会社経営における融資の流れ 銀行が行う融資の手順

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

銀行からの融資の流れ 会社経営の資金繰りに銀行融資を生かすために

会社の経営者は日々会社の資金繰りを
考えることが多いでしょう。

 

資金繰りについてはいろいろな方法が
ありますが、

 

その中で「外部調達」として最も有効なものに

 

銀行からの融資

 

があります。

 

経営者として間もない方や、過去に銀行から
融資を受けたことがない方は、

 

このページで解説している、

 

融資の流れ重要ポイントや必要書類

 

をしっかりと頭に入れていただき、

 

融資の流れを理解し、融資実行までをスムーズ
に行なえるようにしましょう。

 

 

銀行融資の流れ

 

まずは銀行における会社や個人事業主の
融資の時の業務の流れについて触れてみます。

 

順序としては一般的に、

 

  1. 融資申込受付
  2. 融資判断(審査)
  3. 決済・承認
  4. 融資実行
  5. 融資実行の事後管理
  6. (銀行の)回収

 

といった具合になります。

 

銀行融資の流れを図解にすると
次のような感じです。

 

クリックで拡大↓
銀行融資の流れの図解

 

 

必要書類

 

銀行の融資で一般的に必要とされる
種類は次のようなものです。

 

  • 銀行が制定した融資申込書
  • 銀行取引約定書
  • 決算書(3期分)
  • 事業計画書
  • 資金使途が確認できる資料
  • 口座振替依頼書

 

さらに、法人と個人とで違った
必要書類としては、

 

●法人の場合

 

  • 商業登記簿謄本
  • 定款
  • 印鑑証明書

 

●個人の場合

 

  • 戸籍謄本または住民票
  • 印鑑証明書

 

となります。

 

クリックで拡大↓
銀行における融資の際の主な必要書類

 

ちなみに必要性は金融機関によっては
若干変わる場合があります。

 

融資での重要ポイント

 

銀行は融資の申し込みを受けるとすぐに審査に入ります。

 

融資の決済がおりるかどうかを見極められる
わけですが、融資が実行されるかどうかの
1番大きなポイントは

 

返済能力

 

のところです。

 

融資申込者が提出した

 

  • 決算書(3期分)
  • 事業計画書

 

で財務状況や今後の収益力を審査します。

 

事業計画書は自社のアピールと審査の上での
融資の有効性の根拠を示すものとして重要です。

 

例えば、借入金の資金使途は設備資金の
申し込みであれば、

 

その設備が導入されることで生産力が
どの程度アップしてそれに伴って売り上
げがどの程度増え、収益はどれくらいに
増えるのかを、

 

希望的観測ではなくより現実的な
数字で銀行に伝える必要があります。

 

クリックで拡大↓
銀行融資の重要なポイント図解

 

銀行の審査についてはこちらでも詳しく解説しています。

融資の審査ではここが見られる 会社への融資基準の5原則

 

申込金額の妥当性

 

借入金の資金使途と実際に融資を受けたい
と希望する申込金額は合致しているのかも
検討されます。

 

必要以上の融資の申し込みは、返済能力
の妥当性にも影響してきます。

 

銀行が申込金額が必要以上に多いと判断
すれば申込金額の減額を提案してきます。

 

不動産などの担保

 

銀行からの融資の際に担保差し入れると、
融資の実行に有利な部分はあります。

 

特に金利設定においては、低い金利で
融資を受けられる可能性が高くなります。

 

しかし、過去において担保至上主義と言う
考えの下、貸し出しを実行して来た傾向は
今では少し違っています。

 

銀行や金融機関、貸金業などの団体は
今まで融資審査能力をおろそかにしてきた
傾向があると認識しています。

 

融資審査能力とは

 

融資審査能力とは融資を実行する基準は
担保に頼らなくとも、きちんとした約定返済
をできる融資先なのかどうか?

 

その見極めが最も重要であり、あくまでも
担保は万が一のためのリスク回避として
考えるべきというふうに変わっています。

 

ですので、担保があればどんな融資先でも
貸し出しを実行すると言う融資の乱発は
かなり減っています。

 

融資申込み人の判断

 

ここまで銀行の融資の審査において重要な
ポイントをいくつか挙げましたが、

 

それらとミックスして融資を申し込んだ人
の能力も重視されます。

 

また事業の経験や経営能力だけではなく、
性格や人格、生活態度などもしっかりと
見るようにされています。

 

責任感が強く信じよう重んずる人は
昔から敬意を評されるように、

 

今でも融資先の人物像としては
信頼の大きい融資申込み人として
扱われています。

 

ここまでは銀行から融資を受ける際の
流れや必要書類を深掘りしてきましたが、

 

万が一銀行からの融資が断られた、また
融資の継続を絶たれたといった会社の
資金繰りで危機に陥った時、

 

銀行以外の融資

 

を考えることで会社の資金繰りを
改善させることができます。

 

その方法を次に詳しく解説したいと思います。

 

 

銀行から融資を断られた時の対策

銀行からの貸しはがしや貸し渋りで、

 

融資を受けられない

 

といった状況になると、一気に会社の
資金繰りが悪くなるといった状況に
落ちる可能性が大きくなります。

 

貸し渋りでは、「手形のジャンプを断られた」
など、今後も続けて融資を受けられると
思っていた時に、突然の回収を迫られた
時は、

 

経営者はその準備を全く行っていないため、
資金繰りに頭を痛めてしまうと言うのが現実
でしょう。

 

まだまだ会社に体力があり、これからが勝負
という時に銀行から融資をこだわりた場合は、

 

運転資金、設備資金で銀行以外の
金融機関やノンバンクから融資の申込を
するといった対策があります。

 

特に今すぐ会社資金を調達したい場合、

 

ビジネスローン

 

方法がよく活用されています。

 

ネットを使って申し込みができるので、
割と手間をかけることなく申請ができ、

 

必要書類を送付すれば審査はすぐに
開始され、銀行よりも早く回答がきます。

 

 

会社の資金繰りの手助けになってくれる
メリットの大きい融資の方法です。

 

topに戻る

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

不景気を乗り切る!倒産回避対策のポイントは?個人事業飲食店や会社経営
不景気になっても安定した売り上げや利益を上げる為にしておくこと、考えておくこととは?
事業拡大のための資金 運転資金は老後の資金に安易に手をつけない
会社経営や個人事業での事業拡大や経費などをどのようにして考えるのか?について大事なお話しを書いています。
リスケジューリングを利用せよ リスケの事例から手順を解説
リスケジューリングとは会社借金の返済の見直しこことです。具体的な解説を紹介します。
銀行の形態と借り入れの種類
会社・企業経営における融資を受ける場合、銀行の借り入れがあります。その形態や種類について解説しています。
銀行の融資の種類
会社の資金繰りで最もポピュラーな外部調達 として使われている銀行の融資の4つの種類 を詳しく解説します。
会社の倒産回避策 銀行から借り入れ・融資を受ける限度額を知る方法
企業や会社の資金繰りで借金や借り入れの金額はどこまでが安全なのか?その指標となるものは?
融資の審査ではここが見られる 融資の5原則
金融機関や貸金業者が融資の時に審査している 大きなポイントは5つあります。
手形のジャンプができにくくなったときの対策事例
銀行からの短期借入の手形貸付で手形のジャンプをしてくれないとき会社の資金繰りを助ける対策とは?
金融機関からの貸しはがし・貸し渋りの対策まとめ
会社・事業の資金繰りに関する貸しはがし・貸し渋りを受ける理由とその対策についてまとめています。
赤字の個人飲食店でも運転資金を調達できる1つの方法を提案
飲食店経営が赤字でも、簡単にあきらめる必要はありません。その理由や対策をご紹介します。
つなぎ融資には2つの意味がある
運転資金と同等に使われるつなぎ融資という言葉はもう一つまったく違う意味で使われています。
つなぎ融資を銀行以外で考えたときの金利手数料や審査の温度感
ビジネスにおけるつなぎ融資が可能な金融機関は?銀行がダメな時でも、そこであきらめる必要はありません。もっとあるつなぎ融資が可能な機関を詳しく御紹介します。