ビジネスでのお金を借りる。土地や建物を担保にするときの手順やおすすめの申し込み先

スポンサードリンク

 

建物・土地を担保にすれば個人事業主や法人の運転資金・設備投資融資がたやすくなります。

土地を担保に事業主がお金を借りる

 

なら、申し込みが簡素で
審査の早い会社から選んで
見てください。

 

現在、法人経営・個人事業を
営んでいる方が、不動産を担保
にして融資を受けたいと考えている
のなら、

 

それはどこがいいのか?

 

結論からいうと、

 

ビジネクストの不動産担保ローン

 

が一番適していると言えます。

 

ぜひ最後まで読んで見てください。

スポンサードリンク

ビジネクストなら「不動産担保の事業融資」も申し込み可能。5000万円・1億円の大きな資金調達なら安心のビジネスローン「ビジネクスト」が常識(バナークリック後「不動産担保ローンはこちら」をクリック↓)


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">


不動産担保ローンでお金を借りるメリット

金融機関から事業における融資を
受けるには、保証人や担保が必要な
場合があります。

 

このうち、担保はいくつかの種類が
あります。中でも一番利用されて
いるのが不動産担保ローンです。

 

なぜかというと、不動産担保ローンは、

 

  • 貸す側のリスクを大幅に低くできる
  • 借りる側の金利が低くなる

 

という2面性のメリットがあるからです。

 

 

お金を貸す銀行にとっても、
お金を借りる側にとっても
大きなメリットがあります。

 

例えば金融機関で一番リスクを嫌う
銀行の場合、貸倒れを少しでも
減らすため、出来るだけ業績重視
で融資の是非を決定します。

 

その場合、不動産担保があれば、
貸す側のリスクを少なくでき、銀行
でも融資のハードルが下がります。

 

また、お金を借りる側にとっても
希望の金額に近づけることが
できやすくなり、

 

無担保よりは低金利での融資が
期待できます。

 

topに戻る

不動産担保でお金を借りる際の必要書類

不動産担保にかかる審査で必要な
書類は次の通りです。

 

<不動産登記簿謄本>

 

不動産の所有者を確認するための書類です。いくら口頭で本人名義と言われても客観的に
証明できるものが無いと不安です。
不動産登記簿謄本は所有者が登記されていますので、所有を第三者にも証明できます。
銀行実務でも、長期間自分の土地として利用していても、いざ謄本を見ると次のように
他人名義だったことが実際あるのです。
「先祖の名義になったまま相続登記されていない」
「敷地の一部が他人の名義である」
このままでは不動産担保として利用できません。前もって名義が誰なのか謄本で確認しておきましょう。

 

<路線価>

 

土地の相続税評価の目安になる指標です。毎年新聞などで公表されます。

 

<固定資産評価証明>

 

建物の評価の目安になる指標です。毎年市役所から所有者に送付されます。

 

これらの書類は「本人名義の不動産であるか」「その不動産に市場価格があるか」を
調査するために必要となります。

 

topに戻る

不動産を担保にお金を借りるときの審査について

銀行や他の不動産担保
サービスのある金融機関の
審査は、次の順番で行われます。

 

  1. 本人所有の不動産かどうかを謄本・固定資産評価証明で確認する
  2. 融資額に対し担保として十分な評価があるか調査する。

 

 

万一貸倒れたときに、不動産担保を
換金して回収できるかを見極めます。

 

同じ広さでも駅前一等地と田舎では
評価が異なるので、①②の審査で
融資額が決定します。

 

topに戻る

不動産担保ローンならいくら借りれるのか?掛け目と考慮しておく点

不動産担保はリスクを低くできる
長所がありますが、担保があるから
といって必ず希望額の融資が
受けられるとは限りません。

 

私は以前事業者向けの融資の
取次を行っていました。

 

その経験の立場から、

 

「掛け目」という考え方について、
解説しておきます。

 

不動産担保における融資の
実行額について、貸す側の
銀行と借りる側の事業者と
意見が食い違うときがあります。

 

借りる側の事業者は、不動産評価額
めいいっぱいか、少なくとも90%程度の
融資を受けられるつもりで考えている
方が多くおられます。

 

しかし、実際には銀行側はもう少し低い
見積もりで融資実行を考えます。

 

例を説明しますので理解しておきましょう。

 

仮に市場価格1000万円の土地と
1000万円の建物、合計2,000万円の
不動産を担保にとる場合を考えます。

 

実は、不動産担保では市場価格が
2000万円であっても、その額を不動産
評価額とはしないのです。

 

おおよそ、土地は市場価格の70%、
建物は50%くらいで評価します。

 

つまり、

 

  • 土地1000万円×70%=700万円
  • 建物1000万円×50%=500万円

 

合計1200万円くらいの評価に引き直します。
これを「掛け目」といいます。

 

これは、借金を踏み倒された場合、
競売で二束三文で処分されたり、
建物は時と共に劣化していく為、

 

実際の価格より厳しめにみている
ことが背景にあります。

 

銀行や金融機関は常に予防線を
張っているわけです。

 

万が一の時は手持ちの不動産を手放すことになる

 

当然ですが、万が一債務不履行と
なってしまった場合は、担保の不動産
は手放すことになります。

 

例えばそれが個人事業主の関係者の
住んでいる家と言った場合は、

 

住むところがなくなりますので、
もしそうなった場合のことを事前に
考慮して、最終的な意思決定を
行ってください。

 

その他考慮しておく点として、無担保
の融資より必要書類が多くなったり、
審査に時間がかかるデメリットもあります
ので注意しましょう。

 

topに戻る

不動産担保融資は無担保より低金利のメリットを上手に生かすには

万が一の時のリスクとして、
手持ちの不動産が取られる

 

というリスクがあるものの、不動産
担保は銀行にもお金を借りる側にも
大きなメリットがあります。

 

特に借りる側は「金利の数字を低く抑える
ことができる」点において、かなりのメリット
があると考ることができます。

 

ですので事業の「規模拡大」など「業績が
右肩上がり」での前向きな融資であるなら、

 

積極的に不動産担保融資を有意義に
使って「金利・利息を押さえる」手段を
考えてみるのも、

 

事業性融資におけるテクニックの1つです。

 

topに戻る

緊急の場合の不動産担保融資ならビジネクスト

事業性融資で時間の余裕が
なく、急いでいるという経営者
の方なら、

 

銀行より、民間金融機関の

 

ビジネクスト

 

を利用することをおすすめします。

 

ビジネクストでは、不動産担保融資は
もちろん、無担保・無保証の事業性
融資のサービスも提供されています。

 

「担保に入れる不動産がない」という
場合でしたら、金利は高くなりますが
無担保・無保証の事業性融資の
申し込みをすることも可能です。

 

ビジネクストでは、

 

  • カード型融資でセブン銀行のATMが使える
  • 借り入れと繰り上げ・全額返済がいつでもできる

 

といった自由度の高いビジネスローンと
して活躍しています。

 

詳細につきましてはこちらの
ページで解説していますので、

 

参考にして見てください↓

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

不動産担保ローン法人・ビジネスローン融資のおすすめベスト4
不動産を抵当・担保にして事業性融資ができる!担保があると利息が安くなる傾向があります。借り換えなどにおすすめの不動産担保ローン融資会社をおすすめ順にご紹介します。
不動産担保ローンならいくら借りられる?相場通りに借りれるたった1つの方法
銀行・ノンバンクの不動産担保ローンは、不動産の価値から融資額を計算しますが、借りる側はちゃんとした不動産の価値の査定金額を正確に知っておく必要があります。その簡単な方法をご紹介します。