収支ズレの為の運転資金の金額はどのように計算するのか?融資を受ける事の多い運転資金の実態

正しい運転資金の内容を理解して、必要な金額だけ融資・借入を行う

運転資金とは?

 

どういった資金のことを言うのでしょうか?

 

ます一言で計算式を言うと、

 

運転資金=「売掛金+受取手形+在庫-買掛金」

 

となり、この金額が運転資金
として必要な金額となります。

 

ではもう少し具体的に見ていきましょう!

 

※最後に運転資金の融資を素早く
割と簡易な申し込み方法で融資を
受けられる方法もご紹介していますので、
情報が必要な方は、

 

ぜひ最後まで読んで見てください!

スポンサードリンク

※運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">





運転資金とは?運転資金の重要性

「運転資金」は「運転」という言葉の通り、
事業を動かして行くために、最も必要性の
高い資金の1つです。

 

そして、運転資金は「現金を必要」とし、
実質のお金が動くため、融資の希望の
理由としても需要が高いといえます。

 

topに戻る

運転資金は「売掛金」+(「受取手形」)+「在庫」-「買掛金」

金融機関から運転資金の融資を受けるとき、

 

  • 月商
  • 取引先との支払いサイト
  • 在庫

 

この3つをチェックされます。

 

これら運転資金の状況次第では、
融資の実行がされるかどうか?

 

が分かれ目となります。

 

 

これらを決算書の科目に置き換えると、

 

  • 売掛金
  • 在庫
  • 買掛金

 

という形の数字となります。

 

運転資金の計算方法の例

 

  • 売掛金100万円×3か月分=300万円
  • 在庫50万円×3か月分=150万円
  • 買掛金50万×2か月分=100万円

 

会社の帳面に上記の数字が
ある場合、運転資金の計算方法は、

 

売掛金300万円+在庫150万円-買掛金100万円=運転資金350万円

 

で運転資金を算出することができ、
運転資金は350万円となります。

 

topに戻る

実際運転資金350万円がどのように使われるか?

先ほどの事例では運転資金は
350万円ということになりましたが、

 

その根拠について解説します。

 

  • 1ヶ月の平均の売上は100万円です。
  • 平均回収サイトは3か月です。(手形はなし)
  • 仕入原価は売上100万円に対して50万円です。
  • 平均支払いサイトは2ヶ月です。

 

 

上記の数字は会社の経営状況です。

 

1ヶ月の平均月商が100万円です。
この売り上げを回収する為に、平均
3か月かかります。

 

そして、売上100万円に対して、50万円
の仕入原価がかかります。

 

売上の回収に平均3か月かかります
から、常に3か月分の在庫は用意して
おく必要があります。

 

そうしないと、ビジネスが継続する
ことができません。

 

ですから、3か月の売掛金と在庫代金、
ダブルで運転資金が必要です。

 

そして、買掛金は「お金が入ってくる」
ので引くことができるのですが、

 

支払が2カ月になっているので、売上の
回収より1ヶ月早く支払う必要があります。

 

よって「売り上げ3か月分」のお金と
1か月分の「買い掛代金」のお金が、

 

運転資金として必要になり、現金で
ない場合は借り入れ・融資を受けて
おく必要があります。

 

もし、運転資金がショート
してしまうと、実質のビジネスの
継続ができなくなります。

 

たとえ、支払を待ってもらうなど
一時的に凌げたとしても、

 

そうなることで、会社・事業の信頼性
は損なわれていくことになりますので、

 

極力・出来る限り回避することが不可欠です。

 

そのために、運転資金はどんな会社や
個人事業主でも、「借り入れ」を行う
わけであり、

 

「借金をしている会社や事業主が多い」
理由でもあります。

 

これは、異常な状態ではなく、
経営を継続していくうえでは、
至って正常な状態とも言えます。

 

 

早めに数字を算出して、融資が必要な
場合は、借入の準備を行う必要が
あります。

 

 

 

topに戻る

運転資金の融資を出来るだけ早く受ける為の方法

事業で必要な運転資金が不足した際の
解決方法は、まず

 

金融機関で融資を受ける

 

ことが一般的です。

 

銀行や日本政策金融公庫で融資を受ける

 

融資先で最初に思いつくのが、

 

銀行でしょう。

 

しかし、割と大きな中小企業や大企業なら
ともかく、小規模な自営業・個人事業主の
方の場合、

 

銀行での審査が通らないということが良くあります。

 

また日本政策金融公庫に申し込みを
するという方法もありますが、

 

こちらも金利が低いメリットがある分、
審査方法はハードルが高く、必要書類も
割と多くあります。さらに事業の先行きを
明確に示すための、事業計画書をしっかりと
作成しなければなりません。

 

 

もしこれら2つの金融機関で審査申し込みをして
融資を受けられなかった場合、そこであきらめるしかないのか?

 

ということはありません。

 

融資実行が早い民間のビジネスローンを活用

 

第3の融資元金融機関として、

 

ビジネスローンを展開しいている民間の資金業者

 

を利用することができます。

 

この場合、

 

  • 不動産や保証人などが必要のない無担保・無保証式ビジネスローン
  • 不動産を担保にできる不動産担保型事業融融資

 

の2つの選択肢があります。

 

もし運転資金や事業性資金の融資を
最も手軽に受けたいとお考えの場合は、

 

これら2つを比較して、あなたにとって
ベストな方法を申し込みをして見てください。

 

申し込み詳細はこちらののページでご紹介
していますので参考にしてみてください。↓

 

参考

 

不動産担保ローンならいくら借りられる?相場通りに借りれるたった1つの方法

 

不動産担保ローン法人・個人事業主向けビジネスローン融資おすすめベスト4

 

銀行で融資を断られてもあきらめない!この2社のビジネスローンの審査を受けてみる

 

ビジネクストの審査。評判が良い基準は赤字決算でもOK!のビジネスローンに実際に申し込みしてみた!

 

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

運転資金の融資の目安。融資実現の方法は2つ。会社・個人事業での運転資金の期間
会社法人・個人事業主にとって運転資金が足りなくなることは多くあります。その場合は借入・融資の申し込みをすることによって事業を進める方法があります。