金利を下げるメリットが多いまとめローンの特徴や方法をアイフル・プロミス・アコム3社を例にとってご紹介します。

スポンサードリンク
楽天会員の方もそうでない方もカードローンは楽天銀行で。入会で1000ポイント進呈!限度額最大800万円・金利年1.9%~14.5%。

 

50万円100万円を複数のノンバンクから借りているなら、すぐにおまとめローンを活用しよう!

おまとめローンをプロミスアイフルアコムで比較

 

してみました。

 

複数の借金による、毎月の支払増加、
金利の高止まりなど、

 

それらの負担を少なくしてくれるのがおまとめローンです。

 

このページでは、

 

「アイフル・プロミス・ アコム」

 

の3社のおまとめローンを比較した結果、

 

一番のおすすめの会社

 

をご紹介します。

 

さらに、

 

金利の低い東京スター銀行のおまとめローン

 

も一緒にご紹介しています。

 

ぜひ最後までご覧くださいませ。

 

おまとめローンとは?内容やメリットについて

おまとめローンとは?

 

複数の会社や銀行から借金がある場合に、
それらを1つの金融機関で借金をまとめる
ためにあるサービスです。

 

どんなメリットがあるのか?

 

おまとめローンのメリットは次のようなものです。

 

複数のカードローン会社からキャッシングを
している場合、毎月の返済をすべての各
カードローン会社で行う必要があるので、

 

かなり煩雑になり
あまり楽しくないローン生活になります。

 

また毎月の返済額も各カードローン会社
の金額が毎月必要なので、金額が膨らんで
いるの状態ではないでしょうか?

 

その他金利・利息面でも・・おまとめローンと
比べて、多くの利息手数料を支払っている
パターンがほとんどです。

 

キャッシングで「豊かな生活」を手に入れている
はずなのに・・・これでは「本末転倒」ですね。

 

しかし、これら複数の借金をひとつにまとめる
ことで、

 

  • 毎月の返済額が減る
  • 金利が下がる

 

というメリットが発生することがあります。

 

メリットについてはこちらのページでも
詳しく解説しています。↓

 

 

topに戻る

大手消費者金融アコム・プロミス・アイフルのおまとめローンの特徴

複数社の借入を1社に出来る

 

のがおまとめローンです。

 

大手消費者金融ではアコム・プロミス・アイフル
にて提供しています。

 

その名称は、

 

  • アコムでは貸金業法に基づく借換え専用ローン
  • プロミスではおまとめローン
  • アイフルではおまとめMAX

 

と名付けています。

 

ノンバンクのおまとめローン特徴・メリット

 

「おまとめローン」は銀行でもサービスを
行っているところがありますが、

 

2017年に金融庁から「キャッシングの
自主規制の要望」(つまり消費者に
過度の貸し付けを行うことを規制)
を受けてから、

 

  • 通常のカードローンの自粛
  • おまとめローン自体の激減
  • さらに審査が厳格になる

 

など、借りる側にとって実質
メリットがないものになっています。

 

 

 

※2018年8月現在 金利の低い東京
スター銀行のおまとめ―ローンの新規
受付が復活しています。

 

 

 

 

そこで、「ノンバンク」いわゆる消費者金融業
のアイフル・プロミス・アコムなどが、

 

複数の業者からお金を借り過ぎて、返済が滞る可能性などがある消費者の救済

 

を目的とした「おまとめローンサービス」
を積極的に扱うようになっています。

 

大きな2つの目的

 

  • 今の金利より低くすることで利息の減額
  • 毎月の返済額を今より少なくする

 

この2つを可能にできることが
大きな目的です。

 

また、各社のおまとめローンそれぞれに
特徴が異なるため、比較してから選び
たいところです。

 

これらノンバンクのおまとめローンは、
救済面で最も大きなメリットとして、
総量規制における年収の1/3を超えるお借入があるユーザーも対象
という点も挙げられますので
読んでください。

 

topに戻る

総量規制における年収の1/3を超えるお借入があるユーザーも対象

キャッシングのあるユーザー救済の
おまとめローンサービスの最大の
メリットとして、

総量規制における年収の1/3を超えるお借入があるユーザーも対象

になることが挙げられます。

消費者金融では、法律によりカードローン
での貸付は「ユーザーの年収の3分の1まで」
というのが決まりです。

しかし、おまとめローンに限っては、
総量規制における年収の1/3を超える
場合でも貸付けが可能となっています。

理由


「借り換え」を行うことでユーザーにとって
メリットのある借り換えになる場合は、

「総量規制の例外」にあたり、
救済処置として認められます。


 


ですので、複数社からのカードローンや
キャッシングで困っている方は、

積極的に申し込みをしてみるべきでしょう。

topに戻る

アコム・プロミス・アイフルのおまとめローン「金利面」と「貸付け限度額」で比較

「金利」と「貸付限度額」で比較すると次のようになります。

 

  • アコム  実質年率 7.7%~18.0% 貸付限度額 ~300万円
  • プロミス 実質年率 6.3%~17.8% 貸付限度額 ~300万円
  • アイフル 実質年率 3.0%~17.5% 貸付限度額 ~800万円

 

貸金業者のカードローンは利息制限法により
最大20%までの金利となっています。

 

ちなみにカードローンの金利の数字は、
「融資上限額」によって上がる・下がるの
決まりがあります。↓

 

 

18%(または~20%)の金利で借りている方は、
アコム以外のプロミス・アイフルのおまとめローンを
利用すれば利息の節約が期待できます。

 

結論としては、最大金利で比較した場合は「アイフル」
最少金利で比較した場合も「アイフル」に軍配が上がります。

 

 

 

金利の下限「3.0%・7.7%・6.3%」を貸付金額条件一律にすると

 

先ほどの「3社金利比較」で、

 

  • アイフルの最低金利・・・3.0%
  • プロミスの最低金利・・・6.3%
  • アコムの最低金利・・・7.7%

 

となっていました。ここだけ見ると、
この3社で一番金利が低いのは
アイフル?

 

と考えることができますが、

 

実際にこれらの金利でキャッシングが
できるパターンは、

 

  • アイフル・・・800万円
  • アコム・・・300万円
  • プロミス・・・300万円

 

のおまとめローンが審査で通り借入が
できる場合です。アイフルは800万円
ですので、

 

これを「3社300万円」で比較してみると、
おそらくアイフルで300万円のおまとめ
ローンの審査が通ったなら、

 

アコム・プロミスと同じくらいの金利設定に
なる可能性があります。

 

しかし、300万円以上のおまとめローン
の審査を申し込みたい場合は、

 

必然的に「アイフル1社」が選択肢となります。

 

 

低い金利面でおすすめは東京スター銀行のおまとめローン

 

消費者金融より銀行のおまとめローン
の方が「金利が安い」場合が多いです。

 

2018年8月現在、銀行のおまとめローン
でおすすめなのが、

 

東京スター銀行

 

です。

 

東京スター銀行のおまとめローンで借金をまとめると金利が比較的低い

 

金利は一律12.5%

 

と圧倒的に低くなっているので、
こちらの申し込みもぜひ検討して
みてください。

 

 

topに戻る

アコム・プロミス・アイフルのおまとめローンの毎月返済額で比較

金利の他にも重視したいのが
毎月の返済金額面です。

 

借入200万円、金利15.0%、返済期間5年

 

の条件で比較すると次のようになります。

 

  • アコム  48,000円
  • プロミス 48,000円
  • アイフル 48,000円

条件が一緒の場合、毎月の返済金額面は
ほぼ同じ結果となりました。

 

※返済金額については違う条件で比較
しても意味が無いと思い、公式サイトの
返済シミュレーションなどで調べました。

 

結論としては、3社とも同じ返済金額
で返済が出来るということになります。

 

topに戻る

東京スター銀行のおまとめローンなら金利が低いのでおすすめ

ここまで紹介している、

アコム・プロミス・アイフル

は「貸金業者」、つまり消費者金融系
のおまとめローン会社です。

おまとめローンには、「銀行」が行っている
場合もあります。

2018年8月現在では、

「東京スター銀行」

が金利の低いおまとめローンを扱っています。

詳しくはこちらを御覧ください。↓


topに戻る

最終的にどのおすすめローンが良いのか?条件別でおすすめはここ

ここまで比較してみて「抑えておくべきポイント」
と「おすすめポイント」を分かり易くまとめてみました。

 

「総借入金額100万円」が1つのメド

 

最大金利が17.8%や18.0%のおまとめローンでも、
借入額100万円以上なら利息制限法により、
自動的に年15.0%が上限となります。

 

そのため100万円以上のおまとめなら、

 

  • アイフル
  • アコム
  • プロミス

 

どの消費者金融を選んでも
「メリットが発生」しやすくなります。

 

但し、次の注意点に留意してください。

 

 

 

プロミス・アコムのおまとめローンはネットから申し込みはできない

 

注意点として、プロミス・アコムのおまとめ
ローンはインターネットからの申し込みが
できません。

 

  • プロミス・・・自動契約機またはお客様サービスプラザ(店頭窓口)での申込みのみ。
  • アコム・・・電話連絡ののち、店頭窓口・むじんくん(自動契約機)での申し込み。

 

インターネットからのお申込みは受付け
できませんので、手間がかかります。

 

ネットからの申し込みなら、

 

アイフルのみが可能

 

です。

 

※おすすめは「アイフル」

 

理由としては、きゃっするの経験上から
「おまとめローン」に関しては、

 

  • 金利が低くなる
  • 利息が安くなる
  • 審査に期待できる

 

可能性が一番高いからです。

 

また貸付限度額が大きい点も魅力です。

 

 

消費者金融のおまとめローン。実は審査の期待が薄い

 

ここまで、消費者金融の3社、

 

プロミス・アイフル・アコム

 

の3社のおまとめローンを比較した
解説をしてきましたが、

 

私たち金融業界の関係者の話では、

 

消費者金融会社はおまとめローンを
あまり積極的にアピールしたくない

 

というのが現状なのです。

 

その理由は、消費者金融会社にとって
おまとめローンは「メリットが小さい」
からです。

 

「金利が低くなる」ことが一番の理由であり、
間違えばおまとめローンが増えすぎると、
消費者金融会社の事業体系から、

 

会社の経営に支障をきたす可能性も
大きいようです。

 

ですので「審査」については、ハードルが
高いのでは?と見るのが妥当です。

 

銀行なら元々消費者金融より低金利

 

意外かもしれませんが、銀行のおまとめローン
の方が、審査においては期待が持てると
感じられます。

 

元々金利設定が消費者金融より低い銀行
では、おまとめローンの低い設定金利でも、

 

経営に支障をきたすことはありません。

 

まずはメリットの大きい東京スター銀行のおまとめローンで申し込み

 

その中でも、最近新規受付が再開された

 

東京スター銀行のおまとめローン

 

は断然おすすめすることができます。

 

  1. 金利
  2. 上限限度額
  3. 審査

 

どれをとってもほぼ消費者金融の
おまとめローンよりメリットが大きいです。

 

ですので、まずは、

 

東京スター銀行でおまとめローンの申し込みをする

 

そして、万が一審査が通らなければ、
次の手段として、消費者金融のおまとめ
ローンに申し込んで見るのが理想です。

 

東京スター銀行のおまとめローンの
特徴やメリットについては、こちらの
ページを参考にしてみてください。↓

 

※ちなみに東京スター銀行では、
「消費者金融からの借り入れ」でも
おまとめローンの申し込みは可能です。

 

金利は全ての借り入れ額一律で、
12.5%です。

 

 

topに戻る

おまとめローンの注意点

返済オンリーのサービス

 

おまとめローンを利用する時に注意
したいのが返済専用のローンであるという点です。

 

借入目的では利用できないため、
返済に専念することが必要です。

 

借入件数が多すぎるとハードルは上がる?

 

その他にも借入件数が多すぎる場合、
おまとめローンであっても審査が厳しくなる
といううわさもあります。

 

 

※しかし審査に通るか通らないか?は
申し込みをしてみないとわかりません。

 

特におまとめローンでは、「追加融資」では
ないので、「借入件数」より「現在のおまとめ
する総借入額」が重要であり、

 

「総借入額」が返済できる収入能力があるか?
が焦点となります。

 

忙しい返済を少しでも楽にしたい
方は、積極的に申し込みをされる
ことをおすすめします。

 

銀行・クレジットカードでのキャッシングの借り換えは不可

 

アイフル・アコム・プロミス3社とも、

 

銀行・クレジットカードでの借り入れ分
をおまとめしたいという希望はできません。

 

「銀行カードローン」のおまとめなら東京スター銀行

 

東京スター銀行のおまとめローンでは、
消費者金融はもちろん、銀行のカード
ローンどちらでもおまとめができるサービスです。

 

詳しくはこちらを御覧ください。↓

 

 

topに戻る

 

おまとめローンの審査

 

通常のカードローン同様、消費者金融会社の
おまとめローンでも、最少金利から最大金利
までの範囲で審査によって決定される仕組み
になっています。

 

返済能力と信用力が高い方は金利が低くなります。

 

この返済能力と信用力の判断は、各金融会社が
独自に決めるもので、一概にどの会社が
厳しいとか甘いとかは線引きができません。

 

 

topに戻る

 

大手3社以外の「おまとめローン専用」の会社のメリット

 

もし、万が一大手3社のおまとめローンの
審査が通らなかった場合は、

 

おまとめローンを専用で扱っている
会社に申し込むのも選択肢の一つです。

 

金利面・返済金額面では大手3社、

 

プロミス・アイフル・アコム

 

とほぼ同じ条件でおまとめができます。

 

 

topに戻る

 

おまとめローンのメリットは大きいけどデメリットはないのか?

 

おまとめローンはその性質上、
メリットばかりが目立ちますが、

 

もしかしてデメリットは無いのか?

 

という疑問も出てきます。

 

その辺を詳しくまとめてみました。

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

おまとめローンは即日で!たった10項目の申し込みのおまとめローンをご存知ですか?
早く借金を1本化したい。おまとめローンのメリットを即日に受けたいなら、選ぶべき会社や申し込みのコツなどを知っておいてください。
消費者金融を一本化。実施するにはどうすればいい?知っておくべき3つのポイント
カードローンに一番多い、消費者金融での借金・キャッシング複数返済している方へ。「それらを1本化」できるおまとめローンの方法とメリットをご紹介します。
おまとめローンの申し込み方法で悩む必要はない!専用の会社や銀行3選
複数のカードローンや借金を一本化できるおまとめローンの申し込み方法について。審査の温度感や積極的な融資を行っている会社・銀行がおすすめ。
おまとめローンはなぜ積極的に商品化されないのか?2社以上1000万円借入でも審査可能はあるの?
借金の1本化をしたい時に役立つおまとめローンですが、数が少ない中、実際にサービスがある積極的に融資ができる金融機関とその内容を詳しくご紹介します。
銀行系おまとめローンの審査は厳しい?甘い?必ず知っておくべき2つのポイント
メリットの多い銀行のおまとめローンですが、申し込みをしても審査が通らなければ、複数の借金をまとめることはできません。より確実に審査に通るための考え方をご紹介します。
おまとめローンおすすめ。4社や5社の150万・200万・300万以上おまとめ可の銀行・会社は?
すぐにおまとめローンを利用したい方に、おすすめのサービスをご紹介します。借り換えたときの金利の数字や毎月の返済金額もやさしいメリットがあります。
おまとめローンの評判を比較。借金1本化の申し込みはこの1つの会社に注目
3社・4社・5社・・の銀行カードローンや消費者金融、農業協同組合、信販会社の借金でもおまとめローンの申し込みができる唯一おすすめの会社の評判をご紹介します。
おまとめローンを利用したけど、100万や400万の複数の借入でも大丈夫?
今の借金の借り換えておまとめローンにするなら。おすすめの金融機関をご紹介。100万円~400万円の多額な借り換えも可能な信頼できる銀行や貸金業者は?