運転資金や事業資金のやり繰りで困っている経営者の方へノンバンクのビジネスローンで融資を受けるすすめ

飲食店や会社経営者の方に運転資金調達可能なノンバンク融資をオススメする理由

ノンバンクで事業資金・運転資金の融資
申込みをすれば銀行より審査の
結果が早く、借りやすいことが
多いのをご存知ですか?

 

 

ノンバンクなら事業資金融資が借りやすい。赤字決算でも審査可能なたった1つの会社とは?

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。このページでは事業・ビジネスの為の融資を受ける方法についていくつかの選択肢や注意点などを詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。


 

個人事業主の方や会社経営の方が、
運転資金・事業資金の融資
を必要とするシーンは意外と多くあります。

 

日本では会社や個人経営の事業者の方の
およそ7割がなんらかの借り入れ、つまり
借金をしているという統計がでています。

 

この数字が物語るように、日本での経営
において、融資を受けるということは避けて
通れない仕組みになっているのが事実の
ところです。

 

健全な借金は必要不可欠な時代

 

では、会社経営や個人事業主の方が
簡素にしかも適正な金利で融資を受ける
為にはどういった方法があるのか?

 

事業の規模により、毎月の運転資金
どのくらい必要か?は変わってきますが、

 

月に数万円~数十万円の運転資金を必要と
した場合に役立つのが、

 

事業資金融資・ビジネスローンの一つ

 

ノンバンクの事業融資

 

と呼ばれるものです。

 

ここからは、事業主向けの融資を受ける
際について、大事な内容と、その方法を
ご紹介します。

 

経営と言う真剣勝負をしておられる方に
とって、最も大事なお金についてのこと
ですので、

 

間違いなくしっかりと理解していただき
ますため、最後まで一読していただきま
すようよろしくお願いしたします。

 

(当サイトが推奨している、信頼性の
高い適正金利の事業融資・
ビジネスローン会社は、解説の最後
あたりで詳しくご紹介しています。)

 

スポンサードリンク

運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト・オリックス」が常識


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">



ノンバンク融資とは消費者金融とビジネスローンの2種類の借入がある

事業性資金融資のノンバンクは主にビジネスローン

 

のことを指しています。

 

ノンバンクの消費者金融で個人融資を受ける

 

ノンバンクはつまり直訳の通り、「銀行では
無い」融資会社のことです。

 

お金を借りたい、キャッシングが
したいと言う時によく出てくるフレーズです。

 

ちなみにノンバンクには、

 

消費者金融(個人向け融資)

 

 

ビジネスローン(事業性融資)

 

があります。

 

このページでは、「事業性融資」について
まとめています。

 

個人向けノンバンクのキャッシング・カードローンについてはこちらをご覧ください。

 

ノンバンクと銀行の大きな違い

 

ノンバンクと銀行を比較すると、その違いの
1つとして、

 

銀行はユーザーからお金を預かる貯金と,
貸し出し
の業務をしていますが,

 

ノンバンクは貸し出しを行うが、預金はできない
システムになっています。

 

この違いがノンバンクと言われる所以でもあるでしょう。

 

ノンバンク(消費者金融・事業融資会社)の主な収益

 

プロミスやアイフルのような消費者金融会社や、
ビジネクストのようなビジネスローン会社
主な収益は、貸出金利による利息です。

 

ここについては、三井住友銀行や三菱UFJ
銀行、みずほ銀行などの銀行業と同じですが、

 

銀行はユーザーからの預金を流用してお金を
貸しているのに対し、

 

ノンバンクは、預金を集めることができないため、
銀行や生命保険会社などの金融機関から
貸出資金を調達、つまり「借り入れ」しています。

 

ですのでノンバンクは、資金を調達する際、
借入金利の利息を銀行などの金融機関に
支払います。

 

つまり、ノンバンクの主な収益は

 

貸出金利と調達金利の差=利ザヤ

 

となります。

 

銀行は預金金利を支払う

 

それに対し銀行は、預金者や他社から
「借り入れをして貸す」ということはまず
ありませんが、

 

預金を受けているので、そのお金に対し、
預金金利をユーザーに支払っています。

 

貸出金利と預金金利の差=利ザヤ

 

となり、 「利ザヤ」が収益源になっているとことは
ノンバンクと同じです。

 

この2つの機関は、融資でお金を貸すこと以外
にも他の事業での収益もある場合もあります。

 

ノンバンクと銀行との金利比較

 

ノンバンクと銀行と貸出金利の比較をしてみると、

 

借入上限額が同じ設定なら、
ほぼ100%、ノンバンク(消費者金融)の方が銀行
より金利が高くなっています。

 

ノンバンクの金利が高い理由

 

銀行にお金預けた際の預金金利は、

 

東京スター銀行 普通預金金利(※税引き後) 0.039%~
三菱UFJ銀行 普通預金金利10万円以下 0.001%
三井住友銀行 普通預金金利50万円未満 0.001%
みずほ銀行 普通預金金利 0.001%
ゆうちょ銀行 通常預金金利 0.001%

※2019年3月現在

 

といった具合のように、史上最低金利とも
いえるべき数字になっています。

 

つまり、銀行は日本の中で最も低い預金
金利でお金を調達していると言っても過言
ではありません。

 

それに対し、ノンバンクでは先ほど紹介した
ような銀行や生命保険会社からお金を
借りているのが実態ですので、

 

預金金利の他に、銀行の貸出金利が上乗せされて
資金を調達しているわけですから、

 

銀行に比べて私たち個人のユーザーがノン
バンクからお金を借りる際の貸出金利は
高くなって当然です。

 

ノンバンクの資金調達手段の多様化

 

ノンバンクも、銀行や生命保険会社からの
資金調達に頼らず、他の方法を模索しています。

 

例えば、クレディセゾンやアイフルなどの
大手の消費者金融会社などは、株式上場
をすることによって、

 

消費者金融業界の地位を確立し、

 

貸付業務のための資金調達の社債の発行

 

によって調達資金の金利を安くできるように
なってきています。

 

また消費者金融会社の貸出資産をまとめて
これを担保にし、資金調達の原資とした
動きも行っています。

 

借り入れ申し込みの手順

 

とはいうものの、実際においては銀行で融資を
受けるのと、ノンバンク(消費者金融・ビジネスローン
事業資金会社)からお金を借りる際の金利は、

 

やはり銀行の方が金利が安いというところは
変わっていません。

 

これらを踏まえた結果、もしあなた様が何らかの
理由でお金を借りたいと考えているならば、

 

順序としてまずは銀行から事業資金融資
の審査申し込みをするのが得策と言える
でしょう。

 

審査の強弱

 

しかし、ここで1つ問題があるのは、
銀行や日本政策金融公庫の
ような金融機関は、

 

申し込み書類が煩雑で審査が非常に厳しい

 

と言う面があります。

 

まして、

 

  • 事業計画書に融資を受けた際の業績の展望が描けない
  • 赤字決算、もしくは利益が雀の涙程度で十分な返済能力を有していない

 

というパターンであれば、高い確率で
審査を通過することは困難となります。

 

そんな時に期待できるのが、

 

ノンバンクの事業性融資

 

となります。

 

 

topに戻る

ノンバンクの事業融資(ビジネスローン)の特徴

法人の事業主や個人経営の社長に
携わる方が、

 

運転資金の調達を必要とする
シーンは多く存在しています。

 

今まで事業資金融資やノンバンクの
ビジネスローン(事業融資)を使って
こなかった方々には、

 

これらについてあまり理解をされて
いないかと思います。

 

事業性融資・ビジネスローンとは

 

事業に関する融資に特化した制度です。

 

単に個人が必要とするキャッシングでの
目的では融資は受けられないものです。

 

総量規制の例外

 

数年前に決められた「総量規制」とは

 

個人が貸金業者から借りるお金の
総額が年収の3分の1以上は貸してはいけない

 

というものですが、

 

事業融資やビジネスローンはこの
規制には当てはまりません。(例外貸付)

 

従って、個人が借りているお金は基本的に
関係はありません。

 

法人の代表者の方が個人的に借り入れを
していても、その金額とは別に会社法人で
事業融資や運転資金の融資審査を受ける
ことも可能です。

 

個人事業主の方におきましては、事業の
性質上、個人の借り入れと事業の借り
入れがごっちゃになりやすいですが、

 

「事業性融資」「ビジネスローン」と
案内があるノンバンク融資会社であれば、

 

個人融資と事業融資を区分けして
扱ってくれます。

 

融資を行っているところ

 

銀行・国の事業貸付制度以外の
ノンバンクの事業融資貸金登録業者など。

 

融資限度額

 

会社によってまちまちですが、

 

数百万~数千万円といった範囲です。

 

実際の貸付限度額は、申し込み者の
会社の規模等によっても変わってきます。

 

銀行のメリットとノンバンクのメリット

 

銀行や国の事業貸付制度の事業融資は
金利が安いということが多くあります。

 

但し、審査においては厳しくなります。

 

銀行・国の事業貸付制度以外の
ビジネスローン、つまりノンバンクの
メリットについては、

 

  • 審査の融通性が大きい
  • 審査・融資のスピードが早い

 

というメリットがあります。

 

短~中期間での運転資金の調達に適して
いると言えます。

 

topに戻る

計画性があるならノンバンクの事業融資は価値が高い

ノンバンクの事業融資を上手に活用
する具体的なシーンを元に、メリットを
ご紹介します。

 

審査は早い

 

銀行での事業融資では、申込み書書面
の作成、店舗での提出、長い審査期間

 

と、すぐに融資を受けたくても、結果が
でるまでに約1か月程度は必要となりますが、

 

ノンバンクの融資なら、全国のネットから
申込みが可能で、最低限の必要書類
の提出がすめば、

 

最短で1、2日あれば審査結果がもらえます。
(一部のノンバンクはこの限りではありません)

 

今日・明日にでも融資を受けられる

 

審査の申し込みをして、通過すれば、
融資限度枠内なら

 

  • 「いつでも」
  • 「必要な金額だけ」

 

融資を受けることができます。

 

ちなみに、このページの最後にご紹介している、

 

「ビジネクスト」というノンバンク会社

 

なら、

 

審査が通れば、「融資専用カード」がもらえ、
「セブンイレブン」のコンビニATM(セブン銀行)
でカードを使って、

 

必要な希望金額(1万円単位)だけでも、
手間なく素早く融資を受けることができます。
(24時間対応)

 

(返済についても同じ方法でいつでも
自由に返済したい金額だけ可能。24時間対応)

 

担保は「無担保」

 

ほとんどのノンバンクでは「無担保」での
融資が可能です。

 

これにより、家族や親戚、友人などに
「保証人」になって欲しいという要望
をする必要なく、

 

本人以外に迷惑をかけることもありません。

 

利息や金利について

 

具体的な金利の数字については、
融資を受けたい金額により変わって
きますが、

 

事業を真面目に行い、計画性の
ある収入が見込めるなら、

 

一時的な運転資金での利息については、
融資を受けた恩恵として事業で得られる
利益の方が断然大きいというパターンが
多いです。

 

ですので、計画性のある運転資金の
融資であれば、死ぬほど頑張って
返すといった必要はありません。

 

では次に具体的な金利や利息の計算
についてご説明します。

 

この数字を計算して把握しておけば
おのずと融資で得られる利益の恩恵の
数字もはっきりとしてきます。

 

topに戻る

金利と利息の計算方法を理解しておく

事業融資を受けた場合の、
利息の計算方法をご紹介します。

 

 

たとえば、事業融資会社の案内で、
金利や年率と書かれた数字が、

 

10パーセント

 

となっている場合で、融資額を

 

10万円

 

そして、借入れの期間を

 

20日間

 

とした場合について計算してみます。

 

1年間の金利

 

まず、1年間10万円を借りた場合の利息を計算します。

 

10万円(借入金)×10%(金利・年率)=10,000円

 

金利と書かれている数字はほとんどの場合
「年率」の意味であり、365日間借りた場合
の率を表しています。

 

先ほどの計算では、利息は1万円となります。

 

この数字が、10万円を365日借り続けた場合
の金利です。

 

1日の金利

 

先ほどの金利、1万円は10万円を借りて
そのままにしておいて365日後に返済した
場合です。

 

(実際には毎月一定の元金と金利利息
の返済額が必要です。)

 

では20日間借りて、20日後に10万円を
返済すれば利息はおいくらになるのか?
と言う計算をするためにまずは

 

1日の金利を計算します。

 

10,000円÷365日=約27円

 

という計算になります。

 

10,000円という利息は、10万円を365日間
借りた利息ですので、まず1日の利息の
金額を算出するため、365日で割ります。

 

あとは、借り入れた期間(20日)を掛ければ
計算できると言う仕組みです。

 

27円(1日の金利)×20日間=約540円

 

10万円の事業融資、ビジネスローン
融資を受けたなら、

 

20日後に540円だけプラスして返済
すれば、借金は0円になります。

 

topに戻る

ノンバンク融資での金利とパフォーマンス 意外と安い金利

先ほどの金利の例のように、

 

店舗の経営の方、あるいは
個人事業主や会社経営をされて
いる方が、

 

運転資金の融資で月10万円を受けても
利息約540円で事業が潰れずに、支払い
等もこなしていけるなら、

 

間違いなくかなり有意義な融資だといえるでしょう。

 

たとえば先日私はレンタルビデオ店に
行きましたが、1泊でビデオをレンタル
するのに、

 

250円

 

ものお金を取られると知りました。

 

他にも、

 

甘いショートケーキが欲しいと思えば

 

約350円~

 

りんごを1個食べたいと思えば、

 

約180円

 

ガスでお風呂を沸かしてシャワーを使えば、

 

1回約100円

 

コンビニで週刊誌や雑誌を買えば

 

約500円~

 

バスに1回乗れば

 

約230円

 

これらのお金が一瞬のうちに消えて
しまいます。

 

1~2日間で10万円を20日間借りた利息分
をすぐに上回るお金が、

 

ちょっとした贅沢であっという間に
お財布から出て行ってしまいます。

 

そう考えると、これらちょっとした贅沢
やちょっとした生活費を、ほんの少し
だけ節約すれば、

 

わずかな節約でノンバンクの融資の利息の支払いもカバーできる可能性は大きい

 

運転資金融資や、事業融資で
経営に必要な大事な10万円を20日間
借りた時の利息を簡単に補うことが
できるのです。

 

・レンタルビデを2回我慢する
・2食分を250円ずつ節約する
・タクシーやバスに乗るところを健康維持も兼ねて歩いてみる

 

など、ちょっとした工夫で運転資金
や事業資金で融資を受けたときの、
必要な金利利息を解決できる
はずです。

 

 

1年間借りっぱなしという事例はまず
ないかと思いますし、

 

(実際には融資を受けると、毎月一定の
元金と金利利息の返済額が必要です。)

 

借り入れ期間を定めた計画性を持って
融資を受けることで、

 

特に事業の運転資金や支払資金等で
困ることなく、

 

スムーズな事業継続を行うことができます。

 

次に具体的なノンバンクのビジネスローン
会社をご紹介します。

 

topに戻る

ノンバンク事業融資の申し込みはインターネットで全国から

もし仮に銀行の事業性融資の
申し込みで審査に通らなかったならば、

 

「諦める」といった選択肢が取れるなら
それでもいいでしょう。

 

しかし、運転資金や事業資金などの
会社運営に関わるお金が必要である
場合は、

 

個人の融資のように、そう簡単に
「あきらめる」といったわけには
いかないはずです。

 

どうしてもお金を借りることの必要に迫られて
いるなら、

 

ビジネクストのビジネスローン会社
に融資の申し込み
をしてみて下さい。

 

また個人の場合なら、光熱費や食料
などの生活費で一時的にお金が必要に
なった場合、

 

アイフルやプロミスなどのノンバンク
(消費者金融)に申し込みをしてみてください。

 

なぜなら、ノンバンクは金利は高い
ですが銀行で審査をパスできな
かった人が、

 

ノンバンクでは審査は通ったという例は
多くあります。

 

ノンバンクは銀行より金利が高いという
デメリットがあるのですが、

 

審査においては銀行よりメリットがあると
考えられています。

 

ノンバンク事業融資の申し込みはインターネットで全国から

 

ノンバンクでの事業資金・運転資金
融資の申し込み自体はとても簡単です。

 

スマートフォンやパソコンからまずは
必要事項をお書きいただき、送信して
ください。

 

その後「必要書類を提出」といった流れ
になります。

 

これらノンバンクの融資での申し込み
の場合、今ではインターネットを使って
PCやスマホから簡単に申し込むことが
できます。↓

 

 

 

topに戻る

推奨できるノンバンクのビジネスローン融資は赤字決算でも大丈夫

今回の説明で事業性融資の
ノンバンク会社、

 

ビジネクスト

 

の名前が何回か出て来ていますが、

 

ビジネクストの事業融資会社を推奨
するにあたっては、

 

赤字決算が理由で断ることはない

 

という、事業性融資が借りやすい
条件を持っている点が挙げられます。

 

無担保・無保証・セブンイレブンでATMカードが使える

 

もし現在、できるだけ早急に運転資金など
の事業融資が必要とお考えの方は、
ビジネクストがおすすめのビジネスローンです。

 

無担保・無保証・審査のハードルが低い

 

ビジネクスト

 

ビジネスローンが無担保・無保証で申し込みできるおすすめビジネクスト

 

の申し込みをおすすめします。

 

借りやすい「コンビニ」からの融資が可能

 

ビジネクストの大きなメリットの1つに、

 

借りやすさ

 

があります。

 

カード型事業融資ですので、
申し込みをしてカードを持って
置けば、

 

コンビニにあるセブン銀行のATMから
いつでも融資・返済の両方を簡単に
行うことができます。

 

審査のハードルが低い

 

ビジネクストはまさに「審査を恐れること
がない」事業融資のサービスです。

 

その最大の理由として、

 

決算内容だけの審査ではありません。
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げて
お断りすることはありません。

 

という、審査基準ポリシーがあるからです。

 

ビジネクストの金利・利息の数字、審査の
様子などについてはこちらを参照にして
みてください。↓

 

 

 

topに戻る

会社経営や事業拡大で資金を上手に調達する手順とは

事業者や会社経営者の方の中には、

 

「借金だけはしたくない」

 

と考える方も多いかもしれません。

 

確かに借金をするとリスクが大きくなります。

 

しかし、借金をしないと起こるリスクもあります。

 

日本ではなぜ7割もの会社が借金を
しているのか?

 

それには明確な理由があります。

 

私は会社経営の相談をされてこられる方の
経営状況や資産などの内容を見て、

 

融資を受けて見てはどうですか?

 

とアドバイスすることがあります。

 

このページでは、事業拡大などで
資金が必要な時、

 

もっともポピュラーに行われている
調達方法をご紹介します。

 

ぜひ最後まで読んでいただき、
これからの資金調達の参考に
していただければと思います。

 

新しい試みや事業を拡大するとき

 

今の経営や事業がまずまず順調にあるとき、

 

事業拡大や新しい試みを考える

 

のは経営者なら普通にあることです。

 

その場合、今までになかった資金が
必要になることがあります。

 

その資金をどこで工面するのか?

 

となった場合の、最善な方法を理解して
おいてください。

 

 

1、貯蓄・資金がある場合は融資の審査に有利

 

これから経営に新たな資金が必要となった時、
今手元に一定の現金がある場合なら、

 

そのお金は、

 

融資の審査を受ける時に有利に働きます。

 

ですので、手元の現金を使うのではなく、
それはいざと言う時の為に残しておいて、

 

金融機関から融資を受けた方が得策です。

 

一般的には手元に現金を残しておいて、
それを自己資金の数字とし、融資を受けます。

 

もし、借りたお金の返済が苦しくなれば、
その時に手元の自己資金から返せば
いいわけです。

 

結果的には投資した資金は、

 

借り入れ利息と預金利息の差し引きの
わずかなお金以外ほとんど同じです。

 

2、借金をしない場合のリスク

 

逆に、手元にあった資金や現金を使い果たして、
そこから融資の審査を受けた場合、

 

自己資金が少ない、またはほとんどない
ということで、金融機関は審査の上で
不利な条件として見ます。

 

となれば、やはり銀行や日本政策金融
公庫などの公的機関ではまず融資審査
には通りません。

 

また、このように手順を逆にしてしまうと、

 

事業拡大の為に、用意しておくべき
運転資金に手をつけているなどであれば、

 

ちょっとした難関にぶつかった時、道半ばで
すぐに資金ショートしてしまいます。

 

新しい試みや宣伝などがすぐに実り、
軌道に乗ればいいですが、

 

中期・長期戦になる場合もあるのが
会社経営や個人事業です。

 

運転資金は最低でも3ヶ月は用意して
おくのが鉄則です。

 

大きな資金を動かす必要がある場合

 

大きな資金が動く場合は、まず事業拡大の
決断をし、

 

そして、専門家からのアドバイスや
コンサルティングを受けるのがベストです。

 

そして融資を受ける計画をします。

 

topに戻る

 

事業資金と個人資産は明確に分ける

 

私が経営コンサルティングをする方は
個人事業主の方が多いのですが、

 

事業の資金と個人の資金を分け隔てせず
考える方も少なくありません。

 

事業の自己資金だけでいけると考えている
方の中に、個人の資金も頭の隅において
いる場合があります。

 

しかし、事業の自己資金としての正しい考え方は、

 

事業と個人の資金はきっちりと分け、
事業資金ベースで手元に残しておく
資金現金をしっかりと把握して用意しておき、

 

本当にいざと言う時に補填するものとして
取っておくことが重要です。

 

まして、事業で借金をしたくない
からといって、

 

個人の老後のお金や資産などには
安易に手をつけてはなりません。

 

それは、事業の危険から、生きていく
上での危険となってしまいます。

 

 

topに戻る

 

大きな目線での事業拡大・譲渡をM&Aで考える

 

事業拡大の最先端の方法として、

 

M&A

 

という方法があります。

 

会社1社で事業拡大を考えると、

 

計画・実行・人材・実績

 

という時間と様々なハードルを乗り越えて
いく必要がありますが、

 

事業を引き継いでほしいと考えている
他社・同業者などからすでに完成されて
いる事業を受け継ぐ方法なら、

 

多くのハードルを飛び越えて結果を
出せる可能性があります。

 

事業継承や譲渡でもM&Aの選択

 

事業拡大とは逆に、今の状況で
会社や事業を譲渡(売却)する
という方法でも、M&Aとしての
方法が使われるようになっています。

 

最近は特に中小企業では「跡取りがいない
・継承者不足」という事例が増えています。

 

ですので、こういった企業から事業を譲渡
してもらい、事業拡大を目指す事も可能です。

 

最近では事業の将来にの悩みを受けて
アドバイスされているM&Aの仲介業者が
増えています。

 

 

M&Aのプロフェッショナルがいる株式会社日本M&Aセンター

 

株式会社日本M&Aセンター

 

というM&Aの仲介・アドバイス相談
に特化した会社があります。

 

事業拡大はもちろん、事業継承を
考える経営者も対象に、

 

無料相談もできます。↓

 

 

相談してみれば、先の道は
大きく開けてくるでしょう。

 

※M&Aは「株式会社日本M&Aセンター」
のような信頼のあるプロフェショナルな会社
でないと、譲渡・買収契約書などで不安が
あります。

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
運転資金について深掘り
会社法人・個人事業主の運転資金の融資をビジネスローンで申し込むメリットとは?そもそも運転資金とはどういったものか?
ビジネクストのビジネスローンについて深掘り
即日融資可能、繰り返し借り入れができ、いつでも返済が可能なビジネクスト事業融資の評判や口コミ、審査など気になる情報のまとめ一覧です。
大阪や東京でビジネスローンを探すより有利な条件がたった1社ある
事業における運転資金やつなぎ資金の融資を受けるならネットでの受付も可能です。今もっともおすすめできる全国からweb申し込みが可能なビジネスローンとは?
ビジネスローンカードの利点。いつでも借り入れ・返済が即日で可能
法人・個人の経営者どちらでもカードの発行が可能。セブン銀行のATMが使えて最高に使いやすいビジネスローンのカード型融資のおすすめをご紹介します。
アイフルビジネスローン「事業サポートプラン」金利・担保など3社との比較
キャッシングでは人気のアイフルですが、個人向けの他に事業融資向けのビジネスローンサービスもあります。その内容についてご紹介します。
楽天銀行のビジネスローン・事業融資は審査が甘いってホント?
ネット銀行でも有名な楽天銀行には「ビジネスローン」の融資の相談も行っています。実際の審査の内容や申し込み方法などを調べてみました。
オリックスのビジネスローンVIPローンカードBUSINESS個人事業主・法人向けとは?
ビジネスローンにおすすめの(orix)オリックス・クレジット株式会社のVIPローンカードビジネスは、信頼ある大手ノンバンク会社が展開する事業融資です。
年商5000万の飲食店運転資金で100万円のビジネスローン融資。緊急時の利便性。
給与の支払いや仕入れの代金支払いなど、飲食店での運転資金で保証人なしのビジネスローンを活用した例をご紹介します。
審査が甘いビジネスローンで50万円借りるときと10万円借りるとき違いはあるのか?
ビジネスローンの申し込みで最も気になることの一つ、「審査」について解説します。ノンバンクは銀行より審査の甘いは本当か?
ビジネスローンの金利を比較。銀行・ノンバンク・金融公庫のメリット・デメリット。
ビジネクストのようにノンバンクのビジネスローンと、銀行・日本政策金融公庫でのビジネスローンとの違いを比較してあなたに合う事業融資をすぐに確保。
銀行で融資を断られてもあきらめない!この2社のビジネスローンの審査を受けてみる
事業融資や運転資金の調達は銀行以外でも可能です。銀行以外の「ビジネスローン」のメリットやデメリットをご紹介します。
ビジネスローンで即日融資。緊急なら最短1日・限度額最高1000万のノンバンク1社推奨。
至急・緊急のビジネスローンなら銀行よりノンバンクの可能性を実感。その理由やビジネスローンの比較から最適な金融機関を選んで法人・個人事業主の事業融資を確実に確保。
ビジネスローンとは?有効活用のための5つのメリット
個人経営者・会社法人代表者が融資を受けたいと考えるなら「ビジネスローン」があります。まずはビジネスローンとは?についての詳細をご覧ください。
ビジネスローンを比較!即日融資可能で無担保・ハードルが低い審査に注目
事業資金を比較されている方に朗報。今なら日銀マイナス金利政策で積極的に無担保融資するビジネスローン会社に審査を申し込むことが可能です。
個人事業主がお金を借りる。ビジネスローンで3つの金融機関から選ぶときの理由
ビジネスローンを個人事業主が受ける為には、それぞれの事業者に適切な金融機関を選ぶことでより確実な融資を受けることができます。事業融資申し込みの優先順位を見極めて簡素化。
個人事業主・自営業が消費税を払えない!分割納付とビジネスローンの活用
消費税が払えないという自営業者・個人事業主は多く、共通の悩みです。未払いの解決策と滞納を事前に回避する方法などをご紹介します。
レイクALSAのキャッシングはビジネスローンに対応しているのか?
ビジネスローンとは事業性融資のことですが、2018年に新しくサービスが始まったレイクALSAでお金を借りた場合、事業性資金に使えるのか?についてお話しします。
アコムのキャッシングはビジネスローンも対応しているのか?
ビジネスでの資金調達は事業性融資になりますが、フリーローンとして人気のアコムではビジネスローンとして審査を受けることができるのか?についてお話しします。
経営の資金繰りのためお金を借りる方法。金融業者のメリットとデメリット
日本の会社経営では、約7割の会社が何らかの借金をして資金繰りをしている統計がでています。会社経営と切っては切れない借金を考える。
短期の融資。下限金利8%で銀行より利便性・審査でおすすめのビジネスローンとは?
運転資金などの短期の事業融資に便利なビジネスローンをご紹介します。無担保でコンビニATMで借入・返済が出来ます。法人・個人事業主どちらでも可能。
車のローンが組めない自営業の最終手段。100万円以下ならビジネスローンを利用してみる。
銀行などではローンサービスの一つに金利の低い「車専用ローン」があります。しかし個人事業主で安定した収入がない場合、審査に通らないことも多いです。そんな時にできる車ローン対策をご紹介します。
自営業の借り入れ。赤字決算でも申し込み可能なたった1つのビジネスローンとは
何かと運転資金が不足がちになる自営業のビジネス。カード型ビジネスローンなら必要な時だけコンビニATMで借り入れができる実用性に優れたメリットがあります。
自営業のローン。赤字でも最高限度額1000万まで申し込み可能なビジネスローンをご存知ですか?
銀行ではなかなか貸してくれない事業融資でも、ノンバンクのビジネスローンなら審査に通りやすいメリットがあります。