利息ではなく手数料の支払いで売掛金を買取できるファクタリングの手数料について。

なぜファクタリング手数料の相場は大きな開きがあるのか?種類の選び方や手数料の低いおすすめの会社を解説します。

ファクタリングの手数料相場

 

にはおおよそ1%~20%
大きな開きがあります。

 

この理由は、

 

「ファクタリング会社の違い」というよりは、
「ファクタリングの種類の違い」により
手数料の開きがあるという仕組み
だからです。

 

このページでは、

 

ファクタリングの種類による手数料相場の違い

 

について、わかりやすく解説しています。

 

ぜひ最後まで読んで見てください。

 

スポンサードリンク

※運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">


 


そもそもファクタリングとは?

ファクタリングという名前のサービスについて
まだよくわかっていないという方は、

 

まず、ファクタリングの仕組みや内容に
ついて理解しておいてください。↓

 

 

topに戻る

ファクタリング手数料の相場の数字と2社間・3社間のパーセンテージが違う理由

ファクタリングに掛かる手数料は、

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

 

で相場が相違しており、

 

  • 2社間では10~20%
  • 3社間では1~9%

 

程度が相場となっています。

 

※2社間・3社間の違いについては
このあとに解説しています。

 

例えば100万円の売掛金を売却した場合、

 

  • 2社間では10~20万円の手数料を
  • 3社間では1~9万円の手数料を

 

ファクタリング会社に支払う必要があります。

 

ファクタリングの手数料が2社間と3社間で違う理由

 

契約形態によって相場が相違する理由は、
以下のような点から、

 

2社間取引の方がファクタリング会社にとってリスクが大きい

 

ためです。

 

2社間ファクタリングは自社とファクタリング
会社の2社だけで行うものです。

 

この形だと、得意先とファクタリング会社は
繋がりが全くありません。

 

売掛金による現金のやりとりは、従前どおり
自社と得意先のみです。

 

※クリックで拡大↓

 

2社間ファクタリングの仕組み

 

ファクタリング会社には自社が回収した
売掛金がファクタリング会社に支払われます。

 

対して、3社間ファクタリンングの場合は、
得意先からファクタリング会社に売掛金が
支払われます。

 

自社も含め3社合意の上でファクタリングが
行われます。

 

※クリックで拡大↓

 

3社間ファクタリングの仕組み

 

最初に自社に売掛金の立替えとして
回収の見込み金額がファクタリング会社
から自社に支払います。

 

この部分は2社間・3社間とも同じです。

 

そして、2社間では自社が得意先からの回収後
ファクタリング会社に返済・支払われます。

 

この時、ファクタリング会社にすると、
「自社」が1社噛んで支払われるため、
リスクが高くなるという判断がされます。

 

それよりはファクタリング会社は、3社合意の上
得意先から直接売掛金を支払ってもらう方が
リスクは少ないのです。

 

得意先の経営状況を事前に審査してた上で、
ファクタリング契約をしているので、得意先は
優良な会社であることが前提だからです。

 

まとめますと、

 

  • 3社間ではあらかじめ債務者に合意を取った上で契約を結び、売掛金が直接ファクタリング会社に支払われる。
  •  

  • 2社間では一旦債務者から債権者へ売掛金が支払われ、その後債権者から払い込んでもらう必要がある。

 

ただし、3社間ファクタリングでは取引先に
その存在が知られるため、今後の取引に
影響を与える可能性があります。

 

topに戻る

最終的にファクタリングの手数料が決まるポイント

ファクタリングに掛かる手数料は一律ではなく、
債権者および債務者の信用度を審査することに
よって決定しており、

 

以下のような点が審査のポイントとなります。

 

  • 売掛金の種類(定期的なものか否か)
  • 売掛債権の2重譲渡の危険性の有無
  • 債務者の支払能力

 

topに戻る

手数料発生後の会計上の仕訳は?

ファクタリングを利用して100万円の
売掛金を回収、手数料を10%とした場合、

 

会計上の仕訳は以下のとおりとなります。

 

  • (借方)
  • ・普通預金90万円
  • ・売上債権売却損10万円

 

  • (貸方)
  • ・未収金100万

 

上記のとおり、ファクタリングに掛かる
手数料は「売上債権売却損」として
仕訳されます。

 

topに戻る

実際に売掛金を担保に立て替え資金の事例とおすすめの会社

ファクタリングサービスを行っている
いくつかの会社の中から、

 

おすすめできるファクタリング会社を
ご紹介します。

 

実際に売掛金を融資と同様に調達して
いる会社の体験談などを参考にして
見ましょう。↓

 

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



   

関連ページ

ファクタリングとは?仕組みやおすすめの会社2社のメリット!
事業融資と同じ意味を持つファクタリングの仕組みについて。手数料や申し込み方法など融資とは違う部分も分かりやすく解説しています。
ファクタリングの審査が甘いところはある?4つの審査基準ポイントとイメージアップのすすめ
認識度が上がってきているファクタリングの事業資金調達方法での審査について。優良な売掛金があれば審査にも通りやすくなります。
建設業の運転資金不足をファクタリングで資金調達できた2つの事例
売掛金をファクタリングで回収できれば、取引先の倒産リスクも無しにできるメリットもあります。ファクタリングは建設業にとって最も相性の良い資金調達方法です。