資金調達の一つであるファクタリングは売掛金を担保に事業性融資を受けることができます。

売掛金があってもすぐに現金化できない。入金があるまでの間の運転資金をファクタリングで融資を受ける方法

売掛金は回収前でも融資担保

 

として利用することができます。

 

※厳密に言うと融資ではなく、買取り
という方法になります。

 

このサービスを一般的にファクタリング
呼んでいます。

 

このページでは、

 

出来るだけ急いで、運転資金や
設備投資の事業融資を受けたい方に、

 

そして、融資とは別に、売掛金の回収を
締め日までにファクタリングを使って先に
行なう方法について分かりやすくご紹介します。

 

特にファクタリングは融資の審査より
ハードルが低いものとなりますので、
活用の選択肢としては有効になる
可能性があります。

 

ぜひ最後まで読んで下さい。

スポンサードリンク

※運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">


 


売掛金さえあれば、ファクタリングで即融資と同じ。審査なしで運転資金が楽になります

「売掛金を担保にして融資を受ける」

 

ことができるのがファクタリングです。

 

売掛金さえあれば、ファクタリングで
即回収と同じ。運転資金が楽になります。

 

ファクタリングとは

 

「融資」と書きましたが、実際には、
融資ではなく「債権を買取ってくれる」
サービスです。

 

事業者が保有している入金期日前の
売掛金をファクタリング会社が買い取り、

 

事業者へ買取代金を早期に支払う
仕組みとなります。

 

売掛金が支払い期日前に現金化
できる資金調達方法です。

 

融資のように借入となりませんので、
銀行やノンバンク等の融資審査が
否決であっても信用情報に左右されず、

 

最短即日から3日程度で資金調達を行えます。

 

事業融資では利用料として「金利・利息」を
支払いますが、ファクタリングの場合は、

 

手数料を支払うことになります。

 

今月は運転資金が不足して、
どこかで事業資金を調達したい

 

となった場合などは売掛金を
ファクタリング会社で買い取って
もらえれば、即現金化できます。

 

さらに詳しい仕組みとしては、
こちらのページを参考にしてみて
ください。↓

 

 

topに戻る

ファクタリングの審査は売掛先の会社を注視。自社の審査はほぼ皆無

ファクタリングは、ビジネスローン
などで融資を受けることとある意味
同じなのですが、

 

ファクタリングのメリットとしては、

 

審査が通りやすい

 

ということが言えます。

 

ファクタリング会社は、

 

売掛金を保有している会社が
それを担保に融資を受けたい場合、

 

売掛金で融資を受けたい会社の
内容よりは、売掛をしている得意先
やクライアントの方の信頼度を審査
しています。

 

topに戻る

売掛金を担保・買取を行っているおすすめの会社とそのメリットは?

ファクタリング会社には様々な会社がありますが、
その中でもおすすめは『株式会社ビートレーディング』です。

 

ビートレーディングは2012年に設立された
企業ですが、2018年時点で以下のような
実績を誇っています。

 

  • 累計買取債権額409億円
  • 累計利用社数1.6万社
  • 累計問い合わせ件数6.2万件

 

また、長所・特徴としては以下の点が挙げられます。

 

  1. 最短12時間で資金調達まで可能。
  2. 安価な手数料(2%~)。
  3. 高い審査通過率(98%)。
  4. 必要な審査書類は3点のみ。
  5. 豊富な取り扱いサービス(2社間、3社間、に加え診療報酬など全5種類)。
  6. 大都市圏(東京・大阪・福岡)に点在する実店舗。
  7. 対面、出張、郵送の3つの方法で申込が可能。
  8. 他社で断られやすい個人での利用も可能。

 

上記の他、サービス利用後の資金繰りや
経営が安定するまでのサポート、

 

次回ファクタリング時期の提案など、
各種アフターフォローも充実していることから、
初めての方でも安心して利用できる
サービスとなっています。

 

topに戻る

ファクタリングは利息ナシ。支払う手数料1%~20%について

このファクタリングを利用すると、

 

ファクタリング会社に手数料

 

を支払うことになります。

 

手形で言うなら「割引」みたいなものです。

 

手数料の相場としては、売掛金の
1%~30%です。開きが大きいのですが、
なぜそうなるか?をこちらのページを
参考に理解しておいてください。↓

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
個人事業主が税金を払えない。3つの原因と差し押さえ回避のたった1つの解決策
経費と生活費を区別しにくい個人事業主は、年度末や決算時期に来る税金や消費税の滞納が発生する可能性が多いのが事実です。原因と解決策を詳しく解説します。
リスケジューリングで銀行に返済の延期・変更を交渉。リスケの方法を解説
リスケとはリスケジューリングの略で、会社借金の返済の見直しのことです。リスケジュールとも呼ばれます。具体的な解説を紹介します。
銀行の借り入れの種類。個人・事業の形態の違い
会社・企業経営における融資を受ける場合、銀行の借り入れがあります。その形態や個人の借り入れとの違いについて解説しています。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
融資の審査ではここが見られる 会社への事業融資判断基準の5原則
金融機関や貸金業者が事業融資の時に審査をしている大きなポイントは5つあります。また、銀行での事業融資の申し込みに欠かせないコツなどをご紹介します。
手形のジャンプができにくくなったときの対策事例
銀行からの短期借入の手形貸付で手形のジャンプをしてくれないとき会社の資金繰りを助ける対策とは?
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
個人事業主・法人が銀行から融資を受ける重要ポイントや融資の流れ・必要書類
会社・事業の資金繰りにおける銀行や金融機関から融資を受ける際の流れ・手順や、融資実行までの重要なポイント、必要書類などを深掘りしています。
赤字の個人飲食店でも運転資金融資を調達できる1つの方法を提案
飲食店経営が赤字でも、運転資金の融資を簡単にあきらめる必要はありません。その理由や対策をご紹介します。
赤字寸前の美容室でも運転資金の融資を調達できる1つの方法を提案
美容室経営が赤字でも、運転資金融資をあきらめてしまう必要はありません。銀行以外で考える柔軟な対応策をご紹介します。
つなぎ融資には2つの意味がある
運転資金と同等に使われるつなぎ融資という言葉はもう一つまったく違う意味で使われています。
つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感
ビジネスにおけるつなぎ融資が可能な金融機関は?銀行がダメな時でも、そこであきらめる必要はありません。もっとあるつなぎ融資が可能な機関を詳しく御紹介します。
人材採用の費用。助成金・補助金で資金調達の方法
新規人材の採用には高コストがかかります。具体的な数字や、資金調達のための助成金・補助金のご紹介です。
自営業が生活費を犠牲にして経費捻出を回避。月5万を短期融資できる方法を提案
個人事業主や自営業では、生活費となる収入が安定しない場合もあります。そんな時に短期間だけカードで融資を受けれるビジネス専用のローンがあります。
債務超過で銀行の融資を受けたい時の3つのポイント
事業経営が債務超過しているとき、銀行は融資をしてくれるのか?ベストなタイミングを見際めて申し込みを行うように。
業績悪化時の融資対策。メインバンク以外に1~2社のサブバンクとの取引が重要
事業を運営する代表者が設備投資などの融資を銀行に依頼する場合は、複数の銀行と取引して分散融資を考えておくことがポイントです。