安易に手をつけない
会社経営や個人事業での事業拡大や経費などをどのようにして考えるのか?について大事なお話しを書いています。
リスケジューリングを利用せよ リスケの事例から手順を解説
リスケジューリングとは会社借金の返済の見直しこことです。具体的な解説を紹介します。
銀行の形態と借り入れの種類
会社・企業経営における融資を受ける場合、銀行の借り入れがあります。その形態や種類について解説しています。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
融資の審査ではここが見られる 融資の5原則
金融機関や貸金業者が融資の時に審査している 大きなポイントは5つあります。
手形のジャンプができにくくなったときの対策事例
銀行からの短期借入の手形貸付で手形のジャンプをしてくれないとき会社の資金繰りを助ける対策とは?
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
融資の流れ 個人事業主・法人が銀行から融資を受ける重要ポイントや必要書類
会社の資金繰りにおける銀行や金融機関から融資を受ける際の流れ・手順や、融資実行までの重要なポイント、必要書類などを深掘りしています。
赤字の個人飲食店でも運転資金融資を調達できる1つの方法を提案
飲食店経営が赤字でも、運転資金の融資を簡単にあきらめる必要はありません。その理由や対策をご紹介します。
つなぎ融資には2つの意味がある
運転資金と同等に使われるつなぎ融資という言葉はもう一つまったく違う意味で使われています。
人材採用の費用。助成金・補助金で資金調達の方法
新規人材の採用には高コストがかかります。具体的な数字や、資金調達のための助成金・補助金のご紹介です。