経営でのつなぎ融資をより確実に調達するための金融機関とは

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

2つのつなぎ融資の意味を知る 事業経営でのつなぎ融資が即日必要な時

つなぎ融資のおすすめに関しては
最後の方に案内がありますので、

 

まずは最初から最後までこのページ
をご覧くださいませ。

 

つなぎ融資

 

と聞いて、あなたはどんなシチュエーションが
頭に浮かぶでしょうか?

 

私は飲食店業経営者や個人事業経営者
の方に向けて、普段は経営コンサルティング
を行っています。

 

例えば、飲食店の売り上げを上げて
利益を伸ばすためにはどうすればよいか?

 

といった相談を受けて、その解決方法を
アドバイスしたり、

 

実際に売上増加計画を立てたりして
それを実行するための手ほどきもします。

 

その中で「つなぎ融資」という
言葉を使ったりするのですが、

 

その場合のつなぎ融資の意味は、

 

運転資金

 

という意味と同じ意味であり、

 

飲食店の売り上げが伸びてくる
までの、施策を実行しているときの
経費や、事業存続のための融資と
いう役割を持っています。

 

基本は短期・一時的な融資であり、
計画通り売り上げが伸びてくれば、

 

すぐに返済していくことができる
借金・負債の事になります。

 

参考 赤字の個人飲食店でも運転資金を調達できる1つの方法を提案

 

 

しかし、実はそれ以外にも意味の違う
つなぎ融資があることを知りました。

 

なぜ知った方というと、私の来年の目標で
ある、

 

ファイナンシャルプランナーの認定
受けるための準備をしていたときに
「つなぎ融資」という言葉がでてきた
からです。

 

ちなみにファイナンシャルプランナーとは
次のような使命がある仕事です。

 

顧客の相談に応じ、資産についてのデータを収集・分析して人生設計や事業設計にあわせた財産形成の立案(ファイナンシャル・プランニング)やアドバイスを行う専門家。略称FP。フィナンシャル・プランナーともいう。銀行、証券、保険などの金融商品や不動産を扱う会社などに属する企業系FP(インハウスFP)と、事務所を開設してコンサルティング料により収入を得る独立系FPに分けられる。また、資産に関するセミナーでの講師や原稿の執筆などを行うFPもいる。 出典 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

 

お金に関する知識を持ちアドバイスが
できる専門業の事です。

 

ファイナンシャルプランナーの認定試験に
合格すれば、私のコンサルティングができる
ジャンルも広がり、より一層お客様に喜ばれる
仕事ができると思っています。

 

話はそれましたが、

 

つなぎ融資のもう一つの意味として
理解したジャンルは、

 

住宅の購入

 

に関係する内容の中でのことです。

 

ファイナンシャルプランナーでは

 

不動産

 

に関するアドバイスの知識も
必要とされます。

 

その中身を理解しようとしていたとき、

 

住宅ローンでのつなぎ融資

 

という項目がありました。

 

注文住宅は通常、住宅ローンは家や
ビルなど建物が竣工(完成)を迎えて
から融資が実行されます。

 

しかし実際に住宅に関する費用が発生
するのは、

 

土地の購入代金
着手金
中間支払い

 

など、竣工を向かえるまでに
大きな金額が必要となります。

 

しかし、先ほども申した通り、
住宅ローンを組んでも実際に
施主(契約者)の口座に現金
が振り込まれるのは、

 

竣工確認後なのです。

 

そこで、竣工までの間に必要な
支払い金額を住宅ローンとは
別枠でさらに融資してくれる
制度として

 

つなぎ融資

 

という「商品」(融資する銀行や企業は
ローンの種類を商品と呼ぶ)を提供して
いる金融機関もあるのです。

 

このように、つなぎ融資という意味は
2つの意味合いがあります。

 

「つなぎ」という意味では両方とも
同じ意味合いを持っていますが、

 

融資の内容は全く違うものだと
いうことです。

「経営」におけるつなぎ融資の事情

さて、今の私の使命であるコンサル
ティングの仕事の中のつなぎ融資
は経営における意味での言葉です。

 

その中で、

 

つなぎ融資を受ける為に苦労する

 

という経営者の方は多いです。

 

その真意は「融資審査に通らない」
というのが現実にあります。

 

その解決策として私が、アドバイスとして
つなぎ融資に最も最適で、

 

審査にも通りやすいビジネスローン
呼ばれる融資をご紹介しています。

 

このサイトでもつなぎ融資の
解決策として詳しく掲載
していますので、

 

事業経営におけるつなぎ融資獲得が
どうしても必要なのに上手くいかず、

 

困っているという方はぜひ参考に
してみてください。

 

(解説ページのご案内はこのコラムの後にあります)

 

 

今後はファイナンシャルプランナーに
なり不動産関係でのコンサルティングも
できるよう、しっかりした知識を取得
していきます。

 

その時には住宅ローンでのつなぎ融資の
アドバイスもしっかりできるよう
努めて参ります。

 

どうしても事業でつなぎ融資が必要な時の手段はこちら

 

 

topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
事業拡大のための資金 運転資金は老後の資金に安易に手をつけない
会社経営や個人事業での事業拡大や経費などをどのようにして考えるのか?について大事なお話しを書いています。
リスケジューリングを利用せよ リスケの事例から手順を解説
リスケジューリングとは会社借金の返済の見直しこことです。具体的な解説を紹介します。
銀行の形態と借り入れの種類
会社・企業経営における融資を受ける場合、銀行の借り入れがあります。その形態や種類について解説しています。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
融資の審査ではここが見られる 融資の5原則
金融機関や貸金業者が融資の時に審査している 大きなポイントは5つあります。
手形のジャンプができにくくなったときの対策事例
銀行からの短期借入の手形貸付で手形のジャンプをしてくれないとき会社の資金繰りを助ける対策とは?
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
融資の流れ 個人事業主・法人が銀行から融資を受ける重要ポイントや必要書類
会社の資金繰りにおける銀行や金融機関から融資を受ける際の流れ・手順や、融資実行までの重要なポイント、必要書類などを深掘りしています。
赤字の個人飲食店でも運転資金を調達できる1つの方法を提案
飲食店経営が赤字でも、簡単にあきらめる必要はありません。その理由や対策をご紹介します。
つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感
ビジネスにおけるつなぎ融資が可能な金融機関は?銀行がダメな時でも、そこであきらめる必要はありません。もっとあるつなぎ融資が可能な機関を詳しく御紹介します。