信用がある会社はファクタリングの審査にも通りやすい。会社・個人事業主が手数料支払いで債権買取が可能です。

スポンサードリンク

 

思っているほど難しくはない。ファクタリングの審査は銀行の事業性融資より早い・簡易です。

ファクタリングの審査が甘い

 

ところがありますか?

 

こういった質問が私キャッスルの所に
くることが増えています。

 

最近ファクタリングという売掛金買取の
サービスの認知度が上がってきている中で、

 

皆さん、心配されているのが、

 

ファクタリング会社の審査内容

 

です。

 

銀行の事業融資での審査とイメージが
重なる方が多く、「厳しいのでは?」と
お考えの方も多いのですが、

 

結論から言うと、

 

自社への経営状況の審査の厳しさは銀行より低い

 

という点が挙げられます。

 

このページでは、

 

売掛金を買い取って、それを即現金化
してくれるるファクタリング会社の審査の
中身と、

 

審査通過のポイントについて詳しくご紹介します。

 

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

ファクタリングの審査が甘いところはある?4つの審査基準ポイントとイメージアップのすすめ

 

 

みなさまこんにちは!ファクタリングの審査に関する情報をお届けする「きゃっする」と申します。事業性資金は融資だけでなく売掛金の買い取りで調達できる場合もあります。積極的に活用を考えてみましょう。


銀行の事業融資とは違うファクタリングの審査はどういったものなのか?

事業での運転資金が不足した場合、

 

今までの常識では「事業性融資を受ける」
という方法がとられてきました。

 

例えば、銀行や日本政策金融公庫の
事業性融資を受けようとした場合、

 

当然、その会社や個人事業主に対して
審査が行われます。

 

会社・事業の経営状況や将来性をくまなく
チェックされ、「この会社にお金を貸しても
大丈夫か?」が検討されます。

 

この場合、審査の対象は主に
融資を受けたい会社や事業主
に対してとなります。

 

しかし、ファクタリングの場合は少し
違います。

 

※そもそもファクタリングというシステム
についてあまり理解できていないという
方は、まずこちらのページをご覧いただき
参考にしてみてください。↓

 

 

売掛金を買取るので、売掛先の信用度が重要

 

ファクタリングの場合は、「ファクタリングの
申し込みをする会社の取引先の経営状況」
を主にチェックされます。

 

ですので、ファクタリングの申し込み事業主の
経営状況が普通かやや低いといった場合でも、

 

商品やサービスを提供している取引先の
経営状況が優秀であれば、その売掛金
を先に買い取ることで、

 

支払い期日には売掛金を回収すれば
いいので、申し込み会社の経営状況を
ある程度横に置いておくことができます。

 

優良な売掛金さえあれば、一定の手数料を
支払ってもらいお金を融資受けることができます。

 

ですので、審査の対象としては売掛先が
最も重要となポイントとなります。

 

次にさらに審査のポイントについて詳しく
ご紹介します。

 

topに戻る

ファクタリングの審査について重要なポイントは4つ

ファクタリングの審査は、銀行からの融資などと比較すると通過しやすいといえます。
今回の記事では、ファクタリングの審査について重要視されるポイントなどを4つ紹介します。

 

【ポイント①:売掛先の信用力】
ファクタリングの審査で最も重要視されるのが「売掛先の信用力(支払能力)」です。

 

銀行などから融資を受ける場合、最も重要視されるのは融資を受ける企業の信用力ですが、
ファクタリングの場合は売掛先から資金を回収するため、売掛先の信用力が重要視されます。

 

万が一売掛先の倒産などにより債務不履行になった場合、ファクタリング会社は資金を回収することが
できないため、IR資料や帝国データバンク、信用情報機関などが所有するデータを参考に、業種や経営状況、
借入状況などから十分な支払能力があるか審査を行います。

 

【ポイント②:契約者の信用力】
もちろん契約者の信用力も審査の対象となります。

 

契約者については支払能力よりも、売掛債権が本当に存在しているか、二重譲渡の危険性がないかと
いったように、モラルリスク的な側面が重要視され、その正当性に関して取引先との契約書や請求書等を
用いて審査されます。

 

また売掛金の入金先口座が差し押さえられた場合、資金の回収ができなくなるため、直近の経営状況や
資金繰りの健全性なども審査の対象となります。

 

【ポイント③:債権の属性】
審査では債権の属性も重要視されます。
以下のような属性の場合、ファクタリング会社のリスクが低いことから、審査を通過しやすいといえます。
・診療報酬債権、介護報酬債権などの債権
・回収までの期日が短い債権
・突発的ではなく、定期的に発生している債権

 

【ポイント④:審査に必要な書類】
最後に、審査に必要な書類を紹介します。
必要な書類はファクタリング会社によって異なりますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。
・免許証やパスポートなどの本人確認書類
・過去3期分の決算書類
・資金繰り表
・売掛金入金口座の通帳

 

2社間ファクタリングでは債務者に事実関係を確認することができないため、上記に加え契約書や請求書、
発注書などの売掛金の存在が確認できる書類が必要になることもあります。

 

また、契約時には納税証明書や印鑑証明書、登記簿謄本などが必要となります。

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ファクタリングとは?仕組みやおすすめの会社2社のメリット!
事業融資と同じ意味を持つファクタリングの仕組みについて。手数料や申し込み方法などを分かりやすく解説しています。
ファクタリングの手数料相場が1%~20%と開きが大きい理由とは?
銀行以外で事業資金調達を考えるならファクタリングがあります。売掛金を担保に僅かな手数料を支払えば即現金化ができます。但し手数料に開きがあるので注意が必要です。