即日キャッシング消費者金融の金利を比較銀行と比べて高い?安い?融資額枠上限と利息の関連

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

キャッシングでチェックしたい消費者金融系や銀行系貸金業の利息や金利

借入金をすると必ず利息を払うことになります。

 

では利息のパーセンテージは何を基準に
して設定されているのでしょうか?

 

そこが分かれば、より安い金利でキャッシング
やカードローンの借り入れができる知恵も
浮かんでくるはずです。

 

金利を安く上手に即日キャッシングできる
かどうか?について深堀りしてみましょう。

 

 

消費者金融の利息って高い?安い? キャッシングの金利は融資額で変わる

 

 

みなさまこんにちは!サイト運営者の「きゃっする」です。消費者金融や銀行からお金を借りれば金利が付いてきます。ここを上手に高くならないように、しっかりと法律やコツを知っておくとが上手にキャッシングをする得策になります。


 

 

消費者金融や銀行の貸金業者の金利について

消費者金融や銀行でキャッシングすれば
もちろんですが「利息」がかりります。

 

 

この利息・金利ですが、大体のキャッシングや
カードローン会社の概要を読んでいると、

 

●%~■%まで

 

という具合に幅があります。

 

この理由なのですが、実は融資額の上限(限度額)
の設定金額が、多ければ多いほど利息は安くなる
設定になっています。

 

ではなぜ金利が変わるのか?そして融資額上限
(限度額)が大きいほど安いのか?を

 

今から解説します。

 

利息制限法という法律で決められた金利

 

消費者金融や銀行は決められた法律によって
金利を設定しています。

 

その法律が「利息制限法」というものです。

 

利息制限法では以下のように融資額によって
決められた「上限利率」があります。

 

 

  • ~10万円未満…年利20%
  • 10万以上~100万円未満…年利18%
  • ~100万円以上…年利15%

 

 

これが国で決められている現在の上限利率です。
(2016年1月現在)

 

お金を貸す側としては、1%でも高く設定したい
というのがビジネスとして考えることです。

 

ですので、例えば、金融会社から「50万円」の
融資枠で審査が通った場合、

 

おそらく金融業者は少しでも高い金利を設定したい
ので、

 

10万以上~100万円未満…年利18%

 

の範囲で17%から上で、18%を越えない範囲で
ほとんどの貸金業者は金利の設定しています。

 

topに戻る

 

 

 

 

 

キャッシング業者の金利比較をした場合ほぼ同じ利息

先ほどの解説したように、利息制限法で決められた
上限金利・利息があるため、

 

ほとんどのキャッシング会社では、利息設定については
ほぼ横並びといっても過言ではありません。

 

消費者金融系で見てみるとアコム、アイフル、プロミス、
モビット、プロミス等ほぼ、

 

4.5前後~18%までという設定です。

 

「~10万円未満」の18~20%の設定がないのは、
現実的に10万円未満の融資額設定をすることが
ほぼないからでしょう。

 

あったとしても18%までで抑えているということになります。

 

 

次に銀行系のキャッシング・カードローンを見てみると

 

3.0前後~15%前後

 

が多いようです。銀行の場合、行数がたくさん
ありますので、各行で金利の幅はもう少し広くなります。

 

こうして見てみると、消費者金融のキャッシングの
金利の方が、銀行系のキャッシングの金利より

 

やや高い

 

設定になっているということが言えるかと思います。

 

topに戻る

金利をできるだけ安く設定するためには

さほどの解説のように、利息制限法では、
「融資上限枠が小さいほど金利は高くなる」
という法律になっています。

 

そこで、「できるだけ利息・金利を安く設定する」

 

ために出来ることとして、

 

「希望融資枠を大きくする」ことで、利息設定は
低く抑えられることができます。

 

 

例えば、キャッシングで必要な金額が50万円
だっととした場合、50万円の融資枠を設定
すると、最高18%までの利息が設定される
可能性があります。

 

ならば、必要金額は50万円でも融資上限枠を
100万円以上
にして希望すれば、

 

審査が通れば、利息設定は15%以下になります。

 

この金利の差はかなり大きいです。

 

ですので融資限度額も上手に設定するよう
頭に置いておくのが得策です。

 

ほとんどのキャッシング会社や銀行では、
融資限度枠の連絡は、電話でお知らせして
くれるところが多いです。

 

その時に、キャッシング会社から

 

「今でしたら融資上限枠を●●万円まで
設定が可能ですがいかがいたしますか?」

 

という打診もしてくれるはずです。

 

そういった時に利息が得になるなら
その融資上限枠の設定を考えてみても
良いかと思います。

 

融資上限枠を大きくしてもその上限一杯を
借りる必要はありません。

 

必要な現金だけ借り入れしても、金利は
融資上限枠での金利設定と同じ金利で
借りることができます。

 

topに戻る

現実的にキャッシングした体験談で話を聞くと

しかし、例えば100万円以上の融資限度額の審査が
通った場合、利息上限法では、

 

「~100万円以上…年利15%」

 

が上限となっているわけです。

 

ということは

 

15%以下であればよいということになり、
かなり広い範囲の金利設定の可能性
が出てきます。

 

こうなると実際に、200万円の融資枠を
もらえた場合、

 

300万円の融資枠をもらえた場合に、4パーセント
前後から15%の広い範囲で金利が設定されるので、

 

消費者金融、銀行系に限らず、どの金融会社
の金利が高くて、または安くなっているのか?は

 

実際に審査を受けて、100万円以上の融資枠を
もらわないと想像がつかないし、実際わからない
わけです。

 

ましてほとんどのキャッシングやカードローン会社
では、最高融資額として500万円前後の金額
まで許容範囲があるとされています。

 

 

それらを深掘りするために、実際にキャッシングの
申し込みをして、100万円以上の融資枠をもらった
方に体験談として聞いてみました。

 

そうすると、一般的に100万円以上の融資枠で
銀行系キャッシングと消費者金融系のキャッシング
会社で同じ金額の融資枠をもらった場合を比べると、

 

「消費者金融より銀行系の方が金利は安い」

 

という結果がでています。

 

ですので、この事例は覚えておいた方が得策でしょう。

 

もし、キャッシングの申し込みを考えるならまずは、

 

銀行系のキャッシングを検討してみては

 

いかがでしょうか。

 

・銀行系のキャッシング会社は?

 

ただし、消費者金融系も借り入れをしたい
ユーザーへのメリットを考えて、
サービスの充実を図っている面もあります。

 

それを次にご紹介します。

 

topに戻る

一部の消費者金融では無利息期間があるところも

一部の消費者金融で最初の借り入れは

 

「30日間無利息」で利用できるという

 

サービスを行っているところもあります。

 

今回は1回だけ、短期間でキャッシングをしたいと
希望されている方は、消費者金融を選ぶという
選択肢もあります。

 

また消費者金融系のキャッシング審査は、
銀行系のキャッシング審査若干の違いが
あります。

 

消費者金融系は割と「借りれやすい」
という体験談が多いのは事実です。

 

こうして考えると、銀行系、消費者金融系
それぞれにメリットとデメリットがあると
考えることができます。

 

topに戻る

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

プロミスについての知識を深掘り
カードローンのキャッシングで人気のプロミスについて知りたい情報を取材してみました。
ノンバンクで個人のキャッシングなら消費者金融 銀行以外で融資・借入ができる
ノンバンクとは消費者金融会社や事業融資・ビジネスローン会社のことである。もしあなたがノンバンクのカードローンでお金を借りたいと思っているならその前にこのページを読んでください。
キャッシングとはキャッシングとカードローンの比較や違い
キャッシングとカードローンを例にとって、キャッシングの具体的な意味を学んでおきましょう。返済方法、一括払いと分割払いの区別、メリットデメリットなど。
土日祝でもキャッシングの審査は可能?
土日祝にキャッシングの審査ができる会社なら、いざというときや平日に余裕がない方でもカードローンやキャッシングの申し込み後、審査結果が最短30分でわかります。
カードローンや即日キャッシングの審査でチェックされる「個人信用情報」とは?
キャッシングやカードローンを新規で申し込むときに審査される「個人信用情報」についてご紹介します。即日キャッシングでもそうでない場合でも、審査は必ず必要となります。
キャッシングの総量規制ってなに?総量規制対象外と消費者金融と銀行の違い
総量規制とは、1人の人のカードローンやキャッシングでの借入金の総合計上限を規制する法律です。総量規制の対象となるキャッシングとそうでないキャッシングなどについてお話しします。
毎月元利均等返済と残高スライド方式の違い
キャッシングでは返済方法について毎月元利均等返済と残高スライド方式があります。この2つの違いについて説明します。
借金をまとめる カードローンを一本化するおまとめローンへの借り換え
複数の金融機関や消費者金融からお金を借りていると、返済に苦労していませんか?毎月の返済を1つのキャッシング会社にしてまとめるだけでも、煩雑さが省けます。
大学生が即日キャッシングするならぶっちゃけどこが良い?
何かとお金が必要なのは大人だけではありません。一人暮らしをしている学生さんでもちょっとしたキャッシングでお金は必要なようです。おすすめのキャッシングをご紹介します。
キャッシング・カードローン・クレジットカードにまつわるQ&A
カードについて、よくある質問やその回答、あらゆる疑問について解説しています。
銀行のカードローンは証書貸付
銀行のカードローンの申し込みをネットで行うことが増えましたが、借用書はあるのかないのか?