総量規制対象外か?が気になるおまとめローンの法律について深掘り

スポンサードリンク
楽天会員の方もそうでない方もカードローンは楽天銀行で。
入会で1000ポイント進呈!限度額最大800万円・金利年1.9%~14.5%。

 

借金返済の負担軽減が期待できるおまとめローンも総量規制は行われるのか?

おまとめローンは総量規制

 

の対象外か?それとも対象に
なってしまうのか?

 

結論から言いますと、

 

おまとめローンは総量規制の対象外

 

と言うのが正しい考え方です。

 

このページでは、

 

借り換えローン・借金一本化とも
呼ばれる、いわゆるおまとめローン
が総量規制の対象外となること
について、

 

その理由や、銀行と貸金業での
おまとめローンの違いなどをご紹介
しますので、

 

ぜひ最後まで読んで見てください。

 

総量規制とは?おまとめローン・銀行以外で適用される法律

まず、金融のカテゴリーにおける
「総量規制」という名前の法律
について知っておく必要があります。

 

総量規制とは、

 

貸金業者は年収の3分の1以上の融資をユーザーに行ってはいけない

 

という法律です。

 

つまり、

 

「借り過ぎてしまう」ことを防止する
ための決まりです。

 

収入に見合わない借金が多くなれば、
当然返済について困難になる可能性
が非常に大きくなります。

 

ですので、消費者金融と呼ばれる
貸金業者は、総量規制を順守して
融資を行う義務があります。

 

総量規制についてはこちらの
ページでも詳しく解説しています
ので参考にしてみてください。↓

 

 

銀行はどうなのか?

 

銀行に関しては、この総量規制は適用
されません。貸金業だけに適用される
のが、総量規制です。

 

銀行は銀行法によって経営が行われて
おり、その中には総量規制と言った法律
は存在しません。

 

ですので、ユーザーに融資・貸付けを
行う際には、独自の審査基準を持って
融資上限額等を判断しています。

 

ちなみに、銀行は総量規制の法律とは
無縁であっても、だからといって過剰な融資
を行ったり、審査が甘いということは決して
ありません。

 

むしろ金利は貸金業より低い場合が多い
ので、審査だけを考えれば「厳しい」という
事が言えます。

 

topに戻る

おまとめローンは総量規制の対象となるのか?

まず、

 

おまとめローンとはどういったものか?

 

について理解されているでしょうか?

 

この部分が理解できていないと、
おまとめローンと総量規制の関係
を、たやすく理解するのが難しくなります。

 

おまとめローンの解説については、
こちらのページで詳しく解説して
いますので、情報が必要な方は
まず参考にしてください。↓

 

 

おまとめローンは総量規制対象外

 

おまとめローンはそもそも、

 

複数の借金で毎月の返済額が大きく
なってしまったユーザーに対して、

 

毎月の返済額の減額や金利引き下げに
よる利息の減額などの救済処置を提供
できるよう、存在しているサービス
ということができます。

 

 

主体が「救済処置」ですので、もし万が一
何かの理由で年収の3分の1以上の借金
が債務として残っている場合でも、

 

それらが総量規制の対象によって、
おまとめローンの申し込みや審査が
通らないということはありません。

 

 

貸金業(消費者金融)のおまとめローンの場合

 

貸金業者(いわゆる消費者金融と呼ばれるもの)
からのカードローンやキャッシングは
基本的に総量規制の対象です。

 

これらに当てはまるのが、

 

アコム・プロミス・レイクALSA・アイフル

 

といったブランドのキャッシングサービスです。

 

しかし、同じ貸金業者が扱う「おまとめローン」
総量規制の例外となっています。

 

「貸金業法」では、

 

貸金業者からの借り換え債務は、
例外的に総量規制の対象外

 

と定められているので、消費者金融会社
でも、おまとめローンであれば、借り換え額
が高額でも、

 

総量規制を理由にして申し込みを
断られたり、審査が通らないと
いうことはありません。

 

具体的な貸金業者のおまとめローン

 

実際アコムやアイフルなど、一部の
大手消費者金融ではおまとめ
ローンや借り換えローンを取り
扱っています。

 

例えば、アイフルの借り換え専用ローンや
おまとめローンの概要を確認してみますと、

 

総量規制の対象外とはっきりと
明記されています。

 

貸金業者のおまとめローンは対象が限られる

 

注意点としては、消費者金融の
おまとめローンは、

 

消費者金融やクレジットカード会社
からの債務のおまとめに利用できる一方で、

 

銀行のローンやクレジットカードの
ショッピング枠のおまとめには利用
できないケースがほとんどです。

 

従って、今ユーザーが借金をしている
金融機関がどの会社なのか?

 

を把握して、「すべてが貸金業者・クレジット
会社からの借り入れ」である場合なら、

 

貸金業者のおまとめローンでの
申し込みを検討できます。

 

 

そうでない場合は、銀行のおまとめ
ローンの申し込みを考えなければ
なりません。

 

銀行のおまとめローンの場合

 

銀行の場合、

 

総量規制とは?おまとめローン・銀行以外で適用される法律

 

で解説したように、そもそも総量規制の
法律は当てはまらないので、

 

当然、銀行のおまとめローンも
総量規制とは無関係となります。

 

そもそも総量規制は消費者金融や
クレジットカード会社などノンバンク系
など、

 

貸金業法に基づいてサービスを提供
している金融機関のカードローンが
対象となっているため、

 

銀行法に基づいてサービスを提供
している銀行のローンは総量規制
とは無関係となります。

 

ですので、銀行が取り扱っている
おまとめ専用ローンでは、

 

銀行カードローンの借金も、貸金業者
(消費者金融)での借金でも、

 

それらが混在していても、

 

また、総量規制対象外なので、
年収の3分の1を超える借金の
おまとめにも対応は可能です。

 

審査は「債務者の現状」を判断して結果がでます

 

銀行・貸金業ともに、おまとめローン
の場合、総量規制という法律に
おいては、対象外となります。

 

従って、審査における内容については、

 

  • 過去の毎月の返済期限を厳守しているか?
  • 過去に返済の不履行や任意個人再生などの有無
  • 現時点の収入・資産状況での返済能力

 

などが主な対象となります。

 

おまとめローンの審査に通るか?通らないか?

 

あくまでも、「考え方」としての
アドバイスですが、

 

おまとめローンのサービスを受けた場合、

 

新規の借り入れをすることなく、
返済のみを行っていくサービス

 

となっています。

 

つまり、おまとめローンで借り換えを
しても、今以上借金が増えるという
ことではりません。

 

と言うことは、「現時点で借りられている
過去の借金の総額」は審査に通っている
わけですから、

 

新規融資ではなく、借り換えとなり
借金が増えない「おまとめローン」の
審査でも、

 

過去に審査が通ったように、今回でも
審査が通ることは十分に考えられます。

 

おまとめローンを利用する場合、ユーザー
が認識しておく大事な点は、

 

今ある借金を毎月の返済額を軽減・
金利引き下げて利息減額をしてもらい、

 

返済のみを粛々と行いすべて借金完済させる

 

ことです。

 

この考えをしっかりと認識して
おまとめローンを利用すれば、

 

将来にはまた新しい希望や、
チャレンジの機会が必ず訪れ
ます。

 

実際にどんなおまとめローンがおすすめなのか?

 

個人的な見解ですが、おまとめローン
の場合、貸金業者が行うおまとめローン
サービスはあまり積極的ではないと
いうことを耳にします。

 

「救済的な趣向」を強く持つおまとめ
ローンは銀行のおまとめローンです。

 

しかも、ここで紹介しる銀行のおまとめ
ローンであれば、個人のキャッシングの
種類の多くをカバーしていますので、

 

申し込み対象となる確立もぐんと
あがります。

 

では実際にどこの銀行のおまとめ
ローンがおすすめなのか?

 

について次にご紹介します。

 

topに戻る

「適用範囲が広い・金利が低い」東京スター銀行のおまとめローン

おまとめローンの申し込みを考えるとき、

 

まず1番に検討してもらいたいのが、

 

東京スター銀行のおまとめローン

 

です。

 

こちらのサービスは、他社にはない
ユーザーにとってとてもメリットの
大きな内容になっています。

 

内容を見る限り、

 

多重債務ユーザーへの救済の原則

 

がしっかりと伝わってきますし、

 

  • キャッシング・カードローンの対象の広さ
  • 大きな限度額にも対応
  • 低金利での借り換え
  • 毎月の返済額を返済継続可能な現実的な設定

 

といった心遣いも伝わってくる
ものとなっています。

 

もちろん、総量規制も気にすること
なく申し込みが可能ですから、

 

今まさに借金の返済に苦しんでいる
ので急いで借り換えを考えたい、

 

という方はすぐに詳細や申し込み方法
などをチェックしてみてください。

 

東京スター銀行のおまとめローンの
詳細にについては、こちらのページで
詳しく解説しています。↓

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

おまとめローンは即日で!たった10項目の申し込みのおまとめローンをご存知ですか?
早く借金を1本化したい。おまとめローンのメリットを即日に受けたいなら、選ぶべき会社や申し込みのコツなどを知っておいてください。
消費者金融を一本化。実施するにはどうすればいい?知っておくべき3つのポイント
カードローンに一番多い、消費者金融での借金・キャッシング複数返済している方へ。「それらを1本化」できるおまとめローンの方法とメリットをご紹介します。
おまとめローンの申し込み方法で悩む必要はない!専用の会社や銀行3選
複数のカードローンや借金を一本化できるおまとめローンの申し込み方法について。審査の温度感や積極的な融資を行っている会社・銀行がおすすめ。
おまとめローンはなぜ積極的に商品化されないのか?2社以上1000万円借入でも審査可能はあるの?
借金の1本化をしたい時に役立つおまとめローンですが、数が少ない中、実際にサービスがある積極的に融資ができる金融機関とその内容を詳しくご紹介します。
銀行系おまとめローンの審査は厳しい?甘い?必ず知っておくべき2つのポイント
メリットの多い銀行のおまとめローンですが、申し込みをしても審査が通らなければ、複数の借金をまとめることはできません。より確実に審査に通るための考え方をご紹介します。
おまとめローンおすすめ。4社や5社の150万・200万・300万以上おまとめ可の銀行・会社は?
すぐにおまとめローンを利用したい方に、おすすめのサービスをご紹介します。借り換えたときの金利の数字や毎月の返済金額もやさしいメリットがあります。
プロミス・アイフル・アコム3社のおまとめローンを比較。1番のおすすめは?
今借りている複数の会社からの借金を1社にまとめるのがまとめローンです。おまとめローンの審査を受けて申し込みが通ればどんなメリットがあるのか?注意点は?
おまとめローンの評判を比較。借金1本化の申し込みはこの1つの会社に注目
3社・4社・5社・・の銀行カードローンや消費者金融、農業協同組合、信販会社の借金でもおまとめローンの申し込みができる唯一おすすめの会社の評判をご紹介します。
おまとめローンを利用したけど、100万や400万の複数の借入でも大丈夫?
今の借金の借り換えておまとめローンにするなら。おすすめの金融機関をご紹介。100万円~400万円の多額な借り換えも可能な信頼できる銀行や貸金業者は?
カードローンを一本化。銀行やろうきんのおまとめローンの審査は厳しいのか?
複数のカードローンの借金を一本化できれば、返済がぐっと楽になり大きなメリットがあります。気になる申し込みの際の審査についての状況や注意点などをご紹介します。