事業・経営による運転資金や固定費は個人資産があっても融資を選択する方がメリットがある

スポンサードリンク

 

運転資金・つなぎ資金の急な出費のときに困らない為の安心のビジネスローンカードはATMですぐ使える!返せる「オリックス」が常識

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2611664471971997"
data-ad-slot="8775570663"
data-ad-format="auto">

事業拡大の方法。融資を受ける、M&Aでの事業譲渡など。

会社経営や事業拡大で資金を上手に調達する手順とは

事業者や会社経営者の方の中には、

 

「借金だけはしたくない」

 

と考える方も多いかもしれません。

 

確かに借金をするとリスクが大きくなります。

 

しかし、借金をしないと起こるリスクもあります。

 

日本ではなぜ7割もの会社が借金を
しているのか?

 

それには明確な理由があります。

 

私は会社経営の相談をされてこられる方の
経営状況や資産などの内容を見て、

 

融資を受けて見てはどうですか?

 

とアドバイスすることがあります。

 

このページでは、事業拡大などで
資金が必要な時、

 

もっともポピュラーに行われている
調達方法をご紹介します。

 

ぜひ最後まで読んでいただき、
これからの資金調達の参考に
していただければと思います。

 

新しい試みや事業を拡大するとき

 

今の経営や事業がまずまず順調にあるとき、

 

事業拡大や新しい試みを考える

 

のは経営者なら普通にあることです。

 

その場合、今までになかった資金が
必要になることがあります。

 

その資金をどこで工面するのか?

 

となった場合の、最善な方法を理解して
おいてください。

 

 

1、貯蓄・資金がある場合は融資の審査に有利

 

これから経営に新たな資金が必要となった時、
今手元に一定の現金がある場合なら、

 

そのお金は、

 

融資の審査を受ける時に有利に働きます。

 

ですので、手元の現金を使うのではなく、
それはいざと言う時の為に残しておいて、

 

金融機関から融資を受けた方が得策です。

 

一般的には手元に現金を残しておいて、
それを自己資金の数字とし、融資を受けます。

 

もし、借りたお金の返済が苦しくなれば、
その時に手元の自己資金から返せば
いいわけです。

 

結果的には投資した資金は、

 

借り入れ利息と預金利息の差し引きの
わずかなお金以外ほとんど同じです。

 

2、借金をしない場合のリスク

 

逆に、手元にあった資金や現金を使い果たして、
そこから融資の審査を受けた場合、

 

自己資金が少ない、またはほとんどない
ということで、金融機関は審査の上で
不利な条件として見ます。

 

となれば、やはり銀行や日本政策金融
公庫などの公的機関ではまず融資審査
には通りません。

 

また、このように手順を逆にしてしまうと、

 

事業拡大の為に、用意しておくべき
運転資金に手をつけているなどであれば、

 

ちょっとした難関にぶつかった時、道半ばで
すぐに資金ショートしてしまいます。

 

新しい試みや宣伝などがすぐに実り、
軌道に乗ればいいですが、

 

中期・長期戦になる場合もあるのが
会社経営や個人事業です。

 

運転資金は最低でも3ヶ月は用意して
おくのが鉄則です。

 

大きな資金を動かす必要がある場合

 

大きな資金が動く場合は、まず事業拡大の
決断をし、

 

そして、専門家からのアドバイスや
コンサルティングを受けるのがベストです。

 

そして融資を受ける計画をします。

 

topに戻る

事業資金と個人資産は明確に分ける

私が経営コンサルティングをする方は
個人事業主の方が多いのですが、

 

事業の資金と個人の資金を分け隔てせず
考える方も少なくありません。

 

事業の自己資金だけでいけると考えている
方の中に、個人の資金も頭の隅において
いる場合があります。

 

しかし、事業の自己資金としての正しい考え方は、

 

事業と個人の資金はきっちりと分け、
事業資金ベースで手元に残しておく
資金現金をしっかりと把握して用意しておき、

 

本当にいざと言う時に補填するものとして
取っておくことが重要です。

 

まして、事業で借金をしたくない
からといって、

 

個人の老後のお金や資産などには
安易に手をつけてはなりません。

 

それは、事業の危険から、生きていく
上での危険となってしまいます。

 

 

topに戻る

大きな目線での事業拡大・譲渡をM&Aで考える

事業拡大の最先端の方法として、

 

M&A

 

という方法があります。

 

会社1社で事業拡大を考えると、

 

計画・実行・人材・実績

 

という時間と様々なハードルを乗り越えて
いく必要がありますが、

 

事業を引き継いでほしいと考えている
他社・同業者などからすでに完成されて
いる事業を受け継ぐ方法なら、

 

多くのハードルを飛び越えて結果を
出せる可能性があります。

 

事業継承や譲渡でもM&Aの選択

 

事業拡大とは逆に、今の状況で
会社や事業を譲渡(売却)する
という方法でも、M&Aとしての
方法が使われるようになっています。

 

最近は特に中小企業では「跡取りがいない
・継承者不足」という事例が増えています。

 

ですので、こういった企業から事業を譲渡
してもらい、事業拡大を目指す事も可能です。

 

最近では事業の将来にの悩みを受けて
アドバイスされているM&Aの仲介業者が
増えています。

 

 

M&AのプロフェッショナルがいるFUNDBOOK

 

「FUNDBOOK」

 

というM&Aの仲介・アドバイス相談
に特化した会社があります。

 

 

事業拡大はもちろん、事業継承を
考える経営者も対象に、

 

無料相談もできます。↓

 

 

相談してみれば、先の道は
大きく開けてくるでしょう。

 

※M&Aは「FUNDBOOK」のような
信頼のあるプロフェショナルな会社
でないと、譲渡・買収契約書
などで不安があります。

 

topに戻る

※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
リスケジューリングで銀行に返済の延期・変更を交渉。リスケの方法を解説
リスケとはリスケジューリングの略で、会社借金の返済の見直しのことです。リスケジュールとも呼ばれます。具体的な解説を紹介します。
銀行の借り入れの種類。個人・事業の形態の違い
会社・企業経営における融資を受ける場合、銀行の借り入れがあります。その形態や個人の借り入れとの違いについて解説しています。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
融資の審査ではここが見られる 融資の5原則
金融機関や貸金業者が融資の時に審査している 大きなポイントは5つあります。
手形のジャンプができにくくなったときの対策事例
銀行からの短期借入の手形貸付で手形のジャンプをしてくれないとき会社の資金繰りを助ける対策とは?
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
融資の流れ 個人事業主・法人が銀行から融資を受ける重要ポイントや必要書類
会社の資金繰りにおける銀行や金融機関から融資を受ける際の流れ・手順や、融資実行までの重要なポイント、必要書類などを深掘りしています。
赤字の個人飲食店でも運転資金融資を調達できる1つの方法を提案
飲食店経営が赤字でも、運転資金の融資を簡単にあきらめる必要はありません。その理由や対策をご紹介します。
つなぎ融資には2つの意味がある
運転資金と同等に使われるつなぎ融資という言葉はもう一つまったく違う意味で使われています。
つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感
ビジネスにおけるつなぎ融資が可能な金融機関は?銀行がダメな時でも、そこであきらめる必要はありません。もっとあるつなぎ融資が可能な機関を詳しく御紹介します。
人材採用の費用。助成金・補助金で資金調達の方法
新規人材の採用には高コストがかかります。具体的な数字や、資金調達のための助成金・補助金のご紹介です。