事業資金調達に最適なビジネスローン会社オリックスのVIPカードローンビジネスのメリットや特徴を深堀り

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

オリックス(orix) VIP(ビップ)カードローンBUSINESS(ビジネス)が選ばれる理由とは?

オリックス(orix) VIP(ビップ)カードローン BUSINESS(ビジネス)

 

についてのご紹介です。

 

新しく登場したオリックス(orix) VIP(ビップ)カードローンBUSINESS(ビジネス)のカード
※新しくBUSINESS(ビジネス)の文字がカードに入りました!

 

 

現在ビジネスローンでは、きゃっするが
おすすめできる日本で3本の指に入る
事業資金融資のカードローンです。

 

本日は「オリックス・クレジット株式会社」
が運営する、

 

オリックス(orix) VIP(ビップ)カードローンBUSINESS(ビジネス)

 

の特徴や魅力を余すことなくお話しますので、

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

オリックスVIP(ビップ)カードローンBUSINESS(ビジネス)個人事業主・法人経営者審査申込み他

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。このページではオリックス(orix) VIP(ビップ)カードローンBUSINESS(ビジネス)について特徴やメリットなどをご紹介しています。事業・運転資金調達ならビジネスローンを積極的に活用してください。


 

 

 

今まさに事業資金の融資、ビジネスでローン
を必要とされている方は、

 

このページをご覧になって、申し込みの
ハードルの低さや、審査を恐れることが
ないことが分かっていただけると思うので、

 

お役に立てるお話になること、
間違いありません。

 

最初から順に読み進めてみてください。

 

オリックス・クレジット株式会社について

オリックス・クレジット株式会社は、

 

プロ野球でもお馴染みの「オリックス株式会社」
が100%出資するカードローン会社です。

 

社名 オリックス・クレジット株式会社(英文社名:ORIX Credit Corporation)
本社 〒190-8528 東京都立川市曙町二丁目22番20号 立川センタービル
設立 1979年6月
貸金業者登録番号 関東財務局長(11)第00170号
代表者 代表取締役社長 山科 裕子
事業内容 個人向け金融サービス業
株主構成 オリックス株式会社 100%

 

商号:オリックス・クレジット株式会社登録番号:関東財務局長(11)第00170号 日本貸金業協会会員 第003540号

 

ネットワーク

 

本社 〒190-8528 東京都立川市曙町ニ丁目22番20号 立川センタービル
芝オフィス 〒105-0014 東京都港区芝二丁目28番8号 芝二丁目ビル

 

オリックス銀行とはグループは同じ

 

オリックス株式会社にはファイナンス系の
事業として、今回ご紹介する

 

オリックス・クレジット株式会社

 

 

オリックス銀行

 

の2つの代表的なファイナンス(金融・融資・
資金調達)事業があります。

 

この2つの事業においては「カードローン」
でのキャッシング・融資サービスを行って
います。

 

主にオリック銀行では「預金」などの通常の銀行業
と、「個人融資用」のカードローン業を、

 

オリックス・クレジット株式会社は「個人融資」
「会社法人・個人事業融資」としての業の
目的を持っています。

 

法律上の違い

 

貸金業の法律上の規制などから、

 

貸金業と銀行

 

という2つのカテゴリーに完全に分かれています。

 

このように分かれているのについては、
「お金を借りたいユーザー」にとって
メリットがある、

 

いくつかの理由が存在します。

 

このページでご紹介する、

 

ビジネスローン・事業資金に関する融資

 

をお考えの場合は、

 

まずはこのページを読んでいただければ、
すべてのメリット、デメリット、特徴などが
理解していただけると思います。

 

詳しく違いを知りたい方は、こちらのページを
参考にしてみてください。

 

参考 オリックス銀行カードローンとオリックスクレジットカードローンとの違い

 

topに戻る

年収の3分の1を超える借入が可能などメリットに関する特徴

「オリックス(orix) VIP(ビップ)カードローンBUSINESS(ビジネス)」
についてのメリットや特徴をご紹介します。

 

総量規制対象外 年収の3分の1を超える借入が可能

 

事業融資やビジネスローンに関しては、ここを
理解しておくことで、

 

個人事業主が融資を受けられる上限額
が大きく広がってきます。

 

「総量規制」とは、 貸金業法で決められた法律で、
年収の3分の1を超える借り入れを原則禁止と
するものです。

 

「借り入れを禁止」とはつまり「貸す側の責任」
が大きなところで、

 

融資を行う事業者は、「信用情報」や融資
申し込みの際の、「年収」「他の借入額」の
内容を見て、

 

「年収の3分の1以上となる金額の融資を行っては
いけない」という事を守らなければなりません。

 

しかし、この規制を勘違いする方がよくあります。

 

この規制については、

 

  1. 消費者金融系の貸金業(プロミスやレイクなど)
  2. 個人のキャッシングについて

 

この2つが当てはまる融資内容について、
規制されているものです。

 

つまり、今回ご紹介している事業資金の融資、
ビジネスローンについては、

 

「総量規制」の対象外

 

となり、仮に年収の3分の1に当たる、「個人の借入」
があったとしても、

 

事業資金の融資、ビジネスローンに関しては
総量規制の対象外となるので、

 

総量規制の理由で「審査が通らない」と
いうことにはならないのです。

 

※但し、会社法人代表者は事業性融資
でも総量規制の対象となります。

 

参考 キャッシングの総量規制ってなに?総量規制対象外と消費者金融と銀行の違い

 

topに戻る

オリックス VIP(ビップ)カードローンBUSINESS(ビジネス)キャンペーン申し込み

オリックス VIP(ビップ)カードローンBUSINESS(ビジネス)
では、リニューアルを記念して、

 

キャンペーンを開催中です。
(2017年3月31日まではギフトカードプレゼント。
それ以降は公式ページで確認くださいませ。)

 

 

topに戻る

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
ビジネスローンを比較 おすすめビジネスローンとは 無担保や金利、総量規制対象外に注目
事業資金を比較されている方に朗報。今なら日銀マイナス金利政策で積極的に無担保融資するビジネスローン会社に審査を申し込むことが可能です。
2016年は銀行のカードローンが狙い目 総量規制は対象外
2015年から銀行のカードローンの貸出残高が増えてきている。その背景と利用者のメリットを考えてみた。
ビジネスとお金 経営資金を借りる金融業者メリットとデメリット
日本の会社経営では、約7割の会社が何らかの借金をしていると統計ででているそうです。会社経営と切っては切れない借金を考える。
ノンバンクで事業資金・運転資金融資を受けるたった一つの方法
飲食店などの個人事業主や会社経営に携わる方全般にお届けする、事業資金・運転資金の融資を出来る限り実現させる唯一の方法をご紹介します。
ビジネスローン 不動産担保有・無担保 2つの融資の比較・違い
ビジネスローンでは、個人の融資と同じように、不動産担保と無担保のシステムがあります。この2つの比較をしてわかることは?