総量規制の意味って?総量規制対象外のキャッシング・カードローン会社はあるの?

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

貸金業法における総量規制の仕組みについて

消費者金融で即日キャッシングしたい
と思っても、

 

あなたの借入金がすでに年収の3分の1を
超えているなら、新たな借り入れはできない。

 

これが総量規制と呼ばれる法律です。

 

ここから総量規制の仕組みや内容に
ついてさらに深掘りして、解説します。

 

 

キャッシングの総量規制ってなに?総量規制対象外と消費者金融と銀行の違い

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。お金の借りすぎで返済が出来なくなる。こういった事故を未然に防ぐため、国では総量規制という法律をつくり、年収に対して、キャッシングできる上限金額を設けています。総量規制って何?について解説を交えながら深掘りしていきます。


 

 

総量規制の大まかな概要と内容

借り過ぎには注意が必要。

 

なぜなら、お金を借りて、毎月返せる金額は
年収によってある程度把握でき、

 

それを越えてしまうと、生活費などにも影響が
ではじめ、最終的に借入金返済が滞る。

 

こういった事例は過去にたくさんあります。

 

自己破産や、個人再生、任意整理などの
債務整理
をしなければならなくなることは、

 

出来る限りない方が、人にとって幸せな人生
と考えるのは一般的には常識です。

 

そういった観点から、国では貸金業法内に
総量規制という法律を設けています。

 

日本貸金業協会によると、総量規制とは
年収の3分の1以上の借り入れは、消費者金融
会社での借入の申し込みがあっても、受け付けて
貸し付けてはならないという決まりのことです。

 

2010年6月から施行された改正貸金業法での
規制です。

 

 

「個人向け貸付け」が対象。個人の対象外もある。

 

貸付けという契約にはカードローンやキャッシングなどの
「個人向け貸付け」の他に、

 

  • 「個人向け保証」
  • 「法人向け貸付け」
  • 「法人向け保証」

 

の種類があります。

 

これらのうち、総量規制の対象となるのは、
「個人向け貸付け」となっています。

 

事業性の融資は総量規制対象外となります。

 

つまり「個人がお金を借りる」という行為についてです。

 

法人に対する貸付けや保証、そのほか
「個人向けであっても個人向け保証」に
ついては総量規制の対象にはなりません。

 

法人に対する貸し付けとは「事業融資」
や「ビジネスローン」などがそれにあたります。

 

ビジネスローン・事業融資についてはこちらで解説

 

個人が事業用資金として借入れ
る場合でも、原則として総量規制の
対象とはなりません。

 

※但し、会社法人代表者は事業性融資
でも総量規制の対象となる場合があります。

 

また、「個人向けであっても個人向け保証」
の具体的なものとしては、簡単に言うと「誰か
の債務の保証人になる」ということです。

 

保証人になる時点では、総量規制の
対象からははずれます。

 

ただし、何らかの理由で債務者本人から
保証人に債務が移ってしまった場合、

 

その時点で総量規制の対象となります。

 

topに戻る

個人でお金を借りるとき総量規制対象外はあるの?

先ほどの解説では、キャッシングにおいて

 

個人がお金を借りるとき

 

これが、「総量規制」の対象と申しましたが、
個人がお金を借りるときでも、

 

総量規制の対象外となるパターン
があります。

 

それが

 

銀行からの借り入れ

 

です。

 

消費者金融と銀行は区別されています。

 

消費者金融とはプロミスやアイフル、モビット
などのいわゆる消費者金融会社と呼ばれる
会社の事です。

 

三菱東京UFJやみずほ銀行、オリックス銀行
や楽天銀行などは「銀行」であって貸金業者
とは違います。

 

貸金業者である消費者金融で借りている
借金やキャッシングに対しては総量規制が
設けられています。

 

しかし、銀行での借り入れは基本的
には総量規制対象外となるため、銀行
での借入金を含めた金額が年収の3分の1
であっても、

 

銀行での借入金を外すと3分の1以下で
あるなら、総量規制で借りれなくなるという
ことは法律上はありません。

 

銀行のカードローンも銀行等からの借入で
すので、総量規制対象外となります。

 

 

 

しかし、貸金業者も銀行もキャッシングの申し込み
の際は、「信用情報」である程度の個人の
借入金額は把握できるので、

 

年収の3分の1を超えてなくとも、
貸す側が考える返済可能な借金総額
の指標の判断で、

 

総量規制の対象、対象外関係なく審査
において判断され、結果借り入れの上限額
が抑えられる場合もあります。

 

topに戻る

「事業性融資・ビジネスローン」他除外・例外

もう1点、融資に関して総量規制対象外の
ローン・借り入れがあります。

 

それが、

 

事業性融資・ビジネスローン

 

です。

 

ビジネスローン・事業融資についてはこちらで解説

 

さらに総量規制の除外と例外については以下の
ようなものがあります。

 

総量規制の除外

総量規制の例外

・不動産購入・改良の貸し付け
・自動車購入時の自動車担保貸付
・高額医療費の貸付け
・有価証券担保貸付け
・不動産担保貸付け
・売却予定不動産の売却金額により返済できる貸付け手形(融通手形を除く)の割引
・金融商品取引業者が行う500万円超えの貸付け
・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

・顧客の一方的有利となる借換え
・緊急の医療費の貸付け
・社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
・個人事業者に対する貸付け
・預金取り扱い金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ融資」に係る貸付け

 

 

 

topに戻る

キャッシングとクレジットカードの買い物と総量規制

キャッシングは「お金を借りる」というのが
基本的な考え方です。

 

では「クレジットカード」についてはどうでしょうか?

 

クレジットカードでの買い物については、
「直接お金を借りる」というわけではありません。

 

しかし、決められた期限には必ず支払いをしな
ければなりません。

 

いわば1回払いで買い物をした時点で、金利のない
0円でお金を借りていることと等しいともいえます。

 

法律では、クレジットカードでの買い物の
金額については総量規制対象外となります。

 

ですので基本的には区別されて審査などの
判断がされます。

 

同じ銀行でのキャッシングとクレジットカードの事例

 

参考までに総量規制とは関係のない

 

銀行でのキャッシングとクレジット機能の連携

 

について、こういった事例もあります。

 

●●銀行での事例で、カードローン(キャッシング)
限度額が300万円のカードで200万円のキャッシング
をしていたとき、

 

その●●銀行でのクレジット機能の限度額が
20万円でした。

 

そこで、クレジットカードの限度額を、

 

20万円から30万円にしたい

 

という希望をすると、この時点では受けられ
ないという答えが返ってきていました。

 

 

しかし、カードローンキャッシングの借入金200万円を
0円にしたところ、その●●銀行からメールが来て、

 

「クレジットカードの枠を50万円まで上げることが可能です」

 

という連絡が来ました。

 

200万円のキャッシングをしているときは
30万円の限度額アップを拒まれたのに、

 

200万円をすべて返済すると、希望した30万
より上の50万円クレジットカードの限度額
をオッケーしてきました。

 

 

このように、

 

銀行系の借入金は総量規制に関係がない

 

といっても、その個々の銀行で貸し付け総額や、
許容上限額の基準を持っており、

 

債務者の収入の変化や、他行、貸金業者での
借り入れ状況を見ながら判断しているところが
あるのは間違いないかと思われます。

 

こういった、審査や判断は我々借りる側の自制を
促すためにあるとも言えます。

 

無理な借り入れ、計画性のない借り入れは
あとあと大変なことになることもありますので、

 

しっかりと毎月のお金の収支の計算や計画を
もってキャッシングを行うように心がけましょう。

 

 

topに戻る

総量規制対象外のキャッシング会社一覧

キャッシングや即日キャッシングの
申し込みをしたい、審査をしたい
という方で、

 

総量規制対象外の金融会社を
お探しなら、まずは

 

銀行系のカードローンやキャッシング

 

の申し込みがおすすめです。

 

総量規制がかからない銀行系ローン一覧はこちら

 

銀行系のキャッシングについては
総量規制対象外となっています。

 

貸金業いわゆる消費者金融での
借入はまずは避けたいと思われる
方は、

 

銀行系のキャッシングのお申し込みから
始めてみましょう。

 

「総量規制対象外」ビジネスローン・事業融資についてはこちらで解説

 

 

topに戻る

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

プロミスについての知識を深掘り
カードローンのキャッシングで人気のプロミスについて知りたい情報を取材してみました。
ノンバンク融資とは消費者金融とビジネスローンの2種類の借入がある
ノンバンクとは消費者金融会社や事業融資・ビジネスローン会社のことである。もしあなたがノンバンクのカードローンでお金を借りたいと思っているならその前にこのページを読んでください。
キャッシングとはキャッシングとカードローンの比較や違い
キャッシングとカードローンを例にとって、キャッシングの具体的な意味を学んでおきましょう。返済方法、一括払いと分割払いの区別、メリットデメリットなど。
土日祝でもキャッシングの審査は可能?
土日祝にキャッシングの審査ができる会社なら、いざというときや平日に余裕がない方でもカードローンやキャッシングの申し込み後、審査結果が最短30分でわかります。
カードローンや即日キャッシングの審査でチェックされる「個人信用情報」とは?
キャッシングやカードローンを新規で申し込むときに審査される「個人信用情報」についてご紹介します。即日キャッシングでもそうでない場合でも、審査は必ず必要となります。
消費者金融の利息って高い?安い? キャッシングの金利は融資額で変わる
お金を借りるときに支払う金利について。消費者金融や銀行でのキャッシングの金利の仕組みをしっかりと理解してお得に即日キャッシングで借りよう。
毎月元利均等返済と残高スライド方式の違い
キャッシングでは返済方法について毎月元利均等返済と残高スライド方式があります。この2つの違いについて説明します。
借金をまとめる カードローンを一本化するおまとめローンへの借り換え
複数の金融機関や消費者金融からお金を借りていると、返済に苦労していませんか?毎月の返済を1つのキャッシング会社にしてまとめるだけでも、煩雑さが省けます。
大学生が即日キャッシングするならぶっちゃけどこが良い?
何かとお金が必要なのは大人だけではありません。一人暮らしをしている学生さんでもちょっとしたキャッシングでお金は必要なようです。おすすめのキャッシングをご紹介します。
キャッシング・カードローン・クレジットカードにまつわるQ&A
カードについて、よくある質問やその回答、あらゆる疑問について解説しています。
銀行のカードローンは証書貸付
銀行のカードローンの申し込みをネットで行うことが増えましたが、借用書はあるのかないのか?
おまとめローンのメリット。デメリットはないのか?
アコムやプロミスなど、今借りているローンが複数あるなら、1本化して楽な返済にしませんか?おまとめローンのメリットやデメリット、審査などについてご紹介します。