個人零細の飲食店でも運転資金であきらめない。融資を確立が上がる4つのポイントとは

スポンサードリンク

 

※運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">

個人飲食店・個人事業主さま赤字経営から立ち直る対策と運転資金確保のすすめ

飲食店の運転資金の資金繰り

 

の悩みを持つ経営者の方は
非常の多くおられます。

 

このページでは、個人経営の飲食店が
赤字になるときの原因や、その対策、

 

そして赤字でも大丈夫な運転資金の
調達方法などについて具体的な解説を
しています。

 

最後まで読んでいただきますよう
お願いいたします。

 

 

赤字の個人飲食店でも運転資金融資を調達できる1つの方法を提案

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。このページでは個人飲食店・個人事業主さまに多い運転資金の悩みについての解決方法を中心にお話ししていきますので是非参考にしてみてください。


 

日本の会社の7割が運転資金などを借金している

一見、自分以外の他の飲食店
経営者を傍から見ていると、

 

「あの飲食店は資金繰りがうまくいっているようだ」

 

と感じることがあるかもませんが、
その内情は、実は割と多くの個人
飲食店の方が運転資金の工面
には、大変な思いをされている方
が多いのが実情です。

 

会社の7割は借金をしている

 

日本で赤字の会社や個人事業者は
全体の約7割あります。

 

半分以上の経営者が赤字決算
をしています。

 

そして日本の会社の7割は、
何らかの融資を受けています。

 

つまり会社借金です。

 

飲食店に限ってもやはり約7割
お店が赤字経営をしています。

 

無借金経営を目指すことに
越したことはありませんが、

 

借金をしていると税的優遇を受けられる
こともあり、

 

一概に借金がないから有利と
いうわけでもありません。

 

飲食店の赤字経営で一番困ること

 

個人経営の飲食店には、

 

  • ラーメン屋
  • パン屋
  • レストラン
  • 居酒屋

 

などその業種も比較的多いですが、
いずれの方々でも、赤字経営になると
最も困るのことが、

 

運転資金の確保です。

 

ではここから、運転資金がショート
してしまう原因や対策を具体的に
ご紹介します。

 

※ここでは「運転資金とは」について
は割愛します。詳しくは参考ページを
御覧ください。

 

 

topに戻る

個人経営の飲食店が赤字になる原因

飲食店を営むお店が赤字に陥る場合、
その原因の8割が、

 

売り上げ減少

 

といわれています。

 

ですので、これが赤字の原因であるなら
解決策としては、

 

売り上げ増加

 

のために何をすればいいのか?を
考えるべきでしょう。

 

しかし、これはどんな個人経営者でも
人から言われなくとも理解できることです。

 

個人経営者と言うのは自ら経営に携わる
機会も多いので、必然的に

 

赤字の原因はなんなのか?

 

ということは自分の目で見えているし
わかっているはずです。

 

topに戻る

「売り上げ増加」には何をすればいい?

黒字経営の3割の飲食店はどのような
経営や対策をしているのでしょうか?

 

それがわかれば、必然的に売り上げの増加
を獲得することができるはずです。

 

飲食店で売り上げ増加をさせるためには

 

たくさんのお客さんにお店に来てもらうこと

 

まずこれしかありません。

 

では、飲食店でたくさんのお客様に来店して
もらうためには何をすればいいのでしょうか?

 

以前私がコンサルティングをさせていただい
た飲食店の個人経営者様には次のような
ポイントを提案しました。

 

  • チラシを作成して手にとってもらう
  • ホームページで宣伝、ネットで口コミやメニューを拡散する
  • 値段を安くする
  • メニューを工夫する
  • etc

 

これらの対策を約半年の時間をかけて
構築していき、

 

まずはお客さんにお店へ足を運んでもらう

 

というアクションをおこすようにすること
を行いました。

 

さらにリピーターの数を増やすために
改善をしていきます。

 

 

これらの努力は飲食店の売り上げの増加
には不可欠なものです。

 

ですので、1つづつでも良いので
「強い意志を持って実行」すること
が大事です。

 

ただし、これらの対策を実行していく
ために1つだけどうしてもすぐに必要な
ものがあります。

 

それが資金です。

 

なぜ資金が必要か?

 

運転資金は売り上げが増加するまでの
期間、赤字を補填するために必要です。

 

これをつなぎ資金ともいいます。

 

 

また、宣伝のチラシや雑誌の掲載、
ホームページを作っていく対策には
宣伝費がある程度必要になります。

 

 

資金繰りができるかできないか?

 

 

今の赤字の飲食店が生き残れるかどうか?

 

が決まってきます。

 

これが現実と考えるべきです。

 

資金を調達できないとあきらめてしまえば、
売り上げを増加する対策はほとんど
実行できません。

 

また、じりじりと赤字は膨らんでいく
可能性が大きいです。

 

topに戻る

運転資金の調達はどこでやればいい?

いずれにせよ、

 

赤字がひどくてもう手も足もでない

 

という状況であるなら、売り上げの増加
を考えるより、

 

「お店を閉めてしまう」ことを考えた方が
得策の場合もあります。

 

しかし、自分が立ち上げたお店に大きな想い
があり、

 

「絶対に続けていきたい」という強い意志があるなら、

 

今日、明日からでも売り上げを上げるための
行動を起こして、

 

ピンチをチャンスに変える

 

ことも可能です。

 

先ほどもいいましたように、余裕資金が
ない場合は、まず資金を調達することが
先決となります。

 

今ならまだ間に合う状況であるなら

 

資金調達を積極的に考えてみる

 

ことも得策のひとつです。

 

つまりつなぎ融資を受けるということです。

 

3つの機関で調達

 

個人の飲食店経営で資金を調達するには
次の3つの機関で考えましょう。

 

  1. 公的融資機関
  2. 銀行
  3. 民間融資会社

 

この3つの機関の詳細をご紹介します。

 

・公的融資期間

 

ここでは日本政策金融公庫のことです。

 

メリットとしては金利が低いという
面があります。

 

デメリットとしては、審査が厳しい、
審査期間が長い、提出書類が多い、煩雑等があります。

 

・銀行

 

都市銀行や信用金庫などです。

 

メリットは金利がやや低い(国民生活金融公庫
よりは高い)と言う面があります。

 

デメリットとしては、審査が厳しい、
提出書類が多い、煩雑等があります。

 

・民間融資会社

 

銀行以外のいわゆる「ビジネスローン・事業者ローン」
とよばれる融資会社です。

 

メリットとしては、国民生活金融公庫、
銀行で融資を断られ不安だった方も
審査に通った方が多数ある、必要書類
が少ない、審査機関が短い(早い場合
は翌日に融資も可能)

 

デメリットとしては、金利が高いという
面があります。

 

「個人の借り入れ」と「事業資金の借り入れ」の2つの枠

 

個人事業者でも株式等の会社経営者
でも、融資を受ける形態として

 

  1. 個人の融資
  2. 事業融資

 

の2つのタイプがあります。

 

個人の融資では、融資を受ける当事者
の職業や年収などが審査のポイントとなります。

 

個人で借りる場合の融資会社について

 

事業融資では、お店や会社の成績が
審査のポイントとなります。

 

もちろん個人飲食店を経営されている場合
でも事業者ローンを利用することが可能です。

 

融資限度額は個人性と事業性の2つで別枠がある

 

あくまでも一例ですが、

 

たとえば、個人で借金があって、
限度額いっぱいに借りていても、

 

個人飲食店を営んでいれば、

 

事業者ローンビジネスローンを個人とは別途借りる

 

ことができます。

 

融資を行う機関や民間会社では
個人の融資と事業の融資の審査は
別と考えて行われます。

 

ただし、あくまでも融資の審査では、

 

国が法律で決めている、「信用情報」
(借り入れ債務者が必ず登録される
借り入れ状況の有無や借り入れ額の
概要)を見て審査されるので、

 

事業性融資だからといって個人の
借り入れ金がまったく影響しない
とは言い切れません。

 

しかし、はじめからあきらめる必要
はなく、手順どおり申し込みをすれば、

 

個人の借入れがあっても、事業融資を
受けられる可能性は十分にあります。

 

仮にダメな場合でも、デメリットは
何もありません。

 

単純に「審査が通らなかった」という
通知をされるだけです。

 

現実的に審査通過が厳しい2つの機関

 

  • 公的融資機関
  • 銀行

 

この2つのタイプの機関は
金利が安いメリットがある分、

 

審査基準が高く審査に通らない
ことが多いのは事実です。

 

事業ローン・ビジネスローンのメリットは最大限に活かせる

 

審査に関しては、飲食店での
資金調達ですので、ビジネスローン
の方が審査は通りやすいはずです。

 

ひとくちアドバイス

 

さらに融資条件のハードルを低く
するには、

 

無担保・無保証

 

で借りられるところを選ぶことです。

 

メリットとしては審査完了と融資される
日が早い
という点があります。

 

担保が必要・保証人が必要

 

の両方、またはどちらかが必須の
場合、

 

金利がやや低いというメリットはありますが、

 

万が一の時は担保物件は取られます。
また、担保物件がない場合は不可です。

 

保証人が必要な場合は、当事者以外の
誰かにお願いして保証人になってもらう
必要がありますので、

 

万が一の時はその人に責任が生じ、
迷惑をかけてしまうことになります。

 

このページの一番最後に、

 

ビジネスローンで無担保・無保証で一番融資を受けられる可能性の高い

 

会社の紹介がありますので、

 

必ず最後まで読んでください。

 

すぐに見たい方はこちら↓

 

 

topに戻る

腕のいい飲食店経営者ほど赤字に陥りやすい

私は京都を拠点にして経営コンサル
ティングをさせていただいていますが、

 

地元にある某有名大手出版社
(飲食店などの広告掲載雑誌の
製作会社で全国でも有名です)
の社長から、

 

生き残れない飲食店のパターン

 

のお話を聞いたことがあります。

 

この出版社は

 

「一度行ってみたい京都の美味しい飲食店」

 

というような、飲食店やレジャー施設などの
紹介(広告の掲載)の相談や取材
を数千店と行ってきています。

 

それゆえに、

 

赤字で困っている飲食店経営者の方の特徴が
あることをよくわかっておられます。

 

それを聞くと

 

メニューの味や料理の腕に自信がある方

 

が多いそうです。

 

そういう飲食店経営者は、

 

「うちは美味しいんだからお客さんは必ず来る」

 

とたかをくくっている方が多いそうです。

 

ですので、「宣伝・広報」ということに
あまり力を入れないのです。

 

考えてみてください。たとえば1つの都市に
飲食店というお店は何件あるでしょうか?

 

かなりの数があるはずです。

 

しかも、今の時代「味がまずい」お店
というのはほとんどありません。

 

すべてで味のレベルは上がっています。

 

そもそも、美味しくないのにお店を出す
というのは論外です。

 

そんな競争の激しい状況から、
1人のユーザーが飲食店を選ぶとき、

 

多くてもせいぜい、4,5件の程度の情報
の中から選んでいます。

 

宣伝に一生懸命のお店は、少しでも
多く、限られた枠の中に入っていくことが
できるので、

 

どんどんとお客さんに認知されていき、

 

お客さんから

 

気になるから一度食べに行ってみようか

 

という候補に選ばれる可能性が絶対的に
高いのです。

 

一度きてもらえれば、

 

  • 料理がとてもうまいね
  • お店の雰囲気が大好き
  • 料理の内容の割にプライスが安いね

 

など、経営者が思っていなかった
魅力なども含めて発見をしてもらい、

 

リピーターとしてまた来てくれます。

 

しかし、宣伝がうまくできていない
飲食店がたどる道はほとんどのお店が

 

気づかれることもなく、一度も
来店されることもなく埋もれていきます。

 

お客さんにお店の場所も味も、雰囲気も
認知されないまま、消えていってしまいます。

 

売り上げをアップさせて赤字をなくし、
さらに黒字経営に変えていくためには、

 

お店の宣伝

 

というものはとても大事なのです。

 

「料理が旨い、安い」

 

今の時代は、

 

1つや2つのことの魅力だけで、
すべてがうまくいくものではありません。

 

赤字経営からの脱出は

 

複数の対策と宣伝

 

 

それが確立できるまでの上手な資金繰り

 

が重要になってきます。

 

これは飲食店以外のビジネスでも、
共通することが多い条件でもあります。

 

このことはぜひ覚えておいてくださいませ。

 

 

 

ここまで、赤字飲食店が黒字になるための
必要な対策と、運転資金の調達方法
を解説させていただきました。

 

最後に資金調達をより早く、スムーズに
行えるために、

 

私が最も審査に通り融資を受けやすい
ビジネスローン会社を御紹介させて
いただきます。

 

金利やメリットなど詳しく解説が
ありますのでこちらをご覧ください。

 

 

topに戻る

手間と時間はかかるが「日本政策金融公庫」で融資の審査

ここまでお話しした通り、

 

運転資金繰りに困ることは個人事業主
である以上珍しくありません。

 

むしろ、どう乗り切って行くかが、事業主
に求められる大切な資質です。

 

運転資金確保にはいくつかの種類が
ありますが、

 

「低金利」で借りることを望むなら、
日本政策金融公庫に助けてもらう
方法もあります。

 

日本政策金融公庫の融資のデメリット

 

比較的融資が通りにくい。。

 

という点があります。一度融資を断られると、

 

その後の他の金融機関での融資申し込み
がおっくうになり、何もできないまま廃業、破産
となるケースもあります。

 

できれば「審査に落ちる」という体験はして
ほしくはないのですが、

 

もし、どうしても低金利で借りたいことを
最優先されるなら、「日本政策金融公庫」
での運転資金の申し込みをしてみてください。

 

審査に通るためのコツ

 

資金繰りは経験で学んでいけば良いこと
ですが、いくつかの知識を駆使したテクニック
を学んでおくことは必要です。

 

資金繰りの視点からは、返済原資が最も
重要となります。十分な利益が出てるなら
融資は通りますし、そもそも資金繰りに
窮してませんよね。

 

困っているときに融資してもらうためには
返済原資を示すことです。

 

ここで暦年贈与制度を活用しましょう。

 

事業主あるいは事業主の配偶者は、
被相続人予定者から年間110万円
まで非課税で贈与を受けられます。

 

月にすると9万円強です。

 

これを利用している事業主の世帯が
入金を数ヶ月された通帳を示せば、

 

これだけの返済能力があるとみてもらえます。

 

個人事業主夫婦で考えれば
4.5万円ずつで構いません。祖父母も該当します。

 

この方法がなぜそんなに良いのでしょうか。

 

それは、個人事業主及びその配偶者は
収入が不安定とみられて融資を渋られる
からです。

 

その点この制度からの生前贈与は被相続人
の財産及び与信を実質、相続人つまり
個人事業主夫婦が利用できるということです。

 

贈与契約書を交わし、きちんとこの制度を
使うことはごく自然な行いです。

 

この程度の額なら多くの場合、親に余裕が
あってもおそらくなくても生前贈与を非課税
で受けられます。

 

そして、個人事業で成功して文字通り出世
払いすることも日常生活費の範囲なので
非課税でできるということです。

 

同じ考え方を祖父母まで適用できます。
全員生きていれば個人事業主夫婦以外
になんと12人の財産、与信を視野に入れられます。

 

但し、この方法は前提として、「現在資金繰りに窮して
いるがやがて乗り越えて十分な利益をだす個人
事業主になる。」があるのは当然と考えて下さい。

 

topに戻る

赤字でも申し込み可能。無担保・ATMで借り入れ返済できる即日融資のビジネスローンとは?

審査結果を早く知ることができ、
しかも今すぐ、即日で運転資金
融資を受けたい方に最適な
ビジネスローンがあります。

 

ビジネスローンの比較すればビジネクストがおすすめ度が大きい

 

決算内容だけの審査ではありません。
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げて
判断する銀行とは違った審査基準ポリシー

 

があります。

 

「ビジネクスト」は個人飲食店
や個人事業経営者にとって多くの
メリットがあります。↓

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
事業拡大のための資金 運転資金は老後の資金に安易に手をつけない
会社経営や個人事業での事業拡大や経費などをどのようにして考えるのか?について大事なお話しを書いています。
リスケジューリングを利用せよ リスケの事例から手順を解説
リスケジューリングとは会社借金の返済の見直しこことです。具体的な解説を紹介します。
銀行の形態と借り入れの種類
会社・企業経営における融資を受ける場合、銀行の借り入れがあります。その形態や種類について解説しています。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
融資の審査ではここが見られる 融資の5原則
金融機関や貸金業者が融資の時に審査している 大きなポイントは5つあります。
手形のジャンプができにくくなったときの対策事例
銀行からの短期借入の手形貸付で手形のジャンプをしてくれないとき会社の資金繰りを助ける対策とは?
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
融資の流れ 個人事業主・法人が銀行から融資を受ける重要ポイントや必要書類
会社の資金繰りにおける銀行や金融機関から融資を受ける際の流れ・手順や、融資実行までの重要なポイント、必要書類などを深掘りしています。
つなぎ融資には2つの意味がある
運転資金と同等に使われるつなぎ融資という言葉はもう一つまったく違う意味で使われています。
つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感
ビジネスにおけるつなぎ融資が可能な金融機関は?銀行がダメな時でも、そこであきらめる必要はありません。もっとあるつなぎ融資が可能な機関を詳しく御紹介します。
人材採用の費用。助成金・補助金で資金調達の方法
新規人材の採用には高コストがかかります。具体的な数字や、資金調達のための助成金・補助金のご紹介です。