今すぐお金を借りたいときは銀行で審査の申し込みをしてみましょう。

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

銀行ローン・カードローンの特徴 審査や利用限度額、金利について

キャッシングの中で最も頼りになるのが

 

銀行カードローン

 

かもしれません。

 

人がお金のことでお世話になることが一番
多い銀行では融資の種類も様々なものが
あります。

 

  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • 自動車ローン

 

など、大きなお金が必要な目的が
はっきりとしたシチュエーションに対して
それぞれにあったローンの種類があります。

 

さらに今では、フリーローンやカードローン
についても、割と大きい利用限度額が
使える種類も多く誕生しています。

 

そこで、これから銀行でお金を借りたいと
いう方に、銀行でお金を借りるためのコツ
やポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 

 

 

銀行からお金を借りる7つのコツ 即日キャッシングも審査もこれでOK

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。このページでは銀行ローンについて詳しくご紹介しています。


 

 

銀行系ローンの種類

銀行ローンには、様々な種類があります。

 

目的別ローンでいうと、

 

住宅ローン、自動車ローン、教育ローン

 

などがあります。

 

銀行が用意している住宅ローンや教育ローンのパンフレット
※各銀行にはさまざまな条件で教育ローンや住宅ローンの種類がある

 

他に、

 

カードローン、フリーローン

 

などの自由にお金の使い道が決められる
商品もあります。

 

銀行のフリーカードローンの商品
※地方銀行でのフリーカードローン。マイナス金利で以前より利息も低く設定されている。

 

さらに、銀行によっては

 

おまとめローン、福祉ローン、リフォームローン

 

など、特殊なローンもあります。

 

topに戻る

 

 

銀行でお金を借りるときの申込み方法や審査・条件

銀行でお金を借りるときは、

 

審査や条件

 

があります。

 

この審査や条件をクリアできるとお金を
借りることができます。

 

この審査や条件に付いて、多くの方は
難しく考えがちですが、

 

意外と審査や条件は複雑なものでは
ありません。

 

銀行ではある程度「合格の審査基準」
のマニュアルをすでに持っているので、

 

それに照らし合わせて「合否」を見ていく
だけの単純なものです。

 

申込みから審査・融資までの手順

 

クリックで拡大↓

 

銀行でお金を借りる際の手順
※千葉銀行での申し込みから融資までのプロセス

 

お金を借りたい人はまず、自分の基本的
な情報を銀行に提示します。

 

申請・申し込み用紙において、

 

氏名、年齢、住所、誕生日、家族構成、
勤め先、年収、などの必要な情報を
提示します。

 

その情報を元に銀行は「審査」を行います。

 

つまり、融資申請者の情報から

 

  • いくらまでお金を貸せるか?
  • 過去に借金のことで問題がなかったか?

 

という基本的な判断を行います。

 

審査をクリアすれば、詳細な条件の設定
をして行きます。

 

条件とは、銀行がお金を貸す際に申請者が

 

「土地や建物などを担保に入れる必要があるか」
「連帯保証人をつけるかどうか」

 

といった要素になります。

 

審査のポイント

 

一般的には、年収や勤務形態、勤続年数などが
重要になります。

 

年収がわかると「現実的に毎月の返済
できる額」が自ずと決まってきます。

 

年収にあった無理のない金額を借りる
だけならば、それほど高い年収を得てい
る必要はありません。

 

勤続年数や形態については、アルバイト
であっても、勤続年数が1年以上あるな
らば、銀行ローンの審査に通る可能性は
高いと言えます。

 

個人信用情報の履歴は最重要ポイント

 

どの種類のローンに申し込むにしても、最も
重要になる審査項目のひとつが、個人信用情報です。

 

「個人信用情報」とは過去に金融業者や
銀行、消費者金融で借金をした有無や、

 

そのときの返済の状況を国が履歴として
残すよう認めている制度情報です。

 

この履歴情報は、お金を貸す会社(銀行も
含めた資金業者)は閲覧することが可能で、

 

この情報は融資希望者の「信用性」を判断
するうえで重要視しています。

 

ですので、過去に借金でクレジットカード
やローンの支払いで延滞をしている人は、

 

延滞癖があると見られて、今後も延滞を繰り
返す可能性があると判断されてしまいます。

 

また、自己破産や任意整理などの債務整理
を行っていれば、一定期間の新規借り入れは
制限されてしまいます。

 

そうなると審査において「お金を貸して約束
通り返済されるかどうか」という「信用」と言う
部分では低い評価になり、

 

審査不合格となる場合があります。

 

今現在、すでにお金を借りている方は、
普段からクレジットカードなどの支払いで
延滞をせずに、良好な利用をするように
心がけておくとリスクは軽減されます。

 

このポイントさえ抑えていれば、アルバイトで
収入が低い人でも銀行ローンが借りられる
可能性はありますし、

 

他社からの借入があってもそれが無理のない
金額であるなら審査にはそれほど影響はしな
い場合も多くあります。

 

ただし、、3社以上から借りている人
難しいかもしれません。借入件数が多い人
ほど、お金にかなり困っていることになり、

 

信用が低くなるので、借金をする時は、
なるべく1社から借りるようにしましょう。

 

銀行のローンでも他社のキャッシングでの融資
でも、個人信用情報で不利な履歴を残さず
審査を迎えることはとても重要で、

 

審査をうまく通過するコツとなりますので
覚えておきましょう。

 

 

 

topに戻る

 

 

銀行でお金を借りるときの必要書類

銀行でお金を借りるときの必要書類
についてご紹介します。

 

たとえば、住宅ローンならこのような書類を
必要とします。

 

書類名

書類の入手先

ローン借入申込書(個人情報の収集・保有・利用・提供に関する同意書) 各銀行
本人を確認できる書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード 等) 各自
収入確認資料(給与証明書、源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書 等) 勤務先・役所
健康保険証(写) 各自

住宅ローンに限り必要となる書類

書類の入手先

登記事項証明書 不動産業者・法務局
建築確認通知書 不動産業者等
請負契約書・見積書 不動産業者等
売買契約書(重要事項説明書添付) 不動産業者等
土地公図 不動産業者・法務局
土地使用承諾書 各銀行
土地賃貸借契約書(写) 各自

融資決定後に必要となる書類や印紙

書類の入手先

金銭消費貸借契約書目 各銀行
登記取次依頼書、委任状、領収書、振込依頼書 各銀行
印鑑証明書(2通)、住民票(1通・新住所のもの) 役所
収入印紙 郵便局等
登記済証(権利証)・登録識別情報通知書 各自

 

ローンの種類によって必要書類も変わって
きますが、

 

共通して必要となる書類としては、

 

  • 各銀行のローン借り入れ申込書
  • 運転免許所などの本人確認書類
  • 源泉徴収票などの収入確認書類
  • 健康保険証の写し

 

などがほぼ最低限必ず必要です。

 

 

topに戻る

 

 

銀行ローンを使うメリット・デメリット

一般的に銀行ローンは消費者金融系
やクレジットカード、信販系カードのキャ
ッシングなどに比べて、

 

金利・利息が安い

 

と言われています。

 

但し、消費者金融系は昔のように
高い金利を取らなくなりましたので、

 

その金利の際はかなり縮まってきました。

 

しかし、それでもやはり相対的には
銀行ローンの方が消費者金融系
に比べて金利・利息は安いと言えます。

 

ある地方銀行と消費者金融と
金利の比較をしてみましょう。

 

※返済方法・・・残高スライド方式・定率リボルビング方式

借入金額↓ 借入団体→ 地方銀行の例 消費者金融
0円~10万 18%
10万~50万 14.4% 15~18%
50万~100万 13% 15~18%
100万~200万 12.5% 13~14%
200万~290万 9.5% 10~12%
300万 7.9% 9~10%
300万~400万 7% 8~9%
400万~500万 6% 7~8%
500万~600万 5%
600万~700万 4%

 

デメリットとして、銀行ローンは消費者
金融系やクレジット会社系のキャッシング
より、

 

審査が厳しい

 

と言われていますが、

 

実際にはそんなには差はありません。

 

確かに消費者金融系の方が金利は
若干高めに設定されているので、

 

消費者金融系のキャッシングの審査の
方が通りやすいかもしれませんが、

 

どちらの審査が甘いか?というのは
あまり深く考える必要はありません。

 

もし、出来る限り方法を試したいと
思われる場合は、

 

銀行系ローンで審査申し込み

もし審査に落ちれば消費者金融系
の審査を申し込む

 

のように金利の安い銀行の審査から
受けてみる手順で行えばベストです。

 

 

topに戻る

 

 

 

フリーローンとカードローンの違い

同じ銀行の融資の種類の中に、

 

フリーローン
カードローン

 

という2種類の種類が存在している
ことがあります。

 

この違いについて調べてみました。

 

まず、回答から申しますとこの2つは
使途目的から言うとどちらもフリー系で

 

ほぼ同じローン

 

ということで考えておいて間違い
ないでしょう。

 

この2つの共通部分しては、

 

  • お金の使い道に縛りがない

 

といった点です。

 

違いとしては、

 

返済方法が違う

 

という場合で区別している
ところが多いようです。

 

  • 毎月元利均等返済
  • 残高スライド方式

 

この2つの返済方法がどちらかの
ローンで区別して使われています。

 

この2つの返済方法の違いについては
こちらで詳しく解説しています。

 

毎月元利均等返済と残高スライド方式の違い

 

 

topに戻る

 

 

保証人や担保が必ず必要!?は間違い

銀行でお金を借りる場合、

 

担保や保証人が必ず必要

 

だとお考えの方もおられます。

 

 

銀行などの金融機関で個人や企業が
お金を借りるとき、担保や保証人が
必要である場合はあります。

 

例えば住宅ローンなら、ほとんどの場合
借金が終わるまで、マイホームに銀行が
抵当権をつけます。
(つまり担保です)

 

また、会社の事業融資ならば、代表取締
役が保証人になる必要があるものが
一般的にほとんどだと思います。

 

 

担保や保証人を付ける理由として、
住宅ローンのように

 

金額が大きな貸付け
金利がかなり低い

 

というように、貸金業者に比べて金利
水準が低く、金額も大きいため、

 

もしもの時の損害が大きくなるので
担保設定が必要としています。

 

また中長期融資を行うことから融資申
込者段階で返済能力があっても、その後
の状況の変化を受けるリスクが長い
こともあります。

 

また、会社事業の融資の場合も、申し込み
時点の会社の決算状況の変化もあり、

 

また法人格の場合は、会社が倒産して
破産しても個人に対しての責任は免れる
ことが多いので、

 

安易に利用されないように保証人を
付けるようになっています。

 

これらも銀行により異なる審査内容ですが、
信用調査機関を通じ高い水準での貸し出し
審査を行い、

 

担保や保証人設定ののちに貸し出しを実行します。

 

住宅などの場合抵当権を設定し、第一抵当権
を握り、万が一返済不履行となった場合は資産
売却にて回収を図ります。

 

個人が銀行に借りる最大の理由が住宅ローンです。

 

ほかにもマイカーローンや、教育ローン、リフォーム
ローンと目的に合わせたローンがあり融資が可能
ということは先ほどお伝えした通りです。

 

また住宅ローンの条件として、担保を用意
できても、

 

現在の収入が返済条件に適しているかどうか
一定の頭金が用意できない

 

などにおいて融資実行がされないこともあります。

 

ただし、これら以外の個人向け融資の
フリーローンやカードローンのような、

 

日常の生活でお金が必要な場合のカード
ローンは、銀行でも無担保・保証人なしで
借り入れ可能なところがほとんどです。

 

 

topに戻る

 

 

銀行にも「おまとめローン」はある

複数のカードローンでお金を借りている人は、

 

おまとめローンで借金一本化

 

することがおすすめです。

 

銀行でも「おまとめローン」の融資を
行っているところはあります。

 

「限度額」が上がれば金利が下がる可能性がある

 

カードローンは限度額が上がるほど、
金利が下がっていくようになっているので、

 

おまとめローンをすることで
金利が低くなることが期待できます。

 

おまとめローン「返済シュミレーション」

 

例えば、

 

3社から金利18%で50万円

 

を借りていたとすると、

 

1社から150万円を金利12%で
借り換えすれば、総返済額が
大きく節約できます。

 

また、口座からの自動引落しに
なっている場合にはよいですが、

 

もしも銀行振込みで返済をしている
場合には、振込み手数料がかかります。

 

1社にまとめれば、振込み手数料も
1社の分しかかかりません。ATMから
返済している場合も同様です。

 

審査のハードル

 

しかし、おまとめローンはメリットが
大きいですが、

 

審査はとても厳しいものとなっている
金融機関も多くあります。

 

すでに「返済困難な状態」にある人では
通らないでしょう。

 

また、「過去1年間に延滞をしていないこと」
という条件がついている場合もあります。

 

このような条件がついていなくても、延滞は
一回でもしていると不利になるので、

 

普段から支払いの期日を守るように
気をつけておかなくてはいけません。

 

おまとめローンの利用に向いている人

 

おまとめローンを利用するのに
向いている人は、

 

余裕を持って返済ができている人

 

です。

 

余裕がある人がさらに余裕を作る
ために利用するならば、審査にも
通りやすいでしょう。

 

返済の負担が大きいと感じている人は、
状況が悪化するほど不利になっていくので、

 

早めに検討したほうがよいでしょう。

 

延滞をしていなければ借金の負担が
大きい状態でも審査に通る可能性はあります。

 

おまとめローン後、心がけておきたいこと

 

日々の生活は無数の出費の機会に満ちて
います。

 

家賃、食費、生活費、公共料金や保険料の
支払いといった最低限のものに始まり、

 

仕事上の交遊費やファッションや趣味への
出費、さらには冠婚葬祭に伴う急な出費
もあるでしょう。

 

これらが絡み合って、おおくの借金をした
場合、おまとめローンで1本化できれば
助かるわけです。

 

お金の不足を埋め合わせてくれるのが、
消費者金融や銀行のローンですが、

 

一つ間違えればチャンスがピンチに変わる
こともあります。

 

カードローンであれキャッシングであれ、
あまりに頼りすぎてしまうと逆に泥沼に
はまって抜け出せなくなるので要注意
です。

 

 

topに戻る

おすすめの銀行ローン一覧

ここまで、銀行ローンに関する7つの
コツを読んでいただき、

 

ある程度銀行ローンについて理解
していただけましたでしょうか?

 

もし、今すぐ銀行でキャッシングして
みようとお考えの方は、
おすすめの銀行ローンを御覧ください。

 

 

PS
(大手銀行が対応も早いし、
金利も低いですよ)

 

topに戻る

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

銀行からお金を借りる条件金利15%で1か月借りる方法と利用のコツ
今すぐ銀行からお金が借りたい!でも初めての方はその方法や、どんな種類があるのか?金利利息はいくらなのか?など不安も多いはず。それらの疑問にわかりやすくお答えしていきます。
銀行カードローン借入限度額100万円以下・未満の金利比較ベスト9ランキング!
いざの出費や支払いに便利な銀行カードローンの金利を借入上限額100万円までで比較。