企業への融資の審査を深掘り 融資の5原則は総合的な基準で評価される

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

銀行融資の審査 5つのポイント

銀行などの金融機関やノンバンクが、
会社法人や個人事業主にお金を
融資するとき、

 

お金を借りる側は審査をされます。

 

審査する内容は年齢や収入面以外にも
いくつかの重要性を持って審査しています。

 

銀行などは融資をする際に必ず、

 

  • 人(人物評価)
  • 物(物的担保)
  • 金(財務、返済財源)
  • 資金使途

 

を検討します。

 

それらは融資の5原則という内容に
基づいて総合的に行われます。

 

それら5原則とは、

 

  1. 安全性の原則
  2. 公共性の原則
  3. 成長性の原則
  4. 収益性の原則
  5. 流動性の原則

 

となります。

 

ではここからは、各原則について
詳しく解説していきます。

安全性の原則

貸し付けたお金が約束した通りに
返済されるかどうかの安全面を見ます。

 

(決算書)をみたりときには日常会話などから
融資先全体の安全性を確認しています。

 

また融資額が妥当であるかを検討し、
その額に対して返済能力があるのか?

 

また返済の意思も確認しています。

公共性の原則

高い金利・利息であっても反社会的勢力や
風俗営業、公共の福祉や公序良俗に反する
個人や企業への融資は厳禁とされています。

 

また投機、奢侈(度を超えた贅沢)
などを煽る融資も不適格要素が強いものです。

成長性の原則

企業の業績が伸びていく、いわゆる
成長力があるかないかに対して
検討されます。

 

成長力がない企業は優秀しても
不良債権になる可能性は高いこと
が統計で出ています。

 

さらに業界全体の動向や取扱商品の
特性、業界内の競争力などを見極め
ます。

 

他には技術力や設備の内容、取引先の
状況、資本系列なども検討材料として
含まれます。

 

経営者の経営手腕にも目を向けます。

収益性の原則

融資をする側は安全性を前提とし、
収益性の追求を考えています。

 

その時の金融情勢などを考慮して、
銀行と融資先とが、円満に取引関係を
維持できる範囲内で、

 

債務者の信用度合いに応じた金利を
設定し交渉していきます。

流動性の原則

融資されるお金が固定化されないように
短期、長期のバランスがとれた融資の
構成内容にします。

 

理想とすれば短期で効率的な運用を
図ることが望ましいといえます。

 

topに戻る

ビジネス・事業での融資を急ぐ場合は

ここまでお話しした審査内容は、
各金融機関やノンバンクによって
多少異なる部分もあります。

 

例えば、銀行の貸付金利利息は
金融機関の中では比較的低い
設定になっています。

 

「金利が低い」のは融資を受ける側に
とっては願ってもないことですが、

 

低金利=審査が厳格

 

ということも間違いではありません。

 

融資を受ける側が最優先に考えること
は何なのか?

 

場合によっては「低い金利」よりも、
できるだけ、必要最低限の書類で
即日で審査を完了してもらい、

 

審査が通れば、すぐにお金を手にする
ことが必要な会社や事業主もあるでしょう。

 

その場合は、ビジネスローンと呼ばれる
ノンバンクの貸付けを利用することが
最も有効です。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
事業拡大のための資金 運転資金は老後の資金に安易に手をつけない
会社経営や個人事業での事業拡大や経費などをどのようにして考えるのか?について大事なお話しを書いています。
リスケジューリングを利用せよ リスケの事例から手順を解説
リスケジューリングとは会社借金の返済の見直しこことです。具体的な解説を紹介します。
銀行の形態と借り入れの種類
会社・企業経営における融資を受ける場合、銀行の借り入れがあります。その形態や種類について解説しています。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
手形のジャンプができにくくなったときの対策事例
銀行からの短期借入の手形貸付で手形のジャンプをしてくれないとき会社の資金繰りを助ける対策とは?
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
融資の流れ 個人事業主・法人が銀行から融資を受ける重要ポイントや必要書類
会社の資金繰りにおける銀行や金融機関から融資を受ける際の流れ・手順や、融資実行までの重要なポイント、必要書類などを深掘りしています。
赤字の個人飲食店でも運転資金を調達できる1つの方法を提案
飲食店経営が赤字でも、簡単にあきらめる必要はありません。その理由や対策をご紹介します。
つなぎ融資には2つの意味がある
運転資金と同等に使われるつなぎ融資という言葉はもう一つまったく違う意味で使われています。
つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感
ビジネスにおけるつなぎ融資が可能な金融機関は?銀行がダメな時でも、そこであきらめる必要はありません。もっとあるつなぎ融資が可能な機関を詳しく御紹介します。