銀行カードローンの横浜銀行の審査難易度や審査に通るコツなど分かりやすく解説

スポンサードリンク

横浜銀行カードローンの審査の難易度は高い?低い?7つのポイントと質問と回答

横浜銀行カードローンの審査

 

について詳しく調査した内容をお届けします。

 

横浜銀行カードローンの契約を検討している方必見!

 

このページでは、横浜銀行カードローンの審査難易度や
審査に通過するコツに加え、審査期間や審査落ちの
原因など、審査についてくまなく調べてみました。

 

審査通過を可能にするためにも、

 

ぜひ最後まで読んでおいてください!

 

横浜銀行カードローンの審査難易度

最高1000万円まで融資可能な
横浜銀行カードローン。

 

でも審査の難易度が気になるという方に
必見な情報です。

 

まず、

 

他社と比べて審査難易度が高いのかどうか?

 

を解説していきます。

 

銀行カードローンであるため、決して難易度は低くはない

 

銀行系のカードローンは、消費者金融のカードローン
よりも審査は厳しくなります。その理由として、

 

金利が消費者金融より低い

 

ことが挙げられます。

 

銀行としては金利によって得られる利益が
低くなる分、お金を確実に回収できる人に
貸さなければなりません。

 

よって、年収・勤続年数などの情報から、
返済できるかやや慎重に見極めるのです。

 

 

横浜銀行カードローンの利用条件

 

地域密着型の地方銀行横浜銀行の
申し込み条件・審査基準などで注意して
おく点もあります。

 

具体的な利用条件を調べたところ、下記の内容であることが分かりました。

 

 

  1. 契約時に満20歳~69歳であること
  2. 安定収入のある方、またはその配偶者であること
  3. (パート・アルバイトの方も利用可能だが、学生の方は対象外)

  4. 以下のいずれかの地域に居住または勤務していること
  5. ・神奈川県全域
    ・東京都全域
    ・群馬県(前橋市・高崎市・桐生市)

  6. 保証会社の保証を受けられること
  7. 横浜銀行および保証会社の個人情報の取り扱いに同意すること

 

 

消費者金融に比べればややハードルは
高いものの、銀行カードローンのなかでは
特に厳しくはない内容です。

 

横浜銀行カードローンの保証会社は、
SMBCコンシューマーファイナンスで、
消費者金融の「プロミス」を提供している
企業です。

 

 

 

 

topに戻る

横浜銀行カードローンの審査に通過する方法

審査にパスする確率を高めるため、
以下のポイントを押さえておきましょう。

 

勤続年数を延ばす

 

銀行系カードローンでは、貸し倒れのリスクを
避けるため、申込者の収入の安定性を
より重視します。

 

よって勤続年数は長いほうが望ましいです。

 

入社・転職したばかりの方は、勤続年数が
短いので、審査に落ちる可能性が高いです。

 

最低でも半年勤務してから申込むのがおすすめです。

 

 

虚偽申告をしない

 

自分自身の印象を良く見せかけるため、
年収・勤務先・勤続年数などを偽って
申込む方もいるようです。

 

しかし虚偽の情報を申告することは、
審査落ちの大きな原因になります。

 

 

申込みの際は事実をごまかさず、ありのままの
情報を記入しましょう。また、重要事項の記入ミスは、
虚偽申告と判断されてしまう可能性があるので、
記入内容は慎重に見直してください。

 

他社借入を減らす

 

審査のとき、保証会社は申込者の他社借入の
状況も確認することができます。他の金融機関
からの借り入れも多い場合、返済能力に不安が
あるとみなされる可能性が高くなってしまいます。

 

具体的な他社借入の件数の基準は
公表されていませんが、3~4件あると
審査落ちになるリスクが高まるようです。

 

他社借入のある方は、申込む前に少しでも
借入件数をすくなくするようにしましょう。

 

件数が多すぎる場合、複数の借り入れを
一社にまとめることが可能な「おまとめローン」
利用するのがおすすめです。

 

 

在籍確認に対応する

 

横浜銀行カードローンの審査では、
在籍確認がおこなわれますので、
確実に対応しておきましょう。

 

在籍確認とは、勤務先に電話をかけ、
実際に申込者が働いているかを確認する
ことです。

 

審査の終わり頃におこなわれ、勤務している
実態があると認められれば、審査に通過する
可能性が高まります。

 

在籍確認は、申込者本人が電話に
出なくても、働いていることが確認できれば
大丈夫です。

 

職場の人が電話に出て審査側に伝えれば
良いので、可能なら事前に職場の人に
相談しておきましょう。

 

また、電話がかかってくる際には、会社名
ではなく、個人名を名乗ってもらえますので、

 

職場の人にカードローンの申し込みを
していることが、ばれる心配はありません。

 

職場の人に話すのは抵抗がある、電話連絡が
しにくいといった場合は、横浜銀行カードローンの
審査担当者と相談することがおすすめです。

 

topに戻る

横浜銀行カードローンの審査期間

横浜銀行カードローンの申込方法は、
インターネット・電話・FAXがありますが、
断然おすすめなのはインターネット。

 

ネット申込であれば最短翌日に審査回答が出ます。

 

よって早ければ、

 

申込み翌日に融資を受けることが可能です。

 

ただし横浜銀行の口座を持っていない
場合は、口座開設後となります。

 

また、翌日融資とはあくまで最短の場合なので、
必ずそうなるわけではありません。

 

審査が長引いたり、カードローン受付が
混雑したりしているときは、融資までの
期間が長くなります。

 

以下の時間帯・シーズンは混雑しやすいので、
可能であれば避けましょう。

 

  • 平日の昼休みや金曜日の夜
  • GWや年末年始など大型連休の前後
  • 3月~4月の引越し時期

 

topに戻る

審査に落ちる原因

横浜銀行カードローンの審査に
落ちてしまう原因と、その解決策
について解説していきます。

 

 

職種・雇用形態・勤続期間・年収額などが安定していない

 

横浜銀行カードローンの審査に通過する
ためには、返済能力があると認めて
もらわなければなりません。

 

そのためにも、ある程度経済的に
安定していることが必要です。

 

下記に当てはまる人は、安定収入がないと
判断されてしまう可能性があります。

 

  • 雇用形態が安定していない
  • 試用期間中
  • 勤続年数が半年未満
  • 年収が低すぎる
  • 毎月の収入の変動が激しい

 

改善できるポイントがあれば、事前に対策しておきましょう。

 

過去5年以内にお金のトラブル

 

過去5年間にクレジットカード・他社
カードローンなどで、延滞・滞納などの
トラブルを起こすと、審査落ちの理由に
なります。

 

 

個人信用情報機関で管理している情報に
記録され、横浜銀行カードローンの審査でも
当然確認されます。

 

トラブル情報が記録に残っているかどうかは、
個人信用情報機関に対し、情報開示請求を
することでチェックできます。

 

ただし手数料として1,000円が必要です。

 

過去にプロミスで問題を起こした

 

横浜銀行カードローンの審査を担当する
SMBCコンシューマーファイナンスは、
プロミスを運営している企業です。

 

よってプロミスで金融事故を起こした人は、
横浜銀行カードローンの審査にも落ちる
ことになります。

 

プロミスで保有している情報は、
個人信用情報機関の情報と違い、

 

5年間の制限はありません。

 

事故から5年を過ぎたとしても、情報が
確認されれば審査落ちとなります。

 

対策としては、プロミス以外が審査を
担当する、他社のカードローンに申込む
ことなります。

 

数社からの多額の借入がある

 

申込みの時点でいくつもカードローンを
利用していると、借入が多すぎると判断
されることがあります。

 

1つ1つの借入金額が少なくても、件数が
多いと、貸し倒れのリスクが高いと思われる
原因になります。

 

横浜銀行カードローンに申込む前に、
可能な限り借入件数を減らしておくことが
おすすめです。

 

申込内容の不備

 

意外かもしれませんが、審査で否決される
理由として、申込内容の不備も多いです。

 

カードローンへの申込みが恥ずかしいと
感じるためなのか、氏名・住所といった
基本的な事項でも記入ミスが多い
傾向があります。

 

その結果として、審査が正しく行えないため、
融資も受けられなくなります。申込内容は、
1つ1つ正確に記入しておきましょう。

 

属性が適さない場合

 

申込者の情報のうち、職業・年齢など
個人に属する情報を属性と呼びます。

 

横浜銀行カードローンではパート・
アルバイトなどでも利用できるため、
属性を厳しく問われることはありません。

 

しかし、下記の属性に当てはまる場合、
審査で否決されてしまいます。

 

  • 学生の方
  • 休職中または無職の方
  • 反社会的勢力に属する方

 

また下記の属性の場合は、審査で
不利になることもあります。

 

  • 年金受給者
  • 専業主婦
  • 個人事業主
  • 雇用形態が正社員・公務員ではない

 

銀行からの連絡にすぐに返答しない

 

横浜銀行から何か連絡が入ったときに、
いつまでも返答をしないと信用性が
疑われることも。

 

迅速に返答することで印象を良くすることができます。

 

携帯電話への着信、留守番電話などに
気づいたら、できるだけ早めに折り返し
連絡をしましょう。

 

topに戻る

横浜銀行カードローンの結果通知について

審査結果がどのように届くのか?
どんな場合に審査完了まで時間がかかるのか?

 

を見ていきましょう。

 

横浜銀行カードローンの審査結果は電話連絡のみ

 

横浜銀行カードローンの場合、
審査結果の通知は電話連絡だけです。

 

連絡先は、携帯・自宅・会社から選べます。

 

メールで審査結果を受け取りたいといった
希望には対応できません。

 

仕事中に携帯電話に出られない
といった場合は注意が必要です。

 

土日祝日に申込した場合長くなる

 

土日・祝日に申込みをすると、審査
スタートは翌営業日になるため、
審査結果が届くのが遅くなります。

 

連休中に申し込みをしても、審査が
おこなわれるのは連休明けからです。

 

横浜銀行に口座がないと、さらに審査に
時間がかかる傾向があります。

 

口座がなくて審査結果を早く受け取りたい場合、
平日の日中に申込みましょう。

 

申込者の勤務先で在籍確認が取れていないと審査時間が長くなる

 

在籍確認が完了しない場合、審査結果が
出るまでの時間が長くなります。

 

申込者が実際に勤務している事実が
把握できないと、返済能力が充分かを
判断できないからです。

 

「誰も電話に出ない、電話が繋がらない」

 

といった場合は、後日改めて在籍確認が
行われるので、その分審査が長引くことになります。

 

在籍確認がスムーズに完了するよう、

 

周囲に連絡する、横浜銀行カードローンの審査担当者に相談するなど、

 

対策をしておきましょう。

 

 

申込内容に不備や虚偽の申告があると審査時間が長くなる

 

申込内容に問題があると、確認作業に
時間がかかるため、その分審査が長引く
ことになります。

 

虚偽の情報を記入しないのはもちろん、
記入内容は何度か見返してから提出してください。

 

本人確認書類の記載情報を見ておくのもおすすめです。
運転免許証・健康保険証などを手もとに用意しておきましょう。

 

topに戻る

横浜銀行カードローンに通らなかったときの対処法

対策をしてみたけれど、横浜銀行
カードローンの審査に落ちてしまったら、

 

別のカードローンに申込みましょう。

 

銀行カードローンよりも審査が厳しくない
消費者金融系カードローンを検討して
みてはいかがでしょうか。

 

なお消費者金融系でも、プロミスへの
申込みは止めておきましょう。

 

先述したように横浜銀行カードローンの
審査と同じ会社が審査をするので、

 

横浜銀行カードローンで否決されてしまったら、
プロミスの審査に通ることはまずありません。

 

 

topに戻る

よくある質問と回答FQAまとめ

横浜銀行カードローンの審査についてよくあるQ&Aをご紹介します。

 

横浜銀行カードローンは申し込み条件が多いと聞きました。詳しく教えてください

地域性の要件があります。神奈川県全域・東京都全域・群馬県(前橋市・高崎市・桐生市)の地域に居住または勤務していること。他の用件は一般的な銀行系カードローンの条件とほぼ同じですが詳細を確認してください。→※詳しくはこちら

横浜銀行カードローンの審査は難易度が高いですか?

銀行系のカードローンは、消費者金融のカードローンよりも審査は厳しいと言えますが、横浜銀行はおまとめできるローンもありますので、期待が持てます。※詳しくはこちら

横浜銀行カードローンの利用には口座開設が必要ですか?

申し込み時点では口座がなくても大丈夫ですが、契約までに返済引き落とし口座として開設が必要です。※詳しくはこちら

横浜銀行カードローンの申し込み時に必要な書類は?

本人確認書類として運転免許証の写し等、50万円以上の借入希望の場合は収入証明書が必要です。※詳細はこちら

横浜銀行カードローンの審査結果はいつわかりますか?

最短申込日翌日です。審査の結果連絡は携帯か自宅か勤務先のご希望されるところへ電話でお伝えします。※詳細はこちら

 

審査以外の質問

 

利用限度額の増額をすることは可能か?

 

横浜銀行カードローンと契約すると、
いったん利用限度額が設定されますが、
増額を申請することは可能です。

 

下記の受付センターに電話して相談しましょう。

 

  • ◆横浜銀行カードローン受付センター
  • TEL:0120-458-014
  • 受付時間:平日は9:00~20:00、土日・祝日は9:00~17:00
  • 休業日:12/31~1/3

 

増額するには、改めて審査を受ける
必要があります。増額審査では、
以下のポイントが重要です。

 

  • 返済の延滞がないこと
  • 6カ月以上の利用実績があること

 

増額は、横浜銀行カードローンからの
信頼を獲得して成立するもの。

 

誠実な利用者であると、行動で示しましょう。

 

横浜銀行カードローンのメリット・デメリットは?

 

横浜銀行カードローンのメリット・デメリットを
簡単にまとめると、以下のようになります。

 

メリット
  • 銀行系カードローンのなかでは金利が低い
  • 返済額は毎月2,000円から

 

デメリット
  • 横浜銀行の口座を開設しなければならない
  • 引き落とし日は10日で固定されている

 

横浜銀行カードローンの下限金利は年1.5%と、
メガバンク系よりも低いです。

 

例えば三井住友銀行カードローンの
下限金利は年4.0%となっています。

 

返済額は借入額によって変動しますが、
2,000円超10万円以下の場合は、
毎月2,000円からとなっています。

 

毎月これだけの支払いなら、大きな
負担にはなりませんね。

 

デメリットとしては、横浜銀行の口座を
持たなくてはならないこと。余計な口座を
持ちたくない方にはあまりおすすめではありません。

 

また、口座から引落しがされるのは、
毎月10日と決まっていて、自分で
指定することはできません。

 

人によっては、引落しが給料日の前に
なってしまうこともあります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?横浜銀行のカードローン
の審査について、詳細に調べてご紹介させて
いただきました。

 

無事審査に通過して、契約ができれば
計画性をもって利用して、生活での支えに
になるよう、

 

上手にカードローンとお付き合いしてみてください。

 

topに戻る

金利設定と返済額について

横浜銀行のカードローンの、

 

金利設定と返済額について

 

詳しく解説しています。↓

 

 

カードローン選びに役立ちますので、
参考にしてみてください。

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

   

関連ページ

横浜銀行カードローンの金利年1.5%~年14.6% と返済額との関連・他行と比較
神奈川県の地域密着型の地方銀行で歴史のある横浜銀行カードローンの金利と返済額の関係を他行と比較して見ました。
横浜銀行のカードローンとフリーローンの違いで注意しておく点
100年以上の歴史がある老舗の銀行、横浜銀行のカードローンとフリーローンの違いについて注意しておく点を取材してみました。

即日キャッシング ビジネスローン比較