おまとめローンの特徴を理解して銀行系と消費者金融系2つのおまとめローンの審査を比較してみました。

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識

SMBCモビットキャッシングカード

 

やっぱり銀行系をまとめローンの審査は厳しかった!そんな時に現れた救世主のまとめローンとは?

おまとめローン銀行

 

で申し込んでも、

 

「審査が厳しくて通らない」

 

という事例が増えてきています。

 

さらに、

 

「銀行ではおまとめローンのサービス事態が取りやめ」

 

になってきている状況です。

 

この理由は、「金融庁から銀行に
対する個人の貸付の自主規制要請」
の通達がおこなわれているからです。

 

 

 

銀行系おまとめローンの審査は厳しい?甘い?必ず知っておくべき2つのポイント

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。銀行はカードローンの貸付金額が大幅に増えたため個人への貸し出しを抑えるようにしています。このページでは「まとめローン」の審査の厳しさや、他社で期待できるおまとめローンが存在するご紹介をしていきます!ぜひ最後まで御覧ください。


 

銀行系をまとめローンの審査は決して甘く無い!厳しい2つの理由

銀行系おまとめローンは、

 

「条件次第で低金利に借り換えでき利息が減る」

 

のが魅力です。

 

 

但し、申し込みする時に気になるのが
審査の難易度です。

 

銀行では審査基準を公開していないため、
難易度が分かり難くなっています。

 

そこで審査が厳しいのか甘いのか?
その理由についてをわかりやすく解説
していきます。

 

複数社からの借入があり、おまとめしたい

 

と考えている方は参考にしてみて下さい。

 

審査が厳しい理由その1

 

一般的にカードローンや融資では、

 

金利が低くなるほど審査は厳しくなる

 

ものです。

 

 

審査を甘くすると、「貸し倒れのリスク」
が高まり、実際に金融機関の利益は
低くなってしまい、経営や運営に支障
をきたします。

 

ですので、貸す側は「金利を高く」すれば
審査を甘くしても利益を確保できるの
ですが、

 

実需用や貸金業の利息制限法から
見てもわかるように、金利の上限は
実質決まっており、それ以上の金利
設定は社会的通念上から考えても
行うことはできません。

 

そもそも、金利を高くして融資を行えば、
返済が滞る債務者が増えてしまい、

 

自己破産や個人再生を行う人が増え、
「お金のことで助ける」はすの融資が、

 

お金のことで苦しめてしまうことに
なりまねません。

 

 

本題に戻りますが、

 

甘い審査を行い、低金利で貸していると
損失が増えてしまう可能性が高まります。

 

そのため銀行系おまとめローンでは
厳しい審査がおこなわれています。

 

(カードローンの審査はどの金融機関でも
厳正です。誤解のないように。。)

 

審査が厳しい理由その2

 

以前の銀行カードローンでは生計費の他、
他社の借入をまとめる目的でも利用できました。

 

しかし、現在では銀行カードローンの「過剰融資」
が問題視され、そもそもおまとめ目的のサービスが
なくなってきており、ユーザーは利用をするのが
難しくなっています。

 

おまとめローンも、場合によっては「多重債務」に
陥りかねないため、金融庁から各銀行に
警告を行ったというニュースが流れています。

 

銀行系おまとめローンは「保証人なし」で
契約できるローン商品が多いです。

 

なぜそういった低金利でリスクの高い融資
ができたのかというと、

 

「保証会社による保証が受けられること」

 

という条件が付いている銀行系おまとめ
ローンが多かったからです。(ほとんどがそうでした)

 

この保証会社は、「信販会社」や「消費者金融会社」
であることが多いのです。

 

そのため、今では金融庁では保証会社に
ついても顧客に説明を行うよう、銀行に
求めています。

 

金融庁の目が厳しくなってきたため、今まで
よりも銀行系おまとめローンの審査が厳しく
なっているのは間違いないと言っても
過言では有りません。

 

topに戻る

現在でも積極的におまとめローンサービスを行っている銀行

おまとめ目的でも利用できる銀行はある?

 

先ほどの解説でお伝えしたように、

 

銀行系のまとめローンには逆風が吹いています。

 

東京スター銀行のように、

 

おまとめローンの新規受付を中止

 

する銀行も見られます。

 

しかし、銀行によってはおまとめ目的でも
利用できるローン商品を用意しています。

 

例えば、

 

「関西アーバン銀行のアーバンフリーローン不動産担保型」

 

というローン商品なら複数社の借入でも
おまとめすることが可能です。

 

ただし、「不動産担保型」とあるよう、
に不動産を担保に入れることが必要
となっています。

 

大手都市銀行では、「りそな銀行」にて
おまとめ可能な「プライベートローンJ」を用意しています。

 

固定金利を採用しており、
年6.5%、9.5%、12.0%、14.0%の
4種類あります。

 

その他では、「地方銀行」でおまとめローンを
積極的に取り扱う行がでてきています。

 

例えば群馬銀行のように、

 

フリーローン「おまとめ太郎」

 

にておまとめ目的で利用もできます。

 

 

もし、どうしてもおまとめローンを銀行で
お考えの場合は、地元の地方系銀行で
探してみるのも1つの方法です。

 

 

 

銀行系おまとめローンは審査が厳しいので注意

 

しかし、銀行のおまとめローンはやはり、、

 

審査が厳しい

 

ということが言えますので、

 

あまり大きな期待を持って申し込むと、
あとの落胆も大きくなるので注意が必要です。

 

もし、銀行系のおまとめローンでの審査
に不安のある方は、「消費者金融系」
のおまとめローンをおすすめします。

 

消費者金融系は収入の3分の1が貸付条件
となる「総量規制」があるので、そこで審査に
引っかかりやすいのでは?

 

とお考えの方もおられるかもしれませんが、
実は一概にそうではないのです。

 

その辺りを次のところで解説します。

 

topに戻る

今一番期待できるのが消費者金融系のおまとめローン

おまとめローンのサービスを
行っているのは必ずしも銀行
だけではありません。。

 

消費者金融系にもおまとめローンがある

 

ここ最近になって消費者金融系でも、
おまとめローンを積極的に提供しています。

 

金利が高めですが、銀行のように
金融庁からの警告は来ていないため、
審査の敷居が上がっているということは
ないようです。

 

ですが、ノンバンクの消費者金融系は
「貸金業者」に属しますので、

 

「総量規制」の法律が適用されます。

 

この法律は、「年収の3分の1以上の貸付けはできない」
とされているものです。

 

 

ですので、「結局おまとめの場合、総金額が
多いと審査には通りにくい場合が多いのでは?」

 

と考えられがちですが、

 

そもそも「おまとめローンの」の真の目的は、

 

複数の支払い費用・返済があり困っている消費者を救済する

 

ことに値します。

 

そして、実際に救済できる項目として、

 

  • 金利を低くして支払い利息を減らす
  • 毎月の返済額を減額出来る
  • あるいは一本化して煩雑な返済処理を減らす

 

この3つがおまとめローンの大きな役割と
言えます。

 

ですのでおまとめローンの場合、
貸金業法で書かれている、

 

個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等

 

に該当すると認識されています。

 

また、「総量規制」では「例外」と
いう項目があり、

 

  • 顧客の一方的有利となる借換え
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け

 

にも値するとも考えられます。

 

これらに該当する場合、

 

年収の3分の1以上の貸付けが可能

 

となります。

 

オリックスクレジット株式会社

 

例えば、オリックスクレジット株式会社で
提供しているオリックスVIPフリーローン
では「おまとめローン」が始まりました。

 

金利は実質年率3.0%~14.5%という設定です。

 

りそな銀行の「プライベートローンJ」と比較
してもそれ程差がありません。

 

(ただし、年収400万円以上という高めの
ハードルがあります。)

 

アイフルのおまとめローンはおすすめ

 

この消費者金融系のおまとめローンで
一番おすすめできるのが、

 

アイフルのおまとめMAX

 

です。

 

アイフルでは「おまとめMAX」「かりかえMAX」
という2つのおまとめローンを用意しています。

 

オリックスVIPフリーローンでは厳しいという
方でも、申し込みしやすいローン商品です。

 

特に「金利面での優遇」については、
数字を見る限り、今の返済の利息
より大きく少なくできる可能性の高い
サービスです。

 

詳しくはこちらで解説していますので参考にしてみてください。

 

参考 ・アイフルの「おまとめローン」「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の特徴や注意点

 

まとめ

 

ここまで、銀行系おまとめローンの審査の
実態と消費者金融系おまとめローンとの
比較などについて説明してきました。

 

銀行系は2つ理由から審査の敷居が
高くなっている可能性が大いにあります。

 

そもそも、「おまとめローン」は救済処置的な
サービスであるはずですが、

 

その原因を作った銀行がなかなかおまとめ
ローンで貸してくれないとなると、本末転倒
のようにも思えてきますが、それが現実でも
あります。

 

銀行のおまとめローンの審査が心配な方は、
消費者金融系のおまとめローンの審査に
申し込んでみてはいかがでしょうか?

 

topに戻る


※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

おまとめローンおすすめ唯一1つのユーファイナンスで150万・200万・300万の金利比較
すぐにおまとめローンを利用したい方に、おすすめの会社「ユーファイナンス」で借り換えたときの金利の数字を比較してメリット・デメリットを理解しておきましょう。
プロミス・アイフル・アコム3社のおまとめローンを比較。1番のおすすめは?
今借りている複数の会社からの借金を1社にまとめるのがまとめローンです。おまとめローンの審査を受けて申し込みが通ればどんなメリットがあるのか?注意点は?