借金をまとめて返済を楽にする方法 キャッシング一本化銀行ローンへの借り換え

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

複数の借金をまとめてもらえるところを知りませんか?

借金をまとめる

 

ことができれば返済は楽になる!?

 

結論から言うとこの答えはYESです!

 

複数のカードローン会社からの借りすぎ
により、借金の返済が困難になりつつ
ある人に最適なのがおまとめローンです。

 

 

借金をまとめる カードローンを一本化するおまとめローンへの借り換え

 

 

みなさまこんにちは!このサイトを運営しています、「きゃっする」と申します。今回は借金のおまとめ・一本化についてお話しします。いつの間にか複数のキャッシング会社からお金を借りて、毎月の返済に四苦八苦している方、借金を1社の会社に借り換えてまとめると支払いが楽になります。その方法をご紹介します。


 

 

いつの間にか複数の金融機関からお金を借りていることはよくある

日々の暮らしの中でお金に困った時、
消費者金融や銀行のカードローンを
使うととても便利です。

 

突発的な出費や生活費の不足額を
埋め合わせることができるのがキャッ
シングのよいところです。

 

 

このサービス自体は素晴らしいものですが、
これが便利だからといってついつい利用しす
ぎてしまうと、

 

いつの間にか借り入れ額や借り入れ先も
増え、返済に苦しんでいる自分がいること
に気づいたりします。

 

カードローンやキャッシングを利用すれば
当然、「利息」がかかってきます。

 

利息を払うことでお金を借りているわけです。

 

複数の会社からお金を借りると、毎月の
返済日が異なることもあり、

 

自分が今月はいくら返さなければなら
ないのか?

 

そして利息も含めて総額で
どのくらいの債務を背負っているのか
わからなくなってしまうのです。

 

これでは返済計画も立にくくなり、
借金は日増しに膨らんでいく可能性も
高くなります。

 

このような泥沼の状態を改善に導く手段こそが、

 

おまとめローン

 

です。

 

おまとめローンとは、これまで契約して
きた複数のカードローンやキャッ
シングを、一つの借り入れ先からの
借金で一旦すべて完済してしまい、

 

その後、残った1社にまとめたローン
を、毎月1回の返済で地道に返済して
いくわけです。

 

さらにおまとめローンのメリットとして、
今まで借りていた金融会社より、
低金利で借りられる
と毎月の利息年率も低くなり
返済金額も減らすことができます。

 

これならば毎月の返済日も一本化でき、
さらに金利も一本化することによって、

 

今の自分が抱えている債務の総額を
明確にして、なおかつ完済までの計画
を立てやすくすることができるのです。

 

ではここから、おまとめローンについて
もう少し具体的に解説します。

 

topに戻る

おまとめローンとは?メリットや注意点

おまとめローンとは、

 

複数の金融機関からの借り入れを
一本化することができ、返済自体を
容易にすることを目的とした金融商品
です。

 

そうすることで、

 

  • 利息の総支払額を減少させる
  • 返済スケジュールの減額

 

を期待できるものです。

 

銀行や消費者金融などさまざまな
金融機関がこのおまとめローンを
取り扱っており、

 

多くの人がカードローンの一本化に
成功しています。

 

「おまとめローン」だけ限らない

 

わかりやすいように「おまとめローン」
という名前の商品名になっている
ところ以外にも、

 

他の金融機関の借金を1行・1社に
まとめたいという要望は、おまとめローン
という商品名がない金融機関でも

 

通常の「追加融資」と「借り換え」の違い

 

もし、「追加融資」を今借りている
金融機関や他の機関で申し込む場合、

 

収入に対して限度額めいいっぱい
借りているなら、

 

審査に合格するために事前の準備として、
他社借入を減らすことを行わないと、

 

追加融資を受けることができないでしょう。

 

また、おまとめローンの審査でも、

 

重要視されるのは借入総額ではなく、
借り入れ件数だとされている解説
もありますが、

 

しかし、おまとめローンのような「借り換え」
なら、追加融資は無理でも借換えだから
借りられる

 

ということは、高い確率であり得ます。

 

おまとめローンの審査について

 

またこのローン商品は、

 

「複数の借り入れを一本化する」

 

ことを目的にしていることから、
必然的に借り入れ額が高額に
なる傾向があり、

 

そのぶん審査に通るのが難しくなり
がちともいわれています。

 

しかし、

 

今借りているすべての金融機関の合計限度額

 

までなら、当時の収入と変わっていないなら
必然的に審査に通るというこことは言えるでしょう。

 

但し、借り入れ件数が多ければ多いほど
信用力が低いとみなす金融機関が絶対
ないとは言い切れないので、

 

審査に合格することができない場合も
あります。

 

もしそのような場合を事前に回避したい
のであれば、

 

借り入れ件数を減らす方法として、
借り入れ限度額に余裕のあるところ
から融資を受け、

 

それを残額が少ないところの返済に
充て、解約する方法などがあります。

 

目安として、

 

少なくとも借り入れ件数を3件以下に減らせる

 

ように考えるといいでしょう。

 

topに戻る

3社から50万づつ利息18%、1社で150万にして利息12%できる大きなメリット

先ほどの解説では、

 

複数のローンを抱えている人は、カードローンを一本化する

 

おまとめローンへの借り換え
おすすめですといいました。

 

では、具体的に借金の1本化をすると
どのように得するのか?を解説してみます。

 

 

例えば、一般的に消費者金融で、
利用限度額50万円なら、
収入証明書がいらないので、
借りやすく、

 

この利用限度額を希望して設定する
ユーザーも割と多いのですが、

 

消費者金融で50万の限度額設定
すると、金利利息は大体のところで

 

18%

 

くらいに設定されます。

 

この条件で、3社と契約してそれぞれの
消費者金融で50万円借りていると、

 

合計は150万の借り入れで、金利利息が
18%となります。

 

この場合、1日の利息を計算すると、

 

150万円×18%=270,000円(365日の利息)

 

270,000円÷365日=約740円

 

この740円が1日の利息です。

 

これで30日間返済せずに借りておくと、

 

740円×30日=22,200円

 

となります。これが1か月の利息です。

 

アコムやアイフルなどの消費者金融で
50万円借りると、毎月の返済額は
1社で最低金額が15,000円です。

 

3社で借りていると×3で45,000円を
返済することになります。

 

45,000円の返済のうち利息が22,200円
となりますので、元金返済が

 

45,000円-22,000円=23,000円

 

となります。

 

ですから、150万円のうち第1回目の元金
返済は23,000円となり、引くと

 

147万7千円が残高となります。

 

そして次の月は、147万7千円に対しての
利息18%を計算して1日の利息を算出します。

 

では、もしこれをおまとめローンで1社の
借入にするとどうなるでしょうか?

 

まず、利息を下げれる事が期待できます。

 

例えば銀行系のカードローン1行にすれば、
利用限度額150万円当たりの利息は大体、

 

12%

 

くらいです。
(もっと低い所なら9~11パーセントもあったりする)

 

これだけでも消費者金融で50万円借りる
18%より6%も低い利息で借りられます。

 

なぜ利用限度額が上がると利息が下がるのか?
というのは「利息上限制限法」
という法律が関係しています。

 

利息制限法はこちらを参考。

 

 

これで1日の利息を計算すると、

 

150万円×12%=180,000円(365日の利息)
180,000円÷365日=493円(1日の利息)

 

先ほどの18%では740円でしたが
かなり利息が下がります。

 

1か月借りると、

 

493円×30日=14,790円

 

となり、45,000円を返済した場合、

 

45,000円-14,790円=30,210円

 

の元金を返済することになり、

 

残高は146万9790円となります。

 

先ほどの18%では147万7千円の残高
残りましたが、それより
7,210円も多く元金を返済
できます。

 

これはものすごく大きな数字です。

 

しかも1社だけの返済でいいので、
振込や引き落としの手間も、

 

3回より1回で済んだ方がかなり楽です。

 

精神的にも「3社から借りている」という
より「1社から借りている」という場合の方が
ずっと楽なはずです。

 

もう1点、「楽に返済」できる理由のひとつ
として、

 

毎月の返済金額を少なくすることができる

 

と言う点です。

 

例えば「三菱東京UFJ銀行」で借金が

 

「150万円の残高」

 

がある場合、毎月の最低の返済金額は
3万円です。

 

4万5千円の返済より毎月の負担が
ぐっと楽になります。

 

が!

 

ただし、返済額を少なくすれば、
最終的な利息の金額は多くなる
ので、(毎月の元金の減少が少なくなる)

 

理想としてはできるだけ多く返していく方
が借金の利息は少なくて済みます。

 

これはどのキャッシング会社で借金を
しても同じことが言えます。

 

たいていの場合、毎月の最低返済金額
またはそれ以上の金額を任意で返すこと
もできますので、
(さらに、いつでも追加返済できます。)

 

どうしてもその月が家計が苦しくて
返済金額を低くしたいときと、

 

余裕があって多く返せるときとを見極めて
うまくやりくりして、

 

無理をせずできるだけ早く借金がなく
なるように返済していくのが上手な
借金の返し方です。

 

topに戻る

「利息制限法での金利上限の決め方」が1本化で金利を低くできる決め手

貸金業法には、

 

利息制限法

 

といものがあります。

 

法律では、お金を貸す業者は借金の額
によって決められた利息内で利息を設定
をする事が決まっています。

 

・借入金または利用制限額
が10万円未満・・・年率20%以下

 

・借入金または利用制限額
が10万円以上100万円未満
・・・年率18%以下

 

・借入金または利用制限額
が100万円以上・・・年率15%以下

 

 

10万円以上100万円未満の借入では上限
金利が18%となっていますが、100万円以上
では15%となっています。

 

どんなに金利が高い会社で借りても、限度額
が100万円以上では最高でも金利が15%以上
にはならないということです。

 

実際には、銀行系カードローン
200万の利用限度額が設定されると、

 

上限金利は15%でも9.6%~10%
くらいの低い金利設定にしているところ
が多いです。

 

ですので、おまとめローンのすすめ
ご紹介したように、カードローンを一本化
すれば金利の設定をかなり低くすることが
できます。

 

また、銀行振込みやATMから返済して
いる場合、会社ごとに返済の手続きを
しなければなりませんが、

 

1社にまとめると返済の手間は減りますし、
振込み手数料やATM手数料がかかる
場合には、

 

手数料も会社ごとに支払わなければ
ならないことがなくなります。

 

このようにローンが一本にまとまれば、
コストと手間が節約できます。

 

 

topに戻る

銀行系カードローン1本化で信用も上がるメリットや申し込み方法・審査の現状

借金を1本化にするメリットを
いくつかご紹介しました。

 

  1. 実際に毎月の返済金額が安くできる
  2. 実際に金利が低くできる

 

更に借金を1本化をにすると、

 

金融機関からの信用が上がる

 

というメリットもあります。

 

一般的に、借入件数は少ないほど信用
が上がります。

 

4社から借りている人よりも3社から借りて
いる人、3社から借りている人よりも2社
から借りている人のほうが信用が高いです。

 

このように、メリットの大きいおまとめローン
ですが、1本化へのハードルとして、

 

限度額が上がるため審査に少し不安でてくる
かもしれないということがあります。

 

しかしそれも次のようなことが過去にない限り
そんなに心配することはありません。

 

・過去に借金で返済が期日より遅れることが何度もある
・過去に借金が返せなくて債務整理をした

 

過去のローンの返済で延滞をしていない
ことは、お金を借りるうえでの信用性において
とても大事なことです。

 

ですので、普段から借金をしていても、
ちゃんと返せるときは、1日たりともまた1回
たりとも

 

「返済が遅れる」

 

というようなルーズな事をしないように
することが肝心です。

 

あとは、銀行系のカードローンの申し込み
をするときに、

 

借り換えをして1本化したい

 

とはっきりと銀行側に伝えてください。

 

数社から借金があるのに、1本化しないで
さらに借り入れして借金の額を増やすと
判断されてしまうことは、しっかりと避ける
ようにして下さい。

 

 

審査については、やって見ないとわから
ないところがあります。

 

複数の消費者金融からお金を借りて
いても、ちゃんと返済していれば、、

 

あとは収入面での安定性があれば、
かなりの確率で

 

借り換え・1本化ができる可能性は高い

 

と言えます。

 

 

topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

プロミスについての知識を深掘り
カードローンのキャッシングで人気のプロミスについて知りたい情報を取材してみました。
ノンバンク融資とは消費者金融とビジネスローンの2種類の借入がある
ノンバンクとは消費者金融会社や事業融資・ビジネスローン会社のことである。もしあなたがノンバンクのカードローンでお金を借りたいと思っているならその前にこのページを読んでください。
キャッシングとはキャッシングとカードローンの比較や違い
キャッシングとカードローンを例にとって、キャッシングの具体的な意味を学んでおきましょう。返済方法、一括払いと分割払いの区別、メリットデメリットなど。
土日祝でもキャッシングの審査は可能?
土日祝にキャッシングの審査ができる会社なら、いざというときや平日に余裕がない方でもカードローンやキャッシングの申し込み後、審査結果が最短30分でわかります。
カードローンや即日キャッシングの審査でチェックされる「個人信用情報」とは?
キャッシングやカードローンを新規で申し込むときに審査される「個人信用情報」についてご紹介します。即日キャッシングでもそうでない場合でも、審査は必ず必要となります。
キャッシングの総量規制ってなに?総量規制対象外と消費者金融と銀行の違い
総量規制とは、1人の人のカードローンやキャッシングでの借入金の総合計上限を規制する法律です。総量規制の対象となるキャッシングとそうでないキャッシングなどについてお話しします。
消費者金融の利息って高い?安い?キャッシングの金利18%は融資上限額次第で下がる
お金を借りるときに支払う利息について。消費者金融や銀行でのキャッシングの金利の仕組みをしっかりと理解してお得に即日キャッシングで借りよう。
毎月元利均等返済と残高スライド方式の違い
キャッシングでは返済方法について毎月元利均等返済と残高スライド方式があります。この2つの違いについて説明します。
大学生が即日キャッシングするならぶっちゃけどこが良い?
何かとお金が必要なのは大人だけではありません。一人暮らしをしている学生さんでもちょっとしたキャッシングでお金は必要なようです。おすすめのキャッシングをご紹介します。
キャッシング・カードローン・クレジットカードにまつわるQ&A
カードについて、よくある質問やその回答、あらゆる疑問について解説しています。
銀行のカードローンは証書貸付
銀行のカードローンの申し込みをネットで行うことが増えましたが、借用書はあるのかないのか?
おまとめローンのメリット。デメリットはないのか?
アコムやプロミスなど、今借りているローンが複数あるなら、1本化して楽な返済にしませんか?おまとめローンのメリットやデメリット、審査などについてご紹介します。