マイダイレクトが使いやすくて人気の横浜銀行カードローンとフリーローンの違いで重要な点とは?

スポンサードリンク

 

神奈川県・関東一円では「はまぎん」でお馴染み横浜銀行のカードローンとフリーローンの違いが重要なわけ

横浜銀行のカードローンとフリーローンの違い

 

で重要となる点についてご紹介します。

 

結論から申しますと、

 

金利・返済額には大きな違いはないが、一部繰り上げ返済とネット申し込みの有無に大きな違いがあり、申し込むならカードローンが圧倒的に便利

 

ということがわかりました!

 

ではここから詳しくご紹介していきますので、

 

ぜひ最後まで読んで見てください!

 

ずばり!横浜銀行のカードローンとフリーローンの違いはココ!

横浜銀行ではカードローンとフリーローン

 

の取り扱いがあり、どちらも借りた
お金を自由に使うことができます。

 

一見すると同じサービスと捉えられますが、
両者には大きな違いがあります。

 

決定的な違いと見れる点は、

 

  • 借り入れ・返済用のカードが発行されるか?されないか?
  • 一部繰り上げ返済ができるか?できないか?

 

の2つです。

 

ではその辺りも含めて、横浜銀行の
カードローンとフリーローンの違いを
解説していきます。

 

 

カードが発行されるカードローンの特徴

 

契約後に専用のカードを使って、ATMなど
から利用限度額の範囲以内で任意の
金額を任意のタイミングで借りることができます。

 

追加の借り入れも最初に決められた
限度額までなら、追加審査などは不要で
できますし、

 

完済後に再びカードで借り入れを行う
場合の審査も不要となっています。

 

毎月の返済は利用残高によって変動し、
2,000円~85,000円の定額返済となって
います。

 

また余裕がある場合には、ATMなどから
気軽に繰り上げ返済もできます。

 

※もちろんいつでも全額返済も
可能です。

 

カードを使わないフリーローンの特徴

 

契約時に希望の金額をまとめて借りて、
契約後は返済をしていくのみとなります。

 

追加で借り入れを行う場合や、完済後に
再び融資を受けたい場合には、再度
フリーローンに申し込みを行い、審査を
通過する必要があります。

 

借りたお金は最長で10年かけて返済
していくことができるので、大きめの金額
のまとまったお金を借りた場合なら、

 

ゆっくり返済をすることができ、
契約的な返済がしやすくなって
います。

 

2つのローンの金利や融資限度額

 

カードローンもフリーローンも適用金利や
利用限度額に違いはありません。

 

また来店不要で契約できる点や、
50万円を超える融資を受ける場合に
収入証明種類が必要となる点も
共通しています。

 

まとめ

 

カードローンとフリーローンの特徴をまとめると、
各ローンは次のような場合に向いていると
考えられます。

 

  • カードローン…現在はお金には困っていないけれど、いざという時に備えて、資金調達手段を確保したい場合におすすめ
  • フリーローン…借りたお金の使いみちがある程度決まっていて、計画的に資金運用・返済をしたい場合におすすめ

 

より早く返済をする・利息を減らすなら

 

借り入れのお金はできるだけ
早く返しておきたいと考える
ユーザーの方も多いと思います。

 

では次に横浜銀行のカードローン
とフリーローンの繰り上げ返済に
ついて詳しくご紹介します。

 

topに戻る

横浜銀行のカードローンとフリーローンの全額繰り上げ返済・一部繰り上げ返済について

全額・一部繰り上げ返済について
は以下のようになっています。

 

全額繰り上げ返済

 

  • 横浜銀行カードローン・・・できます!
  • 横浜銀行フリーローン・・・できます!

 

方法

 

横浜銀行カードローン

 

カードを使ってお近くのATMから
残金すべてを入金すればOKです。

 

横浜銀行フリーローン

 

お取引店にご来店のうえ、お手続きください。
<お持ちになるもの> ・返済用普通預金口座の通帳印 ・ご本人確認書類 ・全額繰上返済手数料:3,240円(税込み) ※借入金額が100万円以下の場合は手数料はかかりません。

 

 

一部繰り上げ返済

 

  • 横浜銀行カードローン・・・できます!
  • 横浜銀行フリーローン・・・できません!

 

方法

 

横浜銀行カードローン

 

カードを使って、ATMから都合の良い好きな
時に好きな金額分一部繰り上げ返済が
可能です。

 

横浜銀行フリーローン

 

一部繰り上げ返済ができません。
毎月の定額返済で完済します。

 

一部繰り上げ返済ができない場合のデメリット

 

この一部繰り上げ返済ができない場合、

 

利息軽減をしたい場合の融通性が
悪いと言えます。

 

「全額の返済はまだできないけど、
借金を少しで減らしておきたい

 

と言うときはカードr-ンがおすすめです。

 

住宅ローンでもそうですが、例えば
ボーナスが思っていた以上に多かった
時など、早く返済をすませるために
繰り上げ返済ができるローンと、
出来ないローンがあります。

 

出来ない場合のデメリットとして、
返済による利息を減額させること
ができないという点が挙げられます。

 

まとめ

 

横浜銀行カードローンとフリーローンは
金利・限度額は全く同じです。

 

「返済」を考えたときには、
カードが使えるカードローンの方が
断然にメリットが高いと言えます。

 

しかし、カードローンは「追加の借り入れ」
が手軽に出来てしまうので、

 

「ついお金を借り過ぎて使ってしまう」
ということも考えられます。

 

これらの情報を参考にして、あなたに
合ったサービスの方を選んでみてください。

 

横浜銀行のカードローンについては
さらに詳しい情報をまとめています。

 

もし、今借りているカードローン
がある場合は、金利を横浜銀行
と比べて低いなら「借り換えの
申し込み」も受付しています。

 

参考 ・おまとめ・借り換えローンにも対応している横浜銀行

 

レジャー・旅行のお金や家具や家電
のお買い物でもクレジットカードのリボ
・分割払いより金利が低い設定も
期待できます。↓

 

 

さらに横浜銀行の豆知識として、
知っておくと便利なサービスなどを
ご紹介します!

 

topに戻る

おまとめ・借り換えローンにも対応している横浜銀行

おまとめローン・借り換えローンとは、

 

複数のカードローンなどから、借り入れを
行っている場合はそれらをまとめることで、

 

  • 毎月の返済額を少なくする
  • 金利を引き下げる

 

効果を期待できます。

 

また、今の1社から借りている
借り入れ金より金利を下げたい

 

ときの場合に借り換えローンを
使って金利引き下げの効果を
得るものです。

 

横浜銀行をはじめ他の銀行にも
おまとめローンや借り換えローンが
あります。

 

詳しくはこちらのページで解説
しています。↓

 

 

topに戻る

 

横浜銀行以外のカードローンとも比較してみたい

 

横浜銀行は長い歴史のある、老舗銀行です。

 

他行にないメリットも多くあります。

 

 

しかし、カードローンに関して1点
制限があります。

 

それが、

 

地域における申し込みができるユーザーの条件

 

があることです。

 

次の地域に居住またはお勤めの方

 

  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県内の以下の市
  • 前橋市、高崎市、桐生市

 

となっています。

 

もしこのページをご覧の方で、、

 

全国対応の銀行カードローン、
もしくは貸金業のカードローン

 

を検討して見たいという方が
おられましたら、ぜひこちらの
ページを参考にしてみてください!↓

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

横浜銀行カードローン。金利年1.9%~年14.6% と返済額との関連・他行と比較
神奈川県の地域密着型の地方銀行で歴史のある横浜銀行カードローンの金利と返済額の関係を他行と比較して見ました。