事業資金の借り換えにもおすすめの不動産担保ローン会社と申し込み手順の大事な点を取材しました。

無担保事業性融資より不動産担保融資会社の方が金利メリットが大きい!法人・個人事業主どちらも可能です。

会社・個人事業での不動産担保融資

 

で事業資金・運転資金・設備投資
の融資をお考えの方に、おすすめ
会社を比較ながら、

 

手順として重要なポイントを解説しています。

 

  • 不動産無担保との違い
  • 必要書類
  • 不動産担保会社の金利比較

 

などの内容で解説していきます。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

不動産を担保に事業資金融資を受けるなら。手順で重要な3つのポイント

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。事業主融資には不動産を担保にできるサービスもあります。当ページではおすすめの不動産担保ローン会社のベスト順などをご紹介します。


 

スポンサードリンク

ビジネクストなら「不動産担保の事業融資」も申し込み可能。5000万円・1億円の大きな資金調達なら安心のビジネスローン「ビジネクスト」が常識(バナークリック後「不動産担保ローンはこちら」をクリック↓)


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">



不動産担保の事業性融資で一番のメリットは低金利で利息負担が少ないこと

不動産担保ローンは個人向けと事業者向けの融資のメリットの違い


どちらも融資を受ける金利設定を
無担保より低くすることができます。

事業者向け不動産担保ローン

は、資産である土地や建物を担保にして、
事業資金の融資を受けることができます。

銀行ではこのシステムが非常に少ない


実は不動産担保での事業資金融資は
銀行では取り扱いがほぼありません。

同じ事業性融資でも銀行が行なう
サービスは無担保、あるいは保証協会
が保証するものがほぼすべてと言っても
過言では有りません。

銀行に変わる大手ではグループ系の
信託・貸金業者がこれを受け持っています。

資金使途の目的について制限があるの?


基本的に不動産担保ローンは

個人融資と事業性融資

の2つに分かれますが、

事業性融資については、会社事業に
関する目的となります。

個人融資に関しては、
大半は「資金使途フリー」
というコースがあります。

ですので、コース設定されていない資金使途は
「フリーコース」で申し込みができます。

個人における不動産担保ローンが利用
されるシーンとして多いのは、

  • フリーコース
  • 投資(不動産や株式)
  • リフォーム費
  • マイホーム購入

などです。個人向けのキャッシングの
様に、一時的に必要なお金より、

まとまったお金を長期的に借りて計画的
に返済していく用途が多いと言えます。

最大のメリットは「無担保より金利が大幅に低い」


最近では事業性融資でも無担保・無保証
で融資を受けられるサービスが増えてきています。

しかし、あえて不動産担保融資を選ぶ
理由として、無担保・無保証ローンより

担保があることで低金利に断然
有利となります。

保証人を選出する場合は第三者への
依頼が必要となり、

人減関係を悪くしてしまう場合がありますが、

不動産担保については、「資産担保」
となり、最悪の場合でも不動案を手放す
ことで、完済、もしくは返済金減額を
することが可能となります。

ですので、事業性融資担保では、
現在でも大部分が不動産担保です。

topに戻る

不動産担保の事業資金融資で借りられる限度額は?

「セゾンファンデックス」を例にとって見ると、

 

資金使途 融資金額 融資年率
フリーコース 100万円~3000万円 6.80%~9.90%
投資物件購入コース 100万円~1億円未満 契約時3.65%(変動金利)
リフォーム・増改築コース 100万円~5000万円 3.65%~9.90%
不動産購入コース 100万円~5000万円 契約時3.65%(変動金利)

 

となっています。(2019年4月1日現在)

 

全体の傾向として

 

  • フリーコースは最小金利が高い
  • 不動産購入では最小金利が安い

 

というのが一般的です。

 

これらは、不動産査定をして金額を
だし、相場によって限度額が決まって
きます。

 

どのくらいの相場なのか?はこちらの
ページで詳しく解説しています↓

 

 

 

信販会社の大手、「セゾングループ」
の「セゾンファンディクス」のローン百選では、

 

「銀行などで対応が難しいケースもお問い合わせください」

 

と公式ページに書かれています。

 

このことから、銀行より「融通性」があると
考えてもよいでしょう。

 

topに戻る

事業性不動産担保融資の審査の時間はどのくらいかかるの?

おおよそ1日~3日程度です。セゾンファンデックス
では最短3日となっています。

 

topに戻る

不動産を担保にして融資を受けるときのデメリットはあるの?

返済不能になると、担保としての
不動産で返済を行うことになるので、

 

持っていた不動産は売却して支払いを
行うことになります。

 

しかし、投資物件で、売却しても住むところ
に困らなければデメリットにはなりません。

 

またメリットとして、投資物件が値上がり
すれば、売却して返済した場合、

 

差額とし手お金が手元に残れば、
利益になります。

 

topに戻る

個人事業者・会社向け不動産担保ローンでおすすめの会社ベスト4

では実際に不動産を担保に事業融資が
受けられるおすすめの会社はどこなのか?

 

については、こちらのページで詳しく
解説していますので、参考にして
みてください。↓

 

 

topに戻る

事業者向け不動産担保ローンの必要書類

申込時の必要書類

 

本人確認資料

 

  • ・運転免許証やパスポートなど

 

金融機関と今まで取引がない場合に必要になります。

 

法人の資料

 

  • ・商業登記簿謄本(発行より3ヶ月以内)
  • ・決算書(3期分)
  • ・開業であれば事業計画書

 

税金の資料

 

  • ・納税証明書
  • ・固定資産税納付書

 

税金の未納があると、担保不動産に税金の差し押さえが優先してしまうので、
未納がないかを確認します。

 

 

不動産の資料と入手できる場所

 

  • 不動産登記簿謄本(発行より6ヶ月以内)-法務局
  • 住宅地図              -法務局
  • 公図                -法務局、市役所
  • 固定資産税証明評価書        -各市区町村の市民税課
  • 地積測量図(土地)         -法務局
  • 建物図面(建物)          -法務局
  • 建築確認済書(建物)        -各市区町村(建物竣工時に交付され保管しているもの)
  • 売買契約書             -前回もしくは今回の売買に関する契約書(原本)
  • 重要事項説明書           -同上
  • 借入返済予定表、残高証明書     -借入の金融機関
  • (担保融資を受ける不動産に借入がある場合)

 

不動産の価値を金融機関が査定するために必要な書類です。

 

 

契約時の必要書類

 

  • 商業登記簿謄本(発行より3ヶ月以内)
  • 印鑑証明書(発行より3ヶ月以内)
  • 印鑑

 

※その他、金融機関ごとに追加で必要な書類がある可能性があります。
また、書類の有効期限が異なる場合があります。
事前にお問い合わせすることをおすすめします。
※金融機関によっては、不動産の資料を取得してくれる場合があります。

 

 

取得方法と費用

 

登記資料は、法務局(当該管轄または最寄)に行く以外にインターネットや郵送で取り寄せることができます。

 

・法務局

 

  • 平日の8時30分~17時15分
  • 登記事項証明書600円
  • 地図・図面など450円

 

・インターネット(登記情報提供サービス)(登記・供託オンライン申請システム)

 

  • 平日の8時30分~21時
  • 登記事項証明書335円~
  • 地図・図面など365円~

 

・郵送

  • 法務局HP「各種証明書請求手続」より、所定の請求書に必要事項を記入し、返信用封筒をつけて送付します。
  • 登記事項証明書600円
  • 地図・図面など450円  

 

※インターネットが1番早くておすすめです。

 

しかし、不動産登記簿謄本の取得には注意が必要です。

 

登記情報提供サービスを利用した場合、確認書に留まり対外的な証明書とはなりません。
金融機関に提出するものは、登記・供託オンライン申請システムを利用し、受け取りは郵送か法務局窓口になる点に
なります。

 

topに戻る

 

  • ご返済等でお困りの方は
  • 日本貸金業協会貸金業相談・紛争解決センター
  • 0570-051-051(受付時間9:00~17:00 休:土日祝日、年末年始)

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

不動産担保ローン法人・個人事業主向けビジネスローン融資おすすめベスト4
不動産を抵当・担保にして事業性融資ができる!担保があると利息が安くなる傾向があります。借り換えなどにおすすめの不動産担保ローン融資会社をおすすめ順にご紹介します。
不動産担保ローンならいくら借りられる?相場通りに借りれるたった1つの方法
銀行・ノンバンクの不動産担保ローンは、不動産の価値から融資額を計算しますが、借りる側はちゃんとした不動産の価値の査定金額を正確に知っておく必要があります。その簡単な方法をご紹介します。
土地を担保に事業のお金を借りる。2000万の不動産ならいくら借りれる?
不動産担保ローンなら無担保より低金利で融資を受ける期待が高まります。事業融資をいくら借りられるか?審査の時間は?掛け目など目安を解説します。