キャッシングを使わなくてもクレジットカードなら最大25日間以上の無利息ローンと同じ

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

クレジットカードの利点はお金を借りなくても無利息のローンとして使える

クレジットカード短期無利息ローンキャッシング

 

と同じようなメリットがあります。

 

クレジットカードが無利息期間キャッシングローンになる理由

 

短期間の借金やローンなら、カードローンや
キャッシングでお金を借りなくても、

 

クレジットカードを使えば無利息でローン
したことと同じ方法といっても過言では
ありません。

 

しかも、プロミスやモビットのような
消費者金融がサービスで行っている、

 

「初回限定30日間無利息」という
わけではなく何回でも使うことができます。

 

このページではその仕組みや、さらにクレジット
カードのメリットを詳しく解説していきますので、

 

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

皆さんが今後の人生をクレジットカードで
お得な人生になるよう祈っています!

キャッシングとクレジットカードの違い

個人が手軽にお金を借りる方法として
知られているのはカードローンのような
キャッシング
があります。

 

その他では、クレジットカードがあります。

 

クレジットカードにも実は

 

「キャッシングローン枠」

 

というのがあり、カードローンのように
金利・利息を払って実際にお金を
借りて現金を手にすることもできます。

 

しかし、クレジットカードの主な役割は、
買い物やお金のかかる施設や切符
などを利用・購入した際に、その場
ですぐにお金を必要としない

 

「後払い決済」

 

ができる点です。

 

「後払い決済」をした場合、その場で
お金を支払わないで後日、

 

お金を支払う代理受け取りをする
クレジットカード会社にお金を支払
います。

 

クレジットカードの仕組み

 

クレジットカードの持ち主が買い物や有料
施設等を利用した場合、クレジットカード
を使えば、

 

クレジットカードの持ち主(クレジット
カード会社との契約者)は後日、

 

毎月の利用した金額を決められた
期日にまとめて一括でクレジット
カード会社に支払いをします。

 

カード使用者が後払い一括決済を行った
のち、カード会社がお金を支払うべく店舗
や施設に手数料と引いて支払いをします。

 

 

クレジットカードの利点

 

このようにクレジットカードの大きな
利点としては、

 

いちいち現金を調達して支払う手間
やを省きカード1枚で決済し、

 

それらを毎月まとめて一回で支払う
という点です。

 

忙しい現代人にとっては、いちいち現金を
銀行やATMから引き出し、財布に入れて
持ち歩いて買い物するより、

 

財布の中にクレジットカードを1枚だけ
入れておけば、それだけで決済が出来
るので時短にもつながります。

 

一括払いなら利息は無し

 

さらにこのクレジットカードの利点は、
毎月の支払いを1回払いの一括で
支払えば利息が付かないという点です。

 

通常、買い物や有料施設を利用して
支払うべくお金を先に延ばして支払う
ということはできないので、

 

お金が手元にないときは、銀行や
キャッシング会社からお金を借りて
支払うなどの方法が必要となります。

 

そして、お金を借りて返すまでの期間
は金利利息を支払うのが常識です。

 

キャッシングやカードローンの仕組みは
まさにこれであり、現金を手にすることで
借金となり利息を付けて返済すること
になります。

 

しかしクレジットカードでは、毎月の締め日
合計計算した代理決済の支払い金額を、
支払日に一括で支払えば利息は一切
必要ありません。

 

これは言い換えれば「無利息の短期ローン」
と同じともいえます。

金利・利息の仕組み

「お金を借りる」と借りた次の日から金利・利息
がかかってきます。

 

例えば利息の年率が、10%であるカードローン
から3万円のお金を借りた場合、

 

30日間お金を借りて返済すれば

 

3万円×10%÷365日×30日間=約247円

 

の金利を上乗せして返済することになります。

 

ちなみに、上の計算式は金利の計算方法です。

 

借りたお金×利息の年率(金利)÷1年間の日数×実際に借りたお金の日数

 

という計算式に数字を入れれば簡単に実際の
利息の金額がわかります。

クレジットカードよりキャッシングローンより不便な点

使える場所に限りがある

 

クレジットカードには利点もありますが、
キャッシング・カードローンと比較した場合、

 

やや不便な点もあります。

 

キャッシングやカードローンとは若干違う点が
あります。

 

キャッシングやカードローンは実際に現金を
借りることができるので、お金が使えるところで
あるならばどこでも使えます。

 

しかし、無利息のローンとして同等に使える
便利なクレジットカードであっても、

 

実際に現金を手にするわけではないので、
使える場所やシーンは限られるということが
言えます。

 

クレジットカード会社と提携しているところ

 

クレジットカードを使って決済をする場合は、
その人が持っているカードの会社と、

 

買い物や何かしらを購入する店舗やショップ、
駅や旅館などが「提携」をしていないと
そのクレジットカードは使えません。

 

つまり簡単に言うと、

 

うちの店舗では●●クレジットカードは使えますよ

 

当デパートでは、××クレジットカードは使用できません

 

ということが起こりえる場合があります。

 

実際に現金が必要な場所

 

このようにキャッシング・カードローンと
クレジットカードのはっきりした違いとして、

 

現金を持つ、持たない

 

がありますので、実際に現金しか扱って
いないような施設や店舗ではクレジット
カード自体が使えないということになります。

クレジットカードで利息がかかる場合

クレジットカードでは支払い方法が
いくつかあります。

 

1万円、 2万円くらいの少額の後払い
決済であれば、

 

締め日以降の支払日に、給料や
お小遣いから割と簡単に支払う
ことができるでしょう。

 

しかし、 10万円や50万円、100万円
などの大きな買い物や、国内旅行や
海外旅行などでの施設利用をクレジット
カードで代理決済を行った場合、

 

一括払いの1回では支払うことが困難な
場合があります。

 

一括払いの支払いが難しいのであれば
クレジットカードで大きな買い物することは
できないのか?

 

そういった場合でも完全に諦めてしまう
必要ありません。

 

じつはそういった時のために、

 

  • リボルビング払い
  • 分割払い
  • ボーナス一括払い

 

といった支払い期間を延長できる
支払方法が用意されています。

 

ただし、一括払い以外の支払い方法で
支払う場合は、その回数や期間に応じて
利息を支払うこととなります。

 

2回払いについては無利息のクレジットカード会社もある

 

クレジットカードの代理決済については、
利用した決済分のお金を、支払期日に
一括支払えば、無利息でお金を借りて
いるのと同じことになるわけですが、

 

方法としてもう一つ無利息で支払いができる
方法があります。

 

それは2回分割払いです。

 

クレジットカードの利用代金を「2回払い」
と指定して払う方法にすると、

 

2か月に分けて支払い負担を軽く
することができる上、

 

この支払いにおいても無利息で
支払うことができます。

 

2回分割は利用できない場合

 

クレジットカード会社と提携している店舗や
施設では、クレジットカード契約者の支払
方法を指定することができます。

 

その際、 2回分割払いを利用できないようる
設定している提携先もあります。

 

2回分割払いを予定して買い物や有料施設の
利用を考えてる人は、あらかじめその
店舗や施設で2f分割払いが使えるかどうかを
確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードで無利息の資金流用ができる方法

クレジットカードは大変便利です。

 

先ほども解説したように、クレジットカード会社
の締め日から、次の締め日までの間と、

 

その後の支払い期日まではとにかく
買い物や有料施設での利用した
お金は支払わず、

 

無利息で借りている状態と同じ状況が
作れます。

 

この返済猶予期間を利用して、

 

現金を短期調達する方法があります。

 

代理決済の代理決済

 

例えばグループでの飲み会や宴会をする場合、
その時の支払いを割り勘払いするのが多いで
しょう。

 

1人の人間がグループのメンバーからワリカンに
した費用を集めると手元に現金を持つことが
できますね。

 

この現金は当然、飲み会や宴会の費用ですので
通常ならすぐにお店に支払わなければなりません。

 

しかし、飲み会や宴会に利用した店が
あなたの持っているクレジットカード会社の
カードが使えるならば、

 

支払いをクレジットカードの一括払いで
代理決済します。

 

そうすると、グループから集めた現金が
あなたの手元に残ることになります。

 

現金があればどこでも使える

 

そうすれば、クレジットカードが使えない
店舗や有料施設の利用でも、代理決済の
代理決済として、その現金を使うことができます。

 

実際にこの金は、クレジットカードで代理決済した
支払うお金なのに、それが現金にかわり、

 

支払い期日まで資金流用ができるということになります。

 

しかももちろん、次の支払い期日に一括で返済
すれば無利息でローンをするのと同じように、
現金を使うことができます。

 

ポイント加算

 

最近のクレジットカードでは、クレジットカード
を利用すれば、その金額に応じて
決められたパーセンテージの「ポイント」が
付与されます。

 

資金流用の期間

 

通常クレジットカードの支払いには、

 

25日間から最大57日間まで

 

支払いは伸ばせることになります。

 

 

支払いは必ず必要

 

とはいうものの、当たり前の話ですが、
集めたお金はクレジットカードの
支払い期日で支払わなければならない
お金です。

 

それまでの間、そのお金を流用しても、
しなくても必ず支払わなければならない
事はしっかりと認識しておきましょう。

 

あまりやりすぎると嫌われる?

 

無利息のローンのようにクレジットカードで
現金を手にすることができるのはとても
魅力的ですが、

 

グループの仲間にそれを知られた場合、

 

「ウザイ」

 

「自分だけ得してる」

 

「仲間を利用している」

 

などと言う冷ややかな目で見られてしまう
場合もあるので、

 

内緒で自分だけで行う場合は、
あまり多用することは避けた方が良いでしょう。

 

メリットを共有する

 

それを避けるためには、グループのみんなにも
少しでもメリットがあるようにすることです。

 

同じ仲間ですから、例えばグループ内にも
クレジットカードを持っている人がいるなら、

 

順番に使っていくとか、付与されたポイントで
「クレジットカードのポイントが付いたので」
と言って何かみんなにプレゼントしてあげるとか。

 

危険な資金流用はしない

 

また、資金流用をする内容次第では、
現金を使いすぎてしまい、支払い期日に
一括で支払えなくなるというような、

 

本末転倒になってしまううこともありますので
気をつけるようにしましょう。

 

例えば、ギャンブルやパチンコ
株式投資など瞬時にお金が消えてしまうような
ことに使うのは危険です。

 

万が一のリボ払い

 

何かしらの理由で、無利息のローン同様に
手にした現金が、一括で支払いができなく
なっても、

 

リボ払い

 

に変更すれば、分割払いのように
返済期日と回数を伸ばすことができます。

 

ただしやはり利息はかかってくることになります。

まとめ「メリットの確認」

いかがでしたでしょうか?

 

クレジットレジットカードを使うことで、まるで
無利息のローンのように買い物や施設
利用が出来るということ、

 

また現金として資金を調達できる点など
メリットが多いことがわかっていただけ
ましたでしょうか?

 

 

現金を手にして無利息ローンで資金流用

 

ポイントを獲得してさらに得をする

 

 

といったメリットが生まれます。

 

これからクレジットカードを作りたい、
クレジットカードをあまり使わない

 

と言うような方もぜひ参考してみてください。

 

お役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

空港ラウンジサービスがあるクレジットカード アメックスの他にある?
アメリカンエクスプレスの空港ラウンジを無料で使えるサービス特典は人気です。ではアメックスカード以外で同じ特典がついているクレジットカードは?を調べてみました。
タクシーチケットの使い方・仕組み 個人・会社法人クレジットカードのメリット
タクシーに乗る時に現金がなくてもタクシーチケットがあればチケット1枚で支払いができます。何かと重宝するタクシーチケットの使い方や仕組みをご紹介します。
カード決済は安全性を考えれば「かざす」より確実な「本人認証」かも
クレジットカードと電子マネーカードは店舗や有料施設などでカード決済ができる便利なカードです。 それぞれの違いやメリット、デメリットについて解説してみました。
法人ETCカードを作る前に見て!年会費無料で作れるETCカードの作り方
法人でも個人でもETCカードは無料で作れるんです!その方法を伝授します。
国の税金クレジットカード納付はやめた!決済手数料高すぎが理由だけど。。
法人税や相続税の納税がクレジットカードで引き落しできるようになりました。ポイントが付くメリットもありますが、思わぬデメリットもあるということを覚えておいてください。
まさか高金利18%のクレジットカードキャッシングリボ払い返済してませんよね?
キャッシングリボ払いとはクレジットカード会社で多い分割支払いができる便利な返済方法の一つ。でも、高い金利手数料が発生しているのをご存知ですか?