比較的金利が安い銀行系カードローン。限度額100万円の金利の違い審査を比較して深掘り

スポンサードリンク
新しい形の銀行カードローンがおすすめ。プレミアムコースなら限度額100万円金利年7.39%で確定。

 

銀行系おすすめカードローン厳選12行をご紹介

銀行カードローンのおすすめ・金利比較・限度額比較

 

の情報をご紹介します。

 

おすすめの銀行カードローンの特徴
金利・上限限度額比較の他にも、
審査や選ぶときのポイントなども
合わせてご紹介しています。

 

これからカードローンの申し込みを
お考えの方に参考となる情報です。

 

ぜひ最後まで御覧ください。

 

 

銀行カードローンのおすすめ12行金利・利用限度額他比較

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。僕も銀行カードローンを使っていますが、今回調べてみて、「低い金利設定」や「手数料無料で借り入れできる提携ATMがある」銀行カードローンに乗換えを考えています!皆様もぜひ参考にしてみてください!


 

 

銀行カードローンでおすすめの
銀行は次の機関です。

 

●このページの目次

 

◇銀行

 

「圧倒的な低金利でおすすめ!」住信SBIネット銀行カードローン

 

「スーパーポイントも貯まる!」楽天銀行スーパーローンのおすすめ度

 

「明確な低金利設定」が好印象でおすすめ!みずほ銀行カードローン

 

「新たな口座開設必要なしでおすすめ」横浜銀行カードローン

 

「もしもの時におすすめ」オリックス銀行カードローン

 

「セブンイレブンの利用が多い人におすすめ」セブン銀行カードローン

 

「パート・アルバイトの方におすすめ」第三銀行カードローン

 

その他の主要銀行のカードローン金利・限度額比較

 

「おまとめローンのおすすめ」東京スター銀行

 

〇カードローン豆知識

 

銀行カードローン借入限度額100万円以下・未満金利比較ベスト12ランキング!

 

銀行カードローンの金利の数字に大きな違いはあるの?

 

銀行カードローンを選ぶポイントは金利だけじゃない!

 

銀行カードローンでの融資限度額は高い方が金利が安い

 

銀行カードローンでの審査で覚えておくと役立つ知られていないポイント

 

◇信用金庫

 

全国の信用金庫でおすすめカードローン20庫

 

〇キャッシング豆知識

 

「審査のスピード」と「30日間無利息サービス」を最優先に適したキャッシングはここ

 

事業・ビジネス系融資関連情報

 

1、住信SBIネット銀行カードローン

 

おすすめ銀行系キャッシング住信SBIネット銀行カードローン

 

住信SBIネット銀行は、

 

  • 三井住友信託銀行株式会社
  • SBIホールディングス株式会社

 

が株主の大手カードローン会社です。

 

SBIホールディングス株式会社は
「カードローン」の他に、「SBI証券」
「SBI生命保険」なども展開しており、
大手銀行として安心感のある会社です。

 

金利が安い

 

住信SBIネット銀行0.99~14.79%の低金利

 

プレミアムコースなら
最低金利0.99%です。

 

(住信SBIネット銀行の最低金利は
審査で「1,100万円超」の融資上限額
が認められて実現します。)

 

どこの銀行カードローンも、
消費者金融のキャッシングでも、

 

「最低金利」は、実際に適用されるためには、
少なくとも「最高上限借入限度額」に届かない
と実現しませんが、

 

住信SBIネット銀行は、

 

その間の融資上限額での金利も、他の銀行と比べて低い金利

 

となっています。

 

クリックで拡大↓

 

住信SBIネット銀行カードローンプレミアムコース金利設定表
※プレミアムコースでの金利。2018年9月現在

 

例えば、「10万円超~100万まで」の
上限限度額では、

 

年7.39%

 

の金利設定が可能です。

 

「300万円超~500万まで」なら、

 

年4.39%が可能です。

 

 

「700万円超~900万円まで」くらいの
上限限度額を獲得できる方なら、

 

年2.39%

 

というカードローンでは稀に見る低金利
が可能です。

 

調べたところ、この金利の数字は
他の銀行系カードローンと比べると、

 

かなり低い金利設定でした。

 

条件が必要

 

プレミアムコースは一定の条件が必要ですが、
それらは比較的ハードルの低いものです。

 

プレミアムコースの条件、また金利は
変動する場合があります。

 

必ず公式サイトで最新の情報を確認してください。

 

※公式サイトのご案内は、もう少しあとに
あります。

 

住信SBIネット銀行株式会社の主なサービス概要

 

商品名 ミスターカードローン
資金使途 原則自由(事業性資金を除く)
金利 年0.99%~14.79%。変動金利です。金利は金融情勢等により見直すことがあります。
コース名 ・ 「年利率」が年0.99%~7.99%の場合⇒プレミアムコース・ 「年利率」が年8.39%~14.79%の場合⇒スタンダードコース
ご利用限度額 ・プレミアムコース:10~1,200万円(10万円刻み・スタンダードコース:10~300万円(10万円刻み)
申込資格 次の条件をすべて満たす個人のお客さま・申込時満20歳以上満65歳以下・安定継続した収入のあること・外国籍の場合、永住者であること・保証会社の保証を受けられること・住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有していること(同時申込可)
担保・保証人 不要。(保証会社が保証します。)
借り入れ方法 パソコン・スマートホン・利用可能ATMは、イオン銀行・セブン銀行・イーネット・ローソンのATM。ただし、キャッシュカードをお持ちでないお客さまはATMでの借り入れはできません。借入時のご利用手数料は、いつでも何度でも0円。
返済方法 約定返済:・ 約定返済日に代表口座円普通預金から引落とします。・ 残高スライドリボルビング返済とし、返済額は前月末の借入残高に応じて決まります。随時返済:・ WEBサイト、モバイルサイトにて、任意の金額を代表口座円普通預金から振替えることにより返済・ 利用可能ATM等からの返済。ただし、キャッシュカードをお持ちでないお客さまはATMでの返済はできません。

 

参考 ・住信SBIネット銀行のプレミアムコース条件と現在の金利設定・申し込み詳細はこちら

 

・申し込み方法・・・まず上のリンクのページから
ご覧ください。「まずはご利用可能か
かんたんチェック」と書いたバナーが
あります。↓

 

住信SBIネット銀行申し込み可能かどうか?のチェック

 

こちらをクリックすると、本当に簡単な記入を
行えば、次に金利の詳細や申し込みページに
移動することができます。

 

topに戻る

 


3、楽天銀行スーパーローン・カードローン

銀行系カードローンおすすめ楽天銀行カードローン

 

 

キャンペーン金利がかなり低い

 

金利設定は、

 

1.9~14.5%です。

 

しかし、金利引き下げキャンペーン
を頻繁に行っています。

 

※金利引き下げキャンペーン実施の場合
楽天銀行カードローン金利引き下げキャンペーン0.95~7.25%

 

期限付きですが、0.95~7.25%
で設定されている場合があり、
かなりお得です。

 

 

借入れ・返済手数料無料

 

「ATM借入」は有料しかないカードローン
もありますが、

 

楽天銀行カードローンでは、無料提携
しているATMが割と多くあります。

 

以下のATMでは借入手数料が無料です。

 

 

クリックで拡大↓

 

 

※2018年5月現在。将来変更される場合
もありますので、最新情報を必ず確認して
下さい。

 

楽天銀行スーパーローン公式サイトはこちら。

 

 

返済はインターネットによる、Pay-easy(ペイジー)
を利用することができます。

 

ペイジーとは、税金や公共料金、各種料金
などの支払いを、金融機関の窓口やコンビニ
のレジに並ぶことなく、

 

パソコンやスマートフォン・携帯電話、
ATMから支払うことができるサービスです。

 

 

お客さまの金融機関口座にお金を
入れておけば、(インターネットバンキング
が可能な口座)

 

パソコン・スマホから返済も楽々、
しかももちろん手数料は0円です。

 

50過ぎの私もPay-easy(ペイジー)は
返済でよく使っていますが、超簡単で
助かっています。

 

 

楽天銀行スーパーローン・カードローンの主な条件

 

申し込みいただける方 以下の全ての条件を満たす方

①満年齢20歳以上62歳以下の方 (※1)
②日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
③お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
④楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方 (※2)
※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
※2 当行が認めた場合は不要です

資金使途 原則自由(事業性資金にはご利用いただけません。)
ご利用限度額 800万円(10万円単位で選択)

※審査の結果、ご希望の限度額を減額させていただく場合もあります。
※専業主婦の方については、ご利用限度額は50万円となります。

遅延損害金 ご返済を遅延された場合の損害金は、残元金債務全額に対し、年19.9%の割合により、

1年を365 日とする日割計算によって算出された金額とします。(約定返済日の翌日から計算されます。)

担保・保証人 不要。(楽天カード株式会社または株式会社セディナが保証します。)
お借入方法 提携CD・ATMによるお借入れ、 楽天銀行スーパーローンカードを利用して提携CD・ATMからご出金いただけます。
手数料 TMでの「お借入れ」の都度、お借入金額に応じた以下のATM利用手数料をご負担いただきます。

お借入金額1万円以下:108円、お借入金額1万円超:216円
ただし、一部のATMでは無料となります。

 

お借入利率(年利)

 

ご利用限度額 お借入利率
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万円未満 3.0%~7.8%
500万円以上600万円未満 4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
100万円未満 14.5%

 

※2018年6月現在。お借り入れ利率は
変動金利です。

 

適用金利は金融情勢等の変化に
より見直しされる場合もあります。

 

他の詳細やお得情報、最新情報に
ついては公式サイトを必ずご確認下さい。

 

 

topに戻る

4、みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン金利年率2.0%~14.0%の範囲内でご契約限度額に応じて対応
※住宅ローンのご利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

 

明確な「低い金利設定」が好印象で分かりやすい

 

みずほ銀行ならではの低金利と限度額が
魅力的です!

 

このあとに「金利表」がありますが、
みずほ銀行カードローンの場合、

 

金利設定が分かりやすく、しかも
低い金利設定になっています。

 

例えば、

 

楽天銀行スーパーローン・カードローンでは、

 

200万円以上 300万円未満 6.9%~14.5%

 

となっていますが、、みずほ銀行カード
ローンの金利設定表では、

 

200万円以上 300万円未満 9%

 

と言うように、「金利●%」と明確に
表示されています。

 

「金利●%~◆%」と書かれている
銀行カードローンは多いのですが、

 

これでは「下限か上限か?どちらで設定される?」
かが、事前にはっきりわかりません。

 

それを考えると、、みずほ銀行カードローン
のように「はっきりした金利設定の表示」は、

 

ユーザーにとって親切であり、不明確な部分
がなく好感度も高く感じます。

 

その他の特徴

 

  • 審査・発行まで郵送不要のWEB完結!
  • 限度額はカードローン最大級の10万円~800万円!
  • WEB完結で申し込み可能なのでお忙しい方や、すぐにご利用されたい方にオススメ!

 

メガバンクならではの安心感と低金利に加えて
限度額も800万円までと大きな金額に対応
しています。

 

 

 

みずほ銀行の普通預金口座をすでにお持ち
の方は、最短翌営業日の審査結果で、
銀行カードですぐのご利用が可能です!

 

みずほ銀行カードローンの主な条件

 

借入限度額 10万円~800万円
審査時間 インターネット(パソコン・スマートフォン)なら最短で翌営業日に回答
融資までの目安 すでにみずほ銀行普通預金カードをお持ちなら最短で翌営業日、普通預金口座がない場合は最短約3週間(カードが届いてすぐ)
実質年率 2.0%~14.0%(※)
担保・保証人 不要
住宅ローンのご利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

 

お借入利率(年利)

 

ご利用限度額 お借入利率
800万円 2%
600万円以上 800万円未満 4.5%
600万円以上800万円未満 3.0%~7.8%
500万円以上 600万円未満 5%
400万円以上 500万円未満 6%
300万円以上 400万円未満 7%
200万円以上 300万円未満 9%
100万円以上 200万円未満 12%
10万円以上 100万円未満 14%

 

※2018年6月現在。お借り入れ利率は
変動金利です。

 

適用金利は金融情勢等の変化に
より見直しされる場合もあります。

 

他の詳細やお得情報、最新情報に
ついては公式サイトを必ずご確認下さい。
(準備中)

 

topに戻る

5、横浜銀行カードローン

 

横浜銀行カードローンのメリット

 

ATM手数料が無料

 

※クリックで拡大↓

 

横浜銀行の個人向けカードローンはコンビニにあるセブンイレブン銀行やローソン銀行で借入・返済すれば手数料0円

 

横浜銀行のATMはもちろん、コンビニの
下記ATM、

 

  • セブン銀行
  • ローソン
  • Enet
  • イオン銀行

 

で借入・返済が可能。しかも手数料は0円です。

 

※イオン銀行のATMでは、ご返済はできません。

 

口座開設の必要なし!

 

横浜銀行の普通預金口座を持って
いなくてもまずは審査申し込みが可能です。

 

※但し、審査通過後は、契約までの
間に口座を開設する必要があります。
毎月の定額返済用の普通預金
銀行口座としてご利用いただきます。

 

金利設定がわかりやすい

 

借入額に応じて金利が決まっています。

 

●~▲%のように「高い金利になる
かもしれない」と考えるストレスがありません。

 

注意点

 

お申し込みの地区が限られる

 

横浜銀行のカードローンを申し込み・
利用できるユーザーは、

 

    ・次の地域に居住またはお勤めの方

  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県内の以下の市
  • 前橋市、高崎市、桐生市

 

と限られています。

 

横浜銀行カードローンの主な条件

 

借入限度額 10万円~1000万円
審査時間 インターネット(パソコン・スマートフォン)なら最短で翌営業日に回答
融資までの目安 最短の場合、申し込み後翌日回答→「カードの郵送」。カードが届けば借り入れを行えます。
実質年率 年1.9~14.6%(変動金利)
担保・保証人 不要

 

お借入利率(年利)

 

ご利用限度額 お借入利率
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.9%

※2018年7月現在

 

他の詳細やお得情報、最新情報に
ついては公式サイトを必ずご確認下さい。

 

安心の銀行系カードローンがおすすめ。
↓(詳細はバナーをクリック)

 

 

topに戻る

6、オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの条件

 

 

 

topに戻る

 

7、セブン銀行カードローン

 

セブン銀行カードローンの主な条件

 

セブン銀行ATMでのローンサービスの取引きは、
土・日・祝日や時間帯によって手数料がかかりますか。

 

回答

 

曜日や時間帯に関わらず手数料はかかりません。

 

利用限度額10万円・30万円・50万円 :年15% (2017年4月17日以降、本日現在)
たとえば、1万円を1週間借りた場合、利息は約28円!

 

利用限度額70万円・100万円 : 年14%(2017年4月17日以降、本日現在)

 

 

参考 ・セブン銀行カードローン公式サイト(準備中)

 

topに戻る

 

8、「パート・アルバイトの方におすすめ」第三銀行カードローン

 

第三銀行カードローン「SUN(サン)」の特徴

 

アルバイト・パート・年金受給者の方も申し込み可能

 

一定の収入があれば、アルバイト・パート・
年金受給者の方も申し込みできます。

 

申し込みはWEBで完結!

 

申し込みから契約までの手続きが
WEB完結できます。来店不要で手間いらず。

 

第三銀行カードローン「SUN(サン)」の主な条件

 

ご利用いただける方 お申込時の年齢が満20歳以上満70歳以下の方で安定した収入がある方(専業主婦・パート・アルバイト・年金受給者の方もご利用いただけます。ただし、専業主婦は配偶者に安定した収入がある方とします。)当行の営業区域内に居住または勤務している方。三重県全域ほか、愛知県・岐阜県・奈良県・大阪府・和歌山県の一部エリア。保証会社であるアコム(株)の保証が得られる方
借入限度額 10万円~500万円
審査時間 インターネット(パソコン・スマートフォン)申し込みなら最短で翌営業日に回答
融資までの目安 ご契約後、1週間程度でカードが届きます。その後借入オッケー。契約時に、ご返済用口座に必要額を振り込むこともできます。
実質年率 1.9%~14.6%
担保・保証人 不要

 

お借入利率(年利)

 

ご利用限度額 お借入利率
10万~90万円 年14.5%
100万から190万円 年12.8%
200万円から290万円 年9.8%
300万から390万円 年7.8%
400万から500万円 年6.8%

※2018年8月現在

 

参考 ・第三銀行カードローン公式サイト(準備中)

 

topに戻る

 

その他の主要銀行のカードローン金利・限度額比較

 

 

〇目次

 

9、愛媛銀行

 

10、千葉銀行

 

9、愛媛銀行カードローン

 

 

ご利用限度額 お借入利率
5000万円超~800万円以下 年4.4%
510万円~600万円 年5.0%
400万円超~500万円以下 年5.0%
310万円~400万円 年7.0%
300万円超~400万円以下 年8.8%
200万円超~300万円以下 年10.8%
100万円超~200万円以下 年13.0%
100万円以下 年14.6%

 

名称 株式会社愛媛銀行
住所 愛媛県松山市勝山町2-1
電話 089-933-1111
ホームページ 愛媛銀行

 

このコラムのtopに戻る 
topに戻る

 

10、千葉銀行(ちばぎん)カードローン

 

ご利用条件

 

お住まい、またはお勤め先の所在地が当行本支店の営業地域内にある方。
(インターネット支店をご利用の場合は、お住まいの所在地がインターネット
支店の営業地域内にある方。)

 

ご利用限度額 お借入利率
800万円 年1.7%
790万円以下660万円以上 年3.5%
650万円以下510万円以上 年4.0%
500万円以下410万円以上 年4.3%
400万円以下350万円以上 年5.5%
340万円以下300万円以上 年6.0%~年12.0%
290万円以下100万円以上 年9.0%~年12.0%
100万円未満 年14.8%

 

名称 株式会社千葉銀行
住所 千葉県千葉市中央区千葉港1-2
電話 043-245-1111(代)
ホームページ 千葉銀行

 

topに戻る

 

「おまとめローンのおすすめ」東京スター銀行

 

「おまとめローン」とは、

 

複数の銀行や消費者金融から、
カードローンでの借金をしている
方をサポートするサービスです。

 

複数のカードローンでお金を借りていると、

 

  • 毎月の返済回数・金額が増えてきている
  • 金利が高いので利息の支払いが多い

 

といったデメリットが増大します。

 

そこで、これら複数の借金を1つの
金融機関のローンにまとめて、

 

負担を軽くしながら返済していく方法です。

 

唯一おまとめローンを積極的に
展開しているのが、

 

東京スター銀行

 

です。

 

現在、カードローンの借金の返済で
煩雑な状況である方は、

 

借金返済のための借金を増やすのではなく、
一度肩の荷を下ろして返済を楽にして、

 

今ある借金を全て完済してしまうという
選択も考えてみてください。

 

おまとめローンの詳しい解説はこちらの
ページを参考にしてください。↓

 

 

topに戻る

銀行カードローン借入限度額100万円以下・未満金利比較ベスト12ランキング!

銀行カードローンで金利比較!

 

このコラムでは、銀行カードローンで

 

借入限度額100万円以下・未満

 

での金利を比較したベスト12ランキング情報です。

 

(他にも嬉しい消費者金融ベスト5情報もプラス。)

 

 

銀行カードローンを選ぶ際の気をつけたい
ポイントもあわせて解説していますので、

 

ぜひ最後まで読んで見てください。

 

2018年9月の銀行カードローン借入限度額100万円以下・未満金利比較ランキング

 

ここから金利の比較に特化したベスト9をご紹介しています。

 

金利が安いということは、

 

利息の支払い金額が安い

 

ということになるので、

 

銀行カードローンを選ぶ重要な指標
の一つとなります。

 

 

 

2018年9月の銀行カードローン金利比較ランキング

 

今回ここでご紹介する銀行カードローンは
2つの条件をつけています。

 

その1

 

100万円以下・未満の融資限度額

 

において、

 

「金利の高い部分が一番低い」もので並べています。

 

100万円以上の融資限度額が
もらえた場合は、各銀行の金利を
公式ページで再確認してください。

 

その2

 

さらに利便性を考えて、

 

全国どこからでもネット申し込みで借入ができる

 

という条件を付けました。

 

そのため、「ATMコンビニ」でさっと
簡単に借入ができる銀行のカード
ローンのみをピックアップしています。

 

※1 稀ですが、「貸し出し上限金額と金利の
設定を公表していない銀行」は除いています。

 

  1. 住信SBIネット銀行「10万円~100万円」7.39~7.89%条件あり
  2.  

  3. 第三銀行 「100万円以上」12.800%
  4.  

  5. ソニー銀行 「10万円~100万円」9.800~13.800%
  6.  

  7. セブン銀行 「100万円」14.000%
  8.  

  9. みずほ銀行 「10万円以上100万円未満」13.500~14.000%
  10.  

  11. 楽天銀行 「10万円以上100万円未満」14.500%(100万円以上200万円未満で年9.6%~14.5%)
  12.  

  13. 三井住友銀行 「10万円超100万円以下」12.000~14.500%
  14.  

  15. 三菱UFJ銀行 「10万円以上100万円以下」13.600~14.600%(100万円越200万円以下で年10.6%~13.6%)
  16.  

  17. 横浜銀行 「100万円以下」14.600%(100万円越200万円以下で年11.8%)
  18.  

  19. 足利銀行 「10万円以上100万円以内」14.800%
  20.  

  21. ちばぎん 「10万円超100万円未満」14.800%
  22.  

  23. オリックス銀行 「100万円未満」12.000~17.800%
  24.  

    ※1 (株)オリエントコーポレーションの保証が受けられる方

     

    ※2018年9月現在。

     

    この情報は銀行のカードローンを選ぶ際の
    参考として情報を提供しています。

     

    それぞれの優越を付けたり、推奨したり
    するものではありません。

     

    特定の目的の適合性、正確性、安全性
    については保証するものではありません。

     

    それぞれの公式サイトで必ず最新の情報を
    確認してください。

     

    また金利は、申し込み者によって変わる場合があります。

 

このような結果になりました。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

※消費者金融(ノンバンク)との金利比較は
もう少しあとにあります。

 

topに戻る

 

「審査のスピード」と「30日間無利息サービス」を最優先に適したキャッシングはここ

 

  • 2,3日の間に急にある程度まとまったお金が必要
  • 1~5万円程度のお金を30日程度だけ借りたい、ただし急ぐ

 

このような方はぜひ、

 

プロミスSMBCモビットアイフル

 

のキャッシング申し込みをして見てください!

 

これらの会社のメリットとしては、

 

  • 申し込み後の審査が抜群に早い
  • 30日間無利息サービス(金利0円。初回は5万円借りても5万だけ返せばよい。)

 

があります。

 

詳しくはこちらのページを参考にして
見てください。↓

 

 

消費者金融に関する知識や情報
も合わせて理解しておきましょう。↓

 

 

 

 

更に銀行カードローンの詳細な
選び方についてはこちらで
詳しく解説されてますので、

 

こちらも参考にしてみてください。

 

topに戻る

 

銀行と消費者金融カードローン金利比較

 

大手消費者金融のカードローンの
上限金利を一覧にしてみました。

 

  1. プロミス「10万円~100万円」不明~17.8%
  2.  

  3. アイフル「10万円~100万円」不明~18.0%
  4.  

  5. SMBCモビット「1万円~100万円」不明~18.0%
  6.  

  7. アコム「1万円~99万円」7.70~18.0%
  8.  

  9. ノーローン「1万円~100万円」不明~18.0%

 

先ほどの銀行カードローンの金利と
比較すると、すべての会社で若干
高めの金利設定です。

 

消費者金融(ノンバンク)に申し込むメリット

 

金利はやや高めですが、銀行で
審査が通らなかった方でも、

 

消費者金融でなら審査が通った
という事例があります。

 

 

該当するような方で、どうしても
すぐにお金が必要という場合は、

 

消費社金融で申し込みも検討して
見てください。↓

 

 

topに戻る

 

銀行カードローンの金利の数字に大きな違いはあるの?

 

銀行の業務の一つは融資・キャッシングです。

 

日本にもメガバンクをはじめ、
地方銀行、信用組合など多くの
銀行業があり、

 

それぞれが競争をしています。

 

ですので、各銀行の金利の違いは
やはりあります。

 

 

 

 

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングでの金利の違いは?

 

ちなみに銀行カードローンとプロミスや
アイフルなどの消費者金融のキャッシング

と金利を比較してみると、

 

上限金利は銀行の方がやや低い

 

のが一般的です。

 

実際の金利の数字に関してはこのあと
ご覧いただけますので参考にして下さい。

 

topに戻る

 

銀行カードローンを選ぶポイントは金利だけじゃない!

 

金利以外にも様々なメリットや
比較する点はあります。

 

こちらを参考にしてみてください。

 

 

topに戻る

 

銀行カードローンでの融資限度額は高い方が金利が安い

 

審査の中の一つに「融資限度額の設定」が
あります。

 

申し込み者の年収や他行・他社の借り入れ
状況などを見て、

 

「融資上限枠」

 

が設定されます。

 

「あなたなら最高100万円までの融資が可能です」

 

のように、銀行側が提示してきます。

 

そこで「では100万円でお願いします」と
回答することで、100万円以内でなら、

 

必要なだけお望みの金額の融資を受けることができます。

 

(申し込み者から借りたい金額の希望
もできます。希望通りになるかどうかは
審査の結果となります。)

 

 

 

融資上限枠と金利の関係

 

実は、カードローン融資の金利は一般的に

 

「融資上限枠が大きいほど金利は低い(利息金額が安い)」

 

設定になります。

 

プロミスやSMBCモビットなどの消費者金融も同じです。)

 

銀行や消費者金融の金利設定では、
これが逆になることはありません。

 

ですので、銀行が提示してきた

 

「融資上限額最高の上限」

 

で設定しておく方が、金利が
安くなる可能性は大です。

 

金利設定で「●●万~●●万=金利▲%~金利▲%」
のように範囲があるので、

 

その中でなら融資上限額の高い方が
低い方の金利設定となります。

 

※申し込み者によって必ずしも
そうなるとは限りません。

 

 

 

ここまで銀行カードローンでの注意点や
ポイントをいくつかご紹介しました。

 

銀行カードローンを作る、作っておきたい
方はこれらを参考にしてください。

 

topに戻る

 

銀行カードローンでの審査で覚えておくと役立つ知られていないポイント

 

銀行カードローンやプロミスやSMBCモビット
などのノンバンクのキャッシングでは
必ず審査が行われます。

 

基本的に審査の内容はどの銀行も
ノンバンク(消費者金融)でも同じと
考えるべきです。

 

審査が通りやすいといった違いは
ほとんどないと思っておいて問題は
ありません。

 

 

 

銀行と消費者金融での金利の違いでの審査比較

 

ただし、「銀行と消費者金融」では
少し違いがあるかもしれません。

 

一般的に消費者金融(ノンバンクとも呼ぶ)
は銀行カードローンより上限金利
(金利幅の上の数字の方)がやや高いので、

 

「融資実行」の確率は高いと考えられます。

 

また、「審査が早い・30・120日間
無利息金利・手続きが簡素」という
目線から見れば、プロミスやSMBCモビット、
レイクALSAの消費者金融の方が、

 

メリットがあると考えられます。

 

審査に不安のある方は、銀行と消費者
金融の両方の申し込みも一つの方法です。

 

銀行のカードローンで審査が通れば、銀行を、
万が一銀行の審査が通過せず、消費者金融
の審査のみ通過すれば、消費者金融での
キャッシングにすれば完璧です。

 

 

topに戻る

 

事業・ビジネス系融資関連情報

 

このページでは「銀行及び消費者金融の個人向け
カードローン・フリーキャッシングでの金利」について
解説しています。

 

事業融資・ビジネスローン信用保証協会担保
などの融資の金利とは別のものです。

 

「事業系融資」に関する詳細をお知りに
なりたい方はこちらを参考にしてみてください。

 

 

topに戻る

全国の信用金庫でおすすめカードローン20庫

銀行とよく似た金融機関として、

 

信用金庫

 

があります。

 

銀行と比較して、事業体系や経営理念
などに少し違いがありますが、

 

金融業務は銀行とほぼ同じです。

 

カードローンに関しても銀行とほぼ
同じような金利・限度額設定と
なっています。

 

信用金庫の詳細についてはこちらの
ページを参考にしてみてください。↓

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

みずほ銀行カードローンについての知識を深掘り
銀行カードローンで人気のみずほ銀行カードローンについて知りたい情報を取材してみました。
楽天銀行スーパーローンについての知識を深掘り
銀行カードローンで人気の楽天銀行スーパーローンについて知りたい情報を取材してみました。
銀行カードローンの貸し渋りが始まっている!?金融庁から自主規制要請
2017年は銀行カードローンの過剰融資が問題となり、増大していた貸出残高にストップがかかる。お金が借りられない貸し渋り時の対策を考えてみた。
銀行からお金を借りる7つのコツ 即日キャッシングや審査の知識を取得する
銀行で今すぐお金を借りるための7つのコツをまとめました。
銀行と信用金庫のカードローンはどっちがおすすめ?金利の違いは?
カードローンを申し込むなら銀行と信用金庫を比べて違いをみてみましょう。金利のメリットや特徴等も取材しました。
信用金庫カードローンのおすすめ20庫金利・利用限度額他比較
地方の金融機関として根ずく信用金庫の経営理念やカードローンの金利・限度額20行のおすすめを比較しながらご紹介しています。