メリットが歴然!ノンバンクカードローンのレイクALSAとプロミス・アイフルの3つでお金を借りるとき金利0円期間で選ぶならどっちがおすすめ?

キャッシングで人気の大手ノンバンク、レイクALSAとプロミスを比較すると大きなメリットの違いが解かった!

レイクALSAプロミスアイフルを比較

 

してみると、いくつかの違いが
ありました。

 

お金を借りるユーザーにとって
3つのキャッシング会社でどこが
メリットが大きいのか?を、

 

無利息期間の長さの違い

 

を中心に考えて比較して見ると、

 

「レイクALSAの180日間無利息期間が最長」

 

であり、短期的はもちろん、中期的な
借り入れ計画を考えている方に
とっても大きなメリットがあるというのが結論です。

 

※この後詳しく解説しますが、この
「180日間無利息」は、

 

一度返済が済んでも、180日の間なら何回借りても5万円までは無利息

 

なのです!!

 

また、「借りたいユーザーの目的や
方法等の違い」でメリット・デメリット
が変ってくる場合もありました。

 

ではここから3つのノンバンクの
カードローン会社を中心に比較
してみて分かったこと詳しくを
ご紹介します。

 

知っているのと知らないのとでは
大きな損得につながるので、

 

ぜひ最後まで読んで見て理解しておいてください!

 

 

 

急いでまとまったお金を借りる必要があるなら、最短即日審査・融資で
早いカードローンが常識。↓

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">

 

レイクALSAのメリットが最強な理由。生活に密着したメリットである例

結論から申し上げて、初めて
キャッシング・カードローンを作るなら、

 

レイクALSA

 

超おすすめなのです!

 

その理由が、冒頭でもご紹介した
ように、

 

180日間は5万円までの借り入れが何回でも無利息で使える!!

 

という、ユーザーにとってはとても
ありがたいサービスがあるからです。

 

日々の生活での月末ピンチ!を6回は救ってくれる

 

何回借りても180日間は無利息ですから、

 

例えば、1月末の給料前のお金の
ピンチを解消する為に、3万円借りても、

 

1月末に給料をもらって、来月の2月の初旬
あたりで全額返済すれば、利息0円だから、
2万円だけ返済すればいい、

 

2月末にまたピンチがきて、2万円借りても、
やっぱり、2月末の給料をもらって、

 

3月に返済しておけば利息0円・・・

 

これを契約してから180日の間の合計
6回の救済が無利息で受けられるわけです。

 

※だからといって毎月ピンチにならない様、
お給料は計画を立てて使いましょう^^

 

高価な生活用品の購入でもレイクALSAにメリットがある理由

 

この「180日間無利息」はただ単に、
今月の生活費が足りない。。という
ような、「緊急時」はもちろん、

 

180日、つまり約6か月間の分割払い
をして、家電や家具などを購入する
場合でも、手数料なし、つまり無利息
で購入する時にも使えるわけです。

 

例えば、エアコンを購入したい場合、

 

その代金が「5万円」だとすると、

 

一般的に多いのはクレジットカードの
リボ払い・あるいは分割払いを使って、

 

毎月1万円の返済で購入する、
といった方法を使いますよね?

 

この方法を使えば、当然分割支払い
手数料(つまり金利の利息です)を
余分に支払わなければなりません。

 

じゃあ、どの位利息を支払う必要が
あるか?返済シュミレーション
してみると、、

 

※一般的なクレジットカードでの分割・リボ払いの返済シュミレーション

 

返済方式 リボルビング払い(元利均等返済方式)
借入金額 5 万円
実質年率 18.0 %(クレジットカードの分割・リボ手数料はほぼ金利18%です)
毎月の返済額 10,000 円
返済回数 6 回
返済総額 52,375 円
支払手数料(利息) 52,375円-50,000円=2,375円

 

2,375円

 

の利息支払いがあるわけです!

 

子供のおられる夫婦、パートや派遣社員で
生活をしている一人暮らしの方にとって、

 

この金額は結構大きいものです。

 

楽天とかTポイントで一生懸命ポイント
を溜めて稼いだお金くらいは、この
支払で吹っ飛んでしまいます。

 

 

ですが!!

 

レイクALSAでカードローンデビューすれば、
この2,375円は支払わずに、毎月1万円
を返済していけるのです。

 

つまり、5万円のエアコンを買うのに5万円借りて、返済も5万円だけ

 

ということです。

 

このように、レイクALSAの「180日間
無利息」は短期的な借入はもちろん、

 

中期的な分割支払いでも、分割利息・
手数料を全く必要なしでお金を用意
できるわけです!!

 

これが、他のキャッシング会社と比較
してみて、レイクALSAを一押しする
最大のメリットなのです!!

 

注意点

 

180日間無利息の場合は、5万円までの
借入が利息0円です。

 

180日間の間でも、契約時に決まった
融資上限額までなら、5万円以上の
お金を借りることはできますが、

 

5万円以上の部分には180日の間でも
利息がかかります。

 

もし、

 

30日間の短期でいいから5万円以上借りたい

 

と言った場合は、それでもレイクALSAでは、
「30日間限度額まで無利息」が用意されていて、

 

30日間か180日間か?最初にどちらかを
選ぶことができます。。

 

貴方にとってどちらのサービスが必要か?
を見極めて好きな方を選びましょう。

 

さらに詳しく内容は公式ページで
確認してみて下さい。↓

 

 

あと一応、他のキャッシング会社と
詳細部分を比較して分かりやすい
解説もしていますので、

 

お時間があれば、この後の解説も
読んで見てください。

 

topに戻る

レイクALSAとプロミスの3つの違いや大手キャッシング会社との比較

消費者金融でも銀行でも

 

「お金を借りたい」

 

と考えたとき、「全体的に大きな
メリット・デメリットの違い」はあまり
ありません。

 

しかし、ノンバンク、いわゆる消費者金融
の場合で各社比較して見ると、

 

メリットが大きく違う

 

点があります。

 

この違いは「借りる人の状況」によってどちらを
選べばメリットがあるのか?でも変わってきます。

 

ではここから、

 

とにかくよくテレビCMで宣伝している、
キャッシングで人気のプロミスとレイク
ALSAの違いを比較していきます。

 

その1 レイクALSAもプロミスも安心の大手消費者金融です。

 

レイクALSAとプロミスは貸金業カードローンです。

 

 

 

レイクの経緯

 

ちなみに「レイク」は以前、新生銀行の
カードローンであり「貸金業」「消費者金融」
ではなく「銀行カードローン」でした。

 

以前の新生銀行レイクとは?

 

詳しく説明すると以前のレイクは消費者
金融ではなく新生銀行が提供するカード
ローンブランドです。

 

ですからCMなどでも「新生銀行
カードローン」と言っていました。

 

昔からレイクをご存知の方は

 

えっ?確か消費者金融じゃなかったっけ?

 

と思われるかもしれませんが、

 

確かに元々は独立した消費者金融でした。

 

しかし、新生銀行がカードローン
ブランドを丸ごと買収したという事で、

 

ブランドを残したまま銀行カードローン
になりました。

 

プロミスやアコムなども銀行が株主
となり、経営に参加していますが、

 

レイクだけは異色の形態となり、
当時はそれなりに話題になりました。

 

ですので、銀行カードローンで
ありながら、諸々の経緯から、

 

レイクは元々から非常に消費者金融に
近い商品を提供していました。

 

銀行が運営することで、

 

安心感があった

 

かもしれませんが、現実はお金を借りる
メリットについては、どちらでもそう大差は
ありません。

 

その、「新生銀行レイク」は「2018年4月より
新規申し込みの受付を停止する」ことになり、

 

実質申し込みができるキャッシングが
1つ減ったのですが、

 

2018年7月に新しく「レイクALSA」として
復活しました!

 

こちらは、新生ファイナンシャル(株)が取次を
行っているカードローンで、「プロミス」と同じ
「貸金業」「消費者金融」となりました。

 

※元々の状況に戻った感じですね。^^

 

しかし、レイクALSAになっても以前の
「魅力的なメリット」は引き継いでおります。

 

会社名 新生フィナンシャル株式会社
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田三丁目12番8号
ブランド名 レイクALSA
財務局登録番号 関東財務局長(9) 第01024号
日本貸金業協会会員 第000003号

 

その辺りのこともこの後に書いていきたいと
思います。

 

 

 

プロミスは元々消費者金融です。

 

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの
「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」

 

ですので、こちらも非常に立派な会社です。^^

 

会社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目12番15号
ブランド名 「プロミス」「PROMISE」
財務局登録番号 関東財務局長(12)第00615号
日本貸金業協会会員 第000001号

 

ちなみに「SMBC」とは、

 

三井住友銀行(Sumitomo Mitsui Banking Corporation)

 

の略です。「三井」と「住友」の頭文字が
入れ替わっていますが、理由としては
こちらに書かれているもののようです。↓

 

 

その2 金利他サービス比較

 

プロミスは数種類のサービスを提供して
いますが、メインとなるカードローンで
比較すると以下の通りになります。

 

プロミス レイクALSA
金利 4.5%~17.8% 4.5%~18.0%
無利息サービス(はじめての方のみ) 30日間無利息 30日間無利息及び5万円まで180日間無利息
そのほかのサービス・特徴 おまとめローンなどもあり

 

 

レイクは無利息ローン期間が非常に長い。

 

比較してみるとわかりますが、
金利的な面では2社ともそこまで
大きな違いはありません。

 

大きな違いとしてはレイクALSAが
提供する「2つの無利息期間」
でしょう。

 

特に180日間(半年)の間、上限5万円までの借入金は利息を無料にする、

 

というサービスは、

 

無利息期間のあるカードローン
会社の中では、最も長い期間
となります。

 

プロミスやアコムでは「無利息期間
最長30日間のみ」です。

 

補足 レイクALSAの無利息期間について

 

初めての契約後、借入金5万円までは
180間無利息です。

 

5万円以上の借り入れも可能ですが、
5万円以上の借入金の部分については、
通常通り金利が発生します。

 

また、初めての契約後、5万円を借りて、180日以内に
返済しても、180日の間は、

 

5万円まで借りるのを何回繰り返しても、
金利利息は無料0円で借りることができます。

 

 

(レイクALSAの180日間無利息期間中、
毎月の元金返済は行う必要があります。)

 

その3 ATM手数料

 

まずはプロミスから

 

プロミスは、三井住友銀行提携ATM
なら借入・返済の手数料が0円です。

 

また「プロミスATM」での取引きは、
利用手数料は0円(無料)です!

 

 

 

プロミスATMとは?

 

プロミス専用の取り扱いがある
無人店舗です。

 

プロミスの無人店舗外観

 

中に社員さんはいません。

 

プロミスの無人店舗の中にある契約機

 

 

 

 

しかし、「提携ATM」の場合は、
手数料がかかります。

 

※プロミス提携ATM利用手数料(税込)

 

取引額

借入時

返済時

1万円以下

108円

108円

1万円超

216円

216円

 

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • Eネット

 

などがこれにあたります。

 

銀行振り込みなら振込手数料が0円!

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行

 

からの振り込みは、手数料0円です。
24時間利用できます。

 

 

 

レイクALSAはその上を行きます!

 

「提携先の新生銀行レイクATMや、

コンビニエンスストアなどに設置の
提携ATMでお借入れ・ご返済の
手数料が無料でご利用いただけます。

 

レイクALSAはすべての借り入れ・返済
おいて手数料0円です!!

 

レイクALSAの申し込みや詳細については、
こちらのページも参考にして見てください!↓

 

 

その4 おまとめローンはプロミス

 

一方でおまとめローン・借り換え
ローンの申し込みをしたいと思うと、

 

レイクALSAにはサービス自体が
ありませんので、必然的にプロミス
の方を選ぶことになります。

 

さらに、おまとめローンを使いたいと
考えるのであれば、アコムやアイフル
などからもサービスが提供されて
います。

 

 

ちなみに、

 

一部の銀行カードローン会社でも
金利が低いおまとめローンの申し込み
を受け付けています。

 

 

個人的なまとめ

 

レイクALSAとプロミスを比較して見て、

 

実際にお金を借りる場合、
180日無利息と期間が長い
レイクALSAの方が、メリット
が大きいと感じます。

 

また、借入・返済においても、
どこにでもあるコンビニATM
を使っても、手数料がすべて
0円のレイクALSAはとても
魅力的です!

 

 

topに戻る

レイクALSAとアイフルの3つの違いや大手キャッシング会社との比較

元々、新生銀行のカードローンだった
「レイク」は、2018年に消費者金融の
ノンバンク、

 

「レイクALSA」(新生銀行グループの新生ファイナンスのブランド)

 

として新たに生まれ変わりました。

 

その、「レイクALSA」が銀行ではなく、
貸金業の消費者金融に変って
どのような変化があったのか?

 

を含めて、同じ大手消費者金融で
人気がある「アイフル」と比較して、
どちらがお得か?などを確認して
いきます。

 

レイクとレイクALSAとの違い・変化は?

 

法律面では、「銀行から貸金業」
というところが大きな違いの部分です。

 

貸付け条件面

 

金利・貸付け限度額については、
変更はありません。

 

無利息期間

 

特にレイクでは、この後にもご紹介
しますが、

 

「長期無利息期間」が他社にはない
大きなメリットだったのですが、

 

このメリットもレイクALSAにそのまま
引き継がれています。

 

調べてみると、「レイク」と「レイクALSA」
は銀行と貸金業の違いはあるものの、

 

借りる側にとっては、メリット・デメリット
の違いはほとんどないと言ってよいでしょう。

 

レイクALSAとアイフル2社の金利と限度額について

 

まず一番気になる金利と貸付け
限度額の面ですが、2社のメイン
商品であるキャッシングでは、

 

会社名 金利年率 限度額
アイフル 3%~18% 800万円まで
レイクALSA 4.5%~18% 500万円まで

※2018年12月現在

 

となっています。

 

金利・限度額共にアイフルの方が
有利な条件と言えますが、

 

金利上限は同じ18%となっています。

 

実際にキャッシングされる場合、限度額
100万以下で申し込む方が多いことを
考えれば、

 

キャッシング会社で設定される金利は、
一番上限となる18%が一般的ですので、
ほぼ同じ条件と言えます。

 

同じように、貸付限度額は300万円
アイフルの方が多いですが、

 

実際に500万円や800万円の限度額
のキャッシングを必要とするユーザーは
ほとんどなく、

 

一般的なキャッシングで考えれば、
この300万円の違いもあまり意味は
ありません。

 

ですので、この2つの条件に至っては
基本的な契約面では、ほとんど
違いはないと言っていいでしょう。

 

 

 

個人向けカードローンキャッシング以外のサービス

 

ちなみに、アイフルではキャッシング
以外にも不動産担保ローンなどを
提供しています。

 

また、同じアイフルのグループの
「ビジネクスト」では、事業者向け
のビジネスローンも提供しています。

 

 

商品サービスの種類としてはアイフル
には多く揃っています。

 

レイクALSAでは個人向け無担保
キャッシング以外は提供していません。

 

※ただし、レイクALSAの株主となる
新生銀行のほうで各種サービスを
提供しています。

 

 

 

ATM手数料

 

アイフルではATM手数料として、
入金・出金とも、

 

  • 1万円以下 108円
  • 1万円以上 216円

 

が必要になります。

 

※アイフルATMの場合、ATM利用手数料は無料

 

レイクALSAは、CMなどでも宣伝して
いるように、手数料は完全に無料です。
※振り込みの場合も無料

 

借り入れ方法ではまた事情が
違いますが、

 

ATMの利用を考えるのであれば、
レイクALSAの方がお得でしょう。

 

無利息ローン期間の比較

 

アイフルは初回利用者のサービスとして、
30日間無利息期間を提供しています。

 

一方、レイクALSAは無利息期間に
大変力を入れており、

 

  • 30日間全額無利息期間
  • 180日間5万円まで無利息期間

 

の2つを無利息サービスを提供しています。

 

どちらを選んだ方がお得か?

 

単純に考えるとレイクALSAの方が
「2つのバリエーションで選べる」ので
メリットがあります。

 

いくら借入を行うか?や、いつまでに
返済するか?などで異なります。

 

つまり、「借りる金額によって」
30日間無利息期間と180日間
無利息期間どちらがお得なのか?

 

が変ってくるということです。

 

1つの目安として、「短期間に完済、
もしくは高額な借り入れだと30日間」、

 

「定額な借り入れで長期間の返済を
行うと180日間」の無利息ローンを
使う方がお得ということが多いようです。

 

この詳細については、こちらのページで
詳しく解説していますので、参考に
してみてください。↓

 

 

レイクALSAとアイフルの比較してまとめてみると

 

レイクALSAとアイフルは契約内容
では大きな違いはありません。

 

ただし、レイクALSAは30日間無利息と
180日間5万円まで無利息の2つがあり、

 

30日間無利息しかないアイフルと
比較すると、お得になる選択肢が
1つ多いことになります。

 

また、ATM手数料は、レイクALSA
の方がお得なので、キャッシングを
利用する場合は、

 

まずレイクALSAの方から考えてみる
方がよいでしょう。

 

 

ただし、アイフルはおまとめローンや
目的別ローンも提供しているので、

 

借り換えの場合などは、一度アイフルを
検討してみるとメリットがあります。

 

 

topに戻る

まとめ 30日以上借り入れを予定しているなら、迷わず180日間無利息があるレイクALSA

以前は銀行カードローンだった
レイクは、新しくレイクALSAに
なって誕生しています。

 

ですので、初めてレイクALSAのキャッシング
を利用する方なら、

 

5万円までは180日間無利息、しかも
180日の間は、5万円以内を何回借り
ても無利息が続く、

 

レイクALSAが大変お得です。

 

また、

 

30日間以上の借り入れ計画をしたい

 

と言う方も、180日間無利息期間の
ある「レイクALSA」に必ず申し込むよう
にして下さい。

 

そうすれば、「利息支払い金額」がぐっと減ります。

 

初回180日間無利息期間は、
大変人気のあったサービスでした
ので、

 

レイクALSAの復活は、ユーザーからも
多くの支持を得ているようです。

 

さらに以前のレイクが元々銀行カードローン
だったので、イメージからの安心感も高い
と言えます。

 

 

プロミスや他のノンバンクのキャッシング会社、
「アコムやアイフル」」も、初回無利息サービス
30日間がありますし、

 

アコムは、「三菱UFJファイナンシャル・
グループ」ですので、こちらも安心感としては
申し分なくおすすめできる会社です。

 

 

無利息期間以外での比較をしてみると、

 

条件等では、プロミスもレイクALSAも、
他のノンバンク(消費者金融)でも、

 

金利・利息が必要な借入なら
金利は大差はなくほぼ同じです。

 

他に比較するとすれば、

 

  • 使えるATMの種類や数
  • ネットでの使い勝手

 

などでも比較してみるのも
おすすめです。↓

 

 

番外編「SMBCモビット」の独自のメリット

 

このページで比較対象には挙げません
でした「SMBCモビット」ですが、

 

なぜ比較対象にしなかったというと、

 

このページでは「無利息期間の内容」
での比較を中心にご紹介しているので、

 

無利息期間サービスのないSMBCモビット
はご紹介をしませんでした。

 

 

しかし、この会社のカードローンでは、

 

Tポイントカード・クレジットカードにもなる多機能カードローン

 

というサービスがあります。

 

このサービスはSMBCモビット独自の
サービスですので、もし気になる方は
詳しい解説を参考にしてみてください。↓

 

 

急ぎの借入が必要なら、

 

このページの解説を参考にしていただき、
まずはあなたの優先する条件に基づいて、

 

メリットがあれば、その金融機関で
申し込みをしてみましょう。

 

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

レイクALSAのキャッシングの凄いメリット!を見落とさないための5つのポイント
テレビCMでもお馴染みのカードローン、人気の新生ファイナンシャルレイクALSAのキャッシングを取材して深掘りしてみました。