求人の方法で変わる人材採用の費用について。国が行う助成金・補助金はあるのか?

スポンサードリンク
新しい形の銀行カードローンがおすすめ。プレミアムコースなら限度額100万円金利年7.39%で確定。

 

人材採用の費用ってどのくらいが相場?助成金・補助金の手順も検討してみよう。

採用のミスマッチをなくし、最適な人材の確保は
常に重要な企業の選択の一つであると同時に
資金が必要なアクションの重要な一つでもあります。

 

企業にとって、採用は今後の企業の発展
で大きな決断をしなければならない重要事項です。

 

しかし人材採用には、高コストがかかります。

 

まず、採用の仕方によってもコストは様々かかります。

 

求人採用媒体を使うにしても、
50万~100万円のコストがかかります。

 

また、応募者の面接ということも考えると、
人事部、採用したい部署のトップなどが
面接をするという、

 

ヒューマンリソースを使うことによってもコストが発生します。

 

 

人材紹介のエージェントを使った場合は、
採用した方の年収の3分の1が成功報酬
で支払わなければならない費用です。

 

社会保険料などのコストも増加します。

 

雇った人材が即戦力ですぐに利益を
生み出してくれればいいのですが、

 

たいていの場合は、研修やOJTなど
での教育を数か月、場合によっては、
年単位でしなくてはなりません。

 

その期間の、給料、社会保険料は
企業側の負担となります。

 

通常一人の人を採用する採用コスト
だけで60万円から70万円かかると
言われています。

 

採用コストだけで、この金額です。

 

採用後のコストを考えると経営者は、
数百万のコストを見積もって人材を
採用しなくてはなりません。

 

企業によっては、銀行の融資を頼りに
人材採用をせざるを得ない場合も出てきます。

 

このように人材採用にはコストがかかり
企業側に負担がかかることが大きいため
国から様々な助成金事業に取り組んだいます。

 

国が支援する助成金・補助金について

 

人材採用に対する助成金・補助金も様々あります。
国も雇用を増やす事を積極的に行っています。

 

従業員を新たに雇い入れる場合の助成金

 

クリックで拡大↓

 

従業員を新たに雇い入れる場合の助成金の例厚生労働省

 

その他にも次のような助成金があります。

 

  • 従業員育成費用の助成を受けたい(キャリア形成促進助成金、キャリアアップ助成金)
  • 自己啓発に取り組む従業員を支援したい(キャリア形成促進助成金・教育訓練給付制度)
  • 非正規雇用の労働者のキャリアアップを図りたい(キャリアアップ助成金)
  • 離職を余儀なくされた労働者を雇い入れた際にスキルアップを図りたい(労働移動支援助成金(受入れ人材育成支援奨励金))
  •  

    厚生労働省より

 

  • 助成金→要件を満たしたものであれば、原則だれでも受け取れる。
  • 補助金→申請をしても、審査に通過しなければ受け取れない。

 

しかし、補助金と助成金の違いには
はっきりした区別はなく、助成金で
あれ補助金であれ目的が一致している
ものであれば、積極的に申請して
見てください。

 

人材採用またはそれ以外での融資を考える場合

 

助成金や補助金は「コスト削減」のメリットがある反面、

 

煩雑な申請書類や助成金・補助金を受ける
為の条件等の成約があり、誰でも受けられない
こともあるというデメリットもあります。

 

人材採用・育成では助成金や補助金の
種類は多くありますが、

 

運転資金や設備投資、または日々の

 

 

さらに会社形態によって、そもそも助成金・補助金
を受ける対象になららに場合もあるでしょう。

 

特に個人事業主の方で、比較的小規模で事業を
行っている方々は(飲食店やサービス業など)

 

必要な日々の出費が多く、臨機応変に
少額の資金の調達が必要な方もあるはずです。

 

そんな時は、「事業融資」や「ビジネスローン」
を考えてみるのも一つの選択です。

 

メリットとしては、申し込みが手軽でいつでも早く
資金を調達できる点です。

 

デメリットとしては融資ですので金利がかかる
点が挙げられます。

 

資金調達において、補助金・助成金を
受けるほどのものでないが、日々の少額の
資金調達がありがたい場合なら、

 

一度こちらの解説を御覧になってみてください。

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
事業拡大のための資金や運転資金は融資で。老後の資金に安易に手をつけない
会社経営や個人事業での事業拡大や経費などをどのようにして考えるのか?について大事なお話しを書いています。
リスケジューリングで銀行に返済の延期・変更を交渉。リスケの方法を解説
リスケとはリスケジューリングの略で、会社借金の返済の見直しのことです。リスケジュールとも呼ばれます。具体的な解説を紹介します。
銀行の借り入れの種類。個人・事業の形態の違い
会社・企業経営における融資を受ける場合、銀行の借り入れがあります。その形態や個人の借り入れとの違いについて解説しています。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
融資の審査ではここが見られる 融資の5原則
金融機関や貸金業者が融資の時に審査している 大きなポイントは5つあります。
手形のジャンプができにくくなったときの対策事例
銀行からの短期借入の手形貸付で手形のジャンプをしてくれないとき会社の資金繰りを助ける対策とは?
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
融資の流れ 個人事業主・法人が銀行から融資を受ける重要ポイントや必要書類
会社の資金繰りにおける銀行や金融機関から融資を受ける際の流れ・手順や、融資実行までの重要なポイント、必要書類などを深掘りしています。
赤字の個人飲食店でも運転資金融資を調達できる1つの方法を提案
飲食店経営が赤字でも、運転資金の融資を簡単にあきらめる必要はありません。その理由や対策をご紹介します。
つなぎ融資には2つの意味がある
運転資金と同等に使われるつなぎ融資という言葉はもう一つまったく違う意味で使われています。
つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感
ビジネスにおけるつなぎ融資が可能な金融機関は?銀行がダメな時でも、そこであきらめる必要はありません。もっとあるつなぎ融資が可能な機関を詳しく御紹介します。