毎月の返済額や返済期間は?銀行や貸金業のカードローンのお金の返し方について。

スポンサードリンク
楽天会員の方もそうでない方もカードローンは楽天銀行で。
入会で1000ポイント進呈!限度額最大800万円・金利年1.9%~14.5%。

 

カードローンでしっかりと返済する!返し方の方法と実際の返済額と返済期間の関係をシュミレーション。

カードローンの返し方・返済期間シュミレーション

 

を知っておけば、

 

カードローンを利用する際に
計画的な返済を認識する
ことができます。

 

無理をしない借り入れ・返済の
ためには重要な数字・指標と
なりますので、

 

特にこれからカードローンの利用を
考えている方は、

 

ぜひ最後まで読んで見てください!

 

 

 

カードローンで借りたお金の返し方・方法について

カードローンでお金を借りた時は、

 

毎月の返済期日までに決められた金額かそれ以上の額(最低返済額)

 

を返済しなければいけません。

 

借りたお金の具体的な返し方の方法

 

返済の方法は、レイクALSAを例に出すと、

 

  1. WEB返済サービス 公共料金支払いサービスPay-easy(ペイジー)を使って返済
  2. 新生銀行レイクATMから返済
  3. 提携銀行、コンビニATMから返済
  4. 銀行振り込みで返済
  5. 自動引き落としで返済

 

の5つの返済方法があります。

 

これらの方法は、他のカードローン・
キャッシング会社のアコム楽天銀行
でもほぼ同じ方法で返すことができます。

 

※ちなみにレイクALSAではどのような
返済方法でも手数料が0円です。↓

 

 

このようにたくさんの返済方法があり、
借りたお金を返すのが不便で煩わしい
ということはほぼありません。

 

毎月の最低返済額の決まり方

 

カードr-ンの場合まず、「借りているお金の
金額」によって最低返済額は変わってきます。

 

借りている金額が多いほど、毎月の最低
返済金額は大きくなってきます。

 

そして、決まり方としては、

 

  1. 借入残高で最低の返済額が決定される方式(例:50万円だと1.5万円の最低返済額だが、返済が進み30万円を切ると最低返済額が1万円にスライドする等)
  2. 最終の借入金額で最低返済額が決定される方式(例:50万円から30万円に減っても最低返済額は減らない。追加で借りた場合の最終借入残高で最低返済額が再設定される)

 

のルールが大半のカードローンで
採用されています。

 

消費者金融カードローンは②の方式しか
採用していませんが、銀行カードローンは
①の方式が主流です。

 

ちょっとややこしいですが、ほとんどの
カードローン会社の公式ページに、

 

借り入れ金に対しての毎月の最低返済額一覧表

 

がありますので、それを見れば
一目瞭然です。

 

また、

 

『毎月返済しなければいけない最低返済額』

 

 

『返済しなければいけない期日』

 

はカードローン業者によって違いが
ありますので、借りる前に各会社の
ホームページ等で必ず確認を行いましょう。

 

※一覧表がある公式サイトはこの後に
ご紹介します。返済シュミレーションも
ありますので、ぜひ確認してみてください。

 

topに戻る

カードローンの返済期限の事例。シュミレーションをして一覧表にするとこうなります。

借りる前でも借りているときでも、、

 

「今のペースならいつ完済するか?」

 

は、適切な利用の為にも把握して
おきたいですね。

 

返済期限の事例を見て、どの位で
完済するかイメージしましょう。

 

借入金額 借入利息 毎月の返済額 返済回数 完済までの返済期限
10万 18% 1万円 11回 11か月
30万 18% 1万円 41回 3年5か月
50万 18% 1万5千円 47回 3年11か月
100万 15% 3万円 44回 3年8か月
150万 15% 4万円 51回 4年3か月

 

カードローンは業者が定める
最低返済額で返済していくと、

 

完済まで3年~5年位かかります。

 

返済期間が長くなると、支払利息が
高くなるので、多少無理をしても
『繰り上げ返済』をしましょう。

 

30万円、50万円、100万円、150万円

 

 

『2年間(24回払い)』『3年間(36回払い)』

 

で完済したい場合の毎月の返済額は
以下の様になります。

 

借入金額 借入利息 「2年間完済」の毎月の返済額 「3年間完済」の毎月の返済額
30万 18% 約1万5千円 約1.万900円
50万 18% 約2万5千円 約1万8100円
100万 15% 約4万850円 約3万4700円
150万 15% 約7万280円 約5万2000円

 

返済期間が長期化されればされるほど、
支払う利息は多くなっていきます。

 

2年~3年計画で無理なく返済できる
以上の金額を借りると、元本返済が
進まず、疲弊してしまう事もあります。

 

2年~3年計画までを一つの目安として、
金額の借り過ぎには気を付けてください。

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

三菱UFJ銀行カードローンについての知識を深掘り
バンクイックで人気の三菱UFJ銀行カードローンについて知っておきたい情報を取材してみました。
みずほ銀行カードローンについての知識を深掘り
銀行カードローンで人気のみずほ銀行カードローンについて知りたい情報を取材してみました。
楽天銀行スーパーローンについての知識を深掘り
銀行カードローンで人気の楽天銀行スーパーローンについて知りたい情報を取材してみました。
銀行と消費者金融のカードローンの金利を比較してわかったことは?
金利18%は高いのか?キャッシングで気になる金利を銀行と消費者金融で比較して見たときのメリットやデメリットをご紹介します。
銀行カードローンの貸し渋りが始まっている!?金融庁から自主規制要請
2017年は銀行カードローンの過剰融資が問題となり、増大していた貸出残高にストップがかかる。お金が借りられない貸し渋り時の対策を考えてみた。
銀行カードローンのおすすめ22行金利・利用限度額他比較
実際にきゃっするが借りている銀行のカードローンの仕組みや、ネット銀行も含めた22行のおすすめ銀行・信用金庫系カードローンの金利の比較をご紹介しています。
銀行からお金を借りる7つのコツ。カードローンや審査の知識を取得する
銀行で今すぐお金を借りるための7つのコツをまとめました。
銀行と信用金庫のカードローンはどっちがおすすめ?金利の違いは?
カードローンを申し込むなら銀行と信用金庫を比べて違いをみてみましょう。金利のメリットや特徴等も取材しました。
信用金庫カードローンのおすすめ20庫金利・利用限度額他比較
地方の金融機関として根ずく信用金庫の経営理念やカードローンの金利・限度額20行のおすすめを比較しながらご紹介しています。
カードローンの借り換え相談。借り換えができる金融機関を比較
金利減額・毎月の返済額を減額などメリットのあるカードローンの借り換え。銀行や他の金融機関で借り換えができる先を一覧で比較してみました。
カードローンの限度額が銀行の審査に影響する重要な事例
銀行や消費者金融のカードローンの申し込みの際、審査において「限度額枠」が影響してしまう事例と対策をご紹介します。