旅行費や生活費ならカードローン、運転資金・つなぎ融資ならビジネスローン。どちらもカード型がありコンビニATMで使えるメリットを解説します。

カードローンとビジネスローンは何が違うの?違うところ・共通しているところを分かりやすく解説!

カードローンとビジネスローンの違い

 

は何なのか?

 

結論から申しますと、

 

  • カードローン・・・消費者金融や銀行が行っている個人向けキャッシングサービス
  •  

  • ビジネスローン・・・消費者金融や銀行・政府系金融機関が行っている事業性融資のサービス

 

という違いがあります。

 

ポイントは、

 

「個人向け融資か?事業性融資か?」

 

という点です。

 

たったこれだけの違いなのですが、
この違いによって申し込みユーザー
には大きな影響がります。

 

このページでは、

 

この2つの違いと共通する点、
メリットやデメリットを詳しくご紹介します。

 

ぜひ最後まで読んで見てください。

スポンサードリンク

※運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">


 


カードローンとビジネスローンの違いと共通点

 

カードローンとビジネスローンの違い

 

このページの冒頭で、
カードローンとビジネスローンの違いは、

 

  • カードローン・・・消費者金融や銀行が行っている個人向けキャッシングサービス
  •  

  • ビジネスローン・・・消費者金融や銀行・政府系金融機関が行っている事業性融資のサービス

 

と説明しました。

 

「個人向け融資か?事業性融資か?」

 

で違ってくる項目を解説します。

 

審査の違い

 

個人向け融資では、「個人信用情報」
を元に審査が行われます。

 

個人信用情報とは?

 

信用情報とは、クレジットやローンの

契約や申し込みに関する情報のことで、
客観的な取引事実を登録した個人の
情報です。

 

そして、この信用情報は、クレジット会社が
顧客の「信用」を判断するための参考資料
として利用されます。

 

参考 ・指定信用情報機関のCIC

 

 

 

しかし、事業性融資では個人信用情報
を使わず、会社の決算書や確定申告書
の数字を見て、

 

融資の判断が行われます。

 

総量規制の適用・不適用

 

レイクALSAアコムのような
貸金業者が行っている、

 

個人向けカードローン(キャッシング)
では、「総量規制」という法律が適用
されます。

 

 

しかし、ビジネスローンの事業性融資
では総量規制の影響は受けません。

 

カードローンとビジネスローンの共通点

 

強いて共通する点は次のようなことです。

 

無担保・無保証の条件も多い

 

最近の個人向けカードローンは、
銀行でも貸金業者でもほとんどが、

 

無担保・無保証で申込みができます。

 

これはビジネスローンの事業性融資
においても同じスタイルのところが多いです。

 

カードローンでの「カード型」はビジネスローンにもある

 

通常、銀行が行っているビジネスローン
のサービスと言えば、

 

プロパ融資での事業性融資

 

のことを指す場合が多いです。

 

この場合、「カードを使って借入・返済」が
できるものはほとんどありません。

 

例えば、三菱UFJ銀行には、「融活力」
というビジネスローンがありますが、

 

このサービスはカードでの借入・返済
はできません。

 

 

政府系金融機関で事業性融資を行っているところ

 

ビジネスローンは事業性融資
ということで考えると、政府系金融機関
で事業融資を行っているところもあります。

 

 

こちらも条件が合うかどうか?を
検討してみるのもいいでしょう。

 

 

 

では貸金業者ではビジネスローンの
カード型があるのかというと、こちらも
数は多くありません。

 

レイクALSA(2018年にレイクから
レイクALSAに変更)という新生フィナンシャル
が行う消費者金融サービスでは、

 

ビジネスローン・事業性融資のサービスは
行っていません。

 

 

しかし、唯一貸金業者のビジネスローンで、
カード型の借入・返済ができる会社
サービスがあります。

 

それが「ビジネクスト」です。

 

カードローンと同じようにカードが使える事業者向けビジネスローンビジネクスト

 

カードが使えると大変便利です。

 

ではなぜカード型のビジネスローンが
便利なのか?について詳しくご紹介
します。

 

topに戻る

なぜカード型のビジネスローンがおすすめなのか?

ビジネスローン・事業融資の申し込み
ができる先といえば、まず銀行が思い
当たるのではないでしょうか?

 

銀行での会社経営者・個人事業主向け
ビジネスローンの申し込み手順といえば、

 

窓口に行って、必要書類を持ち帰り、
ボールペンで必要事項を書いて、

 

※事業計画的な文章も必要となる
場合が多いです。

 

再び銀行に出向いて、銀行員と
顔を合わせながら打合せが必要
となります。

 

そして、審査が始まりそれが分かるのが
5日間?長ければ1週間程度の日数が
かかってしまいます。

 

これ程手間をかけて、やっと融資が
受けられても、その金額は返済だけ
を毎月行う必要があり、

 

今月少し運転資金が足りないから
再融資をしたいと考えても、

 

それが叶うことは難しい話です。

 

大体銀行ではまとまったお金を
一度に借りるので、

 

それがすべてであり、短期的には
必要以上のお金を借りている
場合もあります。

 

その中から、必要なお金を使っていく
わけです。

 

しかし、最初にまとまったお金が
100万円とかそれ以上とか、そんなに
多く必要がない場合、

 

例えば、今月の支払と入金の収支ズレ
のため、短期間に10万円だけ必要とか
の場合だと、

 

わざわざ銀行で必要のない分まで
まとまったお金を借りる必要がありません。

 

こういった場合、

 

いつでも必要な時だけ借りて、用が済めば
すべて返済してしまう

 

ということができるビジネスローンだと
かなり効率的で便利になるわけです。

 

それが叶うのが、カード型のビジネスローンです。

 

ですから、年間数十億の売り上げをする
会社経営者より、

 

年間数億、数千万といった規模の会社・
個人経営者の方に需要が多いシステム
ということになるでしょう。

 

カード型のビジネスローンでおすすめ
なのがビジネクストです。

 

ではここから、ビジネクストのさらに
メリットが大きい特徴をご紹介します。

 

topに戻る

申し込みもWEB完結で来店不要!カードを受け取ればその日から借り入れが可能なビジネスローン

ビジネスローンをカードで

 

借り入れ・返済ができる、

 

しかも、

 

日本に2万店舗以上あるセブン
イレブンのATMが使えるビジネスローン。

 

それが、

 

ビジネクストのカード型ビジネスローン

 

です!

 

ビジネクストのビジネスローンのカード

 

ちなみにこれがビジネクストのカードです。

 

セブンイレブンのATMで借り入れ・返済ができるビジネクストのカード

 

詳しくはこちらのページで
解説していますので、
参考にしてみてください。↓

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ビジネスローンは貸付条件をご確認のうえ、ゆとりを持ったご返済計画を。

 

ご返済等でお悩みの方は日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター0570-051-051(受付時間9:00~17:30 休 : 土、日、祝日、年末年始)

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



   

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
運転資金について深掘り
会社法人・個人事業主の運転資金の融資をビジネスローンで申し込むメリットとは?そもそも運転資金とはどういったものか?
ビジネクストのビジネスローンについて深掘り
即日融資可能、繰り返し借り入れができ、いつでも返済が可能なビジネクスト事業融資の評判や口コミ、審査など気になる情報のまとめ一覧です。
大阪や東京でビジネスローンを探すより有利な条件がたった1社ある
事業における運転資金やつなぎ資金の融資を受けるならネットでの受付も可能です。今もっともおすすめできる全国からweb申し込みが可能なビジネスローンとは?
アイフルビジネスローン「事業サポートプラン」金利・担保など3社との比較
キャッシングでは人気のアイフルですが、個人向けの他に事業融資向けのビジネスローンサービスもあります。その内容についてご紹介します。
楽天銀行のビジネスローン・事業融資は審査が甘いってホント?
ネット銀行でも有名な楽天銀行には「ビジネスローン」の融資の相談も行っています。実際の審査の内容や申し込み方法などを調べてみました。
オリックスのビジネスローンVIPローンカードBUSINESS個人事業主・法人向けとは?
ビジネスローンにおすすめの(orix)オリックス・クレジット株式会社のVIPローンカードビジネスは、信頼ある大手ノンバンク会社が展開する事業融資です。
年商5000万の飲食店運転資金で100万円のビジネスローン融資。緊急時の利便性。
給与の支払いや仕入れの代金支払いなど、飲食店での運転資金で保証人なしのビジネスローンを活用した例をご紹介します。
審査が甘いビジネスローン。銀行・貸金業で50万円か10万円を借りるとき違いはあるのか?
ビジネスローンの申し込みで最も気になることの一つ、「審査」について解説します。ノンバンクは銀行より審査の甘いは本当か?
法人・自営業必見!融資での金利を比較。ビジネスローンは担保ありで2.65%も可能
融資の金利をノンバンクと銀行で比較。法人と個人事業主では金利設定は違うのか?スピーディーな事業融資はここがおすすめをご紹介。
銀行で融資を断られてもあきらめない!この2社のビジネスローンの審査を受けてみる
事業融資や運転資金の調達は銀行以外でも可能です。銀行以外の「ビジネスローン」のメリットやデメリットをご紹介します。
ビジネスローンで即日融資。緊急なら法人・自営業共最短1日・限度額1000万のノンバンク1社推奨。
至急・緊急のビジネスローンなら銀行よりノンバンクの可能性を実感。その理由やビジネスローン2019の比較から最適な金融機関を選んで法人・個人事業主の事業融資を確実に確保。
ビジネスローンとは?有効活用のための5つのメリット
個人経営者・会社法人代表者が融資を受けたいと考えるなら「ビジネスローン」があります。まずはビジネスローンとは?についての詳細をご覧ください。
ビジネスローンを比較!2019年即日融資可能で無担保・ハードルが低い審査に注目
事業資金を比較されている方に朗報。今なら日銀マイナス金利政策で積極的に無担保融資するビジネスローン会社に審査を申し込むことが可能です。
個人事業主がお金を借りる。事業性融資で3つの金融機関を比較。選ぶときのポイント
ビジネスローンを個人事業主が受ける為には、それぞれの事業者に適切な金融機関を選ぶことでより確実な融資を受けることができます。事業融資申し込みの優先順位を見極めて簡素化。
個人事業主・自営業が消費税を払えない!分割納付とビジネスローンの活用
消費税が払えないという自営業者・個人事業主は多く、共通の悩みです。未払いの解決策と滞納を事前に回避する方法などをご紹介します。
レイクALSAのキャッシングはビジネスローンに対応しているのか?
ビジネスローンとは事業性融資のことですが、2018年に新しくサービスが始まったレイクALSAでお金を借りた場合、事業性資金に使えるのか?についてお話しします。
アコムのキャッシングはビジネスローンも対応しているのか?
ビジネスでの資金調達は事業性融資になりますが、フリーローンとして人気のアコムではビジネスローンとして審査を受けることができるのか?についてお話しします。
ノンバンクなら事業資金融資が借りやすい。赤字決算でも審査可能なたった1つの会社とは?
社員のいない個人事業主や小規模な会社経営に携わる方全般にお届けする、法人融資や事業資金・運転資金の融資を出来る限り実現させる唯一の方法をご紹介します。
短期の融資。下限金利8%で銀行より利便性・審査でおすすめのビジネスローンとは?
運転資金などの短期の事業融資に便利なビジネスローンをご紹介します。無担保でコンビニATMで借入・返済が出来ます。法人・個人事業主どちらでも可能。
車のローンが組めない自営業の最終手段。100万円以下ならビジネスローンを利用してみる。
銀行などではローンサービスの一つに金利の低い「車専用ローン」があります。しかし個人事業主で安定した収入がない場合、審査に通らないことも多いです。そんな時にできる車ローン対策をご紹介します。
自営業の借り入れ。赤字決算でも申し込み可能なたった1つのビジネスローンとは
何かと運転資金が不足がちになる自営業のビジネス。カード型ビジネスローンなら必要な時だけコンビニATMで借り入れができる実用性に優れたメリットがあります。
自営業のローン。赤字でも最高限度額1000万まで申し込み可能なビジネスローンをご存知ですか?
銀行ではなかなか貸してくれない事業融資でも、ノンバンクのビジネスローンなら審査に通りやすいメリットがあります。
自営業者がカードローンを選ぶとき。事業性融資と個人融資の2つの視点から考える
個人・法人で自営業を行う方が融資を考えるなら、カード型のローンで申し込みができる方が多くのメリットとがあります。銀行とノンバンクとの両方からおすすめのカードローンをご紹介します。