事業主が資金不足を解消できるファクタリングについて。

売掛金を売却して運転資金調達が即できるできるファクタリングとは?

ファクタリングとは、

 

事業での運転資金・設備投資資金
などの調達を銀行の融資を受けずに、

 

未回収の売掛金をもとに回収前に現金化

 

できる方法です。

 

現在ファクタリングとは数ある資金調達手段の
中でも、国が奨める正式な資金調達手段です。

 

 

売掛債権を有効活用することで、
運転資金などが事業内で円滑に
回るための方法です。

 

ではここから、さらにファクタリングの特徴
をご紹介していきます。

 

ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサードリンク

※運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">


 


ファクタリングとは?

ファクタリングとは金融取引の一種であり、
売掛債権を保有する債権者(企業)が、

 

その権利をファクタリング会社に売却する
ことによって、債務者から売掛金を回収
する金融サービスのことを指します。

 

ファクタリング会社は一定の手数料を
受け取ることにより収益を確保しています。

 

 

事業融資とは違うシステムという点が色濃い

 

基本的に銀行などでの事業性融資を
受ける場合は、審査通過・契約までに
早くとも3週間~1か月程度はかかります。

 

その点、ファクタリングの資金調達
スピードは融資などの他の手段と
比べて圧倒的にスピード感があることが
特徴で、

 

最短即日で資金調達が可能です。

 

topに戻る

ファクタリングの種類

ファクタリングはその形態により、

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

 

に分類されます。

 

契約の締結において当事者は
3者存在します。

 

事業者(資金調達者)ファクタリング会社売掛先です。

 

この3社間で取り決めを行うことが
基本的なファクタリングの形式となり
ますが、(銀行などでは3社間が多い)

 

事業会社とファクタリング会社のみで
やりとりを行う形式が2社間ファクタリングです。

 

それぞれの特徴

 

2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社と
債務者との間でやり取りは発生しないため、
その存在を知られることはありません。

 

一方、3社間ファクタリングではファクタリング
会社が債務者から売掛金の回収まで行うため、
両者の間でやり取りが発生します。

 

手数料の違い

 

・3社間ファクタリング

 

手数料が低い代わりに、売掛先に
ファクタリングを知られてしまうので
信用問題に発展するおそれがあります。

 

・2社間ファクタリング

 

売掛先にファクタリングを知られる
心配はないが、ファクタリング会社
のリスクが高くなるため、手数料も
高くなります。

 

2社間ファクタリングがリスクが高い理由

 

事業者(資金調達者)ではなく、ファクタリング
会社のリスクが高くなるといえます。

 

事業者(資金調達者)とファクタリング会社
との契約ですので、売掛先からの支払い・
回収は事業者(資金調達者)が従前どおり
行います。

 

その後、ファクタリング会社へ期日返済される
手順になるのですが、ファクタリング会社にすると、

 

事業者(資金調達者)が回収した支払い金
が、約束通りにファクタリング会社に支払われるか
どうか?についてのリスクが発生します。

 

ファクタリングでの審査では主に売掛先の
経営状況を対象としています。

 

事業者(資金調達者)も審査の対象とは
なりますが、極端な話、事業者(資金調達者)
の経営が若干思わしくなくても、

 

売掛先の経営状況や会社規模が優良で
あれば、ファクタリングの審査が通りやすい
仕組みになっています。

 

 

そうなれば、ファクタリング会社とすれば、
経営状況が優良な売掛先から直接
回収できるほうが、リスクが少ないと
いえるわけです。

 

topに戻る

ファクタリングの主なメリット・わずかなデメリット

ファクタリングを利用するメリットのあるシーンは?

 

ファクタリングはは主に以下のようなケースで利用されます。

 

  • 急な要件で現金が必要になったが、銀行等の金融機関から融資を断られてしまった場合。
  • 信用などの問題から、金融機関や取引先に知られることなく資金を調達したい場合。

 

そして、ファクタリングはその性質上、
以下のようなメリットがあります。

 

  • 売掛金を即時に現金化できる。
  • 銀行などの金融機関と比較すると審査が緩い。
  • 売掛債権を売却するため、債務者の倒産など経済的なリスクを回避することができる。

 

ファクタリングにデメリットがあるとすれば?

 

ファクタリングのデメリットには以下のようなものがあります。

 

  • ファクタリング会社への手数料が発生するため、本来得られるはずの利益が減少してしまう。
  • 3社間取引の場合、債務者の承諾が必要となるため、取引先などからの信用が低下するリスクがある。

 

ちなみに、

 

ファクタリングで支払う手数料はいわば、
銀行などからの事業融資を受けた際の
金利・利息の支払いに変わるものです。

 

ですので、「運転資金が不足」した場合
に必要なファクタリングのサービスであれば、

 

手数料に関してはファクタリングに特別な
デメリットがあるわけではありません。

 

 

  • ・満額の売掛金は受け取れない
  • ・債権譲渡登記が必要な場合がある

 

売掛金の額面金額から手数料などの
コストが差し引かれるため、売掛金以上の
資金調達ができません。

 

したがって大口の資金調達を希望する際は不向きです。

 

例えば売掛金額が100万で3社間
ファクタリングを利用した場合、

 

ファクタリング会社にもよりますが
手数料が1%~5%なので最低でも
95万が調達できます。

 

2社間の場合は60%~30%とレンジが
広いので、依頼するファクタリング会社へ
よく確認するようにしてください。

 

また調達額が高くなればなるほど、
受け取り権利がファクタリング会社に
あることを公的に証明する登記が
必要となります。

 

これによりファクタリング利用が完全に
秘密にはならず、取引先に知られる
場合があります。

 

事業資金調達の一般的な方法としては、
融資を選ぶが?ファクタリングを選ぶか?
どちらかの選択となります。

 

topに戻る

ファクタリングと銀行の事業融資との違い

そもそもファクタリングは「融資」ではありません。

 

融資とは銀行が貸出をすることで
事業者が負債を補填し、返済義務を
負うのでいわば借金です。

 

審査が通れば希望額を借りることが
できますが、金額が大きくなるにつれ
返済義務の責任が重くなります。

 

さらに、信用情報に記録が残るので
債務超過や業績悪化などを抱えている
場合は融資の審査のハードルが高くなります。

 

ファクタリングでは、売掛金をファクタリング
会社が買い取る形で債権が譲渡され、
事業会社が資金調達できる仕組みの
事をいいます。

 

調達額は売掛金額が上限となるので
身の丈に合う手段と言えます。

 

したがって、お金を借り入れする融資とは
全くの別物として認識してください。

 

  • ・融資とは返済が必要となる「借金」
  • ・ファクタリングとは売掛債権を買い取ってもらうことで発生する「資金」

 

topに戻る

ファクタリングの審査

ファクタリングには審査があります。

 

基本的には会社信用情報等、
融資を受ける際の内容と似ていますが、

 

1点融資と大きく相違するのが、

 

売掛金先の会社状況の審査がメインである

 

という点です。

 

申し込み会社の経営状況があまり
思わしくないという場合でも、

 

売掛金のある取引会社が優良な会社で
ある場合は、審査に通りやすくなります。

 

さらに詳しい解説については、こちらの
ページを参考にしてみてください。↓

 

 

topに戻る

ファクタリングの契約の流れ

契約の具体的な流れは、

 

  • ・申込
  • ・書類の提出
  • ・審査
  • ・契約

 

の順になります。

 

1.申込

 

申し込み手段は

 

  • ・電話
  • ・ファックス
  • ・メール

 

が主となり、24時間受け付けている
ファクタリング会社が多くあります。

 

即日資金調達を謳っている会社で
あれば、日中の申し込みの場合、

 

1時間ほどで連絡が来ることがあります。

 

しかしこれは取引先への通知が不要な
2社間ファクタリングの場合であり、3社間の
場合は売掛先を交える必要があるので
この限りではありません。

 

  • ・即日資金調達は2社間ファクタリング
  • ・3社間ファクタリングは要相談

 

申し込み段階で詳細に関する説明や
必要書類などの連絡受けるので、
即日希望の場合はレスポンスが
早くできるようあらかじめ準備を
しておきましょう。

 

 

2.書類の準備

 

必要書類は利用するファクタリング
会社によってことなるため、確認が必要です。

 

主に必要となる書類に関しては以下の通りです。

 

  • ・本人確認書類
  • ・決算書
  • ・印鑑証明書
  • ・登記簿謄本

 

上記以外にも必要になる書類があるので、
ファクタリングをスムーズに契約したい
場合は申し込み初めの段階で
確認を取ってください。

 

また、送付手段も様々です。

 

  • ・郵送
  • ・FAX
  • ・PDFにてメール送信

 

といった方法があります。

 

 

3.審査

 

提出した書類をもとに、債権額や
債権内容によって審査の可否が決定します。

 

この審査スピードも様々で、審査に加えて
対面や電話でのヒアリングを実施する
ファクタリング会社もあります。

 

 

4.契約

 

無事審査が済むと契約に移ります。

 

資金化までは、2社間の場合、
最短は即日で平均2~3日、

 

3社間では平均5~20日となります。

 

 

ファクタリングは融資と比べて審査基準が
緩いことや、資金化までのスピードが
早いという利点がありますが、その分
注意が必要です。

 

  • 契約は対面にて
  • ・契約書面の確認
  • ・契約の重複

 

ファクタリングでは銀行などの
融資と同じように1度は対面
して、打ち合わせをします。

 

相手の素性を確認し、事前の説明内容と
相違がないか確かめるため、契約の際は
対面にて書面の内容をしっかり確認してください。

 

※これは事業者・ファクタリング会社とも
同じことがいえます。

 

3社間の場合は、売掛先にも
債権譲渡契約書を見てもらう
必要があるので、その分時間が
かかります。

 

必要書類に関してはファクタリング会社に
よって違いがあるので、スムーズな契約の
ためにもあらかじめ確認しておきましょう。

 

topに戻る

ファクタリングでの会社選びでの注意点とおすすめの会社

信用がある会社を選ぶ

 

ファクタリングの知識があまりないことや
早急の資金化に焦り、悪質業者との
契約を交わしてしまったというトラブルも
あります。

 

まずネットサイトでファクタリングの会社
での口コミや実際の事例などを確認して、
評判をチェックします。

 

全国対応しているかどうか?

 

もう1点会社選びで注意する点は、
全国対応しているかどう?を
まず確認しておくことです。

 

ファクタリングの契約完了までに、
1回は対面で打ち合わせ等をする
場合がほとんどです。

 

その関係で、契約が「関東地区限定」
や「西日本での会社経営者」などに
限られている場合も多くあります。

 

これは小規模のファクタリング
会社であるほど、申し込み者の
地域が限られている場合が多いと
いえます。

 

ですので、いろいろな角度からみても
ファクタリングの会社選びは、できるだけ
大手で、ネットのホームページがあり、

 

WEBで申し込みや連絡ができる
会社を探すのが賢明といえます。

 

うっかり二重売却をしない

 

複数のファクタリング会社を
検討している場合では、より
手数料が低い方へ乗り換える
ことも発生します。

 

この場合では、二重売却にならない
ようご注意ください。二重売却は法律に
抵触してしまいます。

 

意図せず行った行為でも罪になる
恐れがあるので、十分注意しましょう。

 

おすすめのファクタリング会社

 

当サイトで推奨できるファクタリング
会社は次の2社です。

 

topに戻る

ファクタリングの決算書での仕訳

金融機関などから10万円の融資を受けた場合、
会計上10万円の「負債」として計上する必要がありますが、

 

ファクタリングを用いて資金を準備した場合は「負債」に
計上する必要がないため、財政状況を健全な状態に
保つことができます。

 

これはある意味、メリットと捉えることができます。

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ファクタリングの手数料相場が1%~20%と開きが大きい理由とは?
銀行以外で事業資金調達を考えるならファクタリングがあります。売掛金を担保に僅かな手数料を支払えば即現金化ができます。但し手数料に開きがあるので注意が必要です。
ファクタリングの審査が甘いところはある?4つの審査基準ポイントとイメージアップのすすめ
認識度が上がってきているファクタリングの事業資金調達方法での審査について。優良な売掛金があれば審査にも通りやすくなります。