運転資金の融資ならビジネクストがおすすめ。カードローンなのでコンビニから借り入れ・返済がすぐに可能!

スポンサードリンク

 

事業性融資限定のカードローン、ビジネクストの便利な利用方法。申し込みから審査結果までの体験談から解説します!

ビジネクストのカードローン

 

事業性資金の融資
専用のカードローンです!

 

事業性資金とは、ビジネスで必要
とする運転資金や設備投資などで、

 

それらが不足した際に、融資を受ける
ためのローンが事業性融資・ビジネス
ローンと呼ばれるものです。

 

このページでは、実際の体験談の
紹介を元にして、

 

ビジネクストの3大特徴として、

 

  • カードが使えるカードローン型の利便性
  • 赤字並の決算でも審査の申し込みができる評判の確認
  • 審査結果から融資までの速さ

 

などを中心に解説しています。

 

ぜひ最後まで読んで見てください。

 

 

ビジネクストはカードローンも証書貸付もある!実際に50万円の融資を受けた法人代表者の事例

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。カードが使えるビジネクストのビジネスローンについて体験談からの意見をご紹介しています。運転資金の確保には利用しやすい会社です。


 

スポンサードリンク

※運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「ビジネクスト」が常識



ビジネクストのカードローンとは?

カードローンとは、銀行や貸金業
(消費者金融)などのカードローン
とほぼ同じ意味です。

 

但し、

 

銀行カードローンレイクALSA
アコムのような貸金業のカードローン

 

※最近では「カードレス」も登場。↓

 

 

「個人向けフリーローン」であるのに
対して、

 

ビジネクストの場合は、

 

事業性資金ローンに限定

 

されたサービスであり、

 

資金使途は運転資金や設備投資と
いった会社・事業経営に則した資金
となっています。

 

これらを総称してビジネスローンとも
呼ばれています。

 

ビジネクストの会社概要

 

ビジネクストはこんな会社です。

 

商号 ビジネクスト株式会社
本社所在地 東京都港区芝2丁目31-19
連絡先 TEL. 03-4503-6300(代表) FAX. 03-4503-6310
設立 平成13年1月18日
資本金 1億円
登録番号 関東財務局長(7)第01262号/日本貸金業協会会員 第001208号

 

大手の貸金業者であり、国からの
許可を得た安心のローン会社です。

 

過去ではコンビニATMでカードが使える会社は皆無

 

さらにビジネクストの素晴らしいメリット
として特筆したい点は、

 

コンビニやキャッシングATMでカードを使える

 

という点です。

 

セブン銀行のATMや東京スター銀行、
アイフルのATMでカードが使えるという
今までにはなかった事業性融資の形を
いち早く取り入れています。

 

無担保・無保証で申し込み後もストレスがない

 

銀行や日本政策金融公庫などでは、
事業性融資を受ける際に、

 

担保や保証を要望されることが少なくありませんが、
ビジネクストのカードローンでは、

 

無担保・無保証での融資が原則です。

 

審査のハードルの温度感がめっぽう低い

 

条件の良い申込みができても、
実際に審査が通って、融資を受け
れないことには意味がありません。

 

その辺りの審査の温度感でも、
かなり積極的な融資を実行して
いるという、

 

実際の体験談から読み取れる
ところがあります。

 

※この後に実際のビジネクストの
カードローンの申し込み・審査の
様子をご覧いただけます。

 

金利は18パーセントが主流

 

一点だけ受け入れなければいけない
条件として、金利が18%と消費者金融
並の数字ということです。

 

この数字は銀行と比べるとどうしても
高くなってきます。

 

金利を上げることによって、融資実行を
少しでもスムーズに行うという考え方です。

 

ビジネクストのビジネスローンでは100万円まで
程度の、仕入れ代金や収支ズレによる
運転資金や軽微な設備投資を考える場合には
有効です。

 

大きな金額の事業資金融資を考える場合は、
金利の利息の影響が大きくなりますので、

 

例えば不動産を持っている場合は、
不動産担保事業ローンで「不動産を
担保にして事業資金を借りる」
ことを行なえば、

 

金利は格段に低くなります。

 

 

 

 

このように、ビジネクストのカードローン
はフットワークの軽い借り入れ・返済
には非常に向いています。

 

では次にご紹介する、

 

個人事業主の方が、年間売り上げ
316万円、所得金額2万円程度の
決算書の提出をして、

 

実際にビジネクストのカードローンの
申し込みをして審査の結果、50万円の
融資枠の提案の連絡があった体験談
をご覧になってみたください。

 

topに戻る

ビジネクストのカードローンのカードのデザインは?

ビジネクストが発行している、
実際のカードはこのような
デザインです。

 

セブンイレブンのATMで借り入れ・返済ができるビジネクストのカード

 

 

topに戻る

赤字決算でも大丈夫というポリシーのビジネクストのカードローンは本当なのか?

ビジネクストのカードローンは赤字決算でも申し込み可

 

ビジネクストのカードローン公式ページで
Q&Aで書かれているのは、

 

  • Q、赤字決算でも可能か。
  • A, 過去の財務内容だけでなく現状のご商売に鑑み融資実行の可能性を検討してまいります。営業担当までお気軽にご相談ください。

 

このように書かれております。

 

 

論より証拠。

 

赤字決算でも審査可能なビジネクストの
カードローンの申し込みをすれば、

 

本当に審査を通過することができるのか?

 

について参考となる体験談をご紹介
しています。↓

 

参考 ・ビジネクストの審査。評判が良い基準は赤字決算でもOK!実際に申し込みしてみた!
※目次の「実際にビジネクストのビジネスローンに申しこんで見た体験談・口コミ。結果は◎」をご覧ください。

 

topに戻る

ビジネクストのカードローンは即日・翌日融資は可能なのか?

法人の会社などで、給料の支払い、
個人事業主の方が、税金の滞納分
の期限がきている、、

 

といったシーンでの融資では、
融資実行を急ぐという方が
おられるでしょう。

 

実際の体験談では、

 

  1. 申し込み日に1次審査完了、(土日の場合は月曜日になります)
  2. 本人確認・必要書類をその日か次の日に送信すればほぼその日に2次審査完了
  3. 電話連絡ですぐに結果をお知らせしてくれる

 

というスケジュールとなり、銀行などと
比べると格段に早いです。

 

また、必要書類も銀行などの
場合に比べて格段に簡易なので、

 

ほぼストレスもありません。

 

その辺りについても、ぜひ体験談
にてご確認下さいませ。↓

 

 

参考 ・ビジネクストの審査。評判が良い基準は赤字決算でもOK!実際に申し込みしてみた!
※目次の「実際にビジネクストのビジネスローンに申しこんで見た体験談・口コミ。結果は◎」をご覧ください。

 

超即日融資なら個人向けカードローンを利用

 

ちなみに、もっと急ぐ!申し込み即日は無理なのか?
とお考えの方は、即日融資が可能な個人向けローン
を利用してみてください。

 

 

topに戻る

ビジネクストでカード発行ではなく証書貸付で融資を受けられた体験談

ここまで、ビジネクストのカードの
利便性についてご紹介してきましたが、

 

このページをご覧になって、実際に
ビジネクストに申し込みをされた方の
体験談をお伺いしてみると、

 

カードの発行は受けていません

 

というお話を頂きました。

 

ということは、「審査に通過しなかったですか?」
と伺ったところ、

 

審査は通過できましたが、証書貸付です。

 

という回答をいただきました。

 

つまり、実際に融資してほしい額が
決まっていて、その希望をした場合は、

 

審査ですぐに「全額融資の検討」
をしてくれるということです。

 

この場合は、「カードでわざわざ借りることなく、
審査通過した融資額全額を銀行口座に
素早く振り込んでもらう」ことができます。

 

では実際にどのような内容でビジネクスト
の融資を受けられたのか?について、

 

体験談を書いていただきましたので、
ご紹介していきます。

 

ビジネクストで事業性融資を受けようと思ったきっかけや目的

 

今回ビジネクストのビジネスローンの融資を
受けた体験談をご紹介します、Aと申します。

 

今年、ビジネクストのビジネスローンに
法人名義で申し込み、50万の融資を
受けることができました。

 

今回は、その融資を受けるに至ったきっかけや
経緯、審査後の流れなどを振り返って
説明したいと思います。

 

会社の規模や業績

 

まず、申し込み時の会社の業績は、
法人として6期目で、直近の決算の
年商はおよそ3,000万円。

 

赤字ではないが、大きな黒字でもないという、

 

ぎりぎり債務超過になっていない法人です。

 

金融機関からの融資は、2つの銀行と
政策金融公庫から借り入れを行っており、
金額は3件合わせて1,400万円。

 

銀行からの融資は1行がプロパー融資、
1行が信用保証協会を利用しています。

 

今年の秋、会社の運転資金がひっ迫して
きたため、融資取引を行っている銀行の
2行に追加融資の申し込みを行いました。

 

両銀行とも、3週間程の審査期間を経て、結果は否決。

 

その後、今まで口座取引の無かった最寄りの
金融機関を、3~4行まわって融資の相談を
行いましたが、いずれも良い返事を貰うには
至りませんでした。

 

1週間ほど悩んだ結果、それまで存在は知って
いたけれども、抵抗があり手を出していなかった、
ビジネクストのビジネスローンに、申し込みをする
ことを決意したのです。

 

貸金業のビジネスローンに抵抗があった理由

 

抵抗があった理由は2つ。1つ目は、

 

金融機関以外から法人の融資を受けた場合、
銀行や政策金融公庫からの評価に悪影響を
及ぼすイメージがあったため。

 

2つ目は、今までそういった商工ローンの会社から
融資を受けた経験が無かったため、サービスの
内容に不安を持っていたからです。

 

しかしながら、背に腹は替えられない状態
だったので、はじめてビジネクストの
ビジネスローンに、法人名義で申し込みを
することになりました。

 

ビジネクストの申込みから審査までの様子

 

ビジネクストにビジネスローンの申し込みを
する方法は大きく分けて2つあります。

 

1つは電話で問い合わせを行い、直接口頭で
申し込む方法。もう1つは、ビジネクストのホームページ
からオンライン申し込みを行う方法です。

 

 

必要最低限の基本情報を口頭で伝える
手間が省けるため、相談がしたいのではなく、
申し込みをしたいという方は、

 

後者のオンライン申し込みの方が、
効率が良いかと思います。

 

私も今回、申し込みを行った時も、
平日の午後16時あたりに、オンラインで
申し込みをしました。

 

無事申し込みが完了すると、
同時に受付完了のメールが自動で届きます。

 

それから1時間も経たないうちに、連絡先として
指定していた携帯電話に、ビジネクストから
電話がありました。

 

電話口は、慣れた口調の女性オペレーターです。

 

形式的な挨拶を済ませ、本題に入ると、
以下の内容を尋ねられました。

 

  • 1. どういった会社なのか
  • 2. 今回ビジネクストに申し込みをしようと思った理由は
  • 3. 現在赤字か黒字か
  • 4. 今後の業績の見通し
  • 5. 希望借入金額
  • 6. 希望返済期間
  • 7. 融資実行希望日
  • 8. 法人の現在の借入状況
  • 9. 代表者個人の借入状況

 

申し込んだ経験を踏まえて言うと、これらは
全て正直に答えた方が良いでしょう。

 

特に、3と8と9は嘘を付いても何の得にもなりません。
借りているかどうか?は後から自動スコアリングの
審査でわかります。虚偽の連絡をしていると、
審査に通らないのは銀行と同じです。

 

ビジネクストは赤字だったり、借入金額が
多いからといって、必ず融資が受けられない
というわけではないそうなので、

 

今の状況を正確に正しく伝えることをおすすめします。

 

電話での応対が終わると、そのまま本審査に
入る旨を伝えられました。

 

必要書類は電話での口頭と、メールの
両方で案内があります。

 

以下の書類を揃え、FAXを推奨されたため、
全てFAXで送りました。

 

  • ●代表者の本人確認書類のコピー
  • 健康保険証の表裏
  • 運転免許証の表裏

 

  • ●決算書一式コピー直近2期分
  • 確定申告書別表1
  • 別表2
  • 賃借対照表
  • 損益計算書
  • 販売管理費及び一般管理費
  • 製造原価報告書
  • 株主資本等変動計算書
  • 個別注記表
  • 勘定科目内訳明細書

 

最初にオンラインで申し込んだ時間が
16時頃で、ビジネクストから電話が
掛かってきた時間が17時頃。

 

必要書類のFAXは18時頃に完了しました。

 

すると、19時前に一度ビジネクストから
再度電話があり、無事FAXが届いた
という報告と、明日中に審査結果を
連絡する旨伝えられその日のやりとりは終了。

 

そして翌日、午前9時頃に結果を伝える電話が鳴りました。

 

申込み・審査通過後、ビジネクストで借りるときの方法

 

オンライン申し込み翌日の朝、さっそく
ビジネクストから電話があり、結果は
本審査通過。

 

融資内容は、

 

借入金額50万円、返済期間12ヶ月、契約利率18.0%でした。

 

 

ちなみに希望の借入金額は100万円、
返済期間は24ヶ月を希望していたため、

 

借入金額・返済期間ともに半分に減額・
短縮という審査結果になります。

 

契約利率に関しては、電話でも元々
全く話に出ていなかったので、審査結果の
電話をしてくれたオペレーターからも案内が
ありましたが、

 

恐らく新規で申し込んだ場合は、ほとんどの
法人が18.0%からスタートすることになるのでは
ないでしょうか。

 

こうして無事融資を受けることが決まり、
いつ頃実行が可能か尋ねたところ、
翌日中に振り込みができるとのことでした。

 

つまり最初に申し込みを行ってから、
その2日後に融資を実行するという
ことになります。

 

これも予想ですが、もし初日に
16時頃ではなく、午前9時頃に
申し込んでいた場合、

 

その翌日に融資を実行してもらうことも
可能だったのではないでしょうか。

 

さっそく手続きをお願いすると、融資の
実行に記入が必要な書類を速達で
送るので、それが届き次第記入し、
FAXをしてほしいとの案内を受けました。

 

翌日、速達が届いた午前中のうちに、
同封されていてた各契約書類と、
それらに加え融資の実行に際して
必要とされていた下記の書類を
合わせ、ビジネクストにFAXしました。

 

  • 1. 履歴事項全部証明書
  • 2. 法人の印鑑証明書
  • 3. 代表者個人の印鑑証明書

 

その後15時まで待機し、銀行へ向かい
会社の通帳を記帳してみたところ、
たしかに50万円ちょうどビジネクスト
名義での入金が確認できたのです。

 

入金を確認して間もなく、ビジネクストから
最後の電話があり、FAXで送った諸々の
書類を、同封されていた返信用封筒で
送ってもらえれば、それで手続き完了
とのことでした。

 

それから1週間程経った頃、ビジネクストから
契約書の控えや、返済計画表などが届き、
一連のやり取りは無事終了。

 

融資を申し込んでから、融資実行を
終えるまで、銀行や政策金融公庫と
いった通常の金融機関に比べれば、

 

2倍や3倍どころではないスピードを
実感することになりました。

 

現在ビジネクストで実際に借りている頻度や返済の状況

 

50万円を12ヶ月返済で借り入れたため、
毎月の返済額は、元金がおよそ約4万円。

 

利息は年利18.0%で、毎月元金の残高に
合わせて減っていくため、最終的に完済した
時点で支払った利息の合計は、およそ
約5万円となります。

 

  • 〇毎月の元金返済額
  • 500,000円(借入金)÷12ヵ月(返済回数)≒41,666円

 

  • 〇毎月の利息支払額
  • 1回目 : 500,000円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒7,500円
  • 2回目 : 458,334円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒6,875円
  • 3回目 : 416,668円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒6,250円
  • 4回目 : 375,002円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒5,625円
  • 5回目 : 333,336円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒5,000円
  • 6回目 : 291,670円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒4,375円
  • 7回目 : 250,004円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒3,750円
  • 8回目 : 208,338円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒3,125円
  • 9回目 : 166,672円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒2,500円
  • 10回目 : 125,006円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒1,875円
  • 11回目 : 83,340円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒1,250円
  • 12回目 : 41,674円(借入残高)×18.0%(利率)÷12ヵ月(返済回数)≒ 625円

 

ビジネクストは、返済期間の途中でも、
一括返済が行えるので、

 

もしもキャッシュフローに余裕が
出てきた場合は、その時点で
完済すれば、

 

もちろん利息の支払いもその分
軽減することができるでしょう。

 

加えて、ビジネクストの案内によれば、
ある程度返済が進むか、あるいは
当期の決算の内容次第で、

 

条件の見直しも積極的に行って
いるとのことなので、借入金額を
増額したり、

 

返済期間や契約利率を変更
することもあるそうです。

 

まだ借入を行ってからそこまでの
期間は経っていませんが、

 

今現在問題なく返済が進んでいるので、
半分あたりまで終了した時点で、
一度ビジネクストに相談をしてみようかと
検討しています。

 

ビジネクストの借り入れのメリットと注意点

 

  • ビジネクストの借入のメリット
  • 〇融資実行までの時間がスピーディー
  • 〇電話応対の案内が親切で丁寧
  • 〇直に対面で会ったり会社を訪問されるという手間が無い
  • 〇法人税や消費税など税金の滞納の有無が審査に関係無い
  • 〇不動産の担保や代表者以外の連帯保証人を立てなくとも融資が受けられる

 

  • ビジネクストの借入の注意点
  • 〇一般的な金融機関に比べ利息が高い
  • 〇一般的な金融機関に比べ返済期間が短い
  • 〇一般的な金融機関に比べ数百万円から1千万円越えの融資はハードルが高い印象
  • 〇ビジネスローンは証書貸付のため返済途中で追加の借入を行いたい場合は一度ビジネクストに相談する必要がある
  • 〇決算報告書にビジネクストからの借入事実を記載した場合に取引している銀行からの印象を悪くする恐れがある

 

以上、ここまでが、法人で事業経営をされている
代表者のAさんの体験談です。

 

ちなみに、個人事業主とは若干、揃える書類等が
違ってきます。

 

個人事業主の方の体験談はこちらで詳しく
ご紹介していますので参考にしてみてください。↓

 

 

topに戻る

一番早いWEB申し込み詳細はこちら

ビジネクストのカードローンに関して、
このページである程度理解ができたので、

 

すぐに申し込みページを確認したい
と思われる方はこちらから公式サイト
に行くことができます。↓

 

素早く事業融資「ビジネクスト」の申し込みはこちら

 

重要 必ず電話ではなく「オンライン申し込み」から申し込みをしてください。

 

 

貴方様のビジネスに役立って
くれることを期待しております。

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

   

関連ページ

ビジネクストのビジネスローン。無担保と不動産担保2つの違い
事業性融資のビジネスローンで人気のビジネクスト。無担保と不動産担保との2つの種類の違いや特徴についてご紹介します。
ビジネクストの審査の質問をしてみた口コミ。実際に申し込むと赤字決算でもOKだった!
銀行や政府系事業融資では赤字決算で審査結果が通過することは難しいですが、ビジネクストなら他の金融機関よりハードルが低い審査基準が明白です。
ビジネクストの返済方法・返済日は事業主にとって利息負担軽減できる!おすすめの理由とは?
事業性融資で好評のビジネクストは、他の会社では少ないカードを使ってATMから返済が可能。利息の軽減がし易い方法です。もちろん繰り返し借り入れも可能。返済日も選べます。
ビジネクストの18%の金利とジャパンネット銀行の金利を比較。高いのはどっち?
ビジネスローンで人気のビジネクストとジャパンネット銀行の金利は同じ?違う?それぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説します。
ビジネクストの評判が良い理由。売上310万円で申し込みの結果が◎だった事実
事業融資で一番頼りになるビジネクストの評判が気になる方へ、実際の申し込みの審査結果の事例をご紹介します。

即日キャッシング ビジネスローン比較