借りにくさを気にせず審査を受けることができる自営業のカードローンとは?

スポンサードリンク

 

カードタイプと口座振り込みタイプの大きな1つの違い。フットワークが軽いカードローン型がおすすめの理由とは?

自営業がカードローン

 

の申し込みをするなら、
どこの会社を選べばいいのか?

 

結論から言いますと、

 

  • 審査の基準がやさしい
  • 申し込みの必要書類が格段に少ない
  • 借り入れ・返済がコンビニATMでできる
  • 無担保・無保証で借りられる

 

といった会社を選ぶことをおすすめします。

 

また、自営業のローンだけで考えると、
カード型ではなくても、多額の事業融資
向け銀行のプロパ融資のような、

 

厳格な審査のないビジネスローンもあり、

 

 

メリットとしては、カード型より
金利が低いというタイプのものもあります。

 

今回ご紹介する、ビジネスローンは
自営業の小規模な事業を営んでいる
方でも、審査に通りやすい会社です
ので、

 

その辺りも踏まえて詳しく解説します。

 

ぜひ最後まで読んで見てください。

スポンサードリンク

 

※運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">

自営業がカードローンの申し込み。事業性と個人向け2つの考え方

まず、自営業という立場の方は、

 

  • 事業性融資
  • 個人向け融資

 

2つのサービスを選択できる
立場があります。

 

事業性融資とは

 

言葉の通り、事業で使うお金の融資です。

 

「運転資金・設備投資」などが
その項目になります。

 

個人向け融資とは

 

個人向け融資には多くのタイプがあります。

 

資金使途自由の「フリーローン」をはじめ、

 

  • 教育ローン
  • リフォームローン
  • マイカーローン
  • ペットローン
  • 住宅ローン

 

など使用目的を限定したあらゆる
サービスローンもあります。

 

自営業者はどちらからも選ぶことができる

 

自営業の方は、事業性融資・個人向け融資
どちらのローンでも選ぶことができます。

 

自営業者は個人が社長をしています。

 

個人事業主は基本的に「給料はない」
システムで、事業収入=個人収入となります。

 

ですから事業性融資と個人向け
融資のどちらでも利用することもできます。

 

選択肢は広いといえます。

 

個人向け融資を選ぶ場合、使用使途自由
のフリーローンを選びます。

 

※フリーローンの中には一部
「事業性を除く」となっている
サービスもあります。

 

そして、事業性融資を選ぶ場合は、
ビジネスローンという
事業性資金に使える融資を受ける
ことができます。

 

個人向けと事業性融資とは審査が別

 

レイクALSAアコムなどの個人向け
カードローンでは、

 

年収の3分の1以下の融資

 

という規則が総量規制で決まっています。

 

しかし、事業性融資の場合は、
この規制は関係なく、別物として
審査を受けられます。

 

ですので、自営業者の場合はこの2つを
うまく利用すれば、融資限度額がアップ
する可能性があります。

 

 

信用情報を見て審査が行われる

 

但し、個人の借入の情報は
信用情報という形で、銀行や貸金業者
が見れるようになっています。

 

これは、国が定めている閲覧情報で、
金融機関はこの情報を見て、審査を
行い、貸し過ぎを防ぐよう指導しています。

 

ですので、この2つのローンを利用したから
といって、

 

  • 返済能力を過剰に上回る貸付け
  • 年収以上の限度額が付く

 

など「大幅に限度額を増やす」という
ことはできません。

 

topに戻る

審査のハードルが低いと言えるカードローン型のビジネスローンがおすすめ

銀行の事業性融資は本来、

 

プロパ融資と呼ばれる融資でした。

 

事業計画がしっかりとしたもので、
決算書のチェックも厳しくされ、

 

赤字などがあると融資の審査が
中々通らないシステムです。

 

このプロパ融資の最大の特徴は、

 

金利が大幅に低い設定

 

ということです。

 

お金を借りた際に支払う利息が
少なくて済むので、債務者にとって
はメリットがあります。

 

しかし、それがゆえに、

 

低金利での融資のため、万一
融資の焦げ付きが発生すると、
大きな損害を受けることになる
ため、

 

銀行のプロパ融資の審査は
ハードルが高いのです。

 

まして、自営業者のような小規模な
経営を営む方には、

 

あってないような事業性融資ともいえます。

 

 

審査・提出書類を簡素化したビジネスローンの融資

 

では自営業者にとって事業融資は
あきらめるしかないのか?

 

というとそうではありません。

 

事業融資を行っている金融機関は、

 

  • 銀行
  • 貸金業
  • 政府系金融機関

 

の3つが中心にあります。

 

この中で最も審査が厳しいのは、

 

金利が最も低い政府系金融機関です。

 

しかし審査のハードルを下げることを
考えた場合は、

 

選ぶのであれば貸金業のビジネスローンが
もっともおすすめです。

 

しかも、カードローンとして使える
ビジネスローンが使いやすいのです。

 

民間の貸金業者

 

小規模な自営業者が一番現実的な
融資実行を勝ち取れるのが、民間の
貸金業者からの事業融資です。

 

総称してビジネスローンと呼ばれています。

 

ビジネスローンでおすすめなのが
ビジネクストです。

 

ビジネクストはビジネスローンの融資をより即日で審査・振込が行われます

 

特徴として金利は高くなりますが、
しかし融資審査に通りやすいサービス
であり、

 

赤字決算でも確定申告書の提出、
そして簡易な事業計画書を作成し
提出するだけで申し込みが行えます。

 

さらに、原則無担保・無保証となって
おり、万が一のリスク回避も問題なく
行うことができます。

 

審査後は最短即日で融資も可能で、
銀行のようにまとまったお金を一度に
借りて返済していくのではなく、

 

ローン専用カードをつかって、セブン銀行
ATMなどから、必要な金額だけを借りる
ことができる、大変便利な事業融資
サービスです。

 

 

さらにビジネクストについての
詳細な情報はこちらをご覧
ください。↓

 

 

topに戻る

カード型以外の銀行ビジネスローンで借りやすい会社

最近では銀行も自営業のような小規模
な経営者の方にも融資を行いやすい
サービスが出始めています。

 

ジャパンネット銀行

 

では、審査を簡易にした法人・個人事業者
向けビジネスローンを新しく展開しています。

 

ジャパンネット銀行は日本で初めて
登場したネット銀行で、信頼度も
高い会社です。

 

詳しくはこちらのページを参考に
してみてください。↓

 

 

topに戻る

自営業でも個人向けカードローンを借りれるなら

さて、自営業者は個人向け
カードローンを利用することもできます。

 

資金使途フリーであれば、自営業者は
事業としてお金を使うこともできます。

 

個人向けカードローンなら、

 

  • 銀行カードローン
  • ノンバンクのカードローン

 

の2つがあります。

 

この2つについてはこちらのページで
特徴やメリットなどを詳しく解説して
いますので、

 

比較して見てください。↓

 

 

topに戻る

事業者向けの不動産担保ローンもある。

不動産を所有している自営業者の方は、

 

不動産を担保にした事業者向けローン

 

もあります。

 

不動産を担保にすると金利が
低くなるメリットがあります。

 

詳しくはこちらのページで解説して
いますので参考にしてみてください↓

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
運転資金について深掘り
会社法人・個人事業主の運転資金の融資をビジネスローンで申し込むメリットとは?そもそも運転資金とはどういったものか?
ビジネクストのビジネスローンについて深掘り
即日融資可能、繰り返し借り入れができ、いつでも返済が可能なビジネクスト事業融資の評判や口コミ、審査など気になる情報のまとめ一覧です。
大阪や東京でビジネスローンを探すより有利な条件がたった1社ある
事業における運転資金やつなぎ資金の融資を受けるならネットでの受付も可能です。今もっともおすすめできる全国からweb申し込みが可能なビジネスローンとは?
カードローンとビジネスローンの違いは「個人と事業主。」共通のメリットは?
個人向けカードローンと法人・個人事業主向けのビジネスローンは違いもありますが、共通するメリットもあります。どちらでもカードの発行が可能な使いやすい会社もあります。
アイフルビジネスローン「事業サポートプラン」金利・担保など3社との比較
キャッシングでは人気のアイフルですが、個人向けの他に事業融資向けのビジネスローンサービスもあります。その内容についてご紹介します。
楽天銀行のビジネスローン・事業融資は審査が甘いってホント?
ネット銀行でも有名な楽天銀行には「ビジネスローン」の融資の相談も行っています。実際の審査の内容や申し込み方法などを調べてみました。
オリックスのビジネスローンVIPローンカードBUSINESS個人事業主・法人向けとは?
ビジネスローンにおすすめの(orix)オリックス・クレジット株式会社のVIPローンカードビジネスは、信頼ある大手ノンバンク会社が展開する事業融資です。
年商5000万の飲食店運転資金で100万円のビジネスローン融資。緊急時の利便性。
給与の支払いや仕入れの代金支払いなど、飲食店での運転資金で保証人なしのビジネスローンを活用した例をご紹介します。
審査が甘いビジネスローンで50万円借りるときと10万円借りるとき違いはあるのか?
ビジネスローンの申し込みで最も気になることの一つ、「審査」について解説します。ノンバンクは銀行より審査の甘いは本当か?
法人・自営業必見!融資での金利を比較。ビジネスローンは担保ありで2.65%も可能
融資の金利をノンバンクと銀行で比較。法人と個人事業主では金利設定は違うのか?スピーディーな事業融資はここがおすすめをご紹介。
銀行で融資を断られてもあきらめない!この2社のビジネスローンの審査を受けてみる
事業融資や運転資金の調達は銀行以外でも可能です。銀行以外の「ビジネスローン」のメリットやデメリットをご紹介します。
ビジネスローンで即日融資。緊急なら法人・自営業共最短1日・限度額1000万のノンバンク1社推奨。
至急・緊急のビジネスローンなら銀行よりノンバンクの可能性を実感。その理由やビジネスローン2019の比較から最適な金融機関を選んで法人・個人事業主の事業融資を確実に確保。
ビジネスローンとは?有効活用のための5つのメリット
個人経営者・会社法人代表者が融資を受けたいと考えるなら「ビジネスローン」があります。まずはビジネスローンとは?についての詳細をご覧ください。
ビジネスローンを比較!2019年即日融資可能で無担保・ハードルが低い審査に注目
事業資金を比較されている方に朗報。今なら日銀マイナス金利政策で積極的に無担保融資するビジネスローン会社に審査を申し込むことが可能です。
個人事業主がお金を借りる。事業性融資で3つの金融機関を比較。選ぶときのポイント
ビジネスローンを個人事業主が受ける為には、それぞれの事業者に適切な金融機関を選ぶことでより確実な融資を受けることができます。事業融資申し込みの優先順位を見極めて簡素化。
個人事業主・自営業が消費税を払えない!分割納付とビジネスローンの活用
消費税が払えないという自営業者・個人事業主は多く、共通の悩みです。未払いの解決策と滞納を事前に回避する方法などをご紹介します。
レイクALSAのキャッシングはビジネスローンに対応しているのか?
ビジネスローンとは事業性融資のことですが、2018年に新しくサービスが始まったレイクALSAでお金を借りた場合、事業性資金に使えるのか?についてお話しします。
アコムのキャッシングはビジネスローンも対応しているのか?
ビジネスでの資金調達は事業性融資になりますが、フリーローンとして人気のアコムではビジネスローンとして審査を受けることができるのか?についてお話しします。
ノンバンクなら事業資金融資が借りやすい。赤字決算でも審査可能なたった1つの会社とは?
社員のいない個人事業主や小規模な会社経営に携わる方全般にお届けする、法人融資や事業資金・運転資金の融資を出来る限り実現させる唯一の方法をご紹介します。
短期の融資。下限金利8%で銀行より利便性・審査でおすすめのビジネスローンとは?
運転資金などの短期の事業融資に便利なビジネスローンをご紹介します。無担保でコンビニATMで借入・返済が出来ます。法人・個人事業主どちらでも可能。
車のローンが組めない自営業の最終手段。100万円以下ならビジネスローンを利用してみる。
銀行などではローンサービスの一つに金利の低い「車専用ローン」があります。しかし個人事業主で安定した収入がない場合、審査に通らないことも多いです。そんな時にできる車ローン対策をご紹介します。
自営業の借り入れ。赤字決算でも申し込み可能なたった1つのビジネスローンとは
何かと運転資金が不足がちになる自営業のビジネス。カード型ビジネスローンなら必要な時だけコンビニATMで借り入れができる実用性に優れたメリットがあります。
自営業のローン。赤字でも最高限度額1000万まで申し込み可能なビジネスローンをご存知ですか?
銀行ではなかなか貸してくれない事業融資でも、ノンバンクのビジネスローンなら審査に通りやすいメリットがあります。