企業への融資の審査を深掘り 融資の5原則は総合的な基準で評価される

融資の審査ではここが見られる 会社への融資基準の5原則

スポンサードリンク

赤字でも審査が可能。事業資金不足に困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">



銀行融資の審査 5つのポイント

銀行などの金融機関やノンバンクが、
会社法人や個人事業主にお金を
融資するとき、

 

お金を借りる側は審査をされます。

 

審査する内容は年齢や収入面以外にも
いくつかの重要性を持って審査しています。

 

銀行は融資をする際に必ず、

 

  • 人(人物評価)
  • 物(物的担保)
  • 金(財務、返済財源)
  • 資金使途

 

を検討します。

 

それらは融資の5原則という内容に
基づいて総合的に行われます。

 

それら5原則とは、

 

  1. 安全性の原則
  2. 公共性の原則
  3. 成長性の原則
  4. 収益性の原則
  5. 流動性の原則

 

となります。

 

ではここからは、各原則について
詳しく解説していきます。↓

 

安全性の原則

 

公共性の原則

 

成長性の原則

 

収益性の原則

 

流動性の原則

 

 

安全性の原則

 

貸し付けたお金が約束した通りに
返済されるかどうかの安全面を見ます。

 

(決算書)をみたりときには日常会話などから
融資先全体の安全性を確認しています。

 

また融資額が妥当であるかを検討し、
その額に対して返済能力があるのか?

 

また返済の意思も確認しています。

 

このコラムのtopに戻る topに戻る

 

公共性の原則

 

高い金利・利息であっても反社会的勢力や
風俗営業、公共の福祉や公序良俗に反する
個人や企業への融資は厳禁とされています。

 

また投機、奢侈(度を超えた贅沢)
などを煽る融資も不適格要素が強いものです。

 

このコラムのtopに戻る topに戻る

 

成長性の原則

 

企業の業績が伸びていく、いわゆる
成長力があるかないかに対して
検討されます。

 

成長力がない企業は優秀しても
不良債権になる可能性は高いこと
が統計で出ています。

 

さらに業界全体の動向や取扱商品の
特性、業界内の競争力などを見極め
ます。

 

他には技術力や設備の内容、取引先の
状況、資本系列なども検討材料として
含まれます。

 

経営者の経営手腕にも目を向けます。

 

このコラムのtopに戻る topに戻る

 

収益性の原則

 

融資をする側は安全性を前提とし、
収益性の追求を考えています。

 

その時の金融情勢などを考慮して、
銀行と融資先とが、円満に取引関係を
維持できる範囲内で、

 

債務者の信用度合いに応じた金利を
設定し交渉していきます。

 

このコラムのtopに戻る topに戻る

 

流動性の原則

 

融資されるお金が固定化されないように
短期、長期のバランスがとれた融資の
構成内容にします。

 

理想とすれば短期で効率的な運用を
図ることが望ましいといえます。

 

このコラムのtopに戻る topに戻る

決算書の数字だけでは銀行に赤字は隠せない

銀行の事業融資を受ける際は、
審査の5原則に基づいて決算書
をチェックされます。

 

ですので、決算書の数字を会社の
経営が順調にいっているように見せて
おくような内容にしておきたいところ
なのですが、

 

銀行の融資審査では決算書の数字
だけではなく、経営の実態を把握する
チェックもされます。

 

売掛金が多い場合、決算書では
貸借対照表の資産となりますが、

 

売掛金が多い場合、銀行の融資審査
では、それらは不良債権化していないか?
を調べます。

 

棚卸資産も同様です。

 

棚卸資産回転期間÷平均月商

 

を計算し、業界の平均より多い場合は、
「商品価値がない」と判断され、

 

資産から差し引いて審査されます。

 

また、

 

決算書の内容が虚偽とみなされた場合

 

銀行からの信用を失うことになります。

 

銀行側は金融のプロです。
この辺りの事は、長年審査を
行っているであろう金融機関は、
すべて見通すことができるのです。

 

topに戻る

ビジネス・事業での融資で短期借入・急ぐ場合に適した会社は?

ここまでお話しした審査内容は、
各金融機関やノンバンクによって
多少異なる部分もあります。

 

例えば、銀行の貸付金利利息は
金融機関の中では比較的低い
設定になっています。

 

「金利が低い」のは融資を受ける側に
とっては願ってもないことですが、

 

低金利=審査が厳格

 

ということも間違いではありません。

 

融資を受ける側が最優先に考えること
は何なのか?

 

場合によっては「低い金利」よりも、
できるだけ、必要最低限の書類で
即日で審査を完了してもらい、

 

審査が通れば、すぐにお金を手にする
ことが必要な会社や事業主もあるでしょう。

 

ビジネス・事業での融資を急ぐ場合は、
ビジネスローンと呼ばれる
ノンバンクの貸付けを利用することが
最も有効です。

 

詳しくはこの後にご紹介します。

 

銀行の事業融資の審査については、
審査項目も多く、またそれらの数字
の計算も複雑であり、

 

審査結果までには、早くて1ヶ月、
遅いときなら2カ月以上と長い時間を
必要とされます。

 

銀行の事業資金融資では、金利設定が
比較的低く、利ザヤが少ないため、

 

融資実行までを慎重に行う必要が
どうしてもでてきます。

 

しかし、お金を借りたい経営者や個人
事業主の中には、

 

  • 即日に急いで借りたい
  • 短期間でいいのですぐに借りたい
  • 少額でいいのですぐに借りたい

 

というような要望をお持ちの方も
多いはずです。

 

特に設備投資資金とは違って、
運転資金の融資については、

 

と今まさに支払いを実行する
必要に迫られているシーンが
ほとんどでしょう。

 

そんな時に、役立つのが

 

一時的でもすぐに借りれてすぐに返済できるカード型ビジネスローン

 

です。

 

このビジネスローンの特徴としては、

 

  • 審査用の提出書類が少なく手間が少ない
  • 審査結果がが最短翌日・契約後融資実行が最短即日
  • 第3社の保証・物件担保が必要ない
  • コンビニのATMから事業資金の借入返済ができる

 

と言う多くくは4つのメリットがあります。

 

当サイトから、一番利用されている
ビジネスローンのご紹介はこちらで詳しく
解説していますので、参考にしてみてください。↓

 

 

topに戻る

銀行の審査は各行によって同じではない

同じ銀行でも、審査の内容は
各銀行によって大きく違う場合が
あります。

 

例えば、

 

  • すべての審査項目の段階数の違い
  • 融資に力を入れる業種の違い

 

などがあります。

 

このように、それぞれの銀行ごとに
特色がありますので、複

 

数の銀行への融資依頼の
アプローチが有効となります。

 

具体的な詳し内容はこちらの
ページで解説しています。↓

 

 

topに戻る

 

煩わしい融資手続きを避ける。銀行以外のビジネスローン

 

銀行のプロパ融資

 

つまり、無担保での融資審査
については、ここまで解説した
5原則に基づいて、決算書の
数字はもちろん、

 

数字からは見えないところまでを
銀行員が細かく調査・チェックを行います。

 

例えば、売掛金が多い場合、
取引先を調べて焦げ付いていないか?

 

の確認もされ、回収可能か?不能か?
かどうかを判断をし、

 

回収不能であれば資産から差し引かれます。

 

仮払い金・立替え金・貸付金などの
数字が決算書に盛り込まれていも、

 

「原則として資産価値なし」と判断され
資産から減産されることもしばしばです。

 

このように、銀行での事業融資の審査
では、かなり経営状態を掘り下げられます。

 

緊急の運転資金融資なら銀行以外を考えてみる

 

時間を掛けてじっくりと銀行と向き合って
融資の話を進めていける時間の余裕が
あるなら、

 

粘り強く説明をして、融資を可能に
することを考えてもいいでしょう。

 

しかし、融資を考えるときは、

 

「余裕がなく、とにかく一時的でも運転資金
となる現金が必要」な場合が多いのが現状
です。

 

そういった場合、銀行1択で考えることは
さけ、できるだけ審査のストレスがない
ノンバンク系のビジネスローン会社に
申し込みを考えてみるのも、

 

一つの方法です。

 

「赤字決算」でも審査の申し込みが
でき、さらに審査も最短1日と結果が
でるのが早い、カード型ビジネスローン
も存在しています。

 

詳しくはこちらのページで解説を
しています。参考にしてみてください。↓

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



   

関連ページ

売掛金を担保に融資ができる会社3選。回収までの資金繰りに最適
事業経営では仕入れと売掛による収支ズレが起こりやすいものです。一時的な運転資金不足のときは売掛金を担保に融資を受けることも可能です。
不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
個人事業主が税金を払えない。3つの原因と差し押さえ回避のたった1つの解決策
経費と生活費を区別しにくい個人事業主は、年度末や決算時期に来る税金や消費税の滞納が発生する可能性が多いのが事実です。原因と解決策を詳しく解説します。
リスケジューリングで銀行に返済の延期・変更を交渉。リスケの方法を解説
リスケとはリスケジューリングの略で、会社借金の返済の見直しのことです。リスケジュールとも呼ばれます。具体的な解説を紹介します。
銀行の借り入れの種類。個人・事業の形態の違い
会社・企業経営における融資を受ける場合、銀行の借り入れがあります。その形態や個人の借り入れとの違いについて解説しています。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
手形のジャンプができにくくなったときの対策事例
銀行からの短期借入の手形貸付で手形のジャンプをしてくれないとき会社の資金繰りを助ける対策とは?
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
個人事業主・法人が銀行から融資を受ける重要ポイントや融資の流れ・必要書類
会社・事業の資金繰りにおける銀行や金融機関から融資を受ける際の流れ・手順や、融資実行までの重要なポイント、必要書類などを深掘りしています。
赤字の個人飲食店でも運転資金融資を調達できる1つの方法を提案
飲食店経営が赤字でも、運転資金の融資を簡単にあきらめる必要はありません。その理由や対策をご紹介します。
赤字寸前の美容室でも運転資金の融資を調達できる1つの方法を提案
美容室経営が赤字でも、運転資金融資をあきらめてしまう必要はありません。銀行以外で考える柔軟な対応策をご紹介します。
つなぎ融資には2つの意味がある
運転資金と同等に使われるつなぎ融資という言葉はもう一つまったく違う意味で使われています。
つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感
ビジネスにおけるつなぎ融資が可能な金融機関は?銀行がダメな時でも、そこであきらめる必要はありません。もっとあるつなぎ融資が可能な機関を詳しく御紹介します。
人材採用の費用。助成金・補助金で資金調達の方法
新規人材の採用には高コストがかかります。具体的な数字や、資金調達のための助成金・補助金のご紹介です。
自営業が生活費を犠牲にして経費捻出を回避。月5万を短期融資できる方法を提案
個人事業主や自営業では、生活費となる収入が安定しない場合もあります。そんな時に短期間だけカードで融資を受けれるビジネス専用のローンがあります。
債務超過で銀行の融資を受けたい時の3つのポイント
事業経営が債務超過しているとき、銀行は融資をしてくれるのか?ベストなタイミングを見際めて申し込みを行うように。
業績悪化時の融資対策。メインバンク以外に1~2社のサブバンクとの取引が重要
事業を運営する代表者が設備投資などの融資を銀行に依頼する場合は、複数の銀行と取引して分散融資を考えておくことがポイントです。