安心な大手貸金業「ビジネクスト」はビジネスローンでおすすめの会社です

ビジネスローンならビジネクストがおすすめです!無担保・無保証はもちろん、不動産所有の事業主なら担保ローンもあります。

ビジネクストのビジネスローン

 

の特徴をより知っていただくために、

 

他社とのメリットや特徴の比較
をしてみました。

 

このページでは、

 

無担保・無保証と不動産担保との違い

 

をピックアップして解説しています。

 

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

※運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識


 


data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">





ビジネクストのビジネスローンとは?

まず、ビジネスローンとはどういったものか?
を解説します。

 

ビジネスローンとは、中小企業・自営業者
向けの事業性融資のことです。

 

事業資金融資では、

 

  • 銀行のプロパ
  • 日本政策金融公庫

 

などがありますが、

 

この2つの事業性融資と比べると、

 

  • 申込みが簡易
  • ネット申し込みができる
  • 審査が簡易
  • 審査が早い
  • 融資実行が早い
  • 借入・返済を常時AYMで繰り返すことができる

 

という特徴があり、これがメリットでも
あります。

 

金利は高め

 

ビジネスローンは一言で言うと。

 

借りやすい

 

ということが言えるのですが、その分
金利は銀行の事業向けプロパ融資や
日本政策金融公庫より高く設定されています。

 

ビジネクストのビジネスローンの特徴

 

ビジネスローンはいくつかの会社が
サービスを提供していますが、

 

一番最初に申し込むならまず、

 

ビジネクスト

 

がおすすめです。

 

その理由をご紹介します。

 

ビジネクストの審査

 

ビジネクストで一番注目してもらいたい点は、

 

審査のポリシー

 

です。

 

赤字決算でも100%審査に通らないと言えない

 

銀行や日本政策金融公庫では、
「赤字決算」での内容で審査が
通ることはまず不可能と言っても
過言であ有りません。(100%では
ないですが)

 

しかし、ビジネクストの場合、

 

決算内容だけの審査ではありません。
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げて
お断りすることはありません。

 

という審査ポリシーがあります。

 

こういったポリシーは他社では見つからない
特徴で、どうしても事業資金の融資が必要
といったオーナーにとっては、非常に価値のある
ポリシーとなっています。

 

詳しくはこちらのページで解説
していますので、参考にしてみてください。↓

 

 

topに戻る

ビジネスローンはどんな時に活躍するのか?

サービス名に「ビジネス」とついている様に、
ビジネスローンが活躍してくれるのは、

 

事業でのお金の困りごとでのシーンです。

 

主な対象は個人事業主・自営業・中小企業のオーナーです。

 

  • 銀行で追加融資や期間延長ができない
  • 銀行から返済を迫られている
  • 税金が払えない
  • 事業を立て直したい
  • 新たに設備投資をしたい

 

銀行のプロパ融資や日本政策金融公庫
では難しいケースでも、ビジネスローンなら
対応できる可能性は広がります。

 

topに戻る

ビジネクストのビジネスローンは「無担保」「不動産担保」の2種類がある

ビジネスローンの融資条件には、基本

 

無担保・無保証

 

という条件が多いのですが、

 

中には、

 

不動産担保ありでの事業ローン

 

のサービスも存在しています。

 

メリットは金利が低い点

 

不動産を担保につけることができれば、
万が一返済不履行が起こった時、

 

返済原資を不動産売却にて
返済できる保証ができますので、

 

融資する金融機関側のリスクを
軽減できることとなります。

 

従って、無担保・無保証の場合より
金利を下げることが可能となります。

 

ビジネクストの不動産担保ありのビジネスローンの条件

 

ビジネクストには、

 

無担保・無保証と不動産担保

 

の2つの種類があります。

 

金利比較

 

  • 無担保・無保証の場合・・・5.0%~18.0%
  • 不動産担保(保証人は不要)の場合・・・5.0%~14.8%

 

金利の上限が不動産担保の方が
低くなります。

 

融資上限額

 

無担保・無保証 1万円~1,000万円 ※新規取引時は上限500万円
不動産担保 100万円~5,000万円 ※個人事業主は2,000万円以下

 

不動産担保事業ローンの方が
融資限度額は大きくなります。

 

尚ビジネクストのビジネスローンの
不動産担保ローンでは、担保に差し出す
不動産の「抵当順位」は不問です。

 

つまり、第1抵当権でなくとも申し込みは
可能となります。

 

返済方法

 

不動産担保の場合も無担保・無保証
の場合も、

 

元金定率リボルビング返済

 

となります。

 

毎月の返済額はおおよそ、
「借入後残高の2.0%」
となり、

 

元金繰り上げ返済は任意でいつでも
カードでの返済が可能です。

 

無担保・無保証と大きく違う点

 

ビジネクストのビジネスローンに限らず
ですが、不動産担保ローンの場合は、

 

不動産に関する書類が必要となります。

 

無担保・無保証の場合の必要書類 不動産担保ローンの場合の必要書類
<<法人様>>

 ・代表者ご本人様を確認する書類
 ・決算書
 ※その他必要に応じた書類
<<個人事業主様>>
 ・ご本人様を確認する書類
 ・確定申告書
 ・当社所定の事業内容確認書
 ※その他必要に応じた書類

<<法人様>>

 ・代表者ご本人様を確認する書類
 ・決算書
 ・固定資産評価証明書(名寄台帳)
 ・各種納税証明書
 ・担保物件に先順位の借入がある場合は返済予定表、
  現在の残高が分かる書類
 ※その他必要に応じた書類
<<個人事業主様>>
 ・ご本人様を確認する書類
 ・確定申告書
 ・固定資産評価証明書(名寄台帳)
 ・各種納税証明書
 ・担保物件に先順位の借入がある場合は返済予定表、
  現在の残高が分かる書類
 ・当社所定の事業内容確認書
 ※その他必要に応じた書類

 

このように、不動産担保事業ローンの
方が用意する書類が増えます。

 

また、契約時締結費用として、
不動産担保事業ローンの場合、

 

根抵当権設定費用(実費)が必要となります。

 

topに戻る

実際にビジネクストのビジネスローンに申しこんで見た体験談・口コミ結果は?

実際に個人事業主の方が、
無担保・無保証のカード型
ビジネクストのビジネスローン
の申し込みをされた様子を

 

体験談として詳しくご紹介しています。

 

決算書は決して優れたものでは
なかったようですが、

 

結果は「融資が実行」されています。↓

 

 

topに戻る

ビジネクスト以外でのビジネスローンは?

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ビジネクストの審査。評判が良い基準は赤字決算でもOK!実際に申し込みしてみた!
銀行や政府系事業融資では赤字決算で審査結果が通過することは難しいですが、ビジネクストなら他の金融機関よりハードルが低い審査基準が明白です。
ビジネクストカードローンに売上310万円で申し込み。結果は?
銀行より早い融資の口コミが多いビジネクストのビジネスローンに弱小個人事業主が審査に申し込み。実際に借りれたNOTEお?体験談
ビジネクストの返済方法は事業主にとって利息負担軽減できる!おすすめの理由とは?
事業性融資で好評のビジネクストは、他の会社では少ないカードを使ってATMから返済が可能。利息の軽減がし易い返済方法です。もちろん繰り返し借り入れも可能。
ビジネクストの18%の金利とジャパンネット銀行の金利を比較。高いのはどっち?
ビジネスローンで人気のビジネクストとジャパンネット銀行の金利は同じ?違う?それぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説します。