収支ズレの為の運転資金の金額はどのように計算するのか?融資を受ける事の多い運転資金の実態

スポンサードリンク

 

運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「オリックス」が常識

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">

正しい運転資金の内容を理解して、必要な金額だけ融資・借入を行う

運転資金とは?

 

どういった資金のことを言うのでしょうか?

 

運転資金の重要性

 

「運転資金」は「運転」という言葉の通り、
事業を動かして行くために、最も必要性の
高い資金の1つです。

 

そして、運転資金は「現金を必要」とし、
実質のお金が動くため、融資の希望の
理由としても需要が高いといえます。

 

運転資金は「売掛金」+(「受取手形」)+「在庫」-「買掛金」

 

金融機関から運転資金の融資を受けるとき、

 

  • 月商
  • 取引先との支払いサイト
  • 在庫

 

この3つをチェックされます。

 

これら運転資金の状況次第では、
融資の実行がされるかどうか?

 

が分かれ目となります。

 

 

これらを決算書の科目に置き換えると、

 

  • 売掛金
  • 在庫
  • 買掛金

 

という形の数字となります。

 

運転資金の計算方法の例

 

  • 売掛金100万円×3か月分=300万円
  • 在庫50万円×3か月分=150万円
  • 買掛金50万×2か月分=100万円

 

会社の帳面に上記の数字が
ある場合、運転資金の計算方法は、

 

売掛金300万円+在庫150万円-買掛金100万円=運転資金350万円

 

で運転資金を算出することができ、
運転資金は350万円となります。

 

実際運転資金350万円がどのように使われるか?

 

先ほどの事例では運転資金は
350万円ということになりましたが、

 

その根拠について解説します。

 

  • 1ヶ月の平均の売上は100万円です。
  • 平均回収サイトは3か月です。(手形はなし)
  • 仕入原価は売上100万円に対して50万円です。
  • 平均支払いサイトは2ヶ月です。

 

 

上記の数字は会社の経営状況です。

 

1ヶ月の平均月商が100万円です。
この売り上げを回収する為に、平均
3か月かかります。

 

そして、売上100万円に対して、50万円
の仕入原価がかかります。

 

売上の回収に平均3か月かかります
から、常に3か月分の在庫は用意して
おく必要があります。

 

そうしないと、ビジネスが継続する
ことができません。

 

ですから、3か月の売掛金と在庫代金、
ダブルで運転資金が必要です。

 

そして、買掛金は「お金が入ってくる」
ので引くことができるのですが、

 

支払が2カ月になっているので、売上の
回収より1ヶ月早く支払う必要があります。

 

よって「売り上げ3か月分」のお金と
1か月分の「買い掛代金」のお金が、

 

運転資金として必要になり、現金で
ない場合は借り入れ・融資を受けて
おく必要があります。

 

もし、運転資金がショート
してしまうと、実質のビジネスの
継続ができなくなります。

 

たとえ、支払を待ってもらうなど
一時的に凌げたとしても、

 

そうなることで、会社・事業の信頼性
は損なわれていくことになりますので、

 

極力・出来る限り回避することが不可欠です。

 

そのために、運転資金はどんな会社や
個人事業主でも、「借り入れ」を行う
わけであり、

 

「借金をしている会社や事業主が多い」
理由でもあります。

 

これは、異常な状態ではなく、
経営を継続していくうえでは、
至って正常な状態とも言えます。

 

 

早めに数字を算出して、融資が必要な
場合は、借入の準備を行う必要が
あります。

 

 

 

topに戻る

 

 

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

運転資金の借入・融資実現の方法は2つ。会社・個人事業での運転資金の期間
会社法人・個人事業主にとって運転資金が足りなくなることは多くあります。その場合は借入・融資の申し込みをすることによって事業を進める方法があります。
もし運転資金の融資を銀行で断られたら。審査・即日でメリットのある1社で審査を受けてみる
人件費や仕入れの支払と売掛金回収の収支ズレによる運転資金を銀行が融資を断ってきた時、急を有する方は迷わずまずはこの1社に申し込みをして融資を受けてください。