おまとめローンの特徴を理解して銀行系と消費者金融系2つのおまとめローンの審査を比較してみました。

スポンサードリンク
新しい形の銀行カードローンがおすすめ。プレミアムコースなら限度額100万円金利年7.39%で確定。

 

やっぱり銀行系をまとめローンの審査は厳しいの?新規受付が再開された救世主のまとめローンとは?

おまとめローン銀行

 

で申し込みをしたいとき、

 

  • 「審査が厳しくて通らないのでは?」

 

という不安を持っている人が多く
おられるようです。

 

また、銀行のおまとめローンの
申し込みをしたくても、

 

  • 「銀行ではおまとめローンのサービス事態が取りやめ」

 

という事例が一時期増えていました。

 

この理由は、「金融庁から銀行に
対する個人の貸付の自主規制要請」
の通達がおこなわれていたからです。

 

その中で、今最も注目すべき、銀行系の
おまとめローン

 

東京スター銀行のおまとめローン

 

を中心にまずは、

 

  • 審査の内容は厳しいの?甘いの?
  • どんな特徴があるのか?
  • 他行との比較してメリットがある点
  • デメリットはあるのか?
  • 申し込み方法は簡単?複雑?

 

などについて詳しくご紹介します。

 

ぜひ最後まで読んで見てください!

 

 

 

銀行系おまとめローンの審査は厳しい?甘い?必ず知っておくべき2つのポイント

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。銀行はカードローンの貸付金額が大幅に増えたため個人への貸し出しを抑えるようにしています。このページでは「おまとめローン」の審査の状況や、最も期待できるおまとめローンが存在するお話しをご紹介していきます!ぜひ最後まで御覧ください。


 

銀行系おまとめローンの審査は決して甘く無い?見極める2つのポイント

銀行系おまとめローンは、

 

  • 「条件次第では低金利に借り換えでき利息が減る」
  • 「条件次第では毎月の返済額が減る」

 

のが魅力です。

 

 

しかし、申し込みする時に気になるのが
審査の難易度です。

 

銀行では審査基準を公開していないため、
難易度が分かり難くなっています。

 

そこで審査が厳しいのか甘いのか?
その理由についてをわかりやすく解説
していきます。

 

複数社からの借入があり、おまとめしたい

 

と考えている方は参考にしてみて下さい。

 

審査の難易度はどのローンも同じ

 

一般的にカードローンや融資では、

 

  • 金利が低くなるほど審査は厳しくなる
  • 借入限度額が多いほど審査は厳しくなる

 

ものです。

 

但し、「厳しくなる」という表現は少し違います。

 

正確には審査では「返済能力があるかどうか?」
を見ているのですから、「安い金利でたくさん
お金を借りる」場合であればあるほど、

 

「返済能力の条件が高くなる」

 

ということになります。

 

金融機関が審査をしてみて、返済能力以上の
お金を貸してしまうと、、「貸し倒れのリスク」
が高まり、金融機関の損失が増えてしまい、

 

金融機関自体の経営や運営に支障をきたします。

 

ならば、貸す側は「金利を高く」すれば
審査のハードルを多少下げても利益を
確保しやすくなるのですが、

 

利息制限法の法律から、今の時代に則した
ある程度常識的な金利相場や、金利の上限
は実質決まっており、

 

それ以上の金利設定は社会的通念上から
考えても行うことはできません。

 

※利息制限法は銀行にも適用されています。

 

そもそも、金利をやみくもに高くして融資を行えば、
それでも借りる人がいるので、返済が滞る債務者が
増えてしまい、

 

自己破産や個人再生を行う人が増え、
「お金のことで助ける」はすの融資が、

 

お金のことで苦しめてしまうことに
なりかねません。

 

 

本題に戻りますが、

 

ここまで解説した内容から、カード
ローンやキャッシングでの審査の場合、

 

通常のカードローンもおまとめローンも
審査での内容はほぼ同じと考えていいでしょう。

 

そして、銀行の融資も消費者金融の融資も、
厳正な審査がおこなわれています。

 

(カードローンの審査はどの金融機関でも厳正です。)

 

「おまとめローン」の申し込みが「審査を怖がる必要がない」と考えられる理由

 

「おまとめローンの審査結果が通過できる確立は高いか低いか?」

 

を見極めるための1つの考え方をご紹介します。

 

複数の金融機関からお金を借りている方は、
もちろんそれまでに至るまで、各金融機関で
審査を受けて通過されている方です。

 

つまり各金融機関はその債務者に
「返済能力がある」と審査で判断して
お金を貸しているワケです。

 

そして、

 

  • 「返済の煩わしさの解消」
  • 「金利条件の良い1つのローンに乗り換える」

 

の為におまとめローンを利用しようとしているわけです。

 

つまり、おまとめローンを利用して「借金が増える」
「追加融資を求めている」というわけではないのです。

 

今の借金総額をそのまま条件の良い
ローンに乗り換えるだけです。

 

ということは、「今までの返済能力」で審査を
通過してきた実績があるわけですから、

 

もちろん1社に借金をまとめても「審査を
通過して然り」と考えることができるでしょう。

 

このように考えると、

 

「おまとめローンだから審査に通りにくい」

 

という考え方はナンセンスです。

 

おまとめローンの審査だからと言って特別な
感情を持つ必要はないのです。

 

審査よりも他に注意しておかなければならない点

 

実は「審査の厳しさ・甘さ」を考えるより、
もっと他にチェックしておくべき注意点
があります。

 

むしろこちらの方が重要です。
ではその注意点を次にご紹介
していきます。

 

topに戻る

「審査の厳しい・甘い」よりもっと重要なおまとめローンの2つの注意点

さて、先ほどの解説では、

 

おまとめローンの審査について解かり
やすく解説をしました。

 

読んでいただいて、「審査を必要以上に
気にすることはない」ということが分かって
いただけたと思います。

 

ここからは、審査よりも最も知っておかなければ
行けない注意点を2つご紹介します。

 

審査を受ける為の条件を申し込み前にチェックしておく

 

どんなカードローンやキャッシングにおいても審査の申し込みを行うための条件というものが設定されています。

 

まとめローンでも例外ではありません。

 

例えば、この後にご紹介する東京スター銀行
のまとめローンでは、審査申し込みをするにあたり
次のような条件が設定されています。

 

  1. ご融資時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
  2. 前年度の税込年収が200万円以上の方
  3. 給与所得者の方で、正社員・契約社員・派遣社員の方
  4. ※自営業者・パート・アルバイトの方はおまとめローンをご利用できません。

  5. 過去に債務整理や自己破産をされていない方
  6. 現在ご利用中のローンを延滞されていない方
  7. 過去(6ヶ月以内)に当行ローンの審査で否決されていない方

 

このように、「審査より審査を受ける
前の条件」がクリアできてないと、

 

申し込みをして審査を受けても
100%通らないので、まず最初に
チェックしておく必要があります。

 

絶対にやってはならない「借り換え返済のスルー」

 

おまとめローンを利用する際に絶対に
やってはならない行為をお伝えします。

 

おまとめローンの審査が通った場合、まず
金融機関が行うことは、

 

今の複数の金融機関の借金を返済する
ための借り換えるお金を債務者の口座に
振り込むことです。

 

そして、その融資金を受け取った債務者は、
自分で各金融機関にすべての金額を返済して、

 

借入金を0円にするわけです。

 

そうすることで、今現在借金をしている金融機関は
おまとめローンサービスの1社になり、

 

そのローンだけの返済をして行けば良いわけです。

 

しかし、「返済に当てるべき融資金」を
返済せず、他の用途に使ってしまった場合、

 

ほぼ間違いなくその債務者は「すべての借金
返済不能」になってしまいます。

 

ついつい5万円だけとか、10万円だけとか、
20万円だけとか・・少額であろうが、多額で
あろうが、

 

返済するために借りたお金を別のことに
使うことは、絶対にNGです。

 

このことは必ず守ってください。

 

 

 

おまとめローンの金融機関が確実に返済してくれる場合

 

今ご紹介しました、「まとめローンでの
融資のお金を債務者に渡す方法」は、

 

おまとめローンサービスを行って
いる金融機関によって方法が違います。

 

この後にご紹介する、東京スター銀行
でのまとめローンでは、今書いたような
間違いが絶対起こらないように、

 

おまとめローンで融資するお金を、
東京スター銀行が債務者に変わって
すべて返済に充ててくれます。

 

※実際の詳細な返済方法については
東京スター銀行の規則に基づいて
行われますが、

 

返済に必要な融資金額がすべて今の借金の
返済に充てられるよう、手順を踏んでくれます。

 

また、返済用の口座がなく、債務者自身で
しか返済が出来ない場合は、

 

必ず完済後に「証明書の提出」が必要です。

 

このように「おまとめローンの融資金で間違いなく
現在の複数の借金が完済される」ことを
確実にする手順を踏んでくれます。

 

このサービスは「債務者の救済」という
コンセプトから考えれば、とても有意義な
サービスです。

 

この面から考えても、「東京スター銀行の
おまとめローン」は、複数の借金で苦労を
している方に、もっともおすすめできる
サービスなのです。

 

今後は、「最悪の多重債務」の事態を防ぐ
ために、おまとめローンの金融機関が直接的
な返済を行うところが増えて来るでしょう。

 

では、次に東京スター銀行のおまとめ
ローンの内容をさらに詳しく見ていきましょう。

 

topに戻る

現在でも積極的におまとめローンサービスを行っている銀行

ここにきて「おまとめローンの存在意義」
が見直されて、新規受付を再開した銀行が
でてきました。

 

おまとめ目的でも利用できるおすすめの銀行はどこ?

 

東京スター銀行

 

先ほどの解説でお伝えしたように、一時期は

 

銀行系のまとめローンには逆風が吹いていました。

 

おまとめローンで人気の高かった
東京スター銀行でさえ、一時は

 

おまとめローンの新規受付を中止

 

していました。

 

ところがここにきて、東京スター銀行の
おまとめローンの新規受付が再開され
ました!

 

これは、多重債務で苦労しているユーザー
にとってはかなり大きな朗報です。

 

大本命の東京スター銀行のおまとめ
ローンの詳細はこちらでも詳しく解説
していますので、ぜひ参考にしてみて
ください。↓

 

 

東京スター銀行以外の銀行系おまとめローンは?

 

他の銀行もおまとめ目的で利用できる
ローン商品が用意されるようになっています。

 

例えば、

 

「関西アーバン銀行のアーバンフリーローン不動産担保型」

 

というローン商品なら複数社の借入でも
おまとめすることが可能です。

 

ただし、「不動産担保型」とあるよう、
に不動産を担保に入れることが必要
となっています。

 

大手都市銀行では、「りそな銀行」にて
おまとめ可能な「プライベートローンJ」を用意しています。

 

固定金利を採用しており、
年6.5%、9.5%、12.0%、14.0%の
4種類あります。

 

その他では、「地方銀行」でおまとめローンを
積極的に取り扱う行がでてきています。

 

例えば群馬銀行のように、

 

フリーローン「おまとめ太郎」

 

にておまとめ目的で利用もできます。

 

 

もし、どうしてもおまとめローンを銀行で
お考えの場合は、地元の地方系銀行で
探してみるのも1つの方法です。

 

 

 

銀行系おまとめローンは審査を受ける条件があるので注意

 

銀行のおまとめローンはやはり、、

 

審査前の条件が多い

 

ということが言えますので、

 

申込み前にちゃんと条件をチェック
しないで申し込みをすると、

 

条件でNGだった場合、時間と手間が
かかり、足労だけが残ります。

 

あとの落胆も大きくなるので注意が必要です。

 

topに戻る

銀行系以外で期待できる消費者金融系のおまとめローン

おまとめローンのサービスを
行っているのは必ずしも銀行
だけではありません。

 

万が一、銀行系のおまとめローンで審査
が通らなかった場合は、

 

金利設定は高くなりますが、「消費者金融系」
のおまとめローンを申し込んで見るのも
おすすめです。

 

消費者金融系は収入の3分の1が貸付条件
となる「総量規制」があるので、そこで審査に
引っかかりやすいのでは?

 

とお考えの方もおられるかもしれませんが、
実は一概にそうではないのです。

 

その辺りを次のところで解説します。

 

消費者金融系にもおまとめローンがある

 

ここ最近になって消費者金融系では、
おまとめローンを積極的に提供しています。

 

金利が高めですが、銀行のように
金融庁からの警告は来ていないため、
審査の敷居が上がっているということは
ないようです。

 

ですが、ノンバンクの消費者金融系は
「貸金業者」に属しますので、

 

「総量規制」の法律が適用されます。

 

この法律は、「年収の3分の1以上の貸付けはできない」
とされているものです。

 

 

ですので、「結局おまとめの場合、総金額が
多いと審査には通りにくい場合が多いのでは?」

 

と考えられがちですが、

 

そもそも「おまとめローンの」の真の目的は、

 

複数の支払い費用・返済があり困っている消費者を救済する

 

ことに値します。

 

そして、実際に救済できる項目として、

 

  • 金利を低くして支払い利息を減らす
  • 毎月の返済額を減額出来る
  • あるいは一本化して煩雑な返済処理を減らす

 

この3つがおまとめローンの大きな役割と
言えます。

 

ですのでおまとめローンの場合、
貸金業法で書かれている、

 

個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等

 

に該当すると認識されています。

 

また、「総量規制」では「例外」と
いう項目があり、

 

  • 顧客の一方的有利となる借換え
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け

 

にも値するとも考えられます。

 

これらに該当する場合、

 

年収の3分の1以上の貸付けが可能

 

となります。

 

オリックスクレジット株式会社

 

例えば、オリックスクレジット株式会社で
提供しているオリックスVIPフリーローン
では「おまとめローン」が始まりました。

 

金利は実質年率3.0%~14.5%という設定です。

 

りそな銀行の「プライベートローンJ」と比較
してもそれ程差がありません。

 

(ただし、年収400万円以上という高めの
ハードルがあります。)

 

アイフルのおまとめローンはおすすめ

 

この消費者金融系のおまとめローンで
一番おすすめできるのが、

 

アイフルのおまとめMAX

 

です。

 

アイフルでは「おまとめMAX」「かりかえMAX」
という2つのおまとめローンを用意しています。

 

オリックスVIPフリーローンでは厳しいという
方でも、申し込みしやすいローン商品です。

 

特に「金利面での優遇」については、
数字を見る限り、今の返済の利息
より大きく少なくできる可能性の高い
サービスです。

 

詳しくはこちらで解説していますので参考にしてみてください。

 

 

ここまで、銀行系おまとめローンの審査の
実態と消費者金融系おまとめローンとの
比較などについて説明してきました。

 

銀行系はおまとめローンが少なくなって
いますが、東京スター銀行の新規受付
が再開したことから、

 

救済される債務者の方も多くなるはずです。

 

そもそも、「おまとめローン」は救済処置的な
サービスであるはずですが、

 

その原因を作った銀行がなかなかおまとめ
ローンで貸してくれないとなると、本末転倒
のようにも思えてきますが、それが現実でも
あります。

 

銀行のおまとめローンの審査については
心配をするのではなく、条件がクリアできれば
まずは申し込んで見ることです。

 

審査を通過すればいまの複数の返済の
手間が解消され、さらに金利利息の減額
も高い確率で見込めます。

 

topに戻る

まとめ

以前の銀行カードローンでは生計費の他、
他社の借入をまとめる目的でも利用できました。

 

しかし、現在では銀行カードローンの「過剰融資」
が問題視され、そもそもおまとめ目的のサービスが
なくなってきており、ユーザーは利用をするのが
難しくなっています。

 

おまとめローンも、場合によっては「多重債務」に
陥りかねないため、金融庁から各銀行に
警告を行ったというニュースが流れています。

 

銀行系おまとめローンは「保証人なし」で
契約できるローン商品が多いです。

 

なぜそういった低金利でリスクの高い融資
ができたのかというと、

 

「保証会社による保証が受けられること」

 

という条件が付いている銀行系おまとめ
ローンが多いかららです。(ほとんどがそうでした)

 

この保証会社は、「信販会社」や「消費者金融会社」
であることが多いのです。

 

そのため、今では金融庁では保証会社に
ついても顧客に説明を行うよう、銀行に
求めています。

 

金融庁の目が厳しくなってきたため、今まで
よりも銀行系おまとめローンのサービス自体
が増えない可能性は十分にあります。

 

もし、現在複数のカードローンやキャッシング
の返済で四苦八苦している方は、

 

今、新規受付が再開した東京スター銀行
のおまとめローンのサービスを受けられる
チャンスを逃さないようにしてください。

 

今後の人生が豊かになることは間違いないでしょう。

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

おまとめローンおすすめ。4社や5社の150万・200万・300万以上おまとめ可の銀行は?
すぐにおまとめローンを利用したい方に、おすすめのサービスをご紹介します。借り換えたときの金利の数字や毎月の返済金額もやさしいメリットがあります。
プロミス・アイフル・アコム3社のおまとめローンを比較。1番のおすすめは?
今借りている複数の会社からの借金を1社にまとめるのがまとめローンです。おまとめローンの審査を受けて申し込みが通ればどんなメリットがあるのか?注意点は?
おまとめローンで4社・5社・3社~の借金を1本化できるたった1つの方法とは?
3社・4社・5社・・の銀行カードローンや消費者金融、農業協同組合、信販会社の借金でもおまとめローンの申し込みができる唯一のおすすめの銀行をご紹介します。
カードローンの借り換えで150万や300万でもおまとめローンが組めるおすすめは?
おまとめローンで今の借金を借り換えするのにおすすめの金融機関をご紹介。150万円や300万円の多額な借り換えも可能な信頼できる銀行や貸金業者は?