おすすめしたいおまとめローン(株)東京スター銀行・横浜銀行での1ヶ月返済金額を比較して内容を理解しましょう

スポンサードリンク
新しい形の銀行カードローンがおすすめ。プレミアムコースなら限度額100万円金利年7.39%で確定。

 

おまとめローンならここ!「東京スター銀行」「横浜銀行」で申し込みをして審査を通過するために知っておくこと

おすすめのおまとめローン・借り換えローン

 

って、どこがありますか?

 

私、「きゃっする」のところに送られてくる
質問でこの内容を受けることが非常に多く
あります。

 

多い理由としては、

 

  • おまとめローンは意外とサービスが少ない
  • おまとめローンのメリットがイマイチよくわからない
  • 最後の砦なので安心して申し込みしたいという気持ちが大きい

 

というようなことが挙げられます。

 

それでは、実際におすすめできる
おまとめローンはどこなのか?

 

その理由と、さらにおまとめローンでの
金利メリット・1ヶ月の返済メリットに
ついてわかりやすく解説していきます。

 

ぜひ最後まで御覧ください。

 

 

 

おまとめローンおすすめ。4社や5社の150万・200万・300万以上おまとめ可の銀行は?

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。ずばり「おまとめローンのおすすめ」をご紹介するとともにそのメリットについてもしっかりと解説していきます!


 

おまとめローンとは?存在意義や仕組み

おまとめローンとは、

 

複数のカードローンやキャッシングを
抱えている人が、それらを1つのローン
に一本化するための借り換えサービス

 

のことです。

 

メリットは?

 

カードローンを一本化することにより、
多くの場合に金利が低くなり、返済
額が下がります。

 

カードローンは一般的に限度額が上がる
ほど金利が下がるようになっています。

 

例えば、

 

  • 限度額が50万円では金利15%以下
  • 限度額が200万円では金利10%以下

 

というように、段階的に金利が下がっていきます。

 

また、利息制限法では10万円以上100万円未満
の借入では上限金利が18%となっていますが、

 

100万円以上では15%となっています。

 

参考 ・利息制限法とは

 

どんなに金利が高い会社で借りても、
限度額が100万円以上では最高でも
金利が15%以上にはできないということです。

 

また、カードローンを一本化すれば、
返済の手間も省けます。

 

銀行振込みやATMから返済している場合、
会社ごとに返済の手続きをしなければ
なりません。

 

また、振込み手数料やATM手数料が
かかる場合には、手数料も会社ごとに
支払わなければなりません。

 

ローンが一本にまとまれば、コストと手間が
節約できます。

 

さらに、「金融機関からの信用が上がる」
というメリットもあります。

 

一般的に、借入件数は少ないほど信用が
上がります。4社から借りている人よりも3社
から借りている人、

 

3社から借りている人よりも2社から借りて
いる人のほうが信用が高いです。

 

デメリットは?

 

このように、メリットの大きいおまとめローン
ですが、デメリットという点では、

 

返済のみとなり、従来のカードローンのように
繰り返しキャッシングはできない

 

ということです。

 

しかし、そもそもおまとめローンを
考える方は、

 

「繰り返し借り入れができる」という従来
のカードローン仕組みがデメリットになり、

 

「借り過ぎてしまった」

 

という方が多いのではないでしょうか?

 

ですので、「返済のみになる」という
ことは、メリットとして作用する場合も
あります。

 

また留意しておく点として、

 

限度額が上がるため、申し込みの際の
審査のハードルが上がる可能性がある
ということです。

 

少なくとも、それまでのローンの返済で
延滞をしていないことは条件になるでしょう。

 

topに戻る

「東京スター銀行」のおまとめローンがおすすめできる6つの理由

まずは、

 

「東京スター銀行のおまとめローン」

 

がおすすめの第1候補です!

 

1番おすすめできる東京スター銀行のおまとめローンの金利・限度額などのあらまし
※2018年8月現在の指標

 

その理由を挙げていきます。

 

東京スター銀行の概要

 

もちろん「立派な銀行」です。

 

商号 株式会社東京スター銀行 (The Tokyo Star Bank, Limited)
創業 2001年6月11日
本店所在地 東京都港区赤坂二丁目3番5号
資本金 260億円
拠点数(インターネット支店を除く) 31本支店、2出張所、店舗外ATM979ヵ所

 

※2018年8月現在

 

他社と比べてメリットが多い

 

きゃっするが取材をしてみると、東京スター
銀行のおまとめローンは一番メリットが
多いことがわかりました。

 

ここから順にご紹介していきます。

 

金利が見えているので計算がたやすい

 

東京スター銀行のおまとめ
ローンの金利は、

 

年12.5%

 

の比較的低い金利で一律です。

 

プロミスやアイフルなどのおまとめローンより
低い金利設定となる期待がもてます。

 

 

1本化するローンの対象を選ばない

 

東京スター銀行のおまとめローンは、

 

  • 他の銀行
  • 消費者金融
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫
  • 農業協同組合
  • 信販会社
  • カード会社

 

これらのどのローンでも「1本化対象」
となります。

 

消費者金融系や他行では、
おまとめするローンの種類を
選ぶところもあります。

 

例えば、アイフルのおまとめMAX
ローンは、消費者金融(貸金業)
のローンのおまとめのみ対象となり、

 

銀行のカードローンのおまとめは
できません。

 

おまとめできる総額が高い

 

おまとめできる最高額は、

 

1000万円

 

となっており、他社と比べて高い金額
までおまとめが可能です。

 

毎月の返済額が安い

 

他社と比べて、おまとめ総額に
対しての、毎月の返済額の設定
が比較的低いです。

 

クリックで拡大↓

 

東京スター銀行のおまとめローン。12.5%の金利による毎月の返済額軽減の事例

 

 

おまとめ借り入れ額

毎月のご返済額

50万円

¥7,318

100万円

\14,637

150万円

\21,956

200万円

\29,275

250万円

\36,594

300万円

\43,912

350万円

\51,231

400万円

\58,550

450万円

\65,869

450万円

\65,869

450万円

\65,869

500万円

\73,188

600万円

\87,825

700万円

\102,463

800万円

\117,100

900万円

\131,738

1000万円

\146,376

※2018年8月現在

 

毎月の返済額が抑えられているので
比較的楽な返済方法です。

 

保証人不要

 

保証人が必要なく、第三者に協力
を依頼する必要がないので、

 

申し込みに手間や時間がかからず、
また他者に迷惑を掛けることがありません。

 

一石二鳥です。

 

web申し込みで来店不要。全国どこからでもweb完結が可能

 

今ではスマホやPCからのweb申し込みは
当たり前ですね。

 

入力画面も分かりやすく書き込みは
しやすいです。

 

事前の申し込みチェックシート

 

申し込みの前に、次の要件を満たして
いるかどうか?を確認しておきましょう。

 

  1. ご融資時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
  2. 前年度の税込年収が200万円以上の方
  3. 給与所得者の方で、正社員・契約社員・派遣社員の方
  4. ※自営業者・パート・アルバイトの方はおまとめローンをご利用できません。

  5. 過去に債務整理や自己破産をされていない方
  6. 現在ご利用中のローンを延滞されていない方
  7. 過去(6ヶ月以内)に当行ローンの審査で否決されていない方

 

注意点

 

東京スター銀行のローンの借り換えには
利用できません。

 

また、、おまとめローンは基本的に
「返済のみ」の仕組みです。

 

おまとめローンに関しては完済するまで
キャッシングを繰り返すことはできません。

 

返済に集中し、今の苦しい状態から
開放されることを目指しましょう。

 

 

topに戻る

「横浜銀行」の借り換えローンがおすすめできる2つの理由

銀行のおまとめローンでもう1行、
おすすめできる銀行があります。

 

それが、

 

横浜銀行の借り換えローン

 

です。

 

 

横浜銀行カードローンの概要

 

借入限度額 10万円~1000万円
審査時間 インターネット(パソコン・スマートフォン)なら最短で翌営業日に回答
融資までの目安 最短の場合、申し込み後翌日回答→「カードの郵送」。カードが届けば借り入れを行えます。
実質年率 年1.9~14.6%(変動金利)
担保・保証人 不要

 

お借入利率(年利)

 

ご利用限度額 お借入利率
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.9%

※2018年9月現在

 

複数の借り入れをまとめる

 

横浜銀行の場合、「おまとめローン」
というサービス名ではありませんが、

 

複数の借り入れをまとめたい
場合にも申し込みが可能な、

 

借り換え希望

 

ができます。

 

※クリックで拡大↓

 

横浜銀行の借り換えができるローンがおすすめ

 

複数のカードローンを横浜銀行1行に
借り換えることができれば、

 

  • 毎月の返済額の軽減
  • 金利を低くして利息を減らす

 

ことが十分期待できます。

 

メリット

 

東京スター銀行と最も違う点は、
借り換え後の借り入れも可能
いう点です。

 

返済を重視しつつ、「今月はどうしても
借り入れしたい」というようなときは、

 

通常のカードローン通り、限度額まで
なら借り入れが可能です。

 

※借り換え後、負担を減らすことが
できた場合は、できるだけ計画性を
持ってまずは返済に専念し、

 

借金を減らすことを考えましょう。
余裕のあるローン計画を。

 

注意点

 

お申し込みの地区が限られる

 

横浜銀行のカードローンを申し込み・
利用できるユーザーは、

 

    ・次の地域に居住またはお勤めの方

  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県内の次の市「前橋市、高崎市、桐生市」

 

と限られています。該当地区の方は
ぜひ検討してみましょう。

 

申し込み方法のアドバイス

 

借り換えを希望する際は、
申込時に、お借入れについて、

 

下記の内容を入力してください。

 

 

 

1、公式サイトの「お申し込みはこちら」
から、申し込みボタンをクリック。

 

2、■お借入について

  • 商品選択
  • お借入の状況
  • ご希望のご利用限度額
  • ご利用目的

 

上記の、「ご利用目的」の項目にて、
「借入金返済資金」を選択をして
いただくことで、

 

ご利用目的を伝えることができます。

 

または、「その他」の選択肢を選択して、
現在の借入金額と件数を記入すれば、

 

伝えることがができます。

 

 

 

公式サイトから申し込みはこちら

 

限度額や金利設定など、詳細について
も公式サイトで確認ができます。
↓(詳細はバナーをクリック)

 

 

topに戻る

「ユーファイナンス」のおまとめローンがおすすめできる3つの理由

銀行以外のおまとめローンで
おすすめするなら、

 

「ユーファイナンスのビッグローン」

 

が断然おすすめです!

 

「ユーファイナンスのビッグローン」は借り換え専用のおまとめローンサービスだから、申し込み審査に断然有利

 

その理由を挙げていきます。

 

正規の「貸金業登録業者」です。

 

大手消費者金融の
プロミスやアイフルなどと同じ、
国が認める登録許可を持つ
信頼のある会社です。

 

  • 株式会社UCS(ユーファイナンス)
  • 東京都台東区小島2-14-5 毛利ビル7F
  • 電話:03-5829-6990
  • 営業時間:平日 9:00-18:00/土日祝 定休
  • 設立 平成17年8月
  • 資本金 5,300万円
  • 代表者 代表取締役 市川 慎治
  • 取引銀行 東京都民銀行、三菱東京UFJ銀行
  • 貸金業登録:東京都知事(4)第29876号
  • 金融コンサルタント業

 

 

 

「借り換え専用」のために用意されたサービス

 

「借り換え専用」のサービスだけを取り扱って
いる金融機関はおそらくきゃっするの知る限り
ここだけです。

 

web申し込みで全国どこからでも最短2分で申し込み可能

 

今ではスマホやPCからのweb申し込みは
当たり前です。最短2分で入力が完了できます。
(あくまでも入力スピードによります。)

 

入力画面は極力簡素化されていて
書き込みはしやすいです。

 

※入力画面の一部。クリックで拡大↓

 

「ユーファイナンスのビッグローン」webでの申し込み入力画面の一例

 

 

※次の点についてもチェックしておいて下さい。

 

 

 

ビッグローンの商品内容・融資条件

 

  • ご融資金額:100万円~700万円
  • 実質年率:7.3%~15%(要審査)
  • 遅延損害利息:20%(実質年率)
  • 返済方法:元利均等返済
  • 返済期間:最長10年(1~120回)
  • 必要書類:身分証(健康保険証、運転免許証、パスポート等)・所得証明書
  • 保証人:原則不要
  • 担保:原則不要
  • その他:要審査

 

融資条件を見ていただき、特にチェック
しておきたい点は、

 

上限金利が15%

 

ということです。

 

アコムやアイフル・プロミスなどの
ノンバンク、いわゆる消費者金融
の会社では、

 

上限金利が17.8%~18%
となっています。

 

※各金融会社の上限金利

 

アコム 18%
アイフル 18%
プロミス 17.8%

 

ということは、仮に「ユーファイナンス」の
おまとめローンの審査が通ったとすれば、

 

最高の金利でも15%以上になる
ことはありませんので、

 

今の金利より低くなる可能性は
非常に高いはずです。

 

逆に、「ユーファイナンス」のおまとめローンは、

 

下限金利が7.3%

 

です。

 

ですので、今借りている複数の
キャッシング又はカードローンの
平均の金利が7.3%以下なら、

 

借り換えても金利が今より低くなる
ことはないので、金利面ではデメリット
になる可能性があります。

 

金利面でのメリット・デメリットの見極めは
実際に今借りている平均金利により変り
ますが、

 

消費者金融の場合、7.3%より低い金利で
借りている事例は、きゃっするへの問い合わせ
ではほとんどありません。

 

多くは、約17~18%の金利の方が
ほとんどですので、「ユーファイナンス」
で借り換えた方がメリットがある方が
圧倒的に多いと思います。

 

 

 

決して「ボランティア」ではないですが。。

 

「借り換え専用のローン」といっても
「どなたでもおまとめローンの審査が通る」
わけではありません。

 

しかし、きゃっするが「おすすめ」として
あえてこの会社を紹介しているという
ことは、

 

期待の大きいおまとめローンで
ある事は言うまでもありません。

 

「借入をおまとめしてこれからは真面目に
返済だけに専念する」とお考えの方は、

 

ぜひ申し込みをしてみてください。

 

申し込みの前に、実際にローンをまとめると、

 

金利の減額・1ヶ月の返済額減額はどのくらいになるのか?

 

の数字を確認しておいて下さい。
次に解説します。

 

※「申し込みページ」も次の解説の
後に案内があります。

 

150万円・200万・300万円ローンをまとめる場合の金利減額・1ヶ月の返済額減額の実例

 

「ユーファイナンスのビッグローン」
で複数のローンをまとめる場合の

 

  • 1ヶ月の返済額軽減する金額例
  • 金利を低くして利息支払いを減額する例

 

は次のようになります。

 

他4社から300万円借りている

 

クリックで拡大↓

 

キャッシング会社4社300万円の借金を借り換えしておまとめローンにする場合の1ヶ月の支払金額と金利設定の1例

 

借入れのある会社 返済日 借入金額 金利
1、A社 毎月10日 60万円 年15%
2、B社 毎月25日 50万円 年18%
3、C社 毎月末日 110万円 年12%
4、D社 毎月20日 80万円 年12%

 

この条件で融資を受けている場合、
「ユーファイナンスのビッグローン」で
まとめれば、

 

  • 借入金額・・・300万円
  • 金利・・・年9.8%

 

のように条件を変更できる
実例があり、大きなメリットを
受けられる可能性があります。

 

他3社から150万円借りている

 

クリックで拡大↓

 

キャッシング会社3社150万円の借金を借り換えしておまとめローンにする場合の1ヶ月の支払金額と金利設定の1例

 

借入れのある会社 借入金額 金利 毎月の返済額(期間5年)
1、A社 50万円 年18% 12,696円
2、B社 40万円 年18% 10,157円
3、C社 60万円 年18% 15,236円

 

おまとめローンを申し込み、借りかえれば

 

  • 借入総額・・・150万円
  • 金利年率・・・15%
  • 1か月の返済額(期間5年)・・・35,000円(毎月3,089円の軽減)

 

に条件を変更できる可能性が
十分あります。

 

 

 

金利が減少する理由

 

ここで「金利の仕組み」について
ポイントを覚えておいてください。

 

一般的に貸付金利の年率は、

 

借入上限額が多いほど下がる

 

ように決められています。

 

ですので、「借金をまとめる」事により、
「1社で借りている金額」が増える、
つまり「借入上限額」が上がるので、

 

「金利が下がる」わけです。

 

 

 

 

返済日も月1回になり、3回返済していた
面倒なこともなくなります。

おまとめローン「ユーファイナンス」お申し込み詳細

 

借り換え専用のローン、

 

「ユーファイナンス」のお申し込み

 

はこちらから行うことができます。↓

 

 

topに戻る

おまとめローンの4つのメリット。デメリットはないのか?

さらにおまとめローンのメリット・デメリット
を詳しく知りたい方は、こちらのページ
を参考にしてみてください。↓

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

銀行系おまとめローンの審査は厳しい?甘い?必ず知っておくべき2つのポイント
メリットの多い銀行のおまとめローンですが、申し込みをしても審査が通らなければ、複数の借金をまとめることはできません。より確実に審査に通るための考え方をご紹介します。
プロミス・アイフル・アコム3社のおまとめローンを比較。1番のおすすめは?
今借りている複数の会社からの借金を1社にまとめるのがまとめローンです。おまとめローンの審査を受けて申し込みが通ればどんなメリットがあるのか?注意点は?
おまとめローンで4社・5社・3社~の借金を1本化できるたった1つの方法とは?
3社・4社・5社・・の銀行カードローンや消費者金融、農業協同組合、信販会社の借金でもおまとめローンの申し込みができる唯一のおすすめの銀行をご紹介します。
カードローンの借り換えで150万や300万でもおまとめローンが組めるおすすめは?
おまとめローンで今の借金を借り換えするのにおすすめの金融機関をご紹介。150万円や300万円の多額な借り換えも可能な信頼できる銀行や貸金業者は?