銀行以外のビジネスローンにはどんな会社や条件があるのか?徹底的に比較してみよう!

銀行以外のビジネスローンの融資を受けて事業の運転資金やつなぎ資金に活用

銀行で融資を断られた

 

そんな場合でも、事業資金融資を
受けることができるビジネスローン
があります。

 

銀行以外のビジネスローンの融資の解説

 

※このページでは、事業性融資での
ジャンルについて解説しています。

 

カードローンのような個人向け融資で
銀行に融資を断られたと言う方は、

 

貸金業である消費者金融の選択肢
があります。まずはこちらをご覧ください。

 

個人向けカードローンを貸金業の消費者金融で考える場合

 

銀行以外で借りる必要性の大きな理由

 

ご存じの方も多いと思いますが、
2017年4月に金融庁が、

 

銀行のカードローンの実態調査
から、過剰に融資を行っているとし、

 

自主規制を促すコメントを通達。

 

それに伴い、実際に銀行は融資の
残高を減らすような対策を行って
います。

 

これらは、ビジネスローンに対しても同じ
対策が行われ、いわゆる「貸し渋り」が
始まっています。

 

 

しかし、事業での借り入れや融資は
会社代表者や個人事業主にとっては

 

命綱になる場合も多く、どうしても
必要に迫られる時があります。

 

運転資金・つなぎ融資など事業運営の
為には、様々なシーンでお金が必要と
されます。

 

事業や会社の資金繰りでどうしても
融資を受けたいという方は、

 

このページを最後までお読みいただき、
一度、このページで紹介されている会社
へ審査の申し込みをされることをおすすめします。

スポンサードリンク

※運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">



銀行以外で融資を考える前に

先ほども申しましたように、2017年から

 

銀行からの借入が非常に難しくなっている

 

状態であるため、

 

ビジネスローンや事業融資をお考えの
事業主にとっては深刻な問題に直面
しています。

 

プロミスなどが融資を行っている「個人向け」
のカードローンについては、

 

事業性融資ではないため、仮にこれらが
自主規制されても、

 

(しかし、民間企業なので自主規制が
されることはめったにありません)

 

「個人ひとり」の問題の場合も多く、
債務者なら何かしらの節制を持って
返済のみを行えば、

 

普段の生活に支障をきたすことを避けら
れることもあるでしょう。

 

しかし、事業性融資となるとそうは
いかない場合があります。

 

事業は生き物ですから、入金・出金
は継続的に行われ、節制するにも
限度があります。

 

ですので「現金」がどうしても必要で
あるシーンはでてくるはずです。

 

仕入れ先への支払い、従業員への
給与支給、消費税納付など

 

事業・経営における「出費」には種類
も多く、これらを避けて通ることはできません。

 

いわゆる、つなぎ資金、運転資金と
呼ばれるものです。

 

 

 

日本の会社の7割が何らかの借り入れ
を行っている数字が「継続的に融資が
必要である」とされる実態を映し出して
います。

 

冒頭で申しました通り、銀行の融資に
自主規制が入り、事業性の融資に
ついても、

 

銀行は積極的に貸し出しを行わない
姿勢が顕著になっています。

 

例えば、「三菱UFJ銀行」の
公式サイトでは、以前は「事業性
融資・ビジネスローンカード」の案内
が解かりやすく表示されていましたが、

 

現在では「相談の受付」のみの
アナウンスになっています。

 

しかし、銀行で事業性融資を受ける
メリットの一つとして、

 

金利が低い

 

という点が挙げられます。

 

ですので、事業主にとっては銀行で
ビジネスローンを受けれるのなら、
それに越したことはないと言えます。

 

そして、金利が低い点では、

 

日本政策金融公庫

 

があります。

 

では、この2つの事業性融資について
実際に申し込みを行う上でどういった
特徴があるのか?

 

をご紹介します。

 

topに戻る

銀行や日本政策金融公庫の審査申し込み書類は煩雑

銀行や日本政策金融公庫は
国の支援を受けています。

 

そう言った事情があり、融資事業に
関しては、融資先の会社倒産や
自己破産による損失を被らないよう、
より慎重な審査対応を行います。

 

ですので、銀行や日本政策金融公庫
が会社・事業経営に資金融資を行う場合は、

 

民間の「個人融資(キャッシング)」の場合
よりリスクの軽減を最優先に考え、より厳しく
調査・検討がなされます。

 

具体的に調査される項目として、

 

  • 人(人物評価)
  • 物(物的担保)
  • 金(財務、返済財源)
  • 資金使途

 

などにおいてしっかりとみられます。

 

 

「事業計画書」の必要性

 

銀行や日本政策金融公庫に
提出が必要な書類としては、

 

  • 銀行が制定した融資申込書
  • 銀行取引約定書
  • 決算書(3期分)
  • 事業計画書
  • 資金使途が確認できる資料
  • 口座振替依頼書

 

等が挙げられます。

 

これらの書類は一見、この後ご紹介
するノンバンクのビジネスローン会社
とあまり違いがないとお感じになる
かもしれませんが、

 

「事業計画書」

 

についての内容の検討には、

 

銀行・日本政策においては、

 

将来事業で利益の確保が可能かどうか?

 

という点において厳しく評価され、

 

「返済に有効でない」と判断
されれば、その時点で融資は
難しいと言っても過言ではありません。

 

銀行の事業性融資では事業計画書のレベルと実際の数字の実現性を見られる

 

また、

 

「決算書」においても、

 

「利益の確保」「資産の積み上げ」
数字が重要視され、

 

単に事業が継続されているという
数字では、とてもじゃないですが
融資実行の可能性は低いものと
認識しておいてよいでしょう。

 

 

それでも、

 

事業計画において、将来成功する自信がある

 

と思われる方は、

 

ぜひ、銀行や日本政策金融公庫の
事業融資の審査申し込みを行って
いただくことをおすすめします。

 

しかしその場合でも、事業計画書の
内容において、金融機関により正確に、

 

そして、将来性の可能性を確実に
解かりやすく数字で示すためには、

 

事業計画書の作成レベル

 

が重要となりますので、この点に
ついては事前にしっかりとした対処
を行ってください。

 

参考 ・ビジネスローンを日本政策金融公庫で申込むなら、金融のプロに書類をサポートしてもらう
※「個人事業主」の場合を中心に解説していますが、法人経営でもサポートが行えます。

 

では最後に、銀行や日本政策金融公庫
以外でビジネスローンの申し込みができる、

 

ノンバンクの民間金融会社についてお話しします。

 

これらの金融機関を利用するメリットは、
銀行や日本政策金融公庫のような
煩雑な書類などが少なく、

 

必要最低限の手順で審査の申し込みを
完了させることができる点です。

 

また、売り上げなどが少なく小規模な
事業の方でも融資の可能性が高い
点も含まれます。

 

topに戻る

民間の金融機関のビジネスローンの活用。まずはこの2社から。

実際に私も利用している事業性融資が

 

ノンバンクの活用

 

です。

 

ノンバンクとは、その名の通り「銀行ではない」
という意味です。

 

民間の企業がおこなっているビジネスローン
の仕組みです。

 

国から正式に貸金業者登録番号を
受けている金融機関です。

 

(ご存じだと思いますが、違法な闇金などでは
絶対に借り入れをしてはいけません。)

 

これらのビジネスローンを考えるメリットの
1つとして、

 

融資に積極的である

 

ということがあります。

 

銀行では元から「融資に積極的」とは
言えない団体です。

 

銀行は「預金業務」もあり、国民から
お金を預かってそれらのお金を元に
運用を行っているのですが、

 

「融資事業」に限らず、保険業務など
様々な事業に運用されています。

 

ですので、無理に融資を行うという
必要性はありません。

 

そもそも、国に守られているという
実態もありますので、

 

リスクを避けて粛々と作業を行う

 

といった形が銀行です。

 

日本政策金融公庫にしても、大きな
リスクを背負ってまで、経営者にお金を
貸すということはまずありません。

 

しかし、民間企業であるノンバンク
の金融機関は、国から手厚い支援を
受けているわけではなく、

 

自分たちで経営を守っていかなければ
ならない、いわゆるお金を借りる側の
立場の人たちと同じ「1経営団体」です。

 

そのためには、

 

融資を行う

 

ということが安定経営の大前提になります。

 

ですので、融資が実行される可能性が
銀行より広がっているといえるのです。

 

もちろん、公平な審査はありますが、
審査基準において、銀行と必ずしも
同じとは言えないということになります。

 

貸し渋りが始まる前に申込みをしてカードを作っておく

 

重要なアドバイスとして申しておきます。

 

以前にもこのサイトで書かせていただき
ましたが、

 

今回の銀行のように「いつ貸し渋り」が
始まるかは分からないと言えます。

 

これは、ノンバンクのビジネスローンに
ついても同じことが言えます。

 

景気の良いときは「今は大丈夫」と
思ってしまい、ついついピンチの時の
対策を怠ってしまうことはよくあること
です。

 

ですので、申し込みをして融資枠を
もらえるときに事前の対策として、
審査を通過しておくことは、

 

かなり重要な事です。

 

また、経営が傾きいざとなって「融資の
申し込み」をしても、今度は民間の
金融会社でも「審査に通らない」
といった事態が起きるでしょう。

 

ノンバンクで事業性融資の申し込みを
して融資枠を作っておくことは、

 

「リスク軽減」の対策として考えてみる
ことは間違っていないと申しておきます。

 

ノンバンクに関するメリットや特徴など
に関してはこちらをご覧ください。

 

 

またすぐに推奨できるビジネスローン2社
をご覧になりたい方は、こちらから詳しい
情報を御確認下さい。

 

 

まとめ 本気で会社や事業に取り組むなら

 

例えば、金利利息「12%」でビジネスローン
を活用する場合、

 

もし、15万円のお金を1か月借りて
1か月後に全額返済すると、

 

金利はいくらになるでしょうか?

 

15万円×12%÷365日×30日

 

で、おおよそ1479円です。

 

この1479円で会社や事業の資金繰り
がスムーズに行えたとすればどうでしょう?

 

高いでしょうか?安いでしょうか?

 

例えば、趣味として、

 

好きなアーティストのCDを買えば1000円以上はするでしょう。

 

コンサートに行けば高ければ5000円、1万円はザラです。

 

タバコを一箱買えば、ライターとセットで
500円近くはします。

 

月に3回も購入すれば1500円です。

 

映画館に行けば2000円近くは支払う、
まだ履けるジーパンがあるのに、ユニクロ
で買えば、やはり安いと言っても2000円
くらいは出費します。

 

このように、普段何気なく使っているお金
で会社や事業が滞りなく、また誰にも
迷惑をかけることなく継続することが
できるのです。

 

本気の経営を行いたいのなら、使っている
お金を見直して、それを経営のつなぎ資金
・運転資金に当てれば、

 

まだまだしっかりとした事業継続は見込める
のではないでしょうか?

 

topに戻る

個人向けカードローンで銀行で断られたらなら貸金業の消費者金融で考える場合

個人向けのフリーローン・
カードローンでの申し込み・
審査で、

 

銀行に融資を断られた

 

と言う方は、

 

貸金業である消費者金融

 

という選択肢があります。

 

どうしてもお金が必要と言う方は、
消費者金融の申し込みを考えて
見てください。

 

借りられる審査が通る目安

 

事業性融資の場合は「業績」が
一つの審査通過の目安となりますが、

 

カードローンのような資金使途フリー
タイプ個人向け融資の場合は、

 

まず、大前提として、

 

20歳以上で定期的な安定した収入がある

 

ことを条件としています。(これは銀行とほぼ同じ。)

 

さらに、貸付限度額は

 

年収

 

が一つの目安になります。(これも銀行とほぼ同じ。)

 

但し、貸金業の場合、

 

限度額上限は年収の3分の1までの融資

 

というのが一つの目安です。これを総量規制と呼びます。

 

 

例えば年収100万円の方が貸金業で
個人向け融資を受けるときについて、

 

借りられる金額の審査通過の目安
を参考にしてみてください。↓

 

 

貸金業いわるゆ消費者金融で安心な
キャッシングができる会社のメリットなど
を詳しく書いているページがありますので、

 

ぜひ理解を深めてみてください↓

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

topに戻る

ビジネスローンは貸付条件をご確認のうえ、ゆとりを持ったご返済計画を。

 

ご返済等でお悩みの方は日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター0570-051-051(受付時間9:00~17:30 休 : 土、日、祝日、年末年始)

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
運転資金について深掘り
会社法人・個人事業主の運転資金の融資をビジネスローンで申し込むメリットとは?そもそも運転資金とはどういったものか?
ビジネクストのビジネスローンについて深掘り
即日融資可能、繰り返し借り入れができ、いつでも返済が可能なビジネクスト事業融資の評判や口コミ、審査など気になる情報のまとめ一覧です。
大阪や東京でビジネスローンを探すより有利な条件がたった1社ある
事業における運転資金やつなぎ資金の融資を受けるならネットでの受付も可能です。今もっともおすすめできる全国からweb申し込みが可能なビジネスローンとは?
カードローンとビジネスローンの違いは「個人と事業主。」共通のメリットは?
個人向けカードローンと法人・個人事業主向けのビジネスローンは違いもありますが、共通するメリットもあります。どちらでもカードの発行が可能な使いやすい会社もあります。
アイフルビジネスローン「事業サポートプラン」金利・担保など3社との比較
キャッシングでは人気のアイフルですが、個人向けの他に事業融資向けのビジネスローンサービスもあります。その内容についてご紹介します。
楽天銀行のビジネスローン・事業融資は審査が甘いってホント?
ネット銀行でも有名な楽天銀行には「ビジネスローン」の融資の相談も行っています。実際の審査の内容や申し込み方法などを調べてみました。
オリックスのビジネスローンVIPローンカードBUSINESS個人事業主・法人向けとは?
ビジネスローンにおすすめの(orix)オリックス・クレジット株式会社のVIPローンカードビジネスは、信頼ある大手ノンバンク会社が展開する事業融資です。
年商5000万の飲食店運転資金で100万円のビジネスローン融資。緊急時の利便性。
給与の支払いや仕入れの代金支払いなど、飲食店での運転資金で保証人なしのビジネスローンを活用した例をご紹介します。
審査が甘いビジネスローンで50万円借りるときと10万円借りるとき違いはあるのか?
ビジネスローンの申し込みで最も気になることの一つ、「審査」について解説します。ノンバンクは銀行より審査の甘いは本当か?
法人・自営業必見!融資での金利を比較。ビジネスローンは担保ありで2.65%も可能
融資の金利をノンバンクと銀行で比較。法人と個人事業主では金利設定は違うのか?スピーディーな事業融資はここがおすすめをご紹介。
ビジネスローンで即日融資。緊急なら法人・自営業共最短1日・限度額1000万のノンバンク1社推奨。
至急・緊急のビジネスローンなら銀行よりノンバンクの可能性を実感。その理由やビジネスローン2019の比較から最適な金融機関を選んで法人・個人事業主の事業融資を確実に確保。
ビジネスローンとは?有効活用のための5つのメリット
個人経営者・会社法人代表者が融資を受けたいと考えるなら「ビジネスローン」があります。まずはビジネスローンとは?についての詳細をご覧ください。
ビジネスローンを比較!2019年即日融資可能で無担保・ハードルが低い審査に注目
事業資金を比較されている方に朗報。今なら日銀マイナス金利政策で積極的に無担保融資するビジネスローン会社に審査を申し込むことが可能です。
個人事業主がお金を借りる。事業性融資で3つの金融機関を比較。選ぶときのポイント
ビジネスローンを個人事業主が受ける為には、それぞれの事業者に適切な金融機関を選ぶことでより確実な融資を受けることができます。事業融資申し込みの優先順位を見極めて簡素化。
個人事業主・自営業が消費税を払えない!分割納付とビジネスローンの活用
消費税が払えないという自営業者・個人事業主は多く、共通の悩みです。未払いの解決策と滞納を事前に回避する方法などをご紹介します。
レイクALSAのキャッシングはビジネスローンに対応しているのか?
ビジネスローンとは事業性融資のことですが、2018年に新しくサービスが始まったレイクALSAでお金を借りた場合、事業性資金に使えるのか?についてお話しします。
アコムのキャッシングはビジネスローンも対応しているのか?
ビジネスでの資金調達は事業性融資になりますが、フリーローンとして人気のアコムではビジネスローンとして審査を受けることができるのか?についてお話しします。
ノンバンクなら事業資金融資が借りやすい。赤字決算でも審査可能なたった1つの会社とは?
社員のいない個人事業主や小規模な会社経営に携わる方全般にお届けする、法人融資や事業資金・運転資金の融資を出来る限り実現させる唯一の方法をご紹介します。
短期の融資。下限金利8%で銀行より利便性・審査でおすすめのビジネスローンとは?
運転資金などの短期の事業融資に便利なビジネスローンをご紹介します。無担保でコンビニATMで借入・返済が出来ます。法人・個人事業主どちらでも可能。
車のローンが組めない自営業の最終手段。100万円以下ならビジネスローンを利用してみる。
銀行などではローンサービスの一つに金利の低い「車専用ローン」があります。しかし個人事業主で安定した収入がない場合、審査に通らないことも多いです。そんな時にできる車ローン対策をご紹介します。
自営業の借り入れ。赤字決算でも申し込み可能なたった1つのビジネスローンとは
何かと運転資金が不足がちになる自営業のビジネス。カード型ビジネスローンなら必要な時だけコンビニATMで借り入れができる実用性に優れたメリットがあります。
自営業のローン。赤字でも最高限度額1000万まで申し込み可能なビジネスローンをご存知ですか?
銀行ではなかなか貸してくれない事業融資でも、ノンバンクのビジネスローンなら審査に通りやすいメリットがあります。
自営業者がカードローンを選ぶとき。事業性融資と個人融資の2つの視点から考える
個人・法人で自営業を行う方が融資を考えるなら、カード型のローンで申し込みができる方が多くのメリットとがあります。銀行とノンバンクとの両方からおすすめのカードローンをご紹介します。