運転資金や事業計画での資金などの借り入れに特化したビジネスローンとは何か?

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

ビジネスローンとは?について。急ぎの事業での融資が必要な時に役立ちます。

ビジネスローンとは

 

についての解説をお届けします。

 

ビジネスローンについて、特に知って
おいてもらいたいことは、

 

次の5つメリットです。

 

 

  • 個人のキャッシングとは区別されている
  • 個人事業主でも総量規制の制限を受けない
  • 審査の時間が早いので急な融資調達に有利
  • 個人事業主・会社代表者どちらも使える
  • 事業所得が少なくても申し込み可能

 

 

これらの特徴やメリット、借入時のポイント
などをより詳しくご紹介します。

 

さらにこのページの最後に、いくつかの
実用性のあるビジネスローン会社の
ご紹介もありますので、

 

必ず最後までご覧ください。

 

 

そうすれば、失敗のない事業融資を
受けることができるはずです。

 

 

ビジネスローンとは?有効活用のための5つのメリット

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。個人事業主・法人問わず、「ビジネスローンの活用」が注目されています。まずはこのページをご覧いただいてビジネスローンとはどういったものか?を理解してください。


 

 

 

ビジネスローンの概要。個人融資と違う条件他

ビジネスローンとは「事業資金融資」のことです。

 

「ビジネス」とネーミングされて
いる様に、会社や事業の経営
において融資を必要とするときに
申し込みができる借入商品です。

 

ではここからはビジネスローンの特徴をご紹介します。
活用するときの特徴・メリットをご紹介しましょう。

 

資金使途はフリー

 

基本的には事業での資金使途であれば
「目的はフリー」の場合がほとんどです。

 

  • 運転資金のつなぎ融資
  • 接待費の強化
  • 設備投資
  • 予定外の支払い

 

など、事業でのあらゆる目的に対応できます。

 

個人のキャッシングとは区別されているので総量規制の制限はかからない

 

冒頭でも何回かお伝えしている様に、

 

「ビジネスローンと単なる個人のキャッシングの申込み」

 

とは、「審査」や「信用情報」の上で
区別されています。

 

融資会社は、事業性融資と個人の
キャッシングとを区別しています。

 

 

それに伴う最大の違いは「貸出上限の区別」です。

 

個人の融資やキャッシングにおいては、
「総量規制」という法律が設けられて
います。

 

総量規制とは、

 

貸金業者は「年収の3分の1以上」を個人に貸し付けてはいけない

 

というものです。

 

参考 ・総量規制とは?

 

しかし、「会社経営や事業」での融資
金額とは別の取り扱いをしているので、

 

例えば個人の名前で融資やキャッ
シングを受けていても、

 

事業や会社で融資を受ける場合は、
個人での融資金額は勘定せずに
審査が行われます。

 

※事業融資における総量規制の対象外は、
法人格を有さず事業を営む個人の場合で
あくまでも、「貸付け金額上限」での
お話です。過去に債務整理などを行って
いる場合は、この限りではありません。

 

それにより、ビジネスローンでは基本的に

 

個人での融資金額は貸付上限額を圧迫しない

 

ということになります。

 

審査が早い

 

私は過去に「銀行で事業融資」を受けた
ことがあります。

 

その時、銀行に足を運んで申し込み用紙
をもらい、記入して再度銀行へ届けたのち、

 

審査に入ってから結果が出るまで、およそ
10日間以上かかりました。

 

今回ご紹介しているビジネスローンは、

 

銀行以外の融資機関(貸金業者)

 

での取り組みをご紹介しています。

 

これらのビジネスローンは銀行と違い

 

審査が断トツに早い!

 

というメリットがあります。

 

ですので、急な融資の希望に対しても
有効に働いてくれる可能性はかなり
高いと思ってください。

 

審査開始後、最短で1日程度あれば
結果連絡をもらうこともできます。

 

ネットでの申し込みで審査までの準備も断然早い!

 

審査は「申込み」が行われた後の
お話ですが、

 

今回ご紹介しるビジネスローンならほぼ
100%で「ネット申し込み」が可能です。

 

ですので、実際の「申込み」でもとても早く、
しかも簡単に完了できます。

 

 

ビジネスローン会社「ビジネスパートナー」の申し込み画面法人と個人事業主の選択画面

 

 

 

ビジネスローン会社「ビジネスパートナー」の申し込み画面の例

 

上の2つの画像は今回この後に詳しく
ご紹介する「ビジネスパートナー」という
金融機関の申し込み画面ですが、

 

このようにパソコンやスマホから
必要事項を記入することができ、

 

ボタン一つで、「インターネットで申し込み完了」
できます。

 

審査後の「振込」も「最短翌日」でストレスなし

 

審査が通っても、

 

  • その後●日後にお振込み
  • 今月末にお振込み

 

などとなっていると、せっかくの速攻性も
台無しですね。

 

しかし、今回ご紹介するビジネスローン
では、実際に申し込み者の手元に
現金が届くのも早いです。

 

ほとんどが審査結果通知後、「最短翌日」
振込が行われます。

 

経営規模に影響されない

 

一部の方からこういった質問をよく受けます。

 

個人事業を営んでいますが、年間売り上げ
は●百万と非常に小さいです。それでも申し
込みはできますか?

 

ご安心ください。事業売り上げが小さい、また
事業所得が少なくても申し込みには全く問題
ありません。

 

ビジネスローンを活用するシーン

 

ビジネスローンを利用するシーンとしては
こういった事例があります。

 

 

・税金の未納が膨らみ、銀行からの融資を断られた食品会社
が、民間のビジネスローン会社に今後の事業の計画書を
提出して、将来性を認められ350万の借り入れができ税金未納を解消。

 

・年商1000万で従業員3人の飲食店経営個人事業主の
方が、無担保・保証人なしで審査の翌日に100万円の融資を受け、
従業員の給料日に間に合った。

 

・年商8000万、従業員5名のインテリア家具会社経営の社長が
すぐに仕入れ先への支払いが240万円必要であったところ、
申し込み後即審査、支払いを支障なくできた。

 

これらを読んで見て「なるほど」と思われる
こともあるのではないでしょうか?

 

ビジネスロンの使い道は「意外と広い」
ということが言えるかもしれません。

 

ビジネスローン概要のまとめ

 

「事業融資」は近くの店舗の銀行でしか借りられない・・

 

と思っている方、それは間違いです。

 

銀行は「審査基準が厳しい」です。

 

ちょっとでも貸し出しに「不安面」があれば
「保証人が必要」などの条件をつけられる
こともよくある話です。

 

現在では、銀行以外でも「事業の資金
繰りの手助け」となる「事業融資・運転
資金融資・つなぎ融資」を提供できる
会社が充実してきています。

 

また「インターネットの普及」により
全国どこからでも、ビジネスローン
の申し込みが可能です。

 

 

ここで紹介するビジネスローンの金融機関なら、

 

必要書類が揃えば、今すぐにでも
「ネット申し込み」が行えて、

 

事業融資、運転資金の融資を受けら
れる可能性があります。

 

では今から、あらゆる角度から見て、
絶対おすすめできる会社をご紹介
しますので、次の解説をぜひご覧ください。

 

特に今至急に事業での融資が必要
な方には、このページが「あなたの会社の手助け」
となるはずです。

 

順番に読み進めて、しっかりと理解して
おいてください。

 

topに戻る

実際のおすすめビジネスローン会社3社の御紹介

では実際におすすめする、ビジネスローン会社
をご紹介します。

 

※ここでご紹介する金融機関は、国の認可を
得ている信用できる融資会社をご紹介しています。
また申し込み者への配慮として、「無担保・無保証」
で融資を行える会社に限定しています。

 

 

ビジネスパートナー

 

ビジネスローン専門会社ビジネスパートナー

 

私も度々お世話になってる、
事業資金専門の融資を行っている
会社さんです。

 

この会社の最大のメリットとして、

 

  • 初めての融資なら45日間無利息

 

というサービスも提供されているので、
まずは1番におすすめしておきます。

 

 

  • 商号/株式会社ビジネスパートナー
  • 登録番号/
  • 関東財務局長(1)第01500号
  • 日本貸金業協会会員 第005722号

 

その他にも様々な「メリットや使い勝手
の良さ」があります。詳しい情報はこちらを
ご覧ください。

「ビジネスパートナー」一番積極的な資金調達を期待
金利面や貸付け条件など詳しい情報は、詳細ページをご覧ください。

 

 

オリックスVIPローンカードBUSINESS(旧オリックスクラブカード)

 

ビジネスローン オリックスVIPローンカードBUSINESS(旧オリックスクラブカード)

 

言わずと知れた「オリックス」が運営する
ビジネスローンです。

 

いちばんのおすすめポイントは、

 

  • ATMの提携数が多い

 

という点です。

 

それにより、「カードで借り入れ」する際も
設置場所を選ばず、ストレスなく利用できます。

 

  • 商号/オリックス・クレジット株式会社
  • 登録番号/
  • 関東財務局長(12)第00170号
  • 日本貸金業協会会員 第003540号

 

その他にも様々な「メリットや使い勝手
の良さ」があります。詳しい情報はこちらを
ご覧ください。

オリックスVIPローンカードBUSINESS大手の安心感
金利面や貸付け条件など詳しい情報は、詳細ページをご覧ください。

 

 

ビジネクスト

 

ビジネクストのビジネスローン

 

人気お笑い芸の「バナナマン」さんの
テレビCMでもお馴染みの会社です。

 

実質の経営は個人のキャッシングでも
よく知られている「アイフル」です。

 

  • 商号/ビジネクスト株式会社
  • 登録番号/
  • 関東財務局長(6)第01262号
  • 日本貸金業協会会員 第001208号

 

ビジネクストテレビCM人気ビジネスローン
金利面や貸付け条件など詳しい情報は、詳細ページをご覧ください。

 

実際のおすすめビジネスローン会社のまとめ

 

以上、ビジネスローンでおすすめできる
3つの会社をご紹介しました。

 

これらの3社に共通して言える申込者
にとって「有利な特徴」として、

 

  1. 無担保・無保証
  2. 来店不要
  3. 年会費・保証料無料
  4. 資金使途フリー(事業での範囲)

 

ということが言えます。

 

審査を心配する場合

 

審査はどの会社も公平に行われます。

 

しかし、わたくし、「きゃっする」が個人的な
感想としてお話するなら、

 

まずはビジネスパートナーで申し込みしてみる

 

ということをお伝えしておきます。

 

申込みの手間が1回で省ける可能性が
高いと思います。

 

※「闇金」などの違法業者から
お金を借りることは100%やめてください。
違法な利息を取られる可能性があります。
くれぐれもここで紹介されている「国の認可を
受けている」ビジネスローンで申し込みを行ってください。

 

topに戻る

金融機関の貸し渋りが始まる前に

現在(これを書いている2017年)では、

 

日本では「マイナス金利政策」が
行われています。

 

 

しかし、「不動産バブル」と呼ばれる
状況は日本ではピークに達していると
いわれています。

 

さらに、日本では人口の減少が進んで
いて、(世帯数も2019年から減少の見込み)

 

そのため、「空き家の数」が年々増えて
大きな問題として取り上げられています。

 

 

あと、1,2年先を見てみた場合、

 

今、事業融資や運転資金の融資を
何の障害もなく受けられている状態でも、

 

それが逆転してもおかしくない状況が
くるかもしれません。

 

そうなれば、審査が厳しくなり、銀行や金融機関の
貸し渋りが始まる可能性もあります。

 

 

参考 ・金融庁 貸金業界の現状について

 

 

事業性融資や個人のキャッシングについても、
申込みのタイミングを間違えると、

 

以前なら借りられたのに、今は借してくれない

 

ということになりかねないとも言えます。

 

このような事態になれば、融資を受けて
事業を継続する可能性も、断ち切られ
てしまいかねないわけです。

 

ですので、その対策として、

 

まだ貸し渋りが行われていない時に、
まず「申込み」をしておき、

 

カードを作っておくことです。

 

最初は少額でもいいので、最小限で
申込みをしておき、すぐに返済し、
ビジネスパートナーなら今なら最初
の融資は45日間無利息です。)

 

いつ何時起こるかわからないピンチに
備えておくことが賢い方法です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ビジネスローンは貸付条件をご確認のうえ、ゆとりを持ったご返済計画を。

 

ご返済等でお悩みの方は日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター0570-051-051(受付時間9:00~17:30 休 : 土、日、祝日、年末年始)

 

topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
オリックスVIPローンカードBUSINESS個人事業主・法人経営者審査申込み他
ビジネスローンにおすすめの(orix)オリックス・クレジット株式会社のVIPローンカードビジネスは、信頼ある大手ノンバンク会社が展開する事業融資です。
審査が甘いビジネスローンで50万円借りるときと10万円借りるとき違いはあるのか?
ビジネスローンの申し込みで最も気になることの一つ、「審査」について解説します。ノンバンクは銀行より審査の甘いは本当か?
45日間無利息・金利0円のビジネスローンがたった1社だけある
プロミスやアイフルのように初回30日間無利息でキャッシングができるのと同じように、事業資金融資においても初回無利息で借りられる期間がある会社が1社だけありました。
ビジネスローンを銀行で断られてもあきらめない!この3社の審査を受けてみる
事業融資や運転資金の調達は銀行以外でも可能です。銀行以外の「ビジネスローン」のメリットやデメリットをご紹介します。
ビジネスローンで即日の融資が可能なノンバンクはこの3社から選べ!
至急のビジネスローンなら銀行よりノンバンクの可能性を実感。その理由やビジネスローンの比較から最適な金融機関を選ぶ。
ビジネスローンを比較!無担保や金利手数料無料に注目
事業資金を比較されている方に朗報。今なら日銀マイナス金利政策で積極的に無担保融資するビジネスローン会社に審査を申し込むことが可能です。
ビジネスローンを個人事業主で申込み。金融のプロが2つの機関の選択肢をアドバイス
個人事業主でもビジネスローンや事業融資は受けられますが、申し込み者によって適切な金融機関を選ばなければメリットが半減してしまいす。ビジネスローンで失敗しない為のアドバイスを御紹介します。
2017年から銀行カードローンの貸し渋りが始まる。金融庁から自主規制要請
2017年は銀行カードローンの過剰融資が問題となり、増大していた貸出残高にストップがかかる。お金が借りられない時の対策を考えてみた。
ビジネスとお金 経営資金を借りる金融業者メリットとデメリット
日本の会社経営では、約7割の会社が何らかの借金をしていると統計ででているそうです。会社経営と切っては切れない借金を考える。
ノンバンクで事業融資・運転資金融資を受ける。たった一つの金利0円期間がある会社
飲食店などの個人事業主や会社経営に携わる方全般にお届けする、法人融資や事業資金・運転資金の融資を出来る限り実現させる唯一の方法をご紹介します。
ビジネスローン 不動産担保有・無担保 2つの融資の比較・違い
ビジネスローンでは、個人の融資と同じように、不動産担保と無担保のシステムがあります。この2つの比較をしてわかることは?