ノンバンクと銀行との比較 融資金利や仕組み

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

ノンバンク(消費者金融)がお金を貸す仕組み・銀行との比較

個人融資のノンバンクは消費者金融

 

のことを指しています。

 

ノンバンクの消費者金融で個人融資を受ける

 

つまり直訳の通り、「銀行では無い」
融資会社のことです。

 

お金を借りたい、キャッシングが
したいと言う時によく出てくるフレーズです。

 

ちなみにノンバンクには、

 

消費者金融

 

 

ビジネスローン

 

があります。

 

このページでは、「消費者金融」について
まとめています。

 

ノンバンクのビジネスローンについては
こちらをご覧ください。

 

ノンバンクと銀行の大きな違い

 

ノンバンクと銀行を比較すると、その違いの
1つとして、

 

銀行はユーザーからお金を預かる貯金と,
貸し出し
の業務をしていますが,

 

ノンバンクは貸し出しを行うが、預金はできない
システムになっています。

 

この違いがノンバンクと言われる所以でもあるでしょう。

 

ノンバンク(消費者金融・事業融資会社)の主な収益

 

プロミスやアイフルのような消費者金融会社や、
ビジネスパートナーのようなビジネスローン会社
主な収益は、貸出金利です。

 

ここについては、三井住友銀行や三菱東京UFJ
銀行、みずほ銀行などの銀行業と同じですが、

 

銀行はユーザーからの預金を流用してお金を
貸しているのに対し、

 

ノンバンクは、預金を集めることができないため、
銀行や生命保険会社などの金融機関から
貸出資金を調達、つまり「借り入れ」しています。

 

ですのでノンバンクは、資金を調達する際、
借入金利の利息を銀行などの金融機関に
支払います。

 

つまり、ノンバンクの主な収益は

 

貸出金利と調達金利の差=利ザヤ

 

となります。

 

銀行は預金金利を支払う

 

それに対し銀行は、預金者や他社から
「借り入れをして貸す」ということはありま
せんが、

 

預金を受けているので、そのお金に対し、
預金金利をユーザーに支払っています。

 

貸出金利と預金金利の差=利ザヤ

 

となり、 「利ザヤ」が収益源になっているとことは
ノンバンクと同じです。

 

この2つの機関は、融資でお金を貸すこと以外
にも他の事業での収益もある場合もあります。

 

ノンバンクと銀行との金利比較

 

ノンバンクと銀行と貸出金利の比較をしてみると、

 

借入上限額が同じ設定なら、
ほぼ100%、ノンバンク(消費者金融)の方が銀行
より金利が高くなっています。

 

ノンバンクの金利が高い理由

 

現在、この解説を書いているのは
2016年ですが、

 

銀行にお金預けた際の預金金利は、

 

東京スター銀行 0.025%~
三菱東京UFJ銀行 0.010%~
三井住友銀行 0.010%~
みずほ銀行 0.010%~
ゆうちょ銀行 0.010%~

 

といった具合のように、史上最低金利とも
いえるべき数字になっています。

 

つまり、銀行は日本の中で最も低い預金
金利でお金を調達していると言っても過言
ではありません。

 

それに対し、ノンバンクでは今紹介したような
銀行や生命保険会社からお金を借りている
のが実態ですので、

 

預金金利の他に、銀行の貸出金利が上乗せされて
資金を調達しているわけですから、

 

銀行に比べて私たち個人のユーザーがノン
バンクからお金を借りる際の貸出金利は
高くなって当然です。

 

ノンバンクの資金調達手段の多様化

 

ノンバンクも、銀行や生命保険会社からの
資金調達に頼らず、他の方法を模索しています。

 

例えば、クレディセゾンやアイフルなどの
大手の消費者金融会社などは、株式上場
をすることによって、

 

消費者金融業界の地位を確立し、

 

貸付業務のための資金調達の社債の発行

 

によって調達資金の金利を安くできるように
なってきています。

 

また消費者金融会社の貸出資産をまとめて
これを担保にし、資金調達の原資とした
動きも行っています。

 

借り入れ申し込みの手順

 

とはいうものの、実際においては銀行で融資を
受けるのと、ノンバンク(消費者金融・ビジネスローン
事業資金会社)からお金を借りる際の金利は、

 

やはり銀行の方が金利が安いというところは
変わっていません。

 

これらを踏まえた結果、もしあなた様が何らかの
理由でお金を借りたいと考えているならば、

 

順序としてまずは銀行からキャッシングの審査
申し込みをするのが得策と言えるでしょう。

 

審査の強弱

 

もし仮に銀行のキャッシングの申し込みで
審査に通らなかったならば、

 

諦めるといった選択もあるのですが、

 

運転資金や事業資金などの会社運営に
関わるお金が必要である場合は、

 

そう簡単に「あきらめる」といったわけには
いかないはずです。

 

どうしてもお金を借りることの必要に迫られて
いるなら、

 

ビジネスパートナーのビジネスローン会社
に融資の申し込み
をしてみて下さい。

 

また個人の場合なら、光熱費や食料などの生活費
で一時的にお金が必要になった場合、

 

アイフルやプロミスなどのノンバンク
(消費者金融)に申し込みをしてみてください。

 

なぜなら、ノンバンクは金利は高いですが
銀行で審査をパスできなかった人が、

 

ノンバンクでは審査は通ったという例は
多くあります。

 

ノンバンクは銀行より金利が高いという
デメリットがあるのですが、

 

審査においては銀行よりメリットがあると
考えられています。

 

 

topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

プロミスについての知識を深掘り
カードローンのキャッシングで人気のプロミスについて知りたい情報を取材してみました。
キャッシングとはキャッシングとカードローンの比較や違い
キャッシングとカードローンを例にとって、キャッシングの具体的な意味を学んでおきましょう。返済方法、一括払いと分割払いの区別、メリットデメリットなど。
土日祝でもキャッシングの審査は可能?
土日祝にキャッシングの審査ができる会社なら、いざというときや平日に余裕がない方でもカードローンやキャッシングの申し込み後、審査結果が最短30分でわかります。
カードローンや即日キャッシングの審査でチェックされる「個人信用情報」とは?
キャッシングやカードローンを新規で申し込むときに審査される「個人信用情報」についてご紹介します。即日キャッシングでもそうでない場合でも、審査は必ず必要となります。
キャッシングの総量規制ってなに?総量規制対象外と消費者金融と銀行の違い
総量規制とは、1人の人のカードローンやキャッシングでの借入金の総合計上限を規制する法律です。総量規制の対象となるキャッシングとそうでないキャッシングなどについてお話しします。
消費者金融の利息って高い?安い?キャッシングの金利18%は融資上限額次第で下がる
お金を借りるときに支払う利息について。消費者金融や銀行でのキャッシングの金利の仕組みをしっかりと理解してお得に即日キャッシングで借りよう。
毎月元利均等返済と残高スライド方式の違い
キャッシングでは返済方法について毎月元利均等返済と残高スライド方式があります。この2つの違いについて説明します。
借金をまとめる カードローンを一本化するおまとめローンへの借り換え
複数の金融機関や消費者金融からお金を借りていると、返済に苦労していませんか?毎月の返済を1つのキャッシング会社にしてまとめるだけでも、煩雑さが省けます。
大学生が即日キャッシングするならぶっちゃけどこが良い?
何かとお金が必要なのは大人だけではありません。一人暮らしをしている学生さんでもちょっとしたキャッシングでお金は必要なようです。おすすめのキャッシングをご紹介します。
キャッシング・カードローン・クレジットカードにまつわるQ&A
カードについて、よくある質問やその回答、あらゆる疑問について解説しています。
銀行のカードローンは証書貸付
銀行のカードローンの申し込みをネットで行うことが増えましたが、借用書はあるのかないのか?
おまとめローンのメリット。デメリットはないのか?
アコムやプロミスなど、今借りているローンが複数あるなら、1本化して楽な返済にしませんか?おまとめローンのメリットやデメリット、審査などについてご紹介します。