法人が銀行での融資を受けるとき有効な種類について

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

いろいろな銀行の規模と借り入れの種類

会社経営を行っていると、

 

銀行からの借り入れ

 

を1度はお考えになった経営者の方は
多いと思います。

 

一般的に銀行と呼ばれる機関には
次のようなところがあります。

 

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 信託銀行
  • 第2地方銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合

 

さらに、金融機関んと呼ばれるもの
を含めると、

 

  • 郵便局(ゆうちょ銀行)
  • 農協
  • 労働金庫
  • 生命保険会社
  • 損害保険会社
  • 証券会社
  • クレジット会社
  • ノンバンク

 

と多くの機関があります。

 

これらからは会社・企業の経営に
とっての資金繰りに役立つ融資を
受けることができる金融機関です。

 

では、まずは「銀行からの借り入れ」
での融資の種類についてどのような
ものがあるのかを考えてみまます。

 

証書貸付(しょうしょかしつけ)

 

「証書貸付」とは

 

借用証明書を差し入れて資金の融資を受ける

 

方法です。

 

目的としては、設備資金、長期運転資金
住宅ローンなど、長期にわたる融資に使わ
れるものです。

 

そのほか、最近では多くなった消費者ローン
は、すべて証書貸付で行われています。

 

手形貸付

 

こちらは、借用証書に変わるものとして、

 

約束手形を銀行宛に振り出して資金の融資を受ける

 

方法となります。

 

この方法は主に、短期の運転資金
決算資金を借り入れるときに使います。

 

他の例として、決算資金・賞与資金・
つなぎ融資などに使われます。

 

 

手形割引

 

手形割引は、

 

商取引に基づいて受け取った約束手形や為替手形を銀行が買い取り、資金を融資する

 

方法です。

 

当座貸越(とうざかしこし)

 

最後に当座貸越についてご紹介
します。

 

この方法は、

 

当座貸越契約を結び、一定の限度額を決めその限度額まで当座預金の残高を越えても支払いに応じる取引

 

となります。

 

当座預金に限らず、総合口座や
カードローンといった普通預金に
ついても貸越契約も含まれています。

 

銀行やノンバンク、金融機関からの借り入れの限度を知る

これら銀行からの借り入れを受ける
ため、審査を受け完了した場合、

 

会社企業には銀行からの融資が
許され、資金繰りのためのピンチを
救ってくれる、力強いバックアップに
なってくれます。

 

しかし、だからと言って湯水のように
見境なくお金を借り入れるようなこと
をすれば、

 

借金で首が回らなくなり、最後には
倒産と言う最悪のシナリオの道を
たどってしまうこととなります。

 

では会社が健全に経営が行えるため
の、銀行や金融機関からの借り入れ額
の限度額はいくらまで大丈夫なのか?

 

これについてしっかりと知っておいて
ください。

 

 

topに戻る

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
事業拡大のための資金 運転資金は老後の資金に安易に手をつけない
会社経営や個人事業での事業拡大や経費などをどのようにして考えるのか?について大事なお話しを書いています。
リスケジューリングを利用せよ リスケの事例から手順を解説
リスケジューリングとは会社借金の返済の見直しこことです。具体的な解説を紹介します。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
融資の審査ではここが見られる 融資の5原則
金融機関や貸金業者が融資の時に審査している 大きなポイントは5つあります。
手形のジャンプができにくくなったときの対策事例
銀行からの短期借入の手形貸付で手形のジャンプをしてくれないとき会社の資金繰りを助ける対策とは?
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
融資の流れ 個人事業主・法人が銀行から融資を受ける重要ポイントや必要書類
会社の資金繰りにおける銀行や金融機関から融資を受ける際の流れ・手順や、融資実行までの重要なポイント、必要書類などを深掘りしています。
赤字の個人飲食店でも運転資金を調達できる1つの方法を提案
飲食店経営が赤字でも、簡単にあきらめる必要はありません。その理由や対策をご紹介します。
つなぎ融資には2つの意味がある
運転資金と同等に使われるつなぎ融資という言葉はもう一つまったく違う意味で使われています。
つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感
ビジネスにおけるつなぎ融資が可能な金融機関は?銀行がダメな時でも、そこであきらめる必要はありません。もっとあるつなぎ融資が可能な機関を詳しく御紹介します。