歴史が深い老舗横浜銀行カードローンでお金を借りるときの金利や条件などを調べました

スポンサードリンク

 

担保・保証人とも不要横浜銀行カードローンに関するメリットや注意点

横浜銀行カードローン

 

なら急なお金が必要というときに
利息を支払ってお金を借りることができます!

 

  • 10万円以下の借り入れなら毎月返済は2,000円からとやさしい
  • 充実したATM利用手数料0円サービス
  • しまった!知らない間に光熱費を滞納していた。。

 

など地銀の中ではユーザーに向けた
サービスの充実に積極的に取り組む
銀行です。

 

  • 旅行やレジャーでの出費
  • 家具・家電製品の購入
  • エステや脱毛などの自分磨き
  • ローンのおまとめ

 

など、お金を有効に使いたい
シーンは結構いろいろとあったり
します。

 

短期間でいいからお金を借りたいと
いうとときは、横浜銀行カードローンで
契約をしてカードを利用してみてください。、

 

とても役に立ってくれますよ!

 

無担保・無保証なので申し込みしやすい

 

横浜銀行のカードローンは、

 

無担保・無保証で申し込みが可能

 

というメリットがあります。

 

なぜ無担保・無保証なの?

 

横浜銀行のカードローンには、

 

「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」

 

という保証会社が保証をおこなっているからです。

 

この保証会社は株式会社三井住友フィナンシャルグループが
100%株主となっています。

 

 

三井住友銀行もこのグループ会社です。
大手の会社で安心感・信頼度も抜群です。

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
が保証会社として入ってくれるので、

 

申し込み者は無担保・無保証で
カードローンを利用することができます。

 

※ただしカードローンには審査があります。

 

横浜銀行カードローンの商品概要

 

ご利用になれる方 以下条件をすべて満たす方。

1.ご契約時満20歳以上69歳以下の方
2.安定した収入のある方、およびその配偶者
(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
3.次の地域に居住またはお勤めの方
神奈川県内全地域
東京都内全地域
群馬県内の以下の市
前橋市、高崎市、桐生市
4.保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
5.横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

借入限度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
使いみち 事業用資金以外にご利用になれます。※事業資金融資についてはこちら
借入方法 当座貸越
契約期間 1年(1年ごとの自動更新)

※満70歳以降はあらたなお借り入れはできません、ご返済のみのお取り引きとなります。

 

金利(保証料を含む)

 

ご利用限度額 金利(年)
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.5%

※2019年9月現在

 

※他の詳細やお得情報、最新情報に
ついては公式サイトを必ずご確認下さい。

 

さらに詳しい横浜銀行カードローンに
関する記事についてはこちらを御覧ください↓

 

 

●横浜銀行カードローン豆知識

 

横浜銀行カードローン。金利年1.5%~年14.6% と返済額との関連・他行と比較

 

●注意点は?

 

横浜銀行のカードローンとフリーローンの違いで注意しておく点

 

●体験談

 

●金利って?

 

●審査って?

 

●女性にも優しい?

 

●利便性は?

 

横浜銀行カードローンについての知識を深掘り記事一覧

横浜銀行カードローン。金利年1.5%~年14.6% と返済額との関連・他行と比較

横浜銀行カードローンでキャッシングをお考えの方へ、知っておきたい金利・限度額でのお得なメリットや、申し込み条件・横浜銀行の取り組みなどをご紹介します。ぜひ最後まで読んで見てください。●このページの目次・超老舗の横浜銀行の歴史と主な業績・横浜銀行カードローンの金利・利息と限度額・横浜銀行カードローンの...

≫続きを読む

横浜銀行のカードローンとフリーローンの違いで注意しておく点

横浜銀行のカードローンとフリーローンの違いで重要となる点についてご紹介します。結論から申しますと、金利・返済額には大きな違いはないが、一部繰り上げ返済とネット申し込みの有無に大きな違いがあり、申し込むならカードローンが圧倒的に便利ということがわかりました!ではここから詳しくご紹介していきますので、ぜ...

≫続きを読む

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



  このエントリーをはてなブックマークに追加