生活費の工面が大変な自営業なら、コンビニATMで引き出せるビジネスローンがおすすめです。

生活費捻出に苦労している自営業者の方へ。短期借り入れができるビジネスローンをご紹介します。

自営業で生活費

 

を、捻出するのは大変!
どうにか良い方法はないでしょうか?

 

といった質問を受ける場合が割と多くあります。

 

経費としっかりと区別して、余裕の
ある生活を営むことを目指して
いきましょう。

 

このページでは、

 

自営業・個人事業主のビジネスが
安定してくるまでの、運転資金や
経費の融資が受けやすい、

 

無担保・無保証のビジネスローン1社
をご紹介します。

 

ぜひ最後まで読んで見てください。

 

スポンサードリンク
運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト・オリックス」が常識

 

 

自営業が生活費を犠牲にして経費捻出を回避。月5万を短期融資できる方法を提案

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。このページでは自営業さまに多い生活費捻出の悩みについての解決方法を中心にお話ししていきますので是非参考にしてみてください。


 

自営業・個人事業主には給料がない理由

事業・決算書の仕組み上、

 

自営業者や個人事業主を
営んでいる経営者の方は、

 

「事業の長」ですから、
基本的に給料がありません。

 

つまり、サラリーマンのように、毎月
決まった金額のお金が入ってくる
保証の様なものがないということです。

 

自営業者や個人事業主は
「事業の利益」から生活費を
捻出することになります。

 

topに戻る

利益が上がらなければ、生活費が捻出できない

1人で自営業をしているなら、
すべての利益は事業者の長
の収入です。

 

とても魅力的なビジネススタイル
のように感じますが、事業を継続
している以上、

 

利益の中から、運転資金などの
経費も捻出しなければいけません。

 

これらの事業経費は「事業がうまく
いっていない」「売上が少なく利益が
少ない」といった場合でも、

 

ほぼ毎月決まった経費が必要と
なるはずです。

 

ですので、運転資金を優先させる
ことで、「生活費」が思うように捻出
できない時がでてきます。

 

topに戻る

自営業での銀行融資獲得は難しい実態の数字

よく「プロパ融資」という言葉を聞く
ことがあります。

 

プロパ融資とは、銀行が無担保・無保証
で融資をしてくれる時のことを言います。

 

この融資を受けられるなら、運転資金
での不足解消の悩み事を減らすこと
ができるのですが、

 

現在の銀行融資の審査で、プロパ
融資の審査に通るのは、

 

事業計画書などを提出して、将来的に
利益を増やせる可能性が明確な場合

の事業者のみです。

 

銀行のプロパ融資は「無担保・無保証」
と合わせて「金利が低い」というサービス
になります。

 

従って、銀行側は利益の少ない融資
サービスになるので、大きなリスクを
背負ってプロパ融資をすることが
できません。

 

まとまった金額・毎月の長期返済融資しかできない

 

しかも、銀行の場合、事業融資では
1年スパン~といった、長期的融資と
なるため、

 

割とまとまった金額を一度に借りる
ことになります。

 

そして、一度融資を受ければ、
完済までの追加融資や繰り上げ
返済ができない場合があります。

 

※繰り上げ返済ができる場合でも、
わざわざ1回1回銀行に行って対面式
で話を聞いてもらい、手続きを行う
煩わしさがあります。

 

さらに、銀行の事業融資の場合、
申し込み時の書類の提出も煩雑です。

 

審査にも時間がかかり、今すぐ借りたい
と言うときにでも、中々結果を知ることが
できません。

 

このように「銀行の事業融資」に関しては、
「自営業者を選ぶ」性質があり、

 

実際に、審査に通り選ばれる割合は
極端に低い数字です。

 

みずほ総合研究所が発表している、
「中小企業における資金調達の実態」
を見ると、

 

実際に「担保・保証によらない借り入れ」
の実績がある企業は約2割程度とやはり
低い数字になっています。

 

銀行以外での自営業の融資サービスはあるのか?

 

自営業での運転資金では、今日明日
に短期的に少額のお金が必要、

 

月末までの1週間までに支払う
仕入れ代金が必要、

 

というように、比較的少額で即日に融資
を受けたいというケースが多くあります。

 

そんな時に知っておきたいのが、

 

カード型のビジネスローン

 

です。

 

機動力の低い銀行の事業融資ではなく、
融資を受けられることを最優先した、

 

ビジネスローンの申し込みが断然メリット
が大きいといえます。

 

※次に、カード型ビジネスローンについて
ご紹介します。

 

topに戻る

短期的な経費捻出が容易くできるビジネスローンとは?

短期的な売り上げの落ち込み、
季節要因での経費の増大など、

 

事業を行っていると、毎月満足できる
利益を確保できるとは限らないのが、
自営業の宿命でもあります。

 

先ほどの解説の通り、自営業の場合
利益の落ち込みは、即生活費に影響が
でてしまうわけですが、

 

一時的な急場しのぎができれば、
生活費に困窮することをかなり
減らすことができるのです。

 

その方法によく使われるのが、

 

さきほど書きました、

 

カード型のビジネスローン

 

です。

 

 

自営業がコンビニATMで借り入れ・返済ができるビジネスローンのカード

 

ネットから申し込みをすれば、最短で
審査1日、審査が通れば2日で即日融資
の振り込みを受けることができます。

 

その後は、カードが発行されますので、
セブン銀行のコンビニATMから、カード
でいつでも追加融資が可能となります。

 

また、「資金ができたときにいつでも
すぐにカードで返済」もできるので、

 

長期借り入れによる利息の増大
のリスクも低減できます。

 

例えば、「仕入れの支払」が今月20日
の締めで、

 

売上げの売掛金が来月10日に入ってくる
場合、それまでの20日間だけ、

 

5万円や10万円の資金を一時的に
用立てしたい、

 

と言った場合などは、少額の必要な
資金だけを、必要な日数だけ借りる
というような、細かい融資を受ける
ことができます。

 

 

カード型のビジネスローンのサービス
を提供しているのが、

 

ビジネクスト

 

という会社のサービスです。

 

このビジネスローンを使えれば、

 

短期的な運転資金を捻出する
ために、わざわざ生活費から引き
出して用立てする必要がなくなり
ますので、

 

生活費を圧迫するということを
回避できるようになります。

 

金利も短期融資なら気にならない

 

例えば、10%の金利で5万円を
20日間借りた場合の利息は、

 

1日の利息で、

 

50,000円×10%÷365日=約13.6円

 

です。

 

20日間なら、

 

13.6円×20日間=272円

 

とわずかな利息しか発生しません。

 

もし、自営業や個人事業の方、
さらには、法人の経営者の方でも、

 

運転資金等の経費の応援を
いますぐ受けてみたいとお考えの方は、

 

大変メリットの大きい、ビジネクストの
ビジネスローンに申し込みをしてみてください。

 

※赤字決算の自営業の方でも
審査は可能です。赤字だからと
いって審査に通らないということは
ありません。

 

さらに、詳しいメリットや申し込み方法は
こちらのページを参考にしてください↓

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
事業拡大のための資金や運転資金は融資で。老後の資金に安易に手をつけない
会社経営や個人事業での事業拡大や経費などをどのようにして考えるのか?について大事なお話しを書いています。
リスケジューリングで銀行に返済の延期・変更を交渉。リスケの方法を解説
リスケとはリスケジューリングの略で、会社借金の返済の見直しのことです。リスケジュールとも呼ばれます。具体的な解説を紹介します。
銀行の借り入れの種類。個人・事業の形態の違い
会社・企業経営における融資を受ける場合、銀行の借り入れがあります。その形態や個人の借り入れとの違いについて解説しています。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
融資の審査ではここが見られる 融資の5原則
金融機関や貸金業者が融資の時に審査している 大きなポイントは5つあります。
手形のジャンプができにくくなったときの対策事例
銀行からの短期借入の手形貸付で手形のジャンプをしてくれないとき会社の資金繰りを助ける対策とは?
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
融資の流れ 個人事業主・法人が銀行から融資を受ける重要ポイントや必要書類
会社の資金繰りにおける銀行や金融機関から融資を受ける際の流れ・手順や、融資実行までの重要なポイント、必要書類などを深掘りしています。
赤字の個人飲食店でも運転資金融資を調達できる1つの方法を提案
飲食店経営が赤字でも、運転資金の融資を簡単にあきらめる必要はありません。その理由や対策をご紹介します。
つなぎ融資には2つの意味がある
運転資金と同等に使われるつなぎ融資という言葉はもう一つまったく違う意味で使われています。
つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感
ビジネスにおけるつなぎ融資が可能な金融機関は?銀行がダメな時でも、そこであきらめる必要はありません。もっとあるつなぎ融資が可能な機関を詳しく御紹介します。
人材採用の費用。助成金・補助金で資金調達の方法
新規人材の採用には高コストがかかります。具体的な数字や、資金調達のための助成金・補助金のご紹介です。