即日のメリット審査が早いビジネスローンはどこの会社か?

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

急いで資金繰りの改善。ビジネスローンで即日融資できるおすすめはこの3社

ビジネスローンで即日融資

 

を勝ち取るために、
「申し込みから審査」、

 

そして振込融資までを即日に近い
スピードで行うことができる金融機関は?

 

ビジネスローンで即日に借りたいときの対策3つの金融機関がカギを握る

 

結論から言いますと、

 

絶対おすすめできる即日融資可能なノンバンクのビジネスローン

 

があります!

 

個人事業主から会社法人まで、
事業資金・運転資金の調達の
為の融資を受けたいという方は、

 

まずは一押しの1社の会社へ融資
申し込みをお考え下さい。

 

その他このページでは、

 

ビジネスローンや事業性融資
の現状についてお話します。

 

なぜ、即日性のある融資ができる、できないに分かれるのか?

 

がよくわかりますので、

 

ぜひ最後までお読みいただき理解してください。

 

 

 

ビジネスローンで即日の融資が可能なノンバンクはこの3社から選べ!

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。個人事業主・法人問わず、まとまった事業融資を即日で受けたいという方はこのページをご覧いただいてビジネスローン即日融資を可能にするおすすめの会社へ申し込みをしてみてください。


 

即日融資を銀行や日本政策金融公庫で期待するのは難しい理由

会社や事業の経営の為に融資を受けたい

 

と考えたとき、まず思いつく申込み先と
言えば、

 

銀行

 

だと思います。

 

さらに、

 

日本政策金融公庫

 

なども真っ先に考える方が多い
金融機関です。

 

この考え方は間違いではありません。

 

日本における、銀行や日本政策金融
公庫は、お金を借りる上でもっとも安心
して融資を受けられる相手先です。

 

この2つの金融機関からビジネスローン
などの融資を受ける最大のメリットとして、

 

低金利である

 

といった理由があります。

 

もちろん、銀行や日本政策金融公庫で
お金を借りれば、金利に対する利息は
支払わなければなりません。

 

しかしその金額は安いに越した事はありません。

 

ただし、安い金利であるが故に非常に
厄介なこともあります。

 

それが審査のハードルです。

 

特に事業性融資やビジネスローンの場合、
お金を貸しても返済が滞りなく行われる
根拠が求められます。

 

その根拠となるものが、
売り上げや利益の数字です。

 

銀行や日本政策金融公庫でビジネス
ローン融資を受ける場合、

 

売り上げや利益の数字が、借金返済に
充てられるだけの見込みがあるのか?
が超重要となります。

 

日本政策金融公庫の創業計画書や借入申し込み書
※事業計画書や借入申込書などをの書類作成も煩雑で時間がかかる

 

希望的観測はほとんど考慮されないと
言っても過言ではないでしょう。

 

 

銀行の事業性融資が機能しなくなる

 

さらに、金融庁の通達で2017年から
始まった、過剰融資の自主規制で、
審査を通過するハードルがより高く
なった現実があります。

 

 

まして、融資の申し込み後、すぐに、
即日で現金の振り込みを受けるなどは、

 

2の次の話となり、

 

  • 審査に時間がかかる
  • 最終的に審査に通らない

 

といった悪循環を生み出す可能性が高くなっています。

 

審査がいらない融資はない

 

このように現実には「審査のハードル」
次第で、即日融資はおろか、

 

融資を受けることができる確率

 

までもが低くなるわけです。

 

残念ながら、この「審査」をスルーして
融資を受ける方法はありません。

 

では、

 

「審査のハードルが低い」「しかも、即日でビジネスローンの融資を受ける」

 

方法はないのでしょうか?

 

次にそのお答えを解説します。

 

topに戻る

ノンバンクは対応が早い。急ぎの事業融資はこの1社プラス2社で完結。

時間かけて、じっくりと事業計画や
申込み書の作成ができ、

 

その審査に時間がかかっても、特に
急ぐことなく結果を待っていられるの
であれば、

 

さきほどご紹介したように、銀行や
日本政策金融公庫でのビジネス
ローンを利用するのもいいでしょう。

 

しかし、

 

即日融資を最優先

 

したいのであれば、銀行や日本政策
金融公庫ではその期待に答える事は
難しいと言えるでしょう。

 

それらデメリットを回避できるのが、

 

ノンバンクである「ビジネスパートナー」

 

のビジネスローン会社です。

 

ビジネスパートナーのイメージ

 

 

ここからビジネスパートナーについて
もう少しくわしく解説します。

 

審査のハードルが「低い」理由

 

  • 審査に時間がかかる
  • 審査を受けても通らない

 

このような金融機関を選んでしまった
場合は、

 

ビジネスローンを即日で融資

 

を受ける可能性はほぼ皆無と
なってしまします。

 

大至急まとまった事業での借入が
必要な時などは、

 

  • 審査のハードルが低い
  • 審査後当日、もしくは翌日に融資してもらえる

 

ビジネスローン会社を選ぶことが
ポイントです。

 

ビジネスパートナーは、この2つの条件
をクリアできます。

 

審査のハードルが低い理由は、

 

比較的新しいビジネスローン会社

 

ということだからです。

 

そのため十分な金利の利益を
得るための「貸出金」がまだまだ
足りないのです。

 

例えば、みずほ銀行の「貸出金」は
2018年3月決算で「約80兆円」です。

 

すでに、「十分な貸し出し額」を
確保しており、リスクを冒してまで
貸し出す必要がないのです。

 

積極的に「融資金額を増やしたい金融機関」
については「審査のハードル」は低いわけです。

 

申込みの受付時間は24時間WEBが必須

 

もう1点、即日融資が可能な
理由を申し上げます。

 

即日融資と言えるものは少なくとも、
「審査での申込み書類が少ない」
という条件の中で、

 

  • 申し込み後、その審査に1、2日間で審査結果
  • 審査結果の連絡後、翌日に融資

 

といったようなスピーディーな対応が
即日融資といえるものです。

 

最近はビジネスローンでも

 

24時間申込み受付

 

を可能にしているところがあります。

 

店舗での営業時間がしっかり決まって
いる金融機関では、

 

その時間外に申し込むことができません。
(当然土日祝も無理です。)

 

なので、ビジネスローンの申し込みをして
即日融資を受けたいと思った時に

 

インターネットから24時間申し込み可能かどうか?

 

を確認する必要があります。

 

個人のカードローンでは、24時間WEB
受付対応はかなり増えましたが、

 

ビジネスローンではなかなかないのが現状です。

 

もちろんビジネスパートナーなら
インターネットから24時間申し込みが
可能なわけです。

 

事業資金を「セブン銀行ATM」でカード借入・返済が可能なビジネスパートナーのカード
※カード発行手数料は無料。

 

早ければ申込みから当日、もしくは
翌日に審査が完了しますので、

 

審査が完了すれば、完了したその日か
次の日には即日で融資が可能です。

 

即時融資の可能性が高いのがノンバンク

 

ここまで解説した

 

即日融資の条件が揃っている

 

のが、

 

ノンバンクのビジネスローン

 

です。

 

例えば、私もお世話になっている当サイトで、
いちばん推奨できる「ビジネスパートナー」
のビジネスローンでは、

 

  • 商号/株式会社ビジネスパートナー
  • 登録番号/
  • 関東財務局長(1)第01500号
  • 日本貸金業協会会員 第005722号

 

これらスピーディーな対応にもかかわらず、
日本政策金融公庫などと同じように、

 

無担保

 

で借り入れを受けることができます。

 

さらに、運転資金やつなぎ融資で困って
いる事業主に優しい配慮として、

 

初めて融資を受ける方には、

 

最大45日間は利息0円でご利用いただける

 

ビジネスローンです。(キャンペーン期限があります。)

 

しかも、わざわざ窓口まで足を運んで
申し込み書を提出する必要もなく、

 

インターネットとパソコンあるいはスマホ
さえあれば、全国どこからでも申し込みが
可能です。

 

審査のハードル

 

当サイトがおすすめするビジネスローンなら
審査を恐れる必要はありません。

 

金利はやや高いと言うデメリットがありますが、
その分、なんといっても融資の受ける大きな
ハードル、審査については、

 

積極的な貸し出しを期待でき、融資実行
にかなり期待が持てるということです。

 

「カード式」でセブンイレブンのコンビニ
ATMから融資が受けられるので、

 

ビジネスローンで運転資金やつなぎ融資を「セブン銀行ATM」でカード借入・返済が可能なビジネスパートナーのカード

 

借りたいとき(返済したいときも)いつでも
即日・スピーディーにこちらの要望を
実行できます。

 

これ程に機動力のあるビジネスローン
なら、必要な時に、必要最小限の
融資金額だけをこまめに受けることができ、

 

長期借り入れによる金利支払いの増大
を極力小さくすることも可能です。

 

さらに、そのほかに2社の推薦できる
即日融資可能なノンバンクの金融機関
も紹介しているページがこちらです。

 

 

 

topに戻る

まとめ リスクを恐れない。少額の金利で困らない経営の継続が可能

事業融資を受けると事業が失敗するかもしれない

 

この考えは果たして正しいのでしょうか?

 

会社や事業の経営において
リスクがない経営というものはありません。

 

むしろ、リスクを避けて事業に失敗する
といった経営者が多いのも事実です。

 

本当にリスクでしょうか?

 

ビジネスローンで融資を受けることが、
大きなリスクになるのでしょうか?

 

例えば、金利利息「10%」でビジネスローン
を活用する場合、

 

もし、10万円のお金を1か月借りて
1か月後に全額返済したときの、

 

金利計算をされたことはありますか?

 

10万円×10%÷365日×30日

 

で、おおよそ821円です。

 

この821円で会社や事業の運営がうまく
スムーズに行えたとすればどうでしょう?

 

高いでしょうか?安いでしょうか?
大きなリスクでしょうか?

 

例えば、遊行費として、

 

カフェに入れば、1回で500円くらいはお金を
支払うでしょう。

 

タバコを一箱買えば、ライターとセットで
500円近くはします。

 

映画館に行けば2000円近くは支払うことになります。

 

好きな雑誌や、週刊誌を買えば、
簡単に500円や1000円を使ってしまいます。

 

まだ着れるポロシャツがあるのに、ユニクロ
で買えば、やはり安いと言っても1200円
くらいは出費します。

 

車でドライブや旅行に行けば、
ガソリン代、外食費、宿泊代
など、

 

それらは、1回で数万円のお金が消えてなくなります。

 

これらの出費を考えると、

 

事業主とその従業員の人生の糧となる
会社経営が事業存続において、

 

1ヶ月に、

 

821円の経費

 

を使うことは、大きなリスクと
考えるのは、まったくもって
ナンセンスと言えるでしょう。

 

本気の経営を行いたいのなら、今出費
しているお金や経費を見直して、

 

そのお金を経営のつなぎ資金・運転資金
の融資の金利に当てれば、

 

まだまだしっかりとした事業継続は見込める
のではないでしょうか?

 

できれば最後に読んでおいてください。→・金融機関の再編。簡単に借りられる時代が終わる前に

 

topに戻る

金融機関の再編。簡単に借りられる時代が終わる前に

2017年11月に「3大銀、急ぐ店舗再編」
というニュースが発表されました。

 

日本では「マイナス金利政策」の
影響などで、

 

  • 東京三菱UFJ銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友銀行

 

のメガバンクすら早急な「生まれ変わり」
を迫られています。

 

 

すでに始まっている銀行の貸し渋りを
考えても、

 

銀行がダメならノンバンク

 

という方法で今、事業融資や運転資金の
融資を何の障害もなく受けられている時に、

 

「借入ができる枠」を作っておくべき
といえるでしょう。

 

今後はノンバンクですら、審査が厳しくなり、
貸し渋りが始まる可能性もあります。

 

参考 ・金融庁 貸金業界の現状について

 

申込みのタイミングを間違えると、

 

以前なら借りられたのに、今は借してくれない

 

ということになりかねないとも言えます。

 

ですので、その対策として、

 

まだ貸し渋りが行われていない時に、
まず「申込み」をしておき、

 

カードを作っておくことです。

 

最初は少額でもいいので、最小限で
申込みをしておき、すぐに返済し、
ビジネスパートナーなら最初
の融資は45日間無利息キャンペーンがあります(期限があり終了します)。)

 

いつ何時起こるかわからないピンチに
備えておくことが賢い方法です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ビジネスローンは貸付条件をご確認のうえ、ゆとりを持ったご返済計画を。

 

ご返済等でお悩みの方は日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター0570-051-051(受付時間9:00~17:30 休 : 土、日、祝日、年末年始)

 

topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
アイフルビジネスローン「事業サポートプラン」金利・担保など3社との比較
キャッシングでは人気のアイフルですが、個人向けの他に事業融資向けのビジネスローンサービスもあります。その内容についてご紹介します。
楽天銀行のビジネスローン・事業融資は審査が甘いってホント?
ネット銀行でも有名な楽天銀行には「ビジネスローン」の融資の相談も行っています。実際の審査の内容や申し込み方法などを調べてみました。
オリックスVIPローンカードBUSINESS個人事業主・法人経営者審査申込み他
ビジネスローンにおすすめの(orix)オリックス・クレジット株式会社のVIPローンカードビジネスは、信頼ある大手ノンバンク会社が展開する事業融資です。
年商5000万の飲食店運転資金で100万円のビジネスローン融資。緊急時の利便性。
給与の支払いや仕入れの代金支払いなど、飲食店での運転資金で保証人なしのビジネスローンを活用した例をご紹介します。
審査が甘いビジネスローンで50万円借りるときと10万円借りるとき違いはあるのか?
ビジネスローンの申し込みで最も気になることの一つ、「審査」について解説します。ノンバンクは銀行より審査の甘いは本当か?
45日間無利息・金利0円のビジネスローンがたった1社だけある
プロミスやアイフルのように初回30日間無利息でキャッシングができるのと同じように、事業資金融資においても初回無利息で借りられる期間がある会社が1社だけありました。
ビジネスローンを銀行で断られてもあきらめない!この3社の審査を受けてみる
事業融資や運転資金の調達は銀行以外でも可能です。銀行以外の「ビジネスローン」のメリットやデメリットをご紹介します。
ビジネスローンとは?有効活用のための5つのメリット
個人経営者・会社法人代表者が融資を受けたいと考えるなら「ビジネスローン」があります。まずはビジネスローンとは?についての詳細をご覧ください。
ビジネスローンを比較!無担保や金利手数料無料に注目
事業資金を比較されている方に朗報。今なら日銀マイナス金利政策で積極的に無担保融資するビジネスローン会社に審査を申し込むことが可能です。
ビジネスローンを個人事業主で申込み。金融のプロが2つの機関の選択肢をアドバイス
個人事業主でもビジネスローンや事業融資は受けられますが、申し込み者によって適切な金融機関を選ばなければメリットが半減してしまいす。ビジネスローンで失敗しない為のアドバイスを御紹介します。
2017年から銀行カードローンの貸し渋りが始まる。金融庁から自主規制要請
2017年は銀行カードローンの過剰融資が問題となり、増大していた貸出残高にストップがかかる。お金が借りられない時の対策を考えてみた。
ビジネスとお金 経営資金を借りる金融業者メリットとデメリット
日本の会社経営では、約7割の会社が何らかの借金をしていると統計ででているそうです。会社経営と切っては切れない借金を考える。
ノンバンクで事業融資・運転資金融資を受ける。たった一つの金利0円期間がある会社
飲食店などの個人事業主や会社経営に携わる方全般にお届けする、法人融資や事業資金・運転資金の融資を出来る限り実現させる唯一の方法をご紹介します。
ビジネスローン 不動産担保有・無担保 2つの融資の比較・違い
ビジネスローンでは、個人の融資と同じように、不動産担保と無担保のシステムがあります。この2つの比較をしてわかることは?
今「ビジネスローン」は「ビジネスパートナー」が選ばれている5つの理由
「ビジネスパートナー」とは「新規利用者45日間利息0円」で融資を受けられる、メリットの大きいビジネスローンです。