金利が高い貸金業のレイクALSA(アルサ)が実は実質一番利息が少なかった。その計算式を教えます。

スポンサードリンク

 

実際に質問して分かった!レイクALSAとプロミス・銀行カードローンの金利を比較しても返済がお得な理由

レイクALSAの金利

 

は、

 

100万円以下の限度額なら18%

 

です。

 

この数字が金利が高いのか?低いのか?

 

の結論を言うと、

 

  • プロミス・・・17.8%
  • 銀行カードローン(楽天銀行)・・・14.5%

 

と比べると、高い金利になっています。

 

しかし!

 

これから初めてキャッシングの
申し込みをするなら、

 

もしかしてレイクALSAの方が利息が少ない

 

返済計画になるかもしれません。

 

その根拠を詳しく解説しますので、

 

ぜひ最後まで読んで見てください!

 

急いでまとまったお金を借りる必要があるなら、最短即日審査・融資で 早いカードローンが常識。↓

 

レイクALSAの金利にメリットはあるのか?プロミスやその他貸金業と比較

レイクALSAの金利は?

 

レイクALSAの金利は、以下のように
借入額によって金利が変わります。

 

  • 100万円未満 15.0%~18.0%
  • 100万円以上~200万円 12.0%~15.0%
  • 200万円を越え~300万円 9.0%~15.0%
  • 300万円を越え~400万円 7.0% 
  • 400万円を越え~500万円 4.5%

 

※ちなみに限度額は最高500万円

 

初回借入者の場合、金利の上限
(※例えば9.0%~15.0%の場合は
15.0%)が適用されるようですので、

 

チェックするのは上限金利だけで大丈夫です。

 

プロミスの金利は?

 

プロミスの場合、レイクALSAのように
限度額ごとの金利を公式サイトで
発表していません。

 

ですので、非常にわかりにくい案内
になっているのですが、

 

最低金利と最高金利は、

 

4.5%~17.8%

 

となっています。

 

100万円以下の限度額で比較すると、

 

  • レイクALSA・・・18.0%
  • プロミス・・・17.8%

 

となる確率が非常に高く、比較
するとプロミスの方が0.2%低い
ということになります。

 

0.2%の金利の違いってどのくらい?

 

例えば3万円を30日借りた場合の
利億分の支払いは、

 

  • レイクALSA(18%)・・・30,000円×18%=5,400円(1年の金利)÷365日=約14.79円(1日の金利)×30日=約443円(30日分の利息)
  • プロミス(17.8%)・・・30,000円×17.8%=53400円(1年の金利)÷365日=約14.63円(1日の金利)×30日=約438円(30日分の利息)

 

いかがでしょう?たったの約5円の
違いだけです!これだと実際には
ほぼ同じと考えても大丈夫です。

 

貸金業(消費者金融)の金利はほぼ横並び

 

これらの金利の例は、他のライバル社
(アコム、アイフル、SMBCモビット)
もほぼ同じで、金利面ではレイク
ALSA以外の貸金業のどこを選ぶか?

 

を選択するメリットはないという
結論になります。

 

また、レイクALSAやプロミスは、
消費者金融のため、

 

基本的に『年収の3分の1以上の貸付』
は実行されません。

 

その計算で行くと、「レイクALSAの
最低金利4.5%・500万円の限度額」
が適用される為には、

 

『最低1500万円の年収』が必要
となり、殆どの人が該当しません。

 

また、年収500万円未満の人が
貸金業お金を借りるなら、その3分の1の
約170万円が最高限度額となるので、

 

金利が15.0%~18.0%のステージ
となり、この金利は大手の貸金業法
での上限値となります。

 

※中小の貸金業では法律上許されている
金利20%のところもあるので注意。

 

もし100万円以下の限度額でお金を借りたい
と思っている方ならレイクALSAには審査診断
15秒で、即日融資に移れるサービスがあり、
おすすめです!↓

 

 

では次に銀行カードローンと
比較して見ましょう!

 

topに戻る

レイクALSAの金利と銀行カードローンと比較するとどうなるか?

人気の銀行カードローン、
楽天銀行カードローンの
金利を例に出してみます。

 

  • 100万円未満 年14.50%
  • 100万円以上~200万円未満 年9.6%~14.5%
  • 200万円以上~300万円未満 年6.9%~14.5%
  • 300万円以上~400万円未満 年4.9%~12.5%
  • 400万円以上~500万円未満 年4.9%~8.9%
  • 500万円以上~600万円未満 年4.5%~7.8%
  • 600万円以上~800万円未満 年3.0%~7.8%
  • 800万円 年1.9%~4.5%

 

100万円以下・未満の場合は、

 

  • レイクALSA・・・18%
  • 楽天銀行カードローン・・・14.5%

 

となり、比較すると楽天銀行
カードローンの方が3.5%低くなります。

 

 

しかし、200万円を借りる場合、
レイクALSAでは15.0%、楽天銀行
カードローンでは最大が14.5%になり、

 

0.5%しか差がありません。

 

『レイクALSAでは1か月間の無利息期間』があるので、その部分を考慮し、

 

①レイクALSAで金利15% 3か月借りた場合
②楽天銀行カードローンで金利12% 4か月借りた場合 ※レイクALSAの方が無利息期間分1か月発生する金利が短くなる

 

の2つのパターンを元利均等返済方式(毎月の返済額が一定となる方式)で計算してみます。

 

計算の結果支払利息総額は、

 

①の場合(金利15%、無利息期間1か月)は50,207円
②の場合(金利12%、無利息期間なし)は50,249円

 

になり、4か月間借り入れを続けるなら同水準になり、無利息金利のメリットが消滅する結果です。(参考 ローンシミュレーション・・・https://www.eloan.co.jp/sim/payment.php?AMT=200&TRM=5&BPM=0000&BAT=&RAT=15&MTD=1&STY=2019&STM=5&c=1&TRU=m)

 

借入期間が長くなり1年(レイクALSAの金利発生期間は11か月)に延びると、①と②の支払利息の差は2万円以上レイクALSAが高くなり、更に長くなればその差はさらに広がります。
『4~5か月以上借入を継続する可能性がある』なら銀行カードローンを選択したほうが利息の節約が可能です。

 

『審査ハードル』については、借入先件数、借入総額、正社員等の雇用形態で変わってくるので一概に「銀行カードローンの方が難しい」とは言えません。
ただし、レイクALSAのライバル社となるアコムがだすディスクロージャー資料(2018年3月期 参考・・・https://pdf.irpocket.com/C8572/axM2/Hzta/FG8g.pdf)を見ると、

 

◆アコムの2018年3月期 月間の新規成約率は概ね44.8%~48%台
◆貸付をしている年収の一番多い層は200万円超~500万円未満(全体のおよそ6割)
◆20代の若い年齢層の顧客数が一番多い

 

等の情報がわかります。
これらの情報は『アコムは年収の低い層、若い非正規雇用者が多い層に融資をしている』といった理解ができ、ライバル社であるレイクALSAも銀行カードローンより積極的な融資を行っていると考えられるでしょう。
「借入先件数が無い」「正社員で働いて、雇用も安定、年収も高い」など自身の信用状態を客観的に良好と感じ、かつ借入期間が長期化する見通しならレイクALSAではなく金利の低い銀行カードローンを探す事も有効です。

 

 

topに戻る

金利は同等でもレイクALSAには他のメリットが多い!

レイクALSAには銀行カードローンには無いメリットが沢山あります。

 

レイクALSAのメリットを列挙すると、

 

  • ①提携ATM(銀行、コンビニATM等)の全てが借入・返済手数料共に無料(※ライバル社と比較しコンビニATMが無料になるのはレイクALSAだけ)
  • ②スマホアプリでセブン銀行ATMを認証できる「カードレス取引」が使える(こちらも無料で使えるのはレイクALSAだけ)
  • ③振込み融資の夜間対応銀行がライバル社より多い(参考レイクALSA HP・・・http://lakealsa.com/pdf/EBPP_banklist.pdf)
  • ④無利息期間が30日間の他に、『5万円まで180日間の無利息期間(※契約額1万円~200万円まで)』が選択でき、少額借入がお得になる(180日間無利息期間(※契約額1万円~200万円まで)を用意しているのはレイクALSAだけ)
  • ⑤AIを使った審査を行っており、申込後15秒で入力した内容で『融資できるか、否か』の結論が画面に表示される(他のライバル社は30分程度かかり、メールや電話で連絡が来る)

 

になります。
これらは他のライバル社より進んでいるサービスです。
サービス面ではレイクALSAは最も優れているでしょう。

 

レイクALSAの貸付条件

 

サービスを利用できる方 満20歳以上70歳以下(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。※お取引期間中に満71歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
融資額の範囲 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式
返済期間・回数 最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 運転免許証等※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要

 

①WEBで申し込むと初回契約翌日から60日間無利息期間適用。

 

※ご契約額が1~200万円の方が対象です。
※WEB経由で申しこんだ方が対象です。
※WEB以外で申しこまれた場合は、初回契約翌日から30日間は無利息となります。

 

 

②借入額5万円まで180日間無利息期間適用。

 

※ご契約額が1~200万円の方が対象。

 

※いずれの無利息サービスも初回契約翌日から無利息期間適用。
※無利息期間経過後は通常金利適用。
※30日間無利息・60日無利息・180日間無利息は併用不可。

 

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

レイクALSAの利息。1万・3万・5万・10万を30日・60日間借りたときの利息計算
お金を初めて借りる時は利息の支払いが気になるところです。レイクALSAがお得な理由は利息を出来るだけ少なくできる点です。実際の計算による数字を比較してみました。
レイクALSA(アルサ)なら年収100万円でも審査目安は◎。チェック診断できます!
キャッシングでメリットの多いレイクALSAで申し込みできる年収は?信頼度の高いチェック方法をご紹介します。
レイクALSA(アルサ)のキャッシングの凄いお得感を見落とさないための5つのポイント
テレビCMでもお馴染みのカードローン、人気の新生ファイナンシャルレイクALSA(アルサ)のキャッシングを取材して深掘りしてみました。
レイクALSA(アルサ)のメリットとプロミス・アイフルを比較。無利息期間180日のレイクはずば抜けてお得!
新生ファイナンシャルレイクALSA(アルサ)とプロミス・アイフルのキャッシング会社を比較してみて、無利息期間サービスはどちらがメリットが大きいのか?を取材してご紹介します。
レイクALSA(アルサ)をセブン銀行で使うメリットが凄い!!
ATMで使えるカードローンのキャッシングで人気の高い新生銀行グループレイクALSAのセブン銀行限定のサービスに注目してみました。
レイクALSA・アルサのATM手数料がすべて0円。提携コンビニや設置場所はどこ?
ユーザーにとって最強のキャッシング・カードローン会社レイクALSA(アルサ)。ATM手数料も無料で使いやすいですね。提携ATMと設置場所を確認しておきましょう。
レイクALSA(アルサ)はカードレスで一番メリットが大きい。借り入れ・返済手数料が0円
カードレスならカード発行なしでアプリとスマホで借り入れ・返済ができます。レイクALSAは手数料も無料です。
レイクALSA(アルサ)の審査が厳しい?でも15秒で審査結果がわかる
業界最短!申し込み後審査結果が15秒でわかる!カードローンのキャッシングで人気の新生銀行グループレイクALSAアルサの審査が厳しいとは思えない理由。
レイクALSA(アルサ)でお金借りるのがなぜおすすめなのですか?には3つとプラスαの理由がある!
消費者金融でお金を借りた方におすすめするのが現在「レイクALSA」です。カードローンネット申込みができるレイクALAで借りるメリットについてお話しします。