銀行が手形のジャンプしてくれないときの解決法 事業計画書ノンバンクと

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

銀行が手形のジャンプをしなくなったならどうする?

手形のジャンプ

 

とは銀行からの融資の方法として手形貸付
が行われた際、借り手側の会社や事業主が
返済期日に返せず、返済日を伸ばすことを
いいます。

 

手形貸付は会社や個人事業主の短期借入金
の手段です。

 

借入先はほとんどが銀行となります。

 

基本的に短期借入金になる返済期日は
1年以内で、貸借対照表では流動資産に
属します。

 

返済日が伸びることも多い

 

手形貸付は短期借入金として融資を受けますが、
現実には、返済日が来ても全額返済ができず
1年以上借り続けるケースも多いのです。

 

その場合、手形の書き換えを行って支払期日の
延長をすることができます。

 

これを手形のジャンプと呼びます。

 

手形ジャンプの仕組み

 

返済期日が延長されれば、借り入れ期間
が延びるので利息支払いも増えます。

 

固定負債化しやすくなる

 

手形のジャンプは証書貸付と違い、割と
手軽に返済期日を延ばすことができるため、

 

ついつい返済期限が延び、実質のところ
固定負債化してしまっている場合も
多いようです。

 

はっきりいってこれはあまりよくない傾向で、
「いつ返しても良い」という危機感のなさが

 

経営の健全化に真剣に向き合えない
といった状況に持っていかれやすく、

 

悪循環になってしまいがちです。

 

金融機関が対策

 

今では銀行側はこれを良しとしない向きが強く、

 

借り手側は貸し渋り・はがしなどで期日どおりの
返済をせまられることが多くなっています。

 

手厳しいようにも感じますが、これら手形貸付は
短期借入金としての利用として正当性があり、

 

期日に返すのが本来の約束なので、期日
どおり返済することが当たり前といえば
間違いではありません。

 

長期の証書貸付に切り替え

 

とはいうものの、「ない袖は振れない」で、
返済できる現金が一括では不足している
となった時は、

 

証書貸付に切り替えて毎月の返済を少しづつ
していく長期借入金という選択肢がありますので、

 

銀行や金融機関と話し合いの場を持って、
それぞれメリットがあるようにしていくのが
理想と言えます。

 

それでも話合いがつかない時は

 

話合いの場を持っても貸しはがしを
されてしまった場合、

 

また、話し合いがついて、毎月少しずつの
返済で猶予をもらっても、

 

現実的に運転資金や設備資金が不足に
陥るという場合は、

 

銀行以外の金融機関やノンバンクで
会社運営の資金調達を行うことが
可能な場合があります。

 

次に、事業資金融資・ビジネスローン
あらまし・活用方法と事例をご紹介します。

 

 

 

無担保・無保証といったメリットの
大きい正規のビジネスローンを活用する
ことで、資金調達の味方となります。

 

topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
事業拡大のための資金 運転資金は老後の資金に安易に手をつけない
会社経営や個人事業での事業拡大や経費などをどのようにして考えるのか?について大事なお話しを書いています。
リスケジューリングを利用せよ リスケの事例から手順を解説
リスケジューリングとは会社借金の返済の見直しこことです。具体的な解説を紹介します。
銀行の形態と借り入れの種類
会社・企業経営における融資を受ける場合、銀行の借り入れがあります。その形態や種類について解説しています。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
融資の審査ではここが見られる 融資の5原則
金融機関や貸金業者が融資の時に審査している 大きなポイントは5つあります。
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
融資の流れ 個人事業主・法人が銀行から融資を受ける重要ポイントや必要書類
会社の資金繰りにおける銀行や金融機関から融資を受ける際の流れ・手順や、融資実行までの重要なポイント、必要書類などを深掘りしています。
赤字の個人飲食店でも運転資金を調達できる1つの方法を提案
飲食店経営が赤字でも、簡単にあきらめる必要はありません。その理由や対策をご紹介します。
つなぎ融資には2つの意味がある
運転資金と同等に使われるつなぎ融資という言葉はもう一つまったく違う意味で使われています。
つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感
ビジネスにおけるつなぎ融資が可能な金融機関は?銀行がダメな時でも、そこであきらめる必要はありません。もっとあるつなぎ融資が可能な機関を詳しく御紹介します。