与信枠はお金を借りてなくても限度額が影響します。カードローンを上手に利用するためのポイントについて

スポンサードリンク

 

一般の人は気が付いていない。カードローンの限度額は持っているだけでデメリットになる事例

カードローンの限度額

 

は、カードローンを契約している
限り、ずっと効力がある金額です。

 

銀行のカードローンや消費者金融
でのキャッシングでは、個々のユーザー
に対して必ず決められた限度額が
設定されます。

 

 

しかし、「お金を借りていない」場合は
返済を考えることもありませんし、
特に限度額を気にすることもありません。

 

お金が必要になって使いたいときだけ、
利用すればいいので、カードを持って
いても特にデメリットもありません。

 

しかし、

 

  • 住宅ローンの申し込みを考えている
  • 金利の低いカードローン会社に乗り換えるため申し込みを考えている
  • 教育ローンや自動車ローンなど目的ローンの申し込みを考えている

 

こういった場合、ユーザーが所持している
カードローンの限度額が審査において悪影響
を及ぼす場合があります。

 

「お金を借りてなくても」です。

 

このページでは、その辺りについて、
元ろうきんに勤務していた方から
伺ったお話を分かりやすくご紹介しますので、

 

今後のローンで銀行や貸金業の審査に
おいて失敗しない為に,

 

ぜひ最後まで読んで見てください。

「限度額」は借入が行われることを前提にして審査される

元ろうきんにお勤めだった男性職員
の方の説明をご紹介します。

 

消費者金融等のカードローンの場合、
実際に借入がない場合でも、

 

カードを持っていて限度額が付いていれば、
それは、

 

「借りようと思いえばいつでも借り入れができる」

 

わけです。

 

ですので、「限度額=与信額」という扱いになります。
解かりやすく事例をあげて解説します。

 

 

 

太郎さんは「他社A社でカードローンの契約」があり、

 

  • 年収300万円
  • 限度額100万円
  • 借入金額0円

 

の状態です。

 

そして、新たにB社で、

 

30万円の限度額でカードローンの審査を受ける

 

場合、

 

審査は通るかどうか?について
考えてみます。

 

実際お金は借りていないが限度額がそれに値する

 

消費者金融のカードローンの審査の場合、
「総量規制」という法律が影響します。

 

総量規制とは「年収の3分の1以上」の
融資を貸金業者は行ってはいけない

 

という法律です。

 

 

今回の事例の場合、太郎さんの
年収は300万円なので、

 

年収300万円の3分の1の100万円

 

が消費者金融などの貸金業者が
融資をできる最大の金額となります。

 

今回太郎さんはA社のカードローンを
持っているものの、借入金は0円です。

 

ですから、新たに100万円までの
融資は受けることが可能なわけですが、

 

新たにB社に30万円の限度額で
カードローンを作りたい希望をしています。

 

実際に融資を受けている金額は0円
ですから、30万円ならカードローンの
審査では何の不安もないと考える方も
おられるかもしれませんが、

 

太郎さんは実際にお金は借りて
いなくても、すでにA社で100万円の
限度額をもらっています。

 

ですので、この「100万円の限度額が
あるカード」を使えばいつでもお金を
借りることができますし、

 

100万円を借りることも出来るわけです。

 

このような場合、B社ではこの「限度額
100万円」は融資が行われていなくても、

 

「与信枠」、つまり設定する限度額の
審査においては、100万円を差し引く
ものとして、審査されます。

 

そうなると、この太郎さんは、年収300万円
なので、総量規制で許されている融資額
めいいっぱい使っていることと同じとなり、

 

B社の審査では「与信額0円」となり、
たとえ30万の希望でも、また10万円に
希望の額を落としても、審査には
通過しないということになります。

 

つまり、総量規制の法律から、
すでに3分の1の限度額は使っている、
しかし借入金は0円であり、貸付けは
行われていない場合であっても、

 

新たな借入枠は、総量規制をオーバー
してしまうこととなります。

 

topに戻る

総量規制のない銀行カードローンでは限度額の影響があるのか?

先ほどの解説は、貸金業者での
借入の事例でした。

 

しかし銀行の場合は、総量規制の対象外となっています。

 

個人向けカードローンも然りです。

 

ならば、

 

  • 貸金業のでのカーローン契約がある限度額
  • 同じ銀行のカードローンの限度額

 

はまったく左右されずに審査されるのか?
また、実際にそれで貸し出しは行われているのか?

 

についての実情はという質問をしてみると、
次のような回答をいただきました。

 

労金や銀行のカードローンは、
総量規制対象外なので、

 

法律上は先ほどの太郎さんの場合
でも契約が可能となっています。

 

※銀行は「銀行法」貸金業は「貸金業法」が適用されます。

 

しかし、実際のところは2017年から
銀行も貸し過ぎを金融庁から指摘
されたことから、

 

現在は自主規制を行っており、

 

総量規制と同様に年収の3分の1を超える貸付を行っていません。

 

従って、太郎さんの事例では、
消費者金融等のカードローンも
銀行のカードローンも、

 

まず審査を通過できない

 

と考えて差し支えないです。

 

topに戻る

まずは今のカードローンを解約してから新たに申し込みをする

ユーザーによっては、

 

今お金を急いで借りる理由はないが、
今のカードローンより金利が低い
会社に乗り換えておきたい

 

という場合があるかもしれません。

 

その場合は、

 

今の金利の高いカードローンをまず解約をして、
その後新たに金利の低いカードローン会社に
申し込みをする

 

手順を踏んでください。

 

そうすれば、前のカードローンの
限度額枠は消えますので、

 

悪影響を及ぼすことなく、審査を
受けることができます。

 

topに戻る

おまとめローン・借り換えローンは目的が違い限度額に影響がない

このページを御覧いただいている
ユーザーの中には、

 

「すでに借りれ額が年収の3分の1に
到達している」という方がおられるかも
しれません。

 

ここまでの解説では、審査での
限度額の悪影響を回避する
方法となり、

 

事前の対策により、金利の低い会社
などに、申し込み、新たな借り入れも
できる事例でした。

 

しかし、すでにめいいっぱいお金を
借りているであろうユーザーは、

 

限度額の影響も何も、すでに借りて
しまっているワケですから、

 

ニッチモサッチモ行かない状態なはずです。

 

そのような場合、「新たな借り入れ」は難しい
と考えてください。

 

しかし、今の借金の返済の負担を
大きく軽減できる方法があります。

 

それが、

 

おまとめローン・借り換えローン

 

という返済負担軽減ができる
救済的なローンサービスです。

 

一言でメリットをいうと、

 

今の金利より低く、しかも毎月の返済額を減らす

 

ことができる可能性が大きいサービスです。

 

このサ―ビスを少しでも早く知っておくか
どうか?で最悪のパターンを免れる可能性
もぐんと高くなります。

 

詳しくはこちらのページで解説して
いますので、借金でお困りの方は
ぜひ参考にしてみてください↓

 

 

topに戻る

まとめユーザーを保護する目的のための規制は必須

今回の解説のように、

 

すでに契約しているカードローンの限度額は
審査に確実に影響する

 

と考えておいてまず間違いはありません。

 

そもそも、総量規制があるのは、

 

お金を借り過ぎてしまった消費者が
返済が滞り、自己破産などの最悪の
結果になることを防止するため

 

にある、有意義な法律です。

 

「年収の3分の1までの融資」と言うのが
生活における経済的な悪影響を回避
できる一つの目安と考えられています。

 

年収と言うのは上がる場合もありますが、
下がる場合もありますので、計画的な
返済計画では余裕を持った計画にして
おくことが、リスクオフのポイントです。

 

 

また、金銭的に余裕のある方でも、
使っていないカードローンを持っている
限り、限度額は融資枠・与信枠を
浸食してしまいます。

 

このことを事前に知っておけば、
例えば、

 

金利の低いカードローンの乗換え

 

をしたい場合などは、事前に前の
カードローンを解約しておくことが
できるでしょうし役立ちますね。

 

また今後住宅ローンなどの申し込みを
考える時にも、カードローンの限度額は
確実に影響します。

 

事前に使っていないカードローンは解約を
行い、限度額が与信に影響しないように
してから申し込みをすれば、

 

失敗のない申し込みをすることができます。

 

ぜひ覚えておいてください。

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

横浜銀行カードローンについての知識を深掘り
地域密着型の地方銀行で人気の横浜銀行カードローンについて知りたい情報を取材してみました。
楽天銀行スーパーローンについての知識を深掘り
銀行カードローンで人気の楽天銀行スーパーローンについて知りたい情報を取材してみました。
ジャパンネット銀行カードローンについての知識を深掘り
ネット銀行の先駆けジャパンネット銀行についての商品サービスや特徴、メリット・デメリットなどを取材してご紹介します。
三菱UFJ銀行カードローンについての知識を深掘り
バンクイックで人気の三菱UFJ銀行カードローンについて知っておきたい情報を取材してみました。
みずほ銀行カードローンについての知識を深掘り
銀行カードローンで人気のみずほ銀行カードローンについて知りたい情報を取材してみました。
りそな銀行カードローンについての知識を深掘り
大阪に本社多く大手銀行。株式会社りそなホールディングスが100%株主となり、複数の銀行とグループを組んでいます。りそな銀行カードローンについて知りたい情報を取材してみました。
静岡銀行カードローンについての知識を深掘り
「しずぎん」でお馴染み静岡県を拠点とする地銀静岡銀行について。カードローンやビジネスローンなどについて知りたい情報を取材してみました。
銀行と消費者金融のカードローンの金利を比較してわかったことは?
金利18%は高いのか?キャッシングで気になる金利を銀行と消費者金融で比較して見たときのメリットやデメリットをご紹介します。
複数の銀行カードローンをおまとめローンに借り換える手順や注意点
カードローンやクレジットカードの支払いが増えすぎて返済に困っている方は、おまとめローンを使って、返済負担を和らげる方法があります。
銀行カードローンのおすすめ比較2019年10月最新22行金利・利用限度額他
実際にきゃっするが借りている銀行のカードローンの仕組みや、ネット銀行も含めた22行のおすすめ銀行・信用金庫系カードローンの金利の比較をご紹介しています。
銀行からお金を借りる7つのコツ。カードローンや審査の知識を取得する
銀行で今すぐお金を借りるための7つのコツをまとめました。
銀行と信用金庫のカードローンはどっちがおすすめ?金利の違いは?
カードローンを申し込むなら銀行と信用金庫を比べて違いをみてみましょう。金利のメリットや特徴等も取材しました。
信用金庫カードローンのおすすめ20庫金利・利用限度額他比較
地方の金融機関として根ずく信用金庫の経営理念やカードローンの金利・限度額20行のおすすめを比較しながらご紹介しています。
カードローンの借り換え相談。借り換えができる金融機関を比較
金利減額・毎月の返済額を減額などメリットのあるカードローンの借り換え。銀行や他の金融機関で借り換えができる先を一覧で比較してみました。
カードローンの返し方と返済期間をシュミレーション10万・30万・50万・100万・150万の場合
初めてカードローンを使うときに気になる、借りたお金の返し方・返済の方法と返済回数をシュミレーションして分かりやすく解説します。